阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

政府の実施する、観光需要喚起事業である「Go To トラベル」事業については、当ブログではこれまで下記のエントリーにてご紹介してきました。







「Go To トラベル」の対象となる施設等の利用において、割引適用前の価格で予約した場合の還付受付が、本日(8月14日)から開始されました。

既に「Go To トラベル」対象施設等を利用された方は、忘れず還付手続を行うようにしましょう。
還付の手続については、下記「Go To トラベル事業」公式サイトに掲載されていますので、再確認しておきたいところです。

還付申請について|旅行者向け Go To トラベル事業公式サイト

上記公式サイトで確認すると分かるように、既に当ブログでご紹介した時点から必要書類が追加されていますので、ご注意下さい。

【還付手続に必要な書類】(2020.8.14時点)
1:事後還付申請書(様式第1号)
⇒旅行者自身が作成

2:支払い内訳が分かる書類(支払内訳が記載された領収書、支払内訳書等)
⇒宿泊施設が発行

3:宿泊証明書(氏名、宿泊日、宿泊人数などの情報が記載されているもの)
⇒宿泊施設が発行

4:口座確認書(旅行者用)(様式第2号)
⇒旅行者自身が作成

5:口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)
⇒旅行者自身が用意

6:代表者の住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)【追加】
⇒旅行者自身が用意

7:同行者居住地証明書(様式第21号)【追加】
⇒旅行者自身が作成


還付申請が開始されるにあたり、上記「6」「7」が追加されました。
これは、当面の間東京都在儒者の旅行が「Go To トラベル」の対象外となることを踏まえての追加書類と考えられますので、これから申請する際には、忘れずに用意しておきたいところです。



かくいう私自身も、早速上記7つの書類を用意し、早速「Go To トラベル事務局」へ発送しました。
DSC_2036



※【2020.8.14修正】申請がオンラインまたは郵送となりましたので、下記にて追加・修正しています。

申請は、オンラインまたは郵送となります。
オンライン申請の場合は、下記ページをクリックの上、該当箇所に入力、またデータを添付の上、送信することになります。
Go To トラベル事業 事後還付オンライン申請

「5:口座番号を確認できる書類(通帳の写し、キャッシュカードの写し等)」「6:代表者の住所が確認できる書類(免許証の写し、健康保険証の写し等)」は、予めPDF化や画像ファイルにしておく必要があります。


また、郵送の場合は観光庁ではなく、下記事務局となりますので、ご注意下さい。
(郵送料は申請者負担)
【申請書類送付先】
〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目 24−14 西新橋一丁目ビル6階
Go To トラベル事務局 還付申請係


なお、Go To トラベル事務局では、オンライン申請を推奨しているとのことです。
私の場合、この「オンライン申請」が追加される前に、郵送で送ってしまいましたが、これから還付申請される方は、オンライン申請の方がよいかと思われます。


以上、「Go To トラベル」の還付手続きが本日より開始されましたので、早速ご紹介してみました。

これまでも【免責事項】として記してきて、繰り返しにはなりますが、「Go To トラベル事業」については、今後も内容の変更等があり得るため、常に「観光庁」及び「Go To トラベル事業公式Webサイト」を確認していただきますようお願いいたします。
また、当記事により閲覧者が受けた損害等については、管理人は一切の責任を負いませんので、自己判断の下で、当ブログ記載情報を活用いただきますようお願いいたします。

今朝は一日夏休みですが、早起きして早朝の紀伊中ノ島駅で撮影してきました。

DSC01846-2_R
▲特急「くろしお4号」
283系(オーシャンアロー)による9両編成で、天王寺方にパノラマグリーン車が連結された編成が充当されていました。
お盆の帰省もあり、9両編成と増結されていましたが、他の列車の利用状況を見ても、かなり空いているようでありました・・・

DSC01877-2_R
▲特急「くろしお6号」
「パンダくろしお」が必ず充当される列車ですが、本日は通常の「パンダくろしお」で運行されていました。
紀伊中ノ島駅で「パンダくろしお」を撮影するのは、恐らく初めてではないかと思われます。

DSC01862-2_R
▲225系6両編成の普通列車。
ダイヤの関係上、ここで6両編成が見られるのは、朝と夜の時間帯に限られます。

DSC01829-2_R
▲225系6両編成の、こちらは下り列車(和歌山行き)を撮影。
このような構図で撮影できるとは気がつきませんでした。
今後も機会があれば活用したいと思います。



紀伊中ノ島駅で撮影したのは久しぶりだったかと思います。
和泉鳥取駅を初発の列車で向かいましたが、到着時には既に1名先客がいましたので、密接しないように少し距離を取って撮影しました。
そのため、手前の橋梁が若干構図に入ってしまっていますが、ご容赦のほどを。

お盆休みの間に、他の場所でも撮影出来ればと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0524)-紀伊中ノ島 普通 クモハ224-5019 Wi-Fi○、更新-
紀伊中ノ島(0637)-和泉鳥取 普通 クモハ224-5123 Wi-Fi○、更新-

早朝から紀伊中ノ島駅で撮影してきました。
撮影記録は、改めての記事でご紹介できればと思います。

Osaka Metro(大阪メトロ)の御堂筋線では、既に心斎橋駅と天王寺駅に可動式ホーム柵(ホームドア(※))が設置されていますが、この度同線全駅へのホームドア設置を、2022年3月末に完了する予定であることを発表しました。
(※)大阪メトロの発表資料では「可動式ホーム柵」となっていますが、当記事では一般的な呼称である「ホームドア」で表記しています。

Osaka Metro御堂筋線全駅と四つ橋線大国町駅に可動式ホーム柵を設置します|Osaka Metro

御堂筋線 なかもず駅に可動式ホーム柵を設置します!!|Osaka Metro

概要は以下の通りです。

●ホームドア設置予定:
・御堂筋線:
なかもず駅・・・2020年11月上旬運用開始予定
今後の御堂筋線各駅(心斎橋駅、天王寺駅を除く)と四つ橋線大国町駅の設置時期は、決定次第大阪メトロWebサイトで公表。

●その他路線での設置予定:
・谷町線・・・全26駅で2025年度までに完了
・四つ橋線・・・全11駅で2024年度までに完了
・中央線・・・全14駅で2024年度までに完了
・堺筋線・・・全10駅で2022年度までに完了
(千日前線、長堀鶴見緑地線、今里筋線、ニュートラムは全駅設置済)

●ホームドア導入路線図:
osakametro_routemap_platformdoor
▲上記発表資料(https://subway.osakametro.co.jp/news/news/safety/20200813_nakamozu_homesaku.php?_ga=2.131880591.105446901.1597320029-1026152100.1572088422)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



線路及びホーム上の安全確保という点で効果的なホームドアですが、毎日運行される列車の合間を縫っての設置となることや、特にホーム上の狭小な箇所では、設置スペースの検討も必要なことから、設置には一定の時間がかかるのも確かであります。

大阪メトロでは、千日前線ほか3路線で既にホームドアの設置が完了されていますが、御堂筋線、谷町線といった利用者の多い路線では、一部の駅を除いてまだ設置されていない状況でした。

今回発表があったのは、これら未設置の各路線において、2025年度末までの5年半をかけてホームドア設置を進めるもので、そのうち、利用者の特に多い御堂筋線においては、今から1年半後の2022年3月末までの予定で全駅設置を完了することとしています。

大阪市内の大動脈である御堂筋線で、ホームドア設置が完了すれば、ホーム上からの転落事故が物理的に防げることから、列車運行の安全という意味では、大きな効果が期待できます。

一方で、下記参考記事でご紹介したように、2015年に天王寺駅・心斎橋駅にホームドアを設置した際、ドア操作の時間を確保する観点から停車時間を10秒〜20秒ほど延長するダイヤ改正を行いましたが、ホームドアの全駅設置に伴い、停車時間の延長や、それに伴う列車本数の削減等が実施されるのか、といった点も気になるところです。



ともあれ、ホームドア設置に伴い、より安全な利用環境が整備されることは歓迎ですが、一方でホームドア無しに大阪メトロの車両が駅で撮影できるのもあと数年となりますので、記録を撮るのは早めにしておきたいものであります。


DSC_2164
▲堺筋線・天下茶屋駅に停車中の66系
このように撮影できるのも、あともう少し限りとなりますので、お早めに、といったところですね。



●関連ニュースサイト:
大阪メトロ 中百舌鳥駅 可動式ホーム柵 運用(2020年11月上旬〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-106 Wi-Fi○、更新×
和歌山(1928)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5023 Wi-Fi○、更新-

新日本海フェリーでは、グループの「東京九州フェリー」が運航を予定している横須賀(神奈川県)〜新門司(福岡県)に就航する第一船の命名就航式を行いました。

東京九州フェリーに就航する新造船の命名進水式が行われました | 舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。

概要は以下の通りです。

●第一船船名:
「はまゆう」
(横須賀市の花であり、花言葉「どこか遠くへ」のとおり、関東と九州の架け橋として新たな需要を開拓)

●就航時期:
2021年7月

●運航ダイヤ:
日曜日を除く週6便運航
横須賀23:45発→新門司21:00(翌日)着
新門司0:00発→横須賀20:45(当日)着

●就航船舶の概要:
・総トン数:
約15,400トン

・速力:
28,3キロノット

・積載台数:
トラック約154台、乗用車約30台

・旅客定員:
デラックス・・・2名×2室=4名
ステート和洋室・・・4名×18室=72名
ステート(ウィズベッド)・・・2名×2室=4名
ツーリストS(1名個室寝台)・・・62名
ツーリストA(傾斜階段式2段寝台)・・・96名
ドライバー室(1名個室寝台)・・・30名
合計・・・268名

●「はまゆう」進水式の様子:
snf_hamayu
(上記発表資料(https://www.snf.jp/東京九州フェリーに就航する新造船の命名進水式/)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



この横須賀と新門司を結ぶ新航路ですが、2018年12月に開設計画について発表があり、当ブログでも下記の記事にて取り上げたところです。



この度、命名進水式とともに、本航路の詳細も明らかにされました。
それによれば、まずダイヤは、横須賀・新門司ともに夜に発着するものとなっていますが、いずれも出航は24時前の遅い時間、一方到着については、着後の陸上交通もまだ利用できる時間帯となっており、貨物のみならず旅客にとっても使えるダイヤになっているといえます。

また船室をみれば、2名1室の「デラックス」から、2段寝台となる「ツーリストA」まで一通りの等級が揃っており、「オーシャン東九フェリー」がカジュアルフェリーに置き換えられて以降、関東〜九州間で設定の無かった上級クラスが久々に設定されることから、関東地区の方々でも久々に、九州方面へお手軽にで、かつ優雅な船旅が楽しめることができそうです。

加えて船内設備をみれば、「吹き抜けエントランスとシースルーエレベーター」や「レストランやバーベキューコーナー」、「最上階の露天風呂」「プラネタリウムやシアター」、といったように、他の新日本海フェリーや、SHKグループの阪九フェリーで提供されているような、これまたお手軽で豪華な船旅を楽しむことができる設備が見て取れることもあり、就航への期待が高まる、といってもいいでしょ。

一方、他の航路以上に貨物輸送がメインになるという想定からか、旅客定員は200名台と、新日本海フェリーの北海道航路の600名〜800名台に比べると、大幅に少ないことが分かりますので、特に繁忙期に利用する際には早めの予約を心がける必要も出てきそうです。


さて、「ダイヤ」「設備」が発表され、相当快適な船旅が楽しめそうなことが分かってきましたが、残るは運賃が気になるところでありますが、これについては就航直前に発表されることでしょうから、競合(といっても寄港地があるので直接的ではありませんが)となるオーシャン東九フェリー、そして何より新幹線や航空、高速バスといった他の交通機関と比べて、船内で一泊してゆったり移動できるメリットを訴求できる運賃になるのか、これまた引き続き注目したいところと感じたニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
「東京九州フェリー」の高速カーフェリー進水 新設の横須賀〜北九州航路へ投入 | 乗りものニュース
横須賀・新門司フェリーの時刻表と客室仕様。個室・寝台のみで大部屋なし | タビリス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2033

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5009 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5027 Wi-Fi○、更新-

今日の帰りに和歌山駅でパンダくろしおを見かけたのですが、本来283系が充当されている列車でした。

ちょっと珍しいシーンなので、時計と一緒に撮影しておきました。

JR四国では、牟岐線の阿波海南〜海部間について、本日(2020年8月11日)、鉄道事業法第28条の2(事業の廃止)に基づき、鉄道事業廃止届を国土交通大臣宛て提出したことを発表しました。

牟岐線阿波海南・海部間の鉄道事業廃止届の提出について|JR四国

概要は以下の通りです。

●廃止区間:
牟岐線 阿波海南〜海部間(1.5km)

●廃止予定日:
2021年8月31日(火)

●その他:
・廃止予定日は、四国運輸局による関係者の意見の聴取を踏まえ、繰り上げが認められれば、繰り上げる予定。
・同区間については、阿佐海岸鉄道が、阿佐東線へのDMV(デュアル・モード・ビークル)導入に伴う鉄道事業許可を同日申請済み。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



下記の記事でご紹介したように、JR四国の牟岐線では、阿佐海岸鉄道のDMV導入に向けて、既に牟岐〜海部間でバス代行輸送が実施されています。


上記記事でも触れたように、DMV導入を機に阿波海南〜海部間がJR四国から阿佐海岸鉄道に編入されることとなりますが、本日JR四国から発表のあったのは、この編入に向けて、JR四国側での鉄道事業を廃止する、というものです。

廃止予定日は、届出から1年以上後の2021年8月31日となってはいますが、これまた発表のあるように同区間では阿佐海岸鉄道が鉄道事業許可を申請済みのため、廃止日の繰上げが行われることはほぼ間違いないでしょう。

繰り上げの時期ですが、上記記事内の資料によれば2020年度末という時期が示されており、3月下旬から4月上旬にかけての廃止・開業になるのではないか、と考えられます。


ともあれ、国内初(そして恐らく世界初)のDMV営業運転に向けての手続きも着々と進んでいるのが改めて分かるとともに、来春にも予定されているDMV営業運転が、益々楽しみに感じたニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
牟岐線の一部区間 阿佐海岸鉄道に移管へ JR四国が廃止届を提出 | 乗りものニュース
JR四国、DMV導入に向け牟岐線末端区間の鉄道事業を廃止へ - 鉄道コム
JR四国が牟岐線・阿波海南〜海部間の鉄道事業を廃止。DMVへ移管 | タビリス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2031

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-2508 Wi-Fi○、更新×
和歌山(1940)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ225-5011 Wi-Fi○、更新-

先週末に発売の開始された、鉄道むすめ「黒潮しらら」のキーホルダーを、仕事帰りに購入することができました。

裏側は和歌山駅の駅名標となっているこのキーホルダー、どこで使おうか楽しみであります。

JR西日本では、博多南線(博多〜博多南)の朝夕通勤時間帯の一部の列車において、8号車のコンパートメント(個室)を自由席として利用できるようにすることを発表しました。

博多南線の一部列車のコンパートメントを自由席としてご利用頂けるようにします:JR西日本

概要は以下の通りです。

●対象列車:
博多南発:7:33、8:06、8:46
博多発:17:25、17:52、18:22、18:52

●利用可能期間:
2020年8月17日(月)〜11月30日(月)

●その他:
・博多南線では、コンパートメントの扉を開いたままの利用となるよう協力を依頼。
・コンパートメント内においても、控えめな会話への協力を依頼。



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



JR西日本の700系「レールスター」の8号車には、コンパートメント(個室)が設けられており、専ら「ひかり」運用時に個室として使用されているものの、「こだま」や博多南線での運用時には、締切とされていました。

しかし、下記記事でご紹介したように、この8月6日から一部の「こだま」運用時に、このコンパートメントを予約できるようになっています。


DSC_9811
▲700系7000番台「レールスター」(広島駅)
この編成に設置されている「コンパートメント」が、博多南線の一部列車において利用可能となります。


この度、新幹線車両を使用した路線である「博多南線」においても、通勤時間帯の一部列車でこのコンパートメントが仕様できるようになりました。

今回、コンパートメントが利用できるようになったのは、やはり新型コロナウイルス感染症の影響によるものだと考えられます。
すなわち、利用者同士の社会的な距離(ソーシャルディスタンス)を保つことができるように、これまでは博多南線運用時で閉鎖していた空間においても、特に密接な状況が生じやすい朝・夕の通勤時間帯に限って開放することで、ソーシャルディスタンスを保ち、安全かつ安心な利用環境を提供しよう、といったところでしょうか。

先の「こだま」に加えて、この博多南線においても、コンパートメントが思わぬ形で日の目をみることになりましたが、もっともこういう状況は、なるべく早く終息して欲しいものではありますね。

↑このページのトップヘ