阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5028 更新-
和歌山(2231)-和泉鳥取 普通 モハ224-5011 更新-

【JR九州】「はやとの風」12月25日から運行再開。2022年3月21日(月・祝)までの期間限定

JR九州・肥薩線を中心に鹿児島中央〜吉松間で運転されているD&S列車「はやとの風」は、新型コロナウイルス感染症の影響等により、昨年9月より運休が続いています。

そんな中、下記記事でご紹介したように、来年(2022年)10月に登場する新たなD&S列車「ふたつ星4047」に転用されるため、この「はやとの風」は運行終了となることが発表されていました。



その際、「はやとの風」について運転再開の発表は特に無かったことから、同列車の今後の運行が有るのか不透明でありましたが、今回JR九州より期間限定で「はやとの風」の運行を再開することが発表されました。

たくさんのありがとう!!を特急「はやとの風」に〜2022年3月まで期間限定運行や特別イベントを開催します〜|JR九州

概要は以下の通りです。

【運転概要】
2021年12月25日(土)〜2022年3月21日(月・祝)の土休日、及び12月27日(月)〜12月31日(金)、1月3日(月)〜1月7日(金)、3月14日(月)〜3月18日(金)

【運行時刻】
(鹿児島中央発)
鹿児島中央9:26発〜吉松11:11着
鹿児島中央13:22発〜吉松14:54着

(吉松発)
吉松11:37発〜鹿児島中央13:05着
吉松15:01発〜鹿児島中央16:44着

【期間限定運行中のイベント】
・記念きっぷの発売
・肥薩線沿線のおもてなし
・車内イベント
その他様々なイベントを計画中


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC09415_R
▲嘉例川駅に停車中の「はやとの風」

上記記事のように、西九州エリアのD&S列車として生まれ変わることが既に発表されている「はやとの風」。
現在運休中であることから、このまま復活運行しないまま廃止になるのではないか、とも思われていましたし、実際私自身もその前提で上記の記事を書いていました。

しかし今回、JR九州から「はやとの風」の期間限定運行が行われることが発表されました。
これもまた、12月25日の運行開始ということで、ささやかなクリスマスプレゼント、とでもいいましょうか。


運行区間・時刻は基本的に運休前と同様ですが、イベントとして「記念きっぷ」の発売が気になるところです。
詳細は改めて発表とのことですが、車内限定のきっぷであれば、これを目当てに最後に「はやとの風」に乗ってみよう、と思う方も多いのではないか、と思われます。


JR九州・肥薩線では、球磨川沿いに走る「八代〜人吉」、スイッチバックとループ線の雄大な山越えが楽しめる「人吉〜吉松」の両線区が、車窓が楽しめる観光線区として有名でした。
一方「吉松〜隼人」間は、これら両線区に比べるとあまり注目されていなかったように思えますが、そこに2011年の九州新幹線開業を期に設定されたのが、この「はやとの風」でした。

特急でありながら、あくまで観光をメインとし、途中駅では停車時間も設けるなど、これまであまり注目されなかった肥薩線・吉松以南の魅了を伝えるのには十分役割を果たしたのではないか、と思っています。


今回、この「はやとの風」が最後に運行されることは、そういった功績を残した列車を、運休のまま廃止されることなく、ちゃんと最後を見送ることができる、という点でも嬉しいと感じました。


年末年始と運行終了最終週は毎日運行となっています。
機会があれば、多くの方にこの「はやとの風」の魅了を最後に楽しんでいただければな、と感じたニュースであります。




【関連ニュースサイト】
はやとの風 運転終了(2022年3月21日) - 鉄道コム

JR九州,特急“はやとの風”を2022年3月まで期間限定運行|鉄道イベント|2021年12月1日掲載|鉄道ファン・railf.jp

『はやとの風』がクリスマスに運行再開 ラストランは2022年3月21日 | レスポンス(Response.jp)

JR九州特急「はやとの風」 12/25から期間限定で運転再開 鹿児島で見せる最後の雄姿 | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】「めでたいでんしゃ一家と行くクリスマス特別ツアー」実施。4本の「めでたいでんしゃ」を連結して和歌山市〜難波を運行(2021.12.25)

南海電鉄では、加太線で運行している「めでたいでんしゃ」の4編成を全て連結した8両編成で運行する「めでたいでんしゃ一家と行くクリスマス特別ツアー」を開催することを発表しました。

「めでたいでんしゃ一家と行くクリスマス特別ツアー」を12月25日に開催|南海電鉄

概要は以下の通りです。

【説明】
4つの「めでたいでんしゃ」を連結し8両1編成とし、和歌山市駅から難波駅まで特別運行を実施。
また、難波駅でお披露目会を開催。

【開催日】
2021年12月25日(土)

【行程】
10:00〜10:30 和歌山市駅集合
10:50 和歌山市駅発車(6番線)
12:07 難波駅到着(8番線)
難波駅で約20分間のお披露目会(撮影・車内見学)を開催
12:36 難波駅発車(回送運転)
13:41 和歌山市駅車庫到着

【ツアー料金】
大人1人3,000円(税込)、小人1人2,000円(税込)

【募集人員及び招待】
・募集型企画旅行 270名(1車両45名)(最少催行人員90名)
・地元の小学生(和歌山市立加太小学校、西脇小学校の児童と家族を予定)

【募集方法】
ぶらりたび専用サイト(http://www.nankai.co.jp/odekake/burari.html)で受付
2021年12月3日(金)10:00〜12月8日(水)17:00まで
(先着順)

【難波駅でのお披露目会】
・時間:
12:10分頃〜12:30頃
・場所:
難波駅8番線(9番のりば)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



この9月にシリーズ4本目として、黒色の「かしら」が登場した「めでたいでんしゃ」。
すっかり加太線のシンボルとして親しまれるようになりました。

「かしら」の登場で4本となった「めでたいでんしゃ」ですが、これら4本を全て連結して、南海本線上を走行する姿を見たい、というのは鉄道ファンならずとも、誰しも思うところでありましょう。

かくいう私も、「かしら」登場時の記事で、「めでたいでんしゃ」8連運転への期待について、二度も触れたことがありました。

また、これで「めでたいでんしゃ」が4編成揃うこととなりますが、これらの編成を全て併結した団体臨時列車が走ることとかなれば、本当に楽しそうだな、とも感じ、果たしてそんなぶっ飛んだ企画が実施されるのか、それも楽しみだな、とも感じたニュースでありました。

阪和線の沿線から : 【南海電鉄】加太線に「めでたいでんしゃ かしら」投入を発表(2021.9.18〜)黒色塗色で、HYDE氏とのコラボも


一ファンの妄想ではありますが、是非とも「めでたいでんしゃ」4編成併結する姿をみることができればいいな、とも思った次第であります。

阪和線の沿線から : 南海加太線「めでたいでんしゃ かしら」を撮影する(2021.9.22、23)



「そのうち実現すればいいか」という気持ちで書いていたこれらの記事ですが、その期待は、意外に早い時期に実現することとなりました。
しかも「クリスマスプレゼント」として、であります。


「めでたいでんしゃ」の併結運転による団体臨時列車は、2019年1月に開催された「『さち』と『かい』の新婚旅行』が初めてでした。


DSC05759-3_R
▲2019年1月に実施された「めでたいでんしゃ」新婚旅行の回送。

その際、地元の小学生も招待しての運行となりましたが、今回の「クリスマス特別ツアー」でも同様に、加太・西脇の各小学校の児童・家族を招待するというものとなっています。
児童及びその家族の方々にとっては、忘れられない「クリスマスプレゼント」になるのではないかと思います。


さて、貴重な「めでたいでんしゃ」8両編成の運転ですが、上記のとおり運行時刻も公表されていますので、これはどこかで撮影することができればいいな、と思っています。

色々な条件があるでしょうが、取りあえず帰り(回送)は、地元近くで対向列車に被られることのない男里川橋梁で撮影するとして、行き(団体)は、方向幕の表示(臨時・団体専用)も期待できることから、運転日までによい場所を探しておきたいところであります。

DSC05729_R
▲2019年1月の「めでたいでんしゃ」新婚旅行団体臨時列車。
方向幕が「臨時 団体専用」となっていることに注目です。



【関連ニュースサイト】
南海 めでたいでんしゃ一家 クリスマスツアー(2021年12月25日) - 鉄道コム

南海電鉄「めでたいでんしゃ」8両1編成でクリスマスツアーを開催へ | マイナビニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

20211201_210209


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-104 更新○
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-3 更新○

今日は帰りにパンダくろしお「サステナブルSmileトレイン」がやってきましたので、スマホで撮影してみました。

この時間に、親子パンダくろしおがやってくるのに、ようやく遭遇できました。

【近鉄】観光特急「あをによし」料金発表。大阪難波〜京都間は1,960円。大人1名でツインシート利用も可能に

近畿日本鉄道(近鉄)では、来年(2022年)4月29日から大阪難波〜近鉄奈良〜京都間で観光特急「あをによし」を運行することを既に発表しています。


今回、この「あをによし」の料金(特急料金・特別車両料金)が発表されました。

大阪〜奈良〜京都を結ぶ観光特急「あをによし」のご利用料金が決定! |近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

【利用料金】
運賃、特急料金(大人520円または920円、子供260円または460円)に加え、特別車両料金(大人210円)を設定。
(ツインシートは2名で利用、サロンシートは3名または4名で利用)

【特急料金割引】
「あをによし」で大阪難波〜京都間を利用した場合、特急料金が920円(子供460円)となる区間の特急料金を790円(子供400円)に割り引き

■対象区間:
「あをによし」に乗車する場合の下記の相互間の料金
・「大阪難波・大阪上本町・鶴橋」と「丹波橋」
・「大阪難波・大阪上本町・鶴橋・生駒」と「京都」

■期間:
2022年4月29日乗車分から当分の間

【主な区間の料金(大人1名)】
・大阪難波〜京都:1,960円
(運賃960円、特急料金790円、特別車両料金210円)
・近鉄奈良〜京都:1,370円
(運賃640円、特急料金520円、特別車両料金210円)

【1名で乗車の場合】
「あをによし」ツインシート乗車の場合に限り、1名で乗車であっても、本人分に加え子供分の特急券・特別車両券を購入することで、1名でツインシート2席分を利用可能
(例)
大阪難波〜京都:2,470円
・運賃:960円
・特急料金:790円+400円
・特別車両料金:210円+110円

【車両イメージ】
kintetsu_awoniyoshi
(上記発表資料(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/awoniyoshiryoukin.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



先の記事でもご紹介した近鉄の京・阪・奈を結ぶ観光特急「あをによし」。
スナックカー12200系が紫を基調としたデザインに衣替えし、新たな活躍の場を与えられるということもあり、ファンの注目も高いものと考えられます。

今回、この「あをによし」の料金(特急料金・特別車両料金)が発表されました。
特別車両料金は210円ですが、注目したのは以下の二点でしょうか。
・特急料金920円区間(41km〜80km)の130円割引
・小児料金の追加により「ツインシート」1名利用が可能


まず前者は、期間限定で主に大阪方面〜京都市内の利用に対し、特急料金を割引するものであります。
いくら観光特急といえども、京阪間の移動ではあまりにも高くなることを抑えるためなのかも知れませんが、こういった形での割引は、近鉄ではあまり聞いたことが無い(かつての阪京特急でも割引は無かった)だけに、面白い取り組みと感じました。


もう一つの「ツインシート」1名利用ですが、子供料金を追加することで、1名で2席利用が可能となるものです。
「あをによし」」では、2名用の「ツインシート」、3〜4名用の「サロンシート」の2種類しかなく、1名で利用するにしても、相席になるのではないか等、懸念がされていました。
今回、子供料金を追加(運賃の追加は不要)することで、正々堂々とツインシート1名利用が可能となるのは、特に単独で乗車する機会も多い鉄道ファンにとっては朗報といえるでしょう。


車両概要、運転区間、時刻に加えて今回料金も発表になった「あをによし」。
連休中の運転開始ということで、高い人気となりそうですが、何とか機会を見つけて早いうちに乗車することができればいいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
【近鉄】1名乗車も可能!新型観光特急「あをによし」の料金を発表 - 鉄道プレス



【関連ニュースサイト】
近鉄「あをによし」の料金発表、大阪難波〜京都間は計1960円に - 鉄道コム

近鉄特急「あおによし」料金発表 特別車両料金を新設 ツイン席1名利用もOK | 乗りものニュース

近鉄、観光特急「あをによし」料金決定 - 大阪難波〜京都間1,960円 | マイナビニュース

近鉄,観光特急「あをによし」の利用料金を決定|鉄道ニュース|2021年11月30日掲載|鉄道ファン・railf.jp

近鉄、2022年4月29日運行開始の観光特急「あをによし」の料金決定 - トラベル Watch



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5138 更新-
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5116 更新-

【京阪電鉄】2200系撮影会を淀車庫で実施(2021.12.18・19)

京阪電鉄では、同社の2200系車両の撮影会を開催することを発表しました。

京阪電車2200系車両淀車庫撮影会|臨時列車・オリジナルグッズ|京阪電気鉄道株式会社

概要は以下の通りです。

【開催日時】
2021年12月18日(土)・19日(日)
各日9:30〜10:30
(受付は9:00まで)

【開催場所】
京阪電車 淀車庫
(受付は淀駅中央改札前)

【撮影車両】

2200系車両2編成
(2217〜2263、2225〜2275)

【定員】
各日60名

【参加料】
5,000円(税込)

【撮影会申込】
2021年12月3日(金)12:30〜12月12日(日)23:59の間、「e-kenetマーケット」で申し込み。
e-kenetマーケット / 【各日限定60名】京阪電車2200系車両撮影会



詳細は、上記発表資料をご覧ください。



DSC01168_R
▲京阪電鉄2200系

DSC02706_R
▲2014年には登場50周年記念ヘッドマークも掲出されました。


1964年に登場した京阪電鉄2200系。
現在は7両編成7本の合計49本が在籍しています。
(2021年4月1日現在。出典:交通新聞社「私鉄車両編成表2021」)

長らく京阪線で様々な運用に就いておりますが、後継の13000系が増備されていくにつれ、その数も徐々に減らしているようにもみえてきます。

それに加え、この9月のダイヤ改正で京阪線では15%〜20%という大幅な列車本数の削減が実施され、それに伴い編成の所要数も少なくなることから、この2200系の去就もにわかに注目されているところです。


そんな状況下で開催される今回の2200系撮影会は、ひょっとするとそう遠くないうちに同系の引退が行われることを示唆するもの、と捉える向きもありそうです。
ともあれ、ヘッドマーク持参可等、楽しい撮影会になりそうな感じですので、京阪ファンの方は是非とも申し込んでみてはいかがでしょうか。




【関連ブログ】
【京阪】唐突に2200系の有料撮影会を実施。引退前の撮影会? - 鉄道プレス




【関連ニュースサイト】
京阪 淀車庫 2200系撮影会(2021年12月18日) - 鉄道コム

12月18日・19日 「京阪電車2200系車両 淀車庫撮影会」開催|鉄道イベント|2021年11月30日掲載|鉄道ファン・railf.jp




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

野洲駅みどりの窓口は2021年11月30日限りで営業終了。近江鉄道への連絡乗車券を購入してみました。

こちらの記事で新快速「Aシート」に乗車し、降りたった終点・野洲駅では、今月末、即ち明日をもって「みどりの窓口」が閉鎖されることが告知されていました。

20211128_104810
20211128_104515


みどりの窓口の閉鎖は、今年3月に私の最寄り駅・和泉鳥取駅でも行われていたりと、JR西日本管内で全般的に進められていますが、ここ野洲駅も閉鎖となるとのことです。

折角なので、きっぷを2枚購入してみました。

img518-1
▲一枚は、例のごとく入場券です。

img518-2
▲もう一枚は、野洲から近江八幡接続の近江鉄道線・八日市駅までの連絡乗車券です。

連絡乗車券を購入することで、近江鉄道にも収入が分配されるのかはよく分かりませんが、少しでも足しになれば、という感じであります。

領収書も出していただきました。
img518-3




同様に、彦根駅でも入場券と連絡乗車券を購入してみました。
img518-5
▲彦根駅入場券

img518-4
▲彦根〜八日市(近江八幡接続)近江鉄道への連絡乗車券


彦根駅のみどりの窓口は、現在の所閉鎖は発表されていません。
ただ、彦根城などの観光客は一定あるとはいえ、近隣に米原駅という新幹線停車駅もあることから、将来的に見直しが無いとも限りませんので、こういった機会を見つけて購入しておきたいところでありますね。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5015 更新-
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5027 更新-

JR西日本・新快速の「Aシート」に乗車する(2021.11.28)

JR西日本の新快速列車に連結されている有料座席サービス「Aシート」。

2019年3月のダイヤ改正で1日2往復でサービスを開始し、当初は当日車内で空席がある際に利用する形態だったものでしたが、昨年(2020年)12月より、一部座席が指定席として運用されるようになり、今に至っています。




私自身、各社の有料着席サービスを積極的に利用しているのですが、このAシートだけは1日2往復しか運転されていないことから、今まで利用する機会がありませんでした。

本日(2021年11月28日)、近江鉄道「豊郷あかね」ヘッドマーク撮影会に参加するため彦根まで向かった際に、目的地到着には少し早い時間帯ではありますが「Aシート」連結列車に乗車できることが判明したことから、この機会にということで利用してみることにしました。

20211128_094003_R
20211128_094000_R

▲大阪駅の発車案内。

続きを読む
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ