阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

こちらのエントリーで先週ご紹介したように、京王電鉄の子会社である京王観光では、同社の大阪市内の支店内で、JR乗車券の発券及び使用について、不正を行っていたことを発表したことをご紹介しました。

この不正については、週刊文春によるスクープ記事がきっかけでしたが、その続報が同じく週刊文春に掲載されていました。

京王観光“キセル”の手口は「0円発券」 | 文春オンライン

DSC_0372

DSC_0373
▲京王観光による不正の続報が掲載された週刊文春1月24日号

今回号では、不正の手口や、本件への問い合わせに対応する想定問答、そして二代前の京王観光社長、そして現在京王電鉄の社長である紅村康氏へのインタビューとなっています。


その中で、不正の手口について触れられているくだりについては、以下の通りとなっています。

・不正の手口は、「マルス」を利用した「0円発券」によるもの。

・この昨日は、やむを得ない事情による払い戻しをいちいち行うのは煩雑なので、取りあえず無料で発券し、乗車が確定したら有料発券に切り換えることとなるが、それを行わず、JR側の売り上げに計上されなかった。

・万が一車掌に見とがめられた時に備えて、添乗員は必ず三ヶ月間有効の指定席回数券を携帯していて、もしもの場合はそれを見せるように準備していた。



この「0円発券」を、より鉄道ファンに知れ渡った言葉を使って報じていたのが、朝日新聞でした。
「指のみ券」使う悪質テクニックも 京王観光不正乗車:朝日新聞デジタル
(リンク太字は管理人による)

報じられている不正の手口は、先の週刊文春と同様ですが、興味深いのはその記事件名に「指のみ券」と記されているところでしょうか。

「指のみ券」(あるいは「指ノミ券」)とは、回数券等の企画乗車券等で、座席の指定を後から行う場合に発行される座席指定券のことで、座席の席番等は入っているものの、他のきっぷと組み合わせて使用しないときっぷとしての効力が無いきっぷのことです。

その他、新幹線で改札を出ずに乗り換えを行う際にも、この「指ノミ券」が発行されることとなっていることから、特に狙ったわけでもなくこの「指ノミ券」を手にしたことのある方も、もしかするといらっしゃるかも知れません。

指ノミ券の実例として、手元にあるきっぷの画像をご紹介します。

img024_R
▲松本→塩尻の「指ノミ券」

img025_R
▲塩尻→甲府の「指ノミ券」

img023_R
▲上記2枚の「指ノミ券」とセットで使用する特急券・グリーン券。

この例では、松本→甲府の特急「あずさ16号」を、松本→塩尻は普通車指定席、塩尻→甲府はグリーン席を利用するもので、同じ列車で一部区間でグリーン席を使用する際に発券されたものです。
3枚目の「特急券・グリーン券」があくまで料金券で、1枚目・2枚目の「指定券」はあくまで座席の指定を行っている券で、これだけでは効力が生じず、これら3枚を組み合わせて、料金券として、かつ、座席が指定された状態で利用できることになるわけです。


今回報じられている京王観光の不正では、上記の1枚目あるいは2枚目に相当する「指ノミ券」のみを不正乗車の人数分用意しておいて座席を確保していたというものであります。

先のエントリーでご紹介した「人数の不正」や「大人を子どもとして購入」などは、マルスの有無にかかわらず行えうる不正でしたが、今回報じられた「指ノミ券」を使用した不正は、マルスがなければ行えないことから、より悪質といえますし、先のエントリーの最後でも記した、京王観光との乗車券類販売委託の打ち切り、即ち「マルス撤収」も現実味を帯びてきた、と考えざるを得ない報道であります。


今後、JR各社が京王観光に対してどのような処分を行うのか、報じられればご紹介したいと思いますが、それにしても、業界や一部ファンのみで呼ばれていた「指ノミ券」という言葉が、まさか新聞誌上に登場してくるとは、思いもよらなかった、というのが正直な感想であります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

関西地区の鉄道事業者各社局では、列車の運転見合わせ時に実施する鉄道事業者間の振替輸送の取り扱いについて、2019年3月16日(土)以降、利用方法を変更することを発表しました。

お客様のよりスムーズなご利用に向けた振替輸送のご利用方法の変更:JR西日本
お客様のよりスムーズなご利用に向けた振替輸送のご利用方法の変更について|南海電鉄
お客様のよりスムーズなご利用に向けた振替輸送のご利用方法の変更について|お知らせ|泉北高速鉄道
(※)大阪府南部をエリアとする一部の事業者のみリンクを貼っています。
他の事業者も発表内容は同一です。



概要は以下の通りです。


●振替輸送の乗換駅を拡大:
現在は事前に各事業者間で定めた特定の乗換駅のみ利用可能であったものが、今後は振替乗車の対象となる乗車券の区間内であれば、乗換駅を任意に選択することが可能。
(次に記載の振替乗車票の配布を省略する場合に限る)

●振替乗車票の配布を省略:
現在は、振替輸送を利用する駅の改札口で振替乗車票を受け取って利用しているが、今後はこれを省略し、振替輸送の対象となる乗車券のご提示により利用可能。
(※)バスなどとの振替輸送および近畿日本鉄道株式会社の東海エリアでの振替輸送については、これまで通り振替乗車票を配布。

●改札入場後のICカード乗車券を振替輸送の対象外に:
現在は「改札入場後のICカード乗車券」も振替輸送の対象としているが、今後は対象外とする。
(IC定期券は、引き続き振替輸送の対象)

●実施日:
2019年3月16日(土)以降の振替輸送実施時

kansai_area_furikae
▲鉄道事業者間における振替輸送に関する制度変更ポスター
(上記発表資料(http://www.westjr.co.jp/press/article/items/dbd6d21a187ac0113342747709d21b1f.pdf)より引用)



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


これまで関西地区と他地区では、振替輸送ついて、ICカード(定期券を除く、以下同様)で入場した後の取り扱いが異なっていました。

即ち、関西地区では入場後のICカードも振替輸送の対象(モバイルSuicaは除く)であったのに対し、その他地区では対象外となっていました。
一見、関西地区の方が手厚い取扱いのようにも思えますが、実際の所、入場記録が残ったままなので、後日精算をする必要があり、それを忘れて入場しようとしてエラーとなる事例も多いものと思われますし、今後ICカードが更に普及すれば、振替乗車の度に後日精算の利用者が集中し、通常時の業務に支障を来す可能性も出てくることも考えられます。

また、後日に乗車していない区間を精算するという、ある意味自己申告的な取扱いのため、実際は乗車しているのにもかかわらず、乗車していないと申告して運賃の支払いを逃れることも、可能であることから、そういった不正手段を防ぐという意味も、今回、首都圏等と同じく、ICカードを振替輸送の対象外とすることになったかと思われます。


これまでICカードが振替輸送の対象だっただけに、制度変更後は混乱を来す可能性もあるかと思われますので、これまた振替輸送時以外の平常時の告知も重要かなと感じました。


個人的に気になるのは「振替乗車票の配布省略」でしょうか。
今後、鉄道事業者間の振替輸送では振替供給乗車票なしに利用できるのですが、バス等の振替輸送を利用する際は、引き続き乗車票が必要となります。

私自身、振替輸送を利用することが最も多い阪和線・和泉鳥取〜和歌山間なのですが、南海ウイングバス南部の尾崎駅前〜和泉鳥取間も振替輸送の対象となることがあるので、これも振替経路として利用する際には、忘れず乗車票を貰う必要があるようです。

極めて個人的な事情で恐縮ではありますが、今回の制度変更がてら、注意すべき点の一つとして、記事を読まれた方が気にかけていただけば幸いであります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_0368

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5130
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 222-2512

今日の帰りしな、和歌山駅の4番ホームに289系6連が停車していました。
恐らく昨年のダイヤ改正で設定された和歌山止めの「くろしお」だと思われます。

この「くろしお」、いつか乗ろうと思いつつ、まだ乗れてないのですよね…

東武鉄道では、2019年3月16日(土)に東武東上線でダイヤ改正を実施し、同改正で新種別「川越特急」を池袋〜川越間で設定することを発表しました。

3月16日(土) 東武東上線ダイヤ改正 東上線に新種別「川越特急」が誕生します|東武鉄道

概要は以下の通りです。

●運行開始日:
2019年3月16日(土)

●使用車両:
50090型クロスシートで運行
乗車券のみで乗車可

●停車駅:
池袋・朝霞台・川越・川越市・坂戸・東松山〜小川町間の各駅

●運転本数:
土休日・・・下り2本、上り4本
平日・・・下り2本、上り3本

●その他:
自動放送で川越観光に関する案内を実施。また、一部の川越特急にはコンシェルジュが乗車し、乗客へ川越観光に関する案内を実施。

tobu_kawagoe_ltd_exp_logo
▲「川越特急」ロゴ
(上記発表資料(http://www.tobu.co.jp/file/pdf/a22c9b7381aa0bcc3e364c1c4e71d8b3/190117_4.pdf?date=20190117113118)より引用)


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


「小江戸」とも称され、首都圏から気軽に観光に行ける城下町として人気の高い川越へは、今回ご紹介する東武東上線の他、西武新宿線、JR川越線が通っており、各々起点が違うとはいえ、都内〜川越、という観点では三つ巴の競争関係になっているともいえます。

このうち西武新宿線では、特急「小江戸」を日中1時間毎に運行し、有料着席サービスを実施していますが、今回東武鉄道では、池袋〜川越間を最速26分で結ぶ新種別「川越特急」を新設し、都心からのアクセスの優位性を高めることとしました。

今回新設される「川越特急」の注目点は、有料着席サービス「TJライナー」に使用されている50090型を、料金不要としてクロスシートで運用する点と言えるでしょうか。

ロング・クロスの両方に切り換えることのできるデュアルシート車は、東急のQシート京王の京王ライナーのように、首都圏では近年有料着席サービスとの組み合わせで導入されることが多く、また、クロスシート時は基本的に有料着席サービス運用時に設定されていることが多いようです。
(一部送り込みの関係でクロスシートで運用されるケースもあるようです。)


今回の「川越特急」では、そのデュアルシート車を料金不要でクロスシートとして運用するところが注目点で、首都圏では珍しい試みではないかと思われます。
また、主眼が観光アクセスという点から、一部列車にはコンシェルジュが乗車するのも、面白い点といえるでしょうか。


先に記した三つ巴の競争関係の中、観光客へ訴求として今回新たに設定された川越特急。
京急を除く首都圏では珍しい、料金不要のクロスシート車ということで、その点で利用者からどんな反応が出てくるか楽しみでもありますが、方や競合関係にある西武新宿線では、こちらでご紹介した新型特急車両Laviewを「小江戸」に投入することもあったりするのか、そんな点も今後の注目かな、と感じたニュースでした。



●関連ニュースサイト:
「川越特急」東上線に新設 特急料金不要、池袋〜川越間は最短26分 東武 | 乗りものニュース
東上線に新種別「川越特急」を設定、東武 - 鉄道コム
東武,3月16日から東上線で「川越特急」を運転|鉄道ニュース|2019年1月17日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
[東武]東上線に「川越特急」登場。停車駅は池袋、朝霞台、川越…(2019年3月16日ダイヤ改正・5): 鉄道ダイヤ改正ニュース
東武東上線に「川越特急」: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
東武、東武東上線に新種別「川越特急」誕生 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

台湾の国有鉄道で、日本の国土交通省に相当する「交通部」が運営する、日本の在来線に相当する路線を運営する交通部台灣鐵路管理局(以下「台鉄」)では、同局の電気機関車(E200型)2両に、南海電鉄の特急ラピートのカラーリングに併せた塗装やイラストなどの特別ラッピングを施して運行を開始したことを、同局と南海電鉄が共同で発表しました。

台鉄において「ラピートブルー」に彩られた、特別ラッピングの電気機関車が運行しています|南海電鉄


詳細は以下の通りです。

●運行期間:
2019年1月15日(火)〜7月13日(土)まで(予定)

●運行区間:
台鉄の主に七堵駅〜潮州駅

●対象列車:
台鉄の電気機関車(E200型)2両

●列車種別:
キョ光号(急行列車に相当)

●デザイン:
特急ラピートのカラーリングに合わせたラピートブルー(ブルーマイカ)の塗装と、特急ラピートをデザインしたイラストなどの特別ラッピングを実施。

・1両目・・・台北など先進的な街並みに合うように、シンプルなデザインと文字で大阪と特急ラピートを表現。
tra_rapit_1


・2両目・・・車体に大阪らしい“にぎやか”なイメージをデザイン。特急ラピートや関空戦士ラピートルジャーも表現。
tra_rapit_2


▲画像はいずれも上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190115.pdf)より引用


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



台湾の鉄道と南海電鉄とのコラボ企画でいえば、昨年実施された台湾・桃園メトロとのコラボによる特急ラピートへのラッピング広告が実施されたことが、記憶に新しいところです。
参考:南海電鉄「ラピート」ラッピング編成(台湾・桃園メトロ、万博誘致)の記録(2018.3.25) : 阪和線の沿線から


今回は、日本の在来線に相当する鉄道を運営する台鉄で、同局の運行する急行列車を牽引する電気機関車が、ラピートブルーの彩られ、台湾内を走ることとなりました。

日頃はラピートで見慣れているはずのこのラピートブルーですが、電気機関車、しかも海外の電気機関車の施されると、これまた違ったイメージとなることに驚くとともに、台湾でもラピートの認知度が更に高まり、より多くの台湾の方が関西地区を訪問していただけると嬉しいな、と感じました。

かくいう私も、身軽な立場であれば、ひょいと台湾まで飛んでこのラピートカラーの機関車を見たいところですが、あいにくそういうわけにもいかない立場でもあるので、これは読者の皆さんにお楽しみいただければな、と思います。


さて、台鉄でラピートブルーの電気機関車が運行されるとなれば、今度は逆に南海電鉄で台鉄カラーの列車が運行されることを期待したいところです。
台鉄カラーのラッピング列車は、日本でも既にいくつか事例がありますが、こと国際空港に直結する南海電鉄では、特に注目を浴びることに違いないと思われますので、仮に実現すれば、当ブログでも是が非でもご紹介したいな、と思ったニュースでした。



●関連ニュースサイト:
「ラピートブルー」の電気機関車が台鉄に登場! 南海特急や大阪を台湾でアピール | 乗りものニュース
台湾鉄路管理局、南海「ラピート」色の電気機関車を運転開始 | レイルラボ(RailLab)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

近鉄バスでは、同社の運行する京都・大阪〜延岡・宮崎線の高速バス「ひなたライナー」の運行を、2019年2月28日(木)出発便をもって運行を終了することを発表しました。

京都・大阪〜延岡・宮崎線(ひなたライナー)の運行終了について|近鉄バス株式会社 - 高速バス、路線バス、空港バス、貸切バス -

上記発表によれば、「ひなたライナー」は、2016年まで運行していた「京都・大阪・神戸〜都城・宮崎線」を延岡駅前経由に変更し、新たな需要の開拓に取り組んできたものの、LCC(格安航空会社)の就航や、燃料費高騰、乗務員不足といった様々な内外の環境の変化もあり、今後の収支改善が見込めず、運行を継続することが困難な状況となり、運航終了に至ったとしています。


詳細は、上記Webサイトをご覧下さい。



今回運行終了が発表された「ひなたライナー」は、2017年2月から運行を開始した路線でした。
参考:【近鉄バス】京都・大阪・神戸〜延岡・日向・宮崎間の高速バス運行を発表(H29.2.1〜) : 阪和線の沿線から

関西〜宮崎間の夜行高速バスに関しては、これまでも「あおしま号」「おひさま号」といった路線が開設・運行されたものの廃止され、今回3度目の路線開設となりましたが、上記で記したとおり内外の環境変化により収益が見込めず、今回運行休止に到りました。

今回の「ひなたライナー」では、運行ルートを、これまで「あおしま号」「おひさま号」で採られていた宮崎道(都城経由)ではなく、東九州道(延岡経由)と変更し、かつて「ひえつき号」が運行終了して以来20年以上ぶりの延岡から関西直通の路線という、新たな需要の発掘も試みられましたが、その甲斐も無く、今回運行休止に到った次第であります。


もはや「三度目の正直」という言葉も出てきそうな今回の路線休止ですが、元来関西〜宮崎間に関しては、元々レガシーキャリアの航空路線が充実していた他、同区間でカーフェリーが就航していることもあって、元来夜行高速バスにとっては、厳しい環境の区間でもあるといえます。

しかも、昨今の状況を見ると、LCCのPeachが関西〜宮崎線を就航しているほか、神戸〜宮崎のフェリーを運航する「宮崎カーフェリー」も2022年頃に新造船就航を計画していることもあって、高速バスとしては厳しい状況が続く上、これまた昨今の課題となっている乗務員不足もあり、事態が好転することは難しいとの判断に至ったものといえるでしょうか。
参考:【Peach Aviation】関西−宮崎便を開設(2015.8.28〜) : 阪和線の沿線から
神戸新聞NEXT|総合|「海の高速道路」カーフェリー盛況 背景に働き方改革


もっとも、関西〜宮崎間に関しては、空(航空)・海(フェリー)のルートに比べて陸(高速バス)のルートでは迂回をせざるを得ないことから、所要時間においても航空はおろか、フェリーに対しても優位性で大きく上回ることが難しく(※)、高速バスにとっては環境の厳しい区間の一つであったといえ、それが故に「あおしま号」「おひさま号」も運行が長続きしなかった、と考えることもできるでしょう。
(※)例えば神戸発宮崎行きのダイヤでみると、高速バス「ひなたライナー」は神戸20:15発・宮崎(宮交シティ)8:19着に対し、宮崎カーフェリーは神戸19:10発・宮崎8:40着と、所要時間でみると、「ひなたライナー」が約1時間半短い程度となっています。

それに加え、運賃面での優位性も、LCCの就航・充実により、その優位性も訴求しづらいことになってきたこともあり、やはり三度目の挑戦も結果として成功に至らなかった、といえるでしょうか。


ここまで、同一事業者(近鉄バス)が開設・運行終了を繰り返す路線も珍しいよな、と思いつつ、果たして「四度目の挑戦」はあるのかないのか。
縷々記した周辺環境からみると、なかなか難しそうな気もするのかな、と感じたニュースでした。




●関連ブログ:
近鉄バス「ひなたライナー」運行終了へ 〜3度目の関西〜宮崎間夜行バス運行終了〜 | 夜行バス・高速バス・鉄道乗車記サイト「ひろしプロジェクトWEB」




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

東武鉄道では、鬼怒川線で「SL大樹」を運行してますが、このSL大樹の客車に、JR北海道で活躍していた14系客車「ドリームカー(オハ14-505)」を導入することを発表しました。

4月13日(土)より、14系客車「ドリームカー」をSL大樹の客車として導入します!!|東武鉄道

概要は以下の通りです。

●導入車両:
オハ14-505
(座席数48席)

●車両概要:
札幌〜釧路間を運転していた急行「まりも」用として1988年に改造により誕生した5両のうちの1両。
その後、1993年のダイヤ改正で、急行「はまなす」に転用され、「はまなす」廃止の2016年3月まで運用された車両。
腰掛けはJR北海道で使用していた特急車両「キロ182」の腰掛けの取り替えの際に転用したグリーン車用腰掛けで、車端部にはラウンジ(談話室)が設置。

●導入日:
2019年4月13日(土)

●運転日程:
SL大樹・DL大樹運転日のうち年間約40日を予定
(2019年は24日間運転予定)

●客車編成:
編成の中間車両として導入

●料金:
SL座席指定料金(大人750円、小児380円)、DL座席指定料金(大人510円、小児260円)とも現行料金と変更無し



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


2017年8月から東武鬼怒川線で運行を開始した「SL大樹」。
蒸気機関車(C11)はJR北海道から、客車(14系・12系)はJR四国から、ディーゼル機関車(DE10)はJR東日本から、車掌車(ヨ8000)はJR西日本とJR貨物から譲り受け、新たに蒸気機関車の乗務員を養成して、新たに走り始めたこのSL大樹。
C11が14系客車を牽引するという、少し前の鉄道旅行シーンを再現できる編成ということもあり、ファンの注目度も高い列車でありますが、今回このSL大樹に、かつてJR北海道で活躍した14系客車「ドリームカー」が連結されることとなりました。


「ドリームカー」の概要は、上記発表資料で紹介したように、札幌〜釧路の夜行急行「まりも」の指定席車として登場し、その後活躍の場を札幌〜青森の急行「はまなす」へと移し、2016年3月の「はまなす」運行終了まで多くの旅客を運んだ車両でした。

急行「はまなす」で最後まで活躍した車両のうち4両は大井川鐵道へ譲渡され、現在整備中であることは、既に当ブログでもご紹介しています。
参考:【大井川鐵道】JR北海道より14系客車を導入。平成29年6月運行開始を予定 : 阪和線の沿線から

大井川鐵道に譲渡されたのは、かつて「はまなす」では自由席車として運用されていた車両で、14系客車オリジナルの簡易リクライニングシートが設置されている車両でしたが、今回東武鉄道で運行されるのは、それとは別に、「はまなす」では指定席車として運用されていた車両ということで、まさか東武鉄道で復活するとは思ってもみなかった方も多いのではないかと思われます。


かくいう私も、東武鉄道に14系客車「ドリームカー」が運用されるとは、思ってもみませんでしたし、しかもB寝台、指定席車(カーペットカー・ドリームカー)、自由席車と多彩な編成を組成していた「はまなす」の中では、唯一乗車したことが無いまま廃止となった車両でありました。

「はまなす」時代に唯一乗車できなかった車種であり、その点が心残りと言えなくもなかったのですが、まさかそれに東武鉄道で乗れるとは、思いもしなかっただけに、機会があれば是非とも乗車してみたいな、と思ったニュースでした。



往年の「はまなす」と、ドリームカーの画像をご紹介。
(いずれも2014年9月に撮影)

DSC03365_R
▲札幌駅到着時の下り「はまなす」。
通算3回乗車しましたが、いずれも下りのみでした。

DSC03325_R
▲「ドリームカー」車内の様子
この日も満席でしたが、この座席に場所を変えて乗車することができるとは、思ってもみませんでした。

DSC03326_R
▲ドリームカーに設置されていたラウンジ。
この場所も「SL大樹」運行時に再現されるものと思われます。




●関連ニュースサイト:
夜行急行「はまなす」「まりも」の14系「ドリームカー」、東武鉄道「SL大樹」で復活! | 乗りものニュース
東武鉄道、元「はまなす」のドリームカーをSL「大樹」に導入 | レイルラボ(RailLab)
東武,4月13日からSL「大樹」に14系「ドリームカー」を導入|鉄道ニュース|2019年1月12日掲載|鉄道ファン・railf.jp
SL大樹にドリームカーを導入、東武 - 鉄道コム



●関連ブログ:
「ドリームカー」がSL「大樹」に: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
東武、2019年4月13日(土)より、14系客車「ドリームカー」をSL大樹の客車として導入 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ