阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

各種料金の支払いでマイルをためる方法

通信教育で簿記3級を勉強してみる事にしました。
申し込みをしてテキスト一式が送られてきて、一緒に教材費の納付書も付いてきました。
振り込みは銀行もしくはコンビニで、とのこと。

通常なら、コンビニや銀行に現金を持っていって支払うところですが、ここで登場するのがEdyカード。Edyを使ってコンビニ支払いの各種料金を支払うことは可能です。

で、このEdyをチャージする際、ANAマイレージクラブVISAカードを使用する事で、「間接的に」クレジット払いにすることが可能です。
クレジット払いにする事で、ポイントが貯まり、マイルに交換することができる。まあそういうわけです。
クレジットカードでEdyをチャージするには、PaSoRiというものを使用するか、もしくはおサイフケータイを利用の場合はネットワーク利用でチャージする事もできます。

この手の方法は、コンビニ払いのできる各種税金(自動車税や住民税)などにも応用する事ができます。また税金などは基本的に年一回ではありますが、支払う金額は結構な額になりますので、できるだけこの手法を利用するように心がけていきたいなと思います。

で、肝心の簿記3級ですが、試験は11月にあるとの事。それを目指してぼちぼち勉強を進めたいと思います。

神戸−関空ベイ・シャトル明日から運行開始

関西空港と神戸空港を結ぶ高速船「神戸−関空ベイ・シャトル」が明日13日より運行を開始するそうです。

ベイ・シャトル:あすから運航 マイカー利用期待、神戸に「第2関空駐車場」 /兵庫(Yahoo!ニュース)

海上アクセス株式会社

以前神戸から関空への海上ルートがありましたが(K−JET)、利用が低迷していたため、4年ほど前に運行を休止していました。
今回、神戸空港が開港し、両空港を最短距離で結ぶ交通機関として復活したわけです。

運賃も、以前の2,100円から1,500円と安くなっており、また神戸空港側には駐車場も完備されている事から、両空港間のシャトル輸送だけでなく、神戸方面からマイカーをおいてこのベイシャトルで空港へ向かう事も考えられます。

前回のK−JETの二の舞にならないように、頑張って欲しいものです。

ところで、自宅から神戸方面まへ、このベイシャトルを使うのと、普通に電車を乗り継ぐのとでは、どちらが速くて安いのか、また暇なときに調査してみたいと思います。
ポートアイランド方面へ用事があるときは、ベイシャトルの方が有利なのはイメージ出来ますが・・・

阪神1000系発表、PiTaPaエキスポランドで利用開始

今日の話題は2つ。

某村上氏の関係で大いに揺れた阪神電鉄。西大阪延伸線・近鉄線乗り入れ対応として新製される1000系の概要が発表されました。

平成18年度から新型車両1000系を導入します(阪神電鉄プレスリリース:PDFファイル)

近鉄線にも乗り入れる関係上、座席設備はロングシートが採用されています。
その他、扉の数は阪神の標準である3枚のままですが、近鉄は4枚が標準ですので、実際乗り入れの運用をするとなると、乗車位置などでちょっとした混乱があるかも知れません・・・
あと、6両編成と2両編成が設定され、最大10両編成にすることができるようです。現在の阪神は6両編成ですが、高架工事が完了した西宮などは6両よりもまだ余裕がある長さになっていますので、阪神線でも8両編成が走り出すのかも知れません。

ともかく、3年後の開業・相互乗り入れ開始が楽しみですね。

「エキスポランド」でPiTaPaがご利用いただけるようになります。(PiTaPaプレスリリース:PDFファイル)

PiTaPaが使える遊園地は勿論ですが初めてです。また今回のPiTaPa導入と同時に、クレジットカードでの決済もできるようになったとの事です。

私としては、みさき公園でも使えるようになって欲しいなあと思うのですが、こちらはいつになることやら・・・

今までは漫然とマイルをためていたのですが・・・

私はもうだいぶ前からANAマイレージクラブの会員で、ANAマイレージVISAカードを所有しています。
基本的にANAに搭乗した場合にマイルが加算され、たまったマイルは無料航空券に引き替える事ができます。
マイルがたまるのは何も飛行機に乗る場合に限らず、VISAカードの利用100円につき1マイルの計算でたまります。

今までは携帯電話の利用料金とかプロバイダ料金とか何とかかんとかをクレジット払いにしているのでそこそこのマイルはたまり、マイル有効期限の3年に1回くらいは無料航空券で国内旅行ができるくらいのペースでした。
(直近の無料航空券旅行はこちら

ところが別の調べ物をネットでしているときに、こんなページを見つけてしまい、読み入ってしまいました。

そう、今まで漫然とためていたマイルも、ちょっとため方を変えるだけで大化けしてしまうことが分かってしまいました。

とりあえず、今週末で以下の事を実践しました。
●VISAの「マイペイす・リボ」申し込み(もちろん毎月全額返済して金利は負担なし)
●利用代金のコンビニ支払い可能なクレジットカードを申し込み

今後、利用代金のコンビニ支払い可能なクレジットカードをメインカードとし、その代金をEdy支払いする(そのEdyのチャージはVISAを利用する)ことで、100円=3マイル相当になるようです。

その効果が現れるのは今後の事ですが、まあマイルを「漫然と」から「積極的に」集めることで、無料航空券の利用が増えるか、おいおい報告したいと思います。

今日の乗車記録

イオンりんくう泉南ショッピングセンター(1235)〜関空展望ホール 関西空港交通 スカイシャトル
関空展望ホール(1338)〜イオンりんくう泉南ショッピングセンター 関西空港交通 スカイシャトル

決して毎日新聞の苦情を毎日書きたいわけではないのですが

実は昨日、とある事情によりクレジットカードの番号を変更しなければいけない事になりました。
電話・インターネット他毎月支払いが発生するものをこのカードから決済していたので、これらの料金振り替えのクレジット番号も同時に変更しなければならなくなりました。
現時点で毎月クレジット払いしているものとしては、次のものがありました。
1:固定・携帯電話(KDDI)
2:インターネット(ケイ・オプティコム)
3:電気代(関西電力)
4:受信料(NHK)
5:メールマガジン購読料(まぐまぐ)
6:新聞購読料(毎日新聞)

このうち、1・3・4は変更届出書をインターネットで請求し、2・5はインターネット上で番号の変更が可能なので、新しいカード到着後処理をする事にしました。

問題は6。

毎日新聞のホームページを見ても、クレジット払いのカード番号変更の際の届出はどのようにすればいいのか、一言も触れていません。
もうこの時点でNHKに十分負けていますよ・・・

分からないので仕方なく購読申し込みのフリーダイヤル(0120-468-012)に電話してみたら、クレジットの受付はまた別だということで別の番号を教えられましたが、そちらは何と「本日の営業は終了いたしました」とのアナウンス。
これじゃあ、次にいつ電話すればよいのかが分からないではないか!
あまりにも対応がお粗末なので、元の購読申し込みフリーダイヤルに電話をして、どこのどういう組織にいつ電話すれば良いのか、と聞いてみたら、担当の人はよく分かっていない人のようで、しばらく待たされたあげくに、連絡先は毎日新聞大阪開発という会社で、月曜日の10時以降にに電話をして下さいとのこと。

私が腹を立てているのは次の3件(+おまけ1件)

1:クレジット購読の変更手続きぐらいホームページに出しておけないか?
2:購読申し込みのフリーダイヤルでは、クレジットの手続きが別の組織で、受付日時くらいは把握出来ていないのか?
3:留守番電話には営業時間ぐらい吹き込まないものなのか?
おまけ:電話に応対する時は(特にお客さんの対応窓口では)「毎日新聞」と会社名だけでなく担当部署・名前くらい名乗らないものなのか

実は一番腹を立てているのはこの中で「おまけ」かも知れません。
編集部ならともかく、営業の窓口なわけですから、氏名名乗るのは普通では、とは思うのですが・・・今日び公務員でも電話では所属・氏名は名乗っている時代に、どうして毎日新聞だけこんな対応で許されているのか?不思議でなりません。

とまあ、たらい回しされたあげくにアウトとなるくらいなら、最初に教えてくれよ、という苦情です。

ただ、もし当方に落ち度があるとすれば、クレジット会社のホームページを調べると連絡先とか営業時間が載っているので、こちらから調べれば無駄な時間を使わなくても良かったんですが・・・

新聞社は不親切だなあ、と思いました。本当のお客は購読者ではないのでは?とも思った今日の出来事でした。

嗚呼スターフライヤー・・・

たまには飛行機の話題を、と言うわけでもないのですが。

スター社 6月搭乗率5割切る 早朝・深夜30%と低迷 駐車料負担など対策(Yahoo!ニュース)

今年の3月に北九州〜東京間で営業を開始したスターフライヤーですが、6月の搭乗率がとうとう5割を切ってしまったとの事。
昼間の便は55%程度であるのに対し、特に早朝・深夜の便が30%程と低迷しており、全体を大きく引き下げてしまったとのこと。

「早朝・深夜」というけど、どんな時間帯かと言えば、以前のエントリーでも紹介したように朝6時前後始発・深夜24時前最終という時間帯ですので、公共交通機関を使って利用するにはちょっとしんどい時間帯。
駐車場料金が安い北九州空港はともかくとして、マイカーでのアクセスがさほど容易でない羽田空港ではちょっと利用が難しいのでは、と思いましたが、予想通りという感じです。

8月中にスターフライヤー社が羽田空港の駐車料金も負担するとの事ですが、いっそのこと、深夜便を休止(あるいは週末だけの運行にする)するだけでも改善されるのでは?とも思います。

何じゃい、税金もちゃんと払ってなかったんかい?

このニュースを聞けば、毎日新聞もその程度かい、と思ってしまいます。
毎日新聞が所得隠し 3900万、国税局指摘 (gooニュース)

日頃、税金の無駄遣いについてあれこれ指摘する。大いに結構です。
でも、その指摘する新聞社自体が税金逃れしているようでは、新聞社に対する信頼というものは崩れてしまうことになりますね。

言うまでもなく、税金を納める事は、国民の義務の一つとして憲法でも定められているわけです。
まさか、知る権利だとか報道の自由だとか、権利だけを主張して、義務は逃れようというわけじゃないでしょうね?

昨年12月の羽越線脱線事故の社説の内容今年4月の情報漏洩・そして今回の所得隠し。
これだけ不祥事とか失態を重ねるというのは、私に毎日新聞を解約しろ、ということですかいな?分かりました、もう更新の手続きは結構ですから、次はどこの新聞社にするか考えておくとしますか・・・ああ情けない。

Suicaにもオートチャージ導入

JR東、10月からビュー・スイカに自動入金サービスを開始(Yahoo!ニュース)
「ビュー・スイカ」カードがパワーアップします。
2006年10月1日よりオートチャージサービス開始!!(JR東日本プレスリリース)


既にPiTaPaでは導入されているオートチャージがJR東日本のSuicaにも導入されるとの事。
PiTaPaの場合よりも少々進化していて、オートチャージを行う最低残額と、その際チャージする額をどちらも自分で決めれるとのこと。
確かにJRの場合は少々乗車すると2千円くらいいってしまうので、これは結構便利かも。
とはいえ、私自身は今のところ全く関係ないのではありますが、とりあえず交通系ICカードのニュースとして挙げておきます。

南海PiTaPaのフライング

ICカード「PiTaPa」導入時におけるお詫びとお知らせ

7月1日スタートの南海のPiTaPaですが、前日6月30日の23時30分から使える状態になってしまっていたとのこと。ほんで、相互直通している泉北高速ではまだ使える状態ではなかったので、降りれない乗客がいたとのこと。

設定をミスった南海を擁護する気持ちはないのですが、サービス開始前日にPiTaPaを使った人はなぜ使ってしまったのか、ちょっと知りたい気持ちはあります。

・ダメもとで試してみようと思ったらたまたま通った。
・他社局で使えるので、単純にまだ使えない事に気が付かなかった。
・酔っぱらっていてあまりよく分からなかった
時間的に三つ目の可能性もなきにしもあらず・・・

ともかく、こういうしょうもない単純ミスはもっと事前で見つけれるようなチェック体制を確立して欲しいものですね。
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ