阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

必死さを感じずにいられないETCの大盤振る舞い

今日は和歌山で仕事があり、帰りに和歌山〜阪南間の阪和道を利用しました。
丁度5時前だったので、通勤割引が適用されるように、手前の紀ノ川サービスエリアで時間調整をして、5時過ぎに阪南インターを出るようにしました。
通勤割引の適用で、普通車550円のところが300円になりました。

さて、このETCなんですが、今年度中に利用率70%という目標があるみたいで、今はその目標達成に官民ともに躍起になっている最中だとのこと。

ETC利用率 70%へ官民躍起…目標期限は年度内

通勤割引や早朝夜間割引の50%割引だけでなく、マイレージサービスでは3月末までポイントを2倍・3倍キャンペーンを行っていたり、新規マイレージ登録者には600ポイントプレゼントといった大盤振る舞いを見ている限り、利用率を上げようと必死な姿を感じずにはいられません。
まあ、この大盤振る舞いで、私自身はかなり得をしていることは確かなんですが・・・

ETC通勤割引

ETC早朝夜間割引

ETCマイレージサービス

PiTaPaも、これくらい大盤振る舞いをすれば、一気に発行枚数が増えるのかも知れませんが、そこまで必死にはなっていない模様です。ただ、ICOCAでもPiTaPaの電車・バスを利用できる現状、PiTaPaで利用して得に感じるような施策を行わない限り、ICOCAとの発行枚数の差はなかなか追いつけない気がします。

ちょっとしたお知らせ

今日は特に書くようなネタがなかったので、ちょっとしたお知らせ。

通勤手段の変更により、乗車記録をたまにしか投稿できなくなりました。
よって、カテゴリーをこれまでの「乗車記録」「乗車記録なし」の2つから、「鉄道」「バス」「その他交通」・・・を増やす事にしました。
新規のカテゴリーについては、随時増やしたりしていきたいと思います。
また、乗車記録がある日の場合は、そちらも投稿します。

というわけで、これまで通りご愛読のほどをよろしくお願いします。

今日の演奏記録

今日は朝から少年野球の開会式で演奏しました。
「泉州地区王座決定戦」という名前の大会で、堺より南の代表チームが優勝を競う大会なんだそうです。

演奏曲目:
・ウイーンはいつもウイーン
・ワシントンポスト
・君が代
・得賞歌

事前に連絡されていたほどチームが多くなく、「ウイーン」「ワシントン」を一回ずつ演奏したあたりで入場行進の演奏は終了。少々吹き足りない感がしないでもないのですが、まあ我々はあくまで脇役と言うことで…

新型MPV、発売

マツダの大型ミニバン「MPV」がモデルチェンジして発売となりました。

“zoom-zoom集大成”、新MPV発売

MAZDA MPV(メーカーサイト)

今日、自宅に近くのマツダのディーラーからダイレクトメールが久しぶりに届いていたので、どれどれと明けてみると予想通りこの新型MPVの発表展示会のお知らせでした。

昨年末、とある事情により後席スライドドアの乗用車を探していたときに、マツダのプレマシーが候補に挙がっていた(結局最終候補まで残りましたが、惜しくも次点でした)のですが、その時にディーラーの人が春先に新しいMPVが出るようなことを話していましたので、一体どんなんかなあと少し興味がありました。

デザインもいいし、居住性も良さそうです。そして走りも、最近のマツダが売りとしている走りの良さや楽しさが楽しめそうな車です。

このとき探していた車種では予算やサイズの面でオーバーしてしまいましたが、次に買い換えの時にはMPVも候補にしてみたいなあと感じました・・・っていつになるかは全くもって分かりませんが。

マツダも一時期の苦境から脱却して、徐々に復活しているようです。トヨタや日産のように規模では負けますが、個性的なメーカーとしてその位置を築きあるマツダを陰ながら応援したいと思います。

マツダ、5年連続で増収増益(中国新聞:'05/11/2)

北九州発・奇抜な航空会社

来月の16日に新しい北九州空港ができるそうです。大阪から北九州の路線は存在しないため、全く気にしていなかったのですが、どうやら羽田・北九州線に新規航空会社が就航するそうです。

その航空会社とは「スターフライヤー」という会社です。使用する飛行機は、何と世界初の
「黒」塗装のエアバス320型だそうです。

北九州発。“黒い旅客機”のすべて

この航空会社、デザインが奇抜なだけでなく、運航ダイヤも奇抜さでは群を抜いております。その一番の特徴は始発・最終便の時間設定に集約されているといっても過言ではないでしょう。

始発便は北九州発が5:30発(6:55着)、羽田発が6:05発(7:30着)
最終便は北九州発が23:30発(0:55着)、羽田発が23:50発(1:15着)

詳しいダイヤはスターフライヤーのホームページを見ていただきたいのですが、始発はともかく、最終便で着いてからの帰りの足はどうすればよいのか途方に暮れないことはないのか、少々心配ではあります。

まあ家族に迎えに来てもらうとか、空港に車を停めておくとかの方法はあるにはあるんでしょうが、羽田の駐車場は一日停めたら一体いくらするんだ?

ともかく、この奇抜な航空会社の今後をじっくり見ていきたいと思います。

OSAKAPiTaPaカード到着!

今日帰宅すると、三井住友カードより郵便が到着していました。
開封すると、先日申し込んだOSAKAPiTaPaカードが送付されてきました。
申込書を送付したのが1月24日ですから、約2週間での到着です。もうちょっと時間がかかるかな?と思っていたので、案外早いもんです。

カードをまじまじと眺めてみると、他のクレジットカードのように凹凸がありません。どうやらICチップを埋め込んでいるので凹凸がないのだそうです。その関係上、決済端末のない店では使用できないのだそうです。
ただ、決済端末のない店でクレジットを使用したのはクレジットカードというのものを使い始めて約10年、1度くらいしか経験がないので、まあ大勢に影響なしでしょうな。

早速残高僅少のICOCAにチャージして、あとはETCカードの到着を待つばかり。できれば3月中には来てほしい。

なぜ3月中か、といえば、「ETCマイレージサービス」の600ポイントプレゼントキャンペーンの期間が3月末までなのです。
最近新たな車にETC車載器をつけたので、こちらの車載器とOSAKAPiTaPaのETCを登録する事で、600ポイントゲット、というわけです。

このポイントは、高速道路等の有料道路通行料にあてがうことができるものなんですが、いきなり何もせずにこれだけポイントがたまるのであれば、黙って見過ごすわけにはいきません。

ちなみにこの600ポイントは、通常だと高速道路を3万円分利用してつくポイント数ですから、どれだけお得かおわかりいただけるでしょう。

ETCマイレージのキャンペーンはこちら。
ETCマイレージキャンペーン情報

ナショナルからの大事なお知らせが届きました。

9844e523.jpg数日前、自宅に松下電器から「大事なお知らせ」のダイレクトメールが送られてきました。

内容は、皆さんご存じの通り石油暖房機の回収のお知らせです。昨年末に松下のテレビCMを全て「回収のお知らせ」に差し替えた、あれです。

CMオール差し替えに続いて、今度は「全世帯ダイレクトメール」とでも言うべき、「配達地域指定冊子小包」という名前の、地域全ての世帯に配布される郵便での告知です。

これだけ回収を呼びかけても、まだ全出荷台数の6割ほどしかありかを掴めていないみたいです。気の遠くなるような作業ですね・・・

[経営戦略]松下、「心からのお願い」届きはじめる、石油温風機問題の告知はがき各戸に

松下電器産業株式会社(トップページに製品回収の告知)

やっぱり三木鉄道は廃止・・・?

先の日記のDMVがらみで紹介した三木鉄道ですが、どうやら廃止の動きが急ピッチで進んできているようです。

三木鉄道廃止へ 全線、バス路線に転換

新市長としては、「三木鉄道の廃止」を有権者に対しマニフェストとして掲げている以上、何としてでも廃止しなくてはならないものと考えていて、新市長就任後即刻こういう方針を掲げるのもその考えを行動に移したものなんでしょう。

ただ、この動きを「英断」とみるか「拙速」とみるかは評価の分かれるところではあります。
三木市の行政に関しては、三木鉄道以外にも新市長となり急な改革でどたばたしているようで、これがいいように出ればいいんでしょうけど・・・

ともかく、三木鉄道の廃止はどうやら大きく転換しそうにない様子です。
もっとも、全長6.6キロという短い路線ですので、鉄道としてのスケールメリットを発揮しづらい環境ではあると思います。
もう一つ、国鉄三木線時代には存在した加古川線直通列車があれば、国鉄時代に比べて格段にスピードアップした新快速との乗り継ぎで、ある程度のマイカー利用者を奪い取ることもできなくはなかったのかも知れませんが・・・

バンドフェスティバルin泉南

今日は、「バンドフェスティバルin泉南」というイベントに参加しました。

これは、岸和田・忠岡・貝塚・泉南・阪南の4市1町の高校の吹奏楽部・社会人吹奏楽団計7団体が一堂に会して演奏するコンサートです。

こう書くと、ありきたりの合同演奏会のように感じられる方もおられるかも知れませんが、実は、プログラムの最後に合同合奏があり、7団体の演奏者全員がステージのみならず客席通路で同じ曲を演奏するという、何ともまあすごいイベントだったわけです。

最後の合同合奏は合計250人くらいだったでしょうか?観客の皆さんはやかましくなかったのか聞いてみたいくらいの音量でしたが、予想外のアンコールがあったりしたので、満足されたのではないのでしょうか?

私個人としては、自分の団体以外の演奏を聴くことができた、よい機会でした。その中でも、「ポップスマーチ・すてきな日々」や「高度な技術への指標」が聞けたのがよかったです。

「ポップスマーチ・・・」は、平成元年の吹奏楽コンクール課題曲D。
当時私は中学生でしたが、このときのコンクールは何を血迷ったか、顧問が課題曲C(「清くあれ・爽やかなれ」)を選んでしまって、自分としてはこの曲を吹きたかったのにもかかわらず、吹けずじまいでした。
それだけに当時の悔しさを少々思い出しつつ聴いていました。

「高度な技術・・・」は、「ブラスの祭典3」という、佐渡裕指揮・シエナ・ウインド・オーケストラ演奏のアルバムに収録されている曲を聴いてその存在を初めて知りました。
何やら小難しいタイトルから堅い曲を連想してしまいますが、聞いてびっくり!実は楽しいポップスの曲です。(確かに高度な技術を要求される箇所もあるのですけどね)

来年もこんなイベントができたらいいな、と思います。

早く来い来い私のPiTaPa

先日のエントリーでOSAKAPiTaPaの申し込みをしたことは既に報告済みですが、そのPiTaPa、去る2月1日より大阪市交通局・阪神電鉄等で利用開始となり、利用可能エリアがぐっと広くなりました。

ピタパさらに便利 阪神、市営地下鉄・市バスOK 買い物ポイントで割引

それにしても、一日2〜3千件の申し込みが来ているようですので、私が申し込んだPiTaPaも、いつ届くかちょっと不安になってきました。

できれば、ETCとの兼ね合いがあるので、2月中にはPiTaPa、3月中にはETCカードが来てもらわないと困ったりするんです・・・

「なぜ3月中にETCが来ないと困る」ってですか?

それはまあおいおい話していく事にしましょう。今日はPiTaPaの話題で、ETCは脇道にそれる感がありますので・・・
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ