阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

昨日投稿のなかった理由

決して言い訳ではないのですが、ご説明を。

昨日は年に一度の定期演奏会がありました。
朝から準備・リハーサルで夕方に本番。
本番終了後は撤収と、そして打ち上げ会。
自画自賛するのも変な話ですが、大変盛り上がった、よい演奏会でした。

そんなわけで投稿する暇がありませんでした。

定期演奏会の様子は改めて楽団のHPに掲載されるようなので、追ってご紹介します。

今日の乗車記録

尾崎(8:07)〜和歌山市 急行
和歌山市駅〜和歌浦口 和歌山バス 13系統
権現前〜和歌山市駅 和歌山バス 4系統
和歌山市(17:59)〜尾崎 急行

今日は研修の後、明日の定期演奏会に向けての最終確認が尾崎であるので、往復南海線利用です。
これだけ頻繁に市駅を利用するのも珍しいのですが、やはり活気が感じられない。JR和歌山駅の方がまだ賑やかです。大きいデパート(近鉄百貨店)があるからでしょうか。

今日の乗車記録

和泉鳥取(8:01)〜和歌山 普通
和歌山駅〜和歌浦口 和歌山バス 25系統
和歌浦口〜和歌山市駅 和歌山バス 3系統
和歌山市駅〜和歌山駅 和歌山バス 71系統
和歌山(20:43)〜和泉鳥取 普通

今日と明日は研修のため、岩出には行きません。だから、今週は岩出に行くのは二日だけ。それも一日は途中で帰ったので、1.6日くらいにカウントするのが妥当でしょう。
市駅から和歌山駅までは、シャトルバスもあったのですが、それより先に出て、所要時間も短い71系統に乗車しました。和歌山大学の学生で全ての席が埋まっていました。研究かな、それともクラブかな?

新しいお札

先の日記で、今月1日より新しいお札が誕生した事は既に書いたと思います。
その新札を昨日始めて目にしました。
ご存じの通り、お札に描かれている人物は
一万円:福沢諭吉
五千円:樋口一葉
千円 :野口英世
です。色調は旧のお札と同じパターンが使われています。
今回新しい特徴としては、偽造防止のホログラムが付いていることです。
今はまだ珍しい存在でも、いずれは新しいデザインに入れ替わっていく事でしょう。

合併したけれど・・・

今日は自宅に帰ってから、横になっていると、だいぶと楽になりました。

さて、新潟県中越地震で被災した市町村の中で、11月1日付で合併して新しい市となったところがあります。
それは「魚沼市」と「南魚沼市」。
当面は災害復旧対応のため、合併前の体制のままで業務を行うとの事。辞令交付もセレモニーも何もなく、ただ単に市町村の名前が変わっただけ。
予測できない地震のために、こんな体制で業務せざるを得ないのは十分分かってはいますが、やはりここは特例で、合併を先延ばしに出来なかったものか?とも思います。
それにしても、魚沼市は6町が合併するのですね。これはえらく広いエリアとなりました。
今後市町村合併が進むにつれて、こういった広い市が続々と誕生するものと思われます。

今日の乗車記録

今日の乗車記録
砂川駅前(7:48)〜岩出駅前 樽井岩出線 1名(南海169)
岩出駅前(15:20)〜砂川駅前 樽井岩出線 6名(南海169)

今日は頭がぼけーっとしているので、少し早めに帰って寝ることにします。
15時20分発の便は、乗るのが初めてです。運行会社が南海というのも初めて知りました。
願わくは、12時台にもう一本あれば昼過ぎで帰るときに使えるのですが。
昼間で需要が少ないと思ったら大間違い、根来で4人も乗ってきました。朝夕は通勤通学の需要があるのは解るのですが、じゃあ昼間は?意外さに感動した今日の乗車記録です。

今日の乗車記録

今日の乗車記録
砂川駅前(7:48)〜岩出駅前 樽井岩出線 1名(南海169)
岩出駅前(18:00)〜砂川駅前 樽井岩出線 2名(南海169)

今日から11月です。
新しいお札が流通開始したり、運転中の携帯電話が禁止になったり、少し世の中に変化があります。
新しいお札には偽造防止のための新しい工夫がされていると聞いています。が、これも偽造側とのいたちごっこにもならなくはないと思います。
「20年ぶりの新札発行」とニュースでは言っていましたが、今後偽造技術が高度化するにつれて、対策の必要性から新札発行のサイクルは短くなっていくのではないのでしょうか。
20年前にはカラーコピーは勿論のこと、スキャナーで取り込んで画像ファイルを作成するだなんて、誰も想像さえしませんでしたよね。

今日の乗車記録

今日の乗車記録
和泉鳥取(10:27)〜和歌山 普通
和歌山(12:28)〜和泉鳥取 普通

今日は和歌山近鉄百貨店に北海道物産展を見てきました。まあたくさんの人でした…

自家用車を考える

今日の乗車記録
和泉砂川(15:23)〜和泉鳥取 普通

今日は自家用車の車検があったので、樽井近辺のディーラーに預けて、和泉砂川まで送って頂きました。
車検が終わるのは明日の夕方なので、また取りに行かないといけません。

考えてみれば、自家用車を所有するのは相当なコストが発生するもんです。
勿論、購入時の費用はさることながら、その後の維持費が想像以上に大きい事に、我々はあまり重要視していないような気がします。
ガソリン代・オイル代だけでなく、任意保険料・タイヤ等の消耗品費・高速料金、そして今回のような車検費用・・・

こう考えると、ただ利便だけのために自家用車を所有するのは検討した方が良さそうです。

以前、トヨタの会長が「家計のリストラ」とか何とかいって、やれ生命保険は解約しろだとかなんとかいっていましたが、家計のリストラで真っ先にリストラすべきは自動車なのかも知れません。

例えば奥田会長はこんなこといっていました。

え、「車がないと生活できない?」

どうしようもない場合はともかく、知恵と知識でカバーする努力をすれば、家計リストラも可能ではなかろうか?

小さなことからこつこつと

これは、先の参議院議員選挙を前に3期18年の任期を全うされて引退された、西川きよしさんがおっしゃってたモットーです。
西川さんは小さなことからこつこつ議員活動を続けてこられてきました。特に福祉の分野で国民のニーズをくみ取った活動をなされ、西川さんの発案により改正された法律も多いと聞いています。

そんな西川さんに見習って、というわけではありませんが、今回の中越地震でなにか小さなことでもいいから出来ないか、と考えた結果、自分のポケットマネーから義援金を送ってきました。
額としてはたいしたものではありません。が、少しでもお役に立てればと思い、送金してきました。

ところで、義援金といえば、こんなニュースがありました。
ごみ処理場拾得金、義援金に=3400万円、新潟の被災地へ−埼玉県行田市が決定
ゴミ処理所で拾得した3,400万円の使い道を検討していたところ、今回の地震があったので、拾得金を丸々義援金として送ろうとの事。
すばらしいアイデアだと思います。
ただ、気になる点がないわけではなく・・・
「議会の議決が必要ではないのかな?」
「市長の専決処分でよいのかな?」
市町村や都道府県といった地方自治体では、重要な財産を処分する際には、基本的に議会の議決が必要です。
議決の暇がない、処分する財産が重要ではない場合は専決といって、市町村長・都道府県知事の意思で処分ができるのです。
行田市の条例がどのようになっているかはチェックしていませんが、おそらく通常ならば議会の議決が必要な案件だと思います。
議会に諮った場合でも、反対する議員がいるとは思えませんが・・・
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ