阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5119
和歌山(1928)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ224-5005

【南海電鉄】2024年度鉄道設備投資計画を発表。8300系は12両新造、1000系6両の床下機器更新を実施

南海電鉄では、本日(5月14日(火))、2024年度の設備投資計画を発表しました。

2024年度鉄道設備投資計画について | 南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【2024年度設備投資計画内容】
●中百舌鳥駅ホームドア設置(3番線)

●車内防犯カメラ設置
(9000系、1000系計108両に設置予定)

●駅ホーム上家天井脱落防止
(新今宮駅、堺東駅、その他)

●防護無線システム導入(高野線)

●車両新造・更新
8300系12両新造
1000系1編成6両の床下機器更新実施

●駅舎リニューアル・バリアフリー化推進
難波駅、今宮戎駅、新今宮駅、紀見峠駅、紀伊清水駅、九度山駅

●キャッシュレス化推進
「タッチ決済」「デジタルきっぷ」対応改札機の拡大


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



毎年度この時期に発表されている設備投資計画ですが、今年度(2024年度)の南海電鉄でも発表がありました。
内容は上述のとおりですが、注目は車両新造・更新で、これまで高野線6000系等の置き換えとして投入されてきた8300系が、今年度も12両新造されることとなります。

下記記事でもご紹介したように、6000系の置き換えが2025年度までに置き換えるスケジュールで、8300系の投入が進められています。
(参考)


今年度から、転勤になり再び和歌山市内勤務となったことから、毎度恒例の和歌山市駅での甲種車両輸送の到着のご紹介も、このブログで復活できそうな感じですので、お楽しみにしていただければと思います。

ともあれ、このようなニュースをご紹介していると、6000系の完全引退が確実に近づいていることを、否が応でも感じざるを得ないものですね…

20220209_080015_R
▲和歌山市駅に到着した南海8300系甲種車両輸送。
今年度も12両の製造が予定されています。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


20240514_201931



和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5139
和歌山(2029)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5022

今日は少し残業となりました。

【JR九州】運賃値上げ検討の報道(2024年内申請方針)不正乗車への対応が気になるところだが…

JR九州が、鉄道運賃の値上げに向けて検討していることが、本日各マスメディアから報じられていました。

JR九州 運賃値上げ年内にも申請へ 災害や人手不足など背景|NHK 福岡のニュース
相次ぐ自然災害や人手不足など、鉄道事業を取り巻く環境が厳しくなっているとして、JR九州が運賃の値上げに向けた検討を進めていることが分かりました。
JR九州によりますと、会社は運賃の値上げに向けて実施時期や改定の幅などの検討を進めています。
早ければ年内にも詳細を決め、国土交通省に申請する見通しだということです。


JR九州、鉄道運賃の値上げ検討 年内にも国交省に申請へ - 日本経済新聞
JR九州が鉄道運賃の引き上げを検討していることが13日、分かった。2024年内にも国土交通省に申請する方針。現在値上げ幅や時期を議論しており、同社幹部は「可能な限り早く」申請したい意向を明らかにした。利用客の減少や鉄道施設の老朽化が進むなか、設備投資や人件費、災害復旧費などの原資を確保する。

JR九州の値上げは消費税増税時を除くと1996年以来となる。


運賃値上げ JR九州検討 時期「すみやかに」|KBCニュース
JR九州が、鉄道運賃の値上げを検討していることが分かりました。

時期は「すみやかに」として、国への申請を進めるということです。

JR九州は、KBCの取材に対して値上げ率などは検討を進めている段階で、値上げの時期については「すみやかに」として「年内や年度内」といった明言は避けました。

JR九州の古宮洋二社長は、昨年度の決算発表会見で

「乗客数はコロナ禍前の2019年3月期の94%程度にしか戻っていない。この人数でいかに鉄道を運営していくか、中長期的に考えないといけない」と、述べていました。

運賃値上げは、鉄道の維持に向けた人件費や設備投資、災害復旧への原資を確保するのが狙いとみられます。

国土交通省に認められれば、JR九州の運賃値上げは消費税増税に伴うものを除くと、1996年1月以来になります。


各マスメディアの報道をまとめますと、現在報じられている内容としては、以下のとおりです。
・2024年内にも詳細を決定し、申請を行いたい。
・利用客の減少や鉄道施設の老朽化が進む状況を踏まえて、設備投資や人件費、災害復旧費などに充当したい考え。
・改定額等は検討を進めているところ。


JRグループでは、既にJR北海道が2019年10月の消費税率改定に併せた値上げを実施しており、同社では2025年度の運賃改定実施を検討しています。
(参考)
阪和線の沿線から : 【JR北海道】運賃・料金改定の申請を発表。全体で11.1%(消費税抜き9.1%)の改定(2019.10.1実施予定)
JR北海道グループ中期経営計画2026|JR北海道
(P28に「2025(R7)年度運賃改定の実施を検討」とあります。)

JR九州でも、人口減少や少子化、相次ぐ自然災害などの対応、そして人材確保の観点からの賃上げの実施など、安定的な鉄道事業運営のための原資確保の目的として、運賃の値上げを実施する方針です。
上記報道記事によれば、年内にも値上げ申請を行いたいとのことですので、その時期に改めて当ブログでもご紹介できればと思っています。



ところでJR九州では、最低区間のきっぷを使って、より遠い駅で下車して差額の運賃を浮かす「不正乗車」のニュースが報じられています。
“不正乗車やめて”JR九州が訴え 無人駅で下車…「170円切符」券売機での販売を一時中止に 福岡(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース
「300枚売れるのに30枚しか回収されない」170円の乗車券 JR九州が券売機での販売を中止 | TBS NEWS DIG (1ページ)
「小倉駅から170円区間」不正問題、実態と対策は - JR九州に聞いた | マイナビニュース

この手のニュースは、他のJRグループではあまり報じられず、JR九州だけ突出して多い、という印象を持っています。
どうやら、運賃の収受について、他のJRグループよりも緩い姿勢とみられていることが、その背景にあるのではないか、という意見も多数見られます。

勿論、不正乗車は犯罪ですし、運賃収受のチェックが甘いからといって、不正乗車をして良いという理由にはなりません。
ただ、正しく運賃を払っている利用者からすれば、「正直者が馬鹿を見ない」よう、不正乗車を削減する仕組みを構築して欲しい、という意見も、これもまた正論です。

方や事業者からすれば、運賃収受を確実に行うための設備投資は、コストを伴うものであり、そのための投資をどれだけのレベルで行うのかは、究極のところ「経営判断」に委ねられている、というのが実際のところでしょうか。


さすれば今回、運賃値上げを実施するとなれば、同時にこの「不正乗車対策」についても十分な対応が必要を講じなければ、利用者からの理解も得られないのではないか、とも思われます。

でないと、値上げ後は不正乗車が更に増え、正直に運賃を払っている利用者が、それこそ馬鹿を見るようで、更に不正乗車を誘発する…という状況に陥るかも知れません。

そうなれば、それこそ「持続的な鉄道事業運営」が成り立たなくなりますが、そのあたりをJR九州がどのように考えて運賃値上げを実施するのか、というのも気になるところです。


また、運賃値上げ(上限認可運賃の変更認可申請)については、国土交通省の「パブリックコメント」が実施されることとなりますので、ここで意見を提出する機会が設けられています。
(参考)
近畿日本鉄道株式会社の鉄軌道事業の旅客運賃の上限認可申請に関する意見募集について|e-Govパブリック・コメント

こういった場面で、利用者側から、値上げに際して不正乗車対策を充実することを求める意見が多数出てくれば、JR九州としても無視できないものと思われます。
実際パブコメが実施されるとなれば、その情報も併せてご紹介できればと思っています。

DSC08035_R
▲佐賀駅に入線する817系電車(2013年10月撮影)
県庁所在地であっても、2両編成の電車が行き交うJR九州の経営環境は苦しいものがありますので、運賃の値上げはやむを得ない点はあるでしょう。
一方で、運賃確保の観点からは、不正乗車を防止すること抜きには、利用者の理解も得られそうにありません。不正乗車に関するニュースが多く見られる同社が、どのように対応するのか気になるところです。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】「南海アプリ」でラッピング「ラピート」編成の位置情報が明らかに(MOB、大阪・関西万博、セレッソ大阪)

南海電鉄では、同社のスマホ向けアプリ「南海アプリ」内で提供している列車位置情報において、特急「ラピート」のアイコンを追加し、ラッピング編成の「MOBラピート」「大阪・関西万博」「セレッソ大阪」それぞれの位置情報をアプリで表示することを開始しました。



概要は、上記X(Twitter)ポスト、または同アプリよりお確かめください。



この3月から相次いで運行を開始した、3種類のラッピング「ラピート」編成。
在籍する6編成のうち、半数が何らかのラッピングを行っていることから、簡単に撮影できるのでは?と思いきや、意外と苦戦し、先日ようやくこれら3種類のラッピングを撮影することができた次第です。

(参考)




これらの編成を撮影する際、「南海アプリでラッピング編成の位置情報が見られたらなぁ…」と思っていたのですが、まさかの実装で驚いた次第です。

幸いにも、これらラッピング3編成の記録は済んでいるものの、チャンスがあれば走行線区の沿線で更に撮影できればいいなと思っています。
その際に、今回アプリの運行情報に追加されたアイコンを活用したいな、と思います。

早速、私も「南海アプリ」から「ラピート」の位置情報を調べてみました。
Screenshot_20240513-183934_2
▲空港線の部分を拡大してみますと、丁度りんくうタウン〜関西空港間で上下の「ラピート」が走行しています。
このうち関西空港行きの「ラピート」のアイコンはこのようになっています。
Screenshot_20240513-183934_1
▲右側のように、縁がピンクで彩られており、「セレッソ大阪30周年」ラッピング編成であることが明らかです。
本日は、「大阪・関西万博」ラッピング編成が運用に入っていないため、万博編成のアイコンがどんなデザインなのか、確かめられずじまいでした。
しかし、上述の「セレッソ」やX(Twitter)ポストでの「MOB」と同様、恐らく一目で分かるものになっていることでしょうから、明日以降楽しみにしたいと思います。

(以上、引用先は南海アプリ(https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nankai.nankaiapplication)より)




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5106
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5006

【JR西日本】特急「こうのとり」で「乗った後でも買える」チケットレスサービス開始(2024.5.15〜)

JR西日本では、特急「こうのとり」(新大阪〜城崎温泉)で、列車出発時刻後でも特急券を購入できるチケットレスサービスを開始することを発表しました。

特急こうのとり号で「乗った後でも買える」 チケットレスサービスを開始します:JR西日本

概要は以下のとおりです。

【サービス期間】
2024年5月15日(水)〜9月30日(月)
(8月10日(土)〜8月19日(月)は期間外)

【サービス概要】
チケットレスサービスにおいて、発車時刻を過ぎた後でも購入可能
(購入後の変更や払いもどしは不可)

【対象列車、区間】
特急「こうのとり」号の全区間・全列車(新大阪〜城崎温泉)

【対象商品】
e5489で購入できるチケットレスサービス


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



JR西日本では、インターネット予約「e5489」を通じて、様々なチケットレスサービスを販売しており、私も幾度となくサービスを利用しています。
これらのチケットレスサービスは、乗車する駅の発車時刻前(6分前)までとなっており、発車直前や、ましてや発車後の購入はできませんでした。
(参考)
e5489で予約できる時間はいつまでですか。また、列車発車の何分前まで予約できますか。 – 西日本旅客鉄道株式会社

今回の発表では、特急「こうのとり」について、この購入期限を撤廃し、列車発車後でも購入可能とするもので、例えばホームに到着した「こうのとり」に飛び乗って、車内で特急券を購入する必要がある場合でも、e5489を利用することで、おトクなチケットレス商品を利用することが可能となります。


近年JRや大手民鉄で増えている「有料着席サービス」では、事前購入を基本とし、車内で購入する際には、料金を割増する方針を実施している事業者もありますが、今回の「こうのとり」は、そういった流れとは一線を画すような取り組み、といえるでしょうか。

この、「乗った後でも買えるチケットレス」、ひとまずは「こうのとり」で期間限定で実施されますが、好評であれば、「くろしお」等でも実施されると面白いなと思いますし、仮に「くろしお」で実施されれば、実際に試してみるのもいいな、と感じたニュースでありました。

DSC_0268_R
▲新大阪駅に停車中の「こうのとり」289系。
5月15日(水)より、乗車後でも「チケットレスサービス」で特急券を購入することが可能となります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【名鉄】9500系・9100系の前面デザインを一部変更して投入へ。2024年度設備投資計画で明らかに

名古屋鉄道(名鉄)では、去る5月10日(金)に2024年度設備投資計画を発表しました。
2024 年度 名古屋鉄道 設備投資計画|名古屋鉄道

この中で、通勤型車両9500系・9100系について、16両新造することとしていますが、今年度より正面貫通扉を正面に配置し、将来的に連結運転時に常時通り抜けが可能な構造にすることとしています。

【デザイン】
2024051119-31-263
(上記発表資料(https://www.meitetsu.co.jp/ir/reference/investment_plan/__icsFiles/afieldfile/2024/05/10/24-05-10setsubitoushi2024_1.pdf)より引用)


この9500系・9100系は、2019年より投入されている、名鉄の最新型の通勤車となっています。
車両詳細|車両一覧|名鉄ライブラリー|名古屋鉄道

meitetsu_9500
(上記Webサイト(https://www.meitetsu.co.jp/library/rolling_stock/detail_exp/9500.html)より引用)


これまで投入されてきた9500系・9100系は、運転席に向かって中央より少し右に貫通扉が寄せられている位置どりとなっています。

しかし、今年度から投入されてきた9500系・9100系では、この貫通扉が正面中央に配置されることとなり、従来の同系式からイメージの変化がみられることとなります。

貫通扉を中央に寄せる理由としては、「昨今の鉄道車両内での異常事態発生を受けて、避難誘導の円滑化を図るため」(同社発表資料より引用)とのことで、将来的には常時通り抜け可能とする旨も発表しています。

これまでも名鉄では、6000系などで貫通扉が中央に配置された系式が無かった訳ではなかったのですが、一方で非貫通や、これまでの9500系・9100系のように、中央よりズレた位置に配置されているケースも多い模様ですが、今後は時間をかけて貫通扉が中央に配置されるデザインに切り替わっていくものと考えられます。



この5月10日(金)には、ここで挙げた名鉄以外にも、「近鉄8A系」、「京王2000系」の新造発表、そして泉北高速鉄道「泉北ライナー」のデザインリニューアルと、大手・準大手民鉄から新車両・新デザインにまつわる発表が立て続けに行われました。
(参考)




これだけ各社発表が重なるのも、レアケースではないかと思います。
まさに「祭」のような週末の発表ラッシュでしたが、何にせよ、このように新型車両・新デザイン車両が出てくるのは、ひと頃のコロナ禍のことを思えば、嬉しい動向といえるのではないのでしょうか。




【関連ブログ】
【名鉄】9500系マイナーチェンジ車を発表!貫通扉を中央に新設 - 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【京王電鉄】新型車両「2000系」導入を発表(2026年初め予定)

京王電鉄(東京都)では、京王線に新型通勤車両「2000系」を導入することを発表しました。

2026年初め、新型通勤車両「2000系 」を導入します〜安心 して、ずっとのっていただける、やさしさを運ぶ車両を〜|京王電鉄

概要は以下のとおりです。

【車両形式】
2000系

【導入両数】
40両(10両固定×4編成)

【運行開始】
2026年初めを予定

【外観イメージ】
2024051111-04-201

2024051111-04-482
(上記発表資料(https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2024/nr20240510_shingata.pdf)より引用)

【内装イメージ】
2024051111-05-073
(上記発表資料(https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2024/nr20240510_shingata.pdf)より引用)

【大型フリースペース】
・子育て世代やシニア世代など、あらゆる乗客が安全・快適に利用できるための大型フリースペース(仮称)を導入。
・座席を廃止し、ベビーカーや車いす利用者にとって利用しやすいエリアとする。
・設置号車は、車両乗降時にエレベーターに近い5号車とする。
・イメージ
2024051111-05-283
(上記発表資料(https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2024/nr20240510_shingata.pdf)より引用)


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



京王電鉄では、2018年より「5000系」を導入し、座席指定列車「京王ライナー」等を運行してきています。
5000系はロング・クロス転換座席を導入し、「京王ライナー」等以外でも一般の列車に充当されていますが、一方でロングシート車両の置き換えについては、近年行われてきてなかったようにも思われます。

今回新たに発表された「2000系」は10両固定編成・ロングシートの車両で、7000系を中心に置き換えていくものと考えられます。
注目はそのデザインで、同社によりますと、「車両前面、側面ともに円をモチーフにしたラウンド型とすることで、多くの人が優しさを感じ、安心できる車両を表現」(同社発表資料)したものとしていますが、その顔つきが、古生代魚の「サカバンバスピス」に似ていると、ネットメディアの「ねとらぼ」で取り上げられるなど、強烈なインパクトを与えている模様です。
(参考)
「完全にサカバンバスピス」「サカバンバスピスにしか見えない」 京王電鉄の新車が古生代魚に似ていると話題(1/3 ページ) - ねとらぼ

その愛らしいといいましょうか、そんなデザインの一方で、5号車には初めての試みとして「大型フリースペース(仮称)」を設置しています。
西武40000系京都市交通局20系のように、車両の一部区間の座席を撤去し、車いすやベビーカー等でも利用しやすい区画を設けるのは、既に実例がありますが、今回の京王2000系では、編成中央付近の5号車に設けられているのが特色といえるでしょう。

この理由については、同社では「車両乗降時にエレベータに近い」(同社発表資料)ことを挙げており、先頭車両に設けている先例と異なる方針となっています。

確かにベビーカーにしろ車いすにしろ、ホームへの移動はエレベーターを利用することが基本と考えられますので、そこにフリースペースを寄せるのは、理にかなったものであります。
逆にいえば、京王線に関しては、エレベーターの位置がある程度揃えて整備できている、ということになりますでしょうか。


ともあれ、外観は何とも奥ゆかしい表情を見せている2000系。
再来年の2026年から導入が始まるとのことですので、機会があればその顔を拝むことができればいいなと思っています。


DSC_1024_R
▲京王電鉄7000系(東府中駅)
競馬場線等の支線での運用もある7000系ですが、同社京王線系統の車両としては最古参となっています。
2000系の登場により、今後置き換えが進められるものと考えられます。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【近鉄】新型一般車両「8A系」デビュー(2024年10月)2025年度には大阪線・名古屋線・南大阪線にも新型一般車両を投入へ

近畿日本鉄道(近鉄)では、老朽化した車両を更新するために、新型車両の投入を計画しています。
今回、2024年10月より奈良線、京都線、橿原線及び天理線で新型一般車両の運行を開始することを発表しました。

併せて、2025年度には、大阪線、名古屋線、南大阪線にも新型一般車両を投入することも予定しています。

奈良線・京都線で新型一般車両がデビューします!〜2025年度には大阪線・名古屋線・南大阪線にも新型一般車両を投入します〜|近畿日本鉄道

概要は以下のとおりです。

【車両形式】
8A系

【運行開始時期】
2024年10月

【運行線区】
奈良線、京都線、橿原線、天理線


【製造両数】
4両編成×12本 計48両(2024年度、整備完了次第順次投入)

【外観デザイン】
2024051109-53-091
(上記発表資料(https://files.microcms-assets.io/assets/f76cb3f097104533921f6d6262a336ee/3ffcffeeedf5418db31ce7f192df2976/20240510.pdf)より引用)

【内装デザイン】
2024051109-53-231
(上記発表資料(https://files.microcms-assets.io/assets/f76cb3f097104533921f6d6262a336ee/3ffcffeeedf5418db31ce7f192df2976/20240510.pdf)より引用)

【ベビーカー・大型荷物対応スペース「やさしば」】
ベビーカーやキャリーバック・スーツケースなどの大型荷物をもった乗客が、周囲に気兼ねなく着席して過ごせるスペースを、車両中央の乗降扉付近に、1両あたり2カ所設置。
2024051109-53-512
(上記発表資料(https://files.microcms-assets.io/assets/f76cb3f097104533921f6d6262a336ee/3ffcffeeedf5418db31ce7f192df2976/20240510.pdf)より引用)

【その他特徴】
・扉個別開閉スイッチ設置(近鉄初 ※ケーブルカーを除く)
夏期や冬期の車内保温のために、駅に長時間停車する際に乗客が個別に扉を開閉できるスイッチを設置
・利用状況に応じてロングシートとクロスシートを切り換えることができる L/C シートを設置
また、1両のなかでロングシートとクロスシートを混在して配置することも可能

【車内レイアウト】
2024051109-54-163
(上記発表資料(https://files.microcms-assets.io/assets/f76cb3f097104533921f6d6262a336ee/3ffcffeeedf5418db31ce7f192df2976/20240510.pdf)より引用)

【2025年度の投入計画(計68両)】
・奈良線、京都線、橿原線、天理線:
4両編成×9本 計36両

・大阪線:
4両編成×2本 計8両

・名古屋線:
4両編成×3本 計12両

・南大阪線:
4両編成×3本 計12両


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



近鉄では、2022年5月に、24年ぶりに新型一般車両を投入することを既に発表しています。
(参考)


今回、この新型車両の詳細が発表されましたが、注目のポイントは「外装デザイン」「系式名」、そして「大阪線等への新型一般車両導入」でしょうか。

まず、外装デザインですが、当時の発表資料によりますと、白を主体に、赤・青の帯が施されていました。
(参考)
kintetsu_new_localtrain_1
(2024年5月17日発表資料(https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/sinngatasyaryou.pdf)より引用)

これに対して、今回発表されたデザインでは、青色帯がなくなり、赤と白がほぼ半々の塗り分けになっているのが特徴で、現在の近鉄一般車両と近い色調となっています。

次に「系式名」ですが、これまで4ケタの数字で表示されていた近鉄の系式名が、「8A」と、数字とアルファベットで示されているのが大きな変化であります。

既に9000番台まで使い切っている近鉄一般車両の系式ですが、他社で行われている古い番号(例:1000番台)の再利用も、現存している系式が多いことから採ることができないことから、このような「奇策」が出てきたのかも知れません。

となると、「8」「A」それぞれが意味するところが気になるところです。

数字の「8」はともかく、アルファベットの「A」を考えてみますと、近鉄の駅ナンバリングでは「A」は難波・奈良線を指しています。
そこから、奈良線で主体に運用される車両であることから「A」を付けた、というのはあまりにも安直な予想な気がしないでもありません。

一方で大阪線は「D」、名古屋線は「E」、南大阪・吉野線は「F」とそれぞれ振られていることから、同タイプの車両を投入線区で分ける場合に整理しやすいことを考えると、実務的に分かりやすい、ということから、あり得なくはないのかな、とも感じました。

それに関連するのが、他線区での投入計画で、奈良線等だけでなく、大阪線、名古屋線、南大阪線にも来年度(2025年度)投入されることが発表されています。
(参考)



「久々の一般車両の新車投入」と沸く鉄道ファンの書き込みも、SNS上で見られたりしましたが、同社では、2023年度の運賃値上げの際、2024年度以降一般車両の更新を実施していくことを発表していますので、今回の発表もその一連の流れと考えられるでしょう。

とするとやはり、他線区に投入される車両の系式を線区ごとに分けることも考えられそうな気もしますので、「8D系」や「8F系」なんかが出てくるのかな、という気もしないでもありません。


ともあれ、今年10月にもお目見えする久々の新型一般車両「8A系」。
機会があれば、是非乗車してみたいな、と思います。




【関連ブログ】
【速報】近鉄、新型通勤車両は「8A系」!2024年10月デビュー - 鉄道プレス

列車番号T-TAKE(てぃーていく) : 待ちくたびれました!近鉄新型通勤車両「8A系」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ