阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

JR北海道では、昨年9月末をもって、「JR北海道わがまちご当地入場券」の発売を終了しましたが、その際、来春(2020年春)に新しい企画を準備していることも、合わせて発表していました。


しかし、この春はご承知の通り、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、この後継企画の発表は見送られていたようです。
この度、外出自粛の段階的な緩和も踏まえて、JR北海道から、「わがまちご当地入場券」に続く新たな入場券企画「北の大地の入場券」が発表されました。

「北の大地の入場券」を発売します|JR北海道

概要は以下の通りです。

【「北の大地の入場券」概要】
●発売開始日時:
2020年7月18日(土) 各発売窓口の営業開始時刻より

●発売価格:
1枚200円

●発売箇所:
全86種類

●入場券デザイン:
jrhokkaido_kitanodaichi_1
▲「北の大地の入場券」デザイン
(上記発表資料(https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200710_KO_ticket.pdf)より引用)

●裏面の地図について:
入場券の裏面の地図は、およそ30万分の1の縮尺で、1枚ずつ繋げることにより、JR北海道全線の地図が完成。
jrhokkaido_kitanodaichi_2
▲入場券裏面のイメージ
(上記発表資料(https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200710_KO_ticket.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



上記発表資料によると、94万5千枚もの発売枚数を記録した「JR北海道わがまちご当地入場券」ですが、その後継企画が今年春にも発表予定となっていましたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、それがなかなか発表されませんでしたが、この度「北の大地の入場券」として発表されました。

表面は、「わがまちご当地入場券」と同様、当該自治体沿線の鉄道風景が描かれていますが、今回の特徴は裏面でしょうか。
上記引用画像から分かるように、裏面にはJR北海道沿線の地図がおよそ30万分の1で示されています。
これを繋げていくことで、JR北海道の地図が完成しますが、全駅コンプリートすれば、JR北海道全線の地図が完成するという、大がかりであり、また楽しみである企画であるといえます。

折しも、下記記事でご紹介したように、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」が7月23日から利用可能となることが発表されています。

こういったおトクな商品もフルに活用しながら、今回の「北の大地の入場券」もより多くの皆さんが購入する(勿論新型コロナウイルス感染症対策をした上で)ようになればいいな、とも思ったニュースであります。




●関連ニュースサイト:
JR北 北の大地の入場券 発売(2020年7月18日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

JR北海道では、新型コロナウイルス感染拡大により大きく落ち込んだ道内の交通需要及び観光需要を喚起する目的で、北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用したおトクなきっぷ「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を発売することを発表しました。

「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用するおトクなきっぷを発売します!!|JR北海道

概要は以下の通りです。

【「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」概要】
●利用期間:
2020年7月23日(木)〜2021年1月31日(日)
(8月10日〜8月19日、12月28日〜1月6日は利用不可)

●発売期間:
2020年7月17日(金)〜2021年1月25日(月)
(※)利用開始日の1ヶ月前から前日までの発売

●価格:
大人12,000円(北海道運輸局へ提出している金額)

●発売箇所:
JR北海道の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、旅行センター

●有効期間:
6日間

●きっぷの内容:
北海道内の在来線特急列車・普通列車の普通車自由席及びJRバス(一部路線を除く)が乗り降り自由。
普通車指定席も4回まで利用可能

●その他:
北海道の補助金が上限に達した場合は、発売期間中でも発売を終了。
発売終了となった場合は、JR北海道Webサイトで告知。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、鉄道をはじめとする公共交通機関の利用はめっきり低下してしまいました。
第2波の懸念はあるものの、ここまで冷え込んだ旅行・移動需要をそのまま放置するわけには決していかず、国及び各都道府県では、観光頭の需要促進事業を予算化しています。

今回ご紹介するJR北海道でも、「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」と題した北海道の事業を活用することにより、道の補助金により企画きっぷが大幅に割り引かれることとなっています。

その割引率は、当エントリーでご紹介した「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」では、何と半額の12,000円で、この価格で6日間JR北海道の特急・普通列車自由席が乗り放題という、格安という表現では足りないくらいの衝撃の安さのきっぷとなっています。

単純計算で一日あたり2,000円で乗り放題というわけですが、見方を変えると札幌や新千歳空港から、稚内や根室まで単純往復するだけでも十分元が取れてしまう、と考えると本当に恐ろしい破格のきっぷであるといえるでしょう。

気をつけるべき点は二つあり、一つは「道内限定で前日までの発売」であること、また「北海道の補助金上限に達した時点で発売終了」という点であります。
前者は特に、北海道外から利用しようという方は要注意で、前日までに道内に入るように旅程を組んでおく必要があります。
後者は、実質的な枚数制限であるといえますので、おトクに北海道を旅行したいと思う方は、発売期間に関係なく、なるべく早めに利用した方がよいかと思われます。

DSC06453_R
▲日本最東端の駅、東根室駅(根室本線・根室市)
ここ東根室へも、この「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を使えば12,000円で訪問可能です。

上記画像の東根室駅の訪問はほんの一例です。
6日間有効、道内特急・普通列車自由席乗り放題、指定席は4回利用可能という条件をフルに活用し、この機会に、マスク着用・手洗い励行等に注意しながら、思い思いの北海道旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。




●関連ニュースサイト:
北海道の鉄道6日間乗り放題で1万2000円! 特急&JRバスOK 周遊パスで観光復興へ | 乗りものニュース
HOKKAIDO LOVE 6日間周遊パス 発売(2020年7月17日〜) - 鉄道コム
6日間特急自由席乗り放題で12,000円 JR北海道が「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」を発売 | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5010 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2043)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5118 Wi-Fi○、更新-

阪和線・きのくに線の特急「くろしお」で運行されている「パンダくろしお」。
2017年8月の運行開始から、大人、子供を問わず高い人気を誇っており、昨年12月からは第2編成が運行されています。


一方、昨年10月には、JR西日本の定例社長会見において、更にもう1編成の「パンダくろしお」導入を検討することが表明されていました。



この度、「パンダくろしお」の第3編成となる「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」の運行開始が発表されました。
「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」の運行を開始します:JR西日本

概要は以下の通りです。

●ラッピング列車愛称名:
「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」

●車両デザインイメージ:
正面:正面:サステナブル Smile を次の世代へ贈り継ぐ象徴としてジャイアントパンダの親子をデザイン
側面:SDGs の 6 つのゴール(目標)をテーマに人と動物と自然が豊かに暮らす世界観をデザイン

●パンダくろしお「サステナブルSmileトレイン」運行期間:
2020年7月23日(木・祝)〜2023年冬頃(予定)

●「パンダくろしお」3編成の運行期間について:
「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」(2編成):
2017年8月5日〜2023年冬頃(予定)
2019年12月26日〜2023年冬頃(予定)
「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」
2020年7月23日〜2023年冬頃

●デザイン:
・先頭車両
jrw_pandakuroshio_sdg
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/07/page_16265.html)より引用)

・車両先頭部
jrw_pandakuroshio_sdg_front
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/07/page_16265.html)より引用)

・車内及び座席ヘッドカバー
jrw_pandakuroshio_sdg_seats
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/07/page_16265.html)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



2017年8月に登場した「パンダくろしお」ですが、登場当初からパンダの顔をデザインした前面と、側面にはアドベンチャーワールドで見られる動物たちがラッピングされた、愛嬌と迫力のあるラッピングは、数あるラッピング列車のなかでも随一の人気を誇っている、と個人的には感じています。

それが証拠に、2019年12月には、ほぼ同じデザインの「パンダくろしお」が追加投入されたり、また2020年3月のダイヤ改正では、京阪神地区から白浜方面への旅行に最適な時間帯を中心に「パンダくろしお」が毎日運行されるよう、車両運用が変更されてたところです。


そんな中、今回発表された「パンダくろしお」3編成目は、これまでの「パンダくろしお」からデザインを変更し、「SDGs」をテーマにした「パンダくろしお」としてお目見えすることとなります。

SDGsとは、「持続可能な開発目標」と訳され、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標として、17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人取り残さないことが誓われています。
(参考)
SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

今回の「パンダくろしお」はこのSDGsをテーマとしていますが、その象徴が正面のデザインで、お馴染みのパンダの顔の中央上部に子供のパンダが描かれているのが特徴となっています。
丁度親パンダのおでこに乗っかる子パンダのデザインは、まさに持続可能なパンダの育成を象徴しており、またそれに取り組んできた結果、これまで多くのパンダの繁殖に成功したアドベンチャーワールドの取り組みを象徴しているもの、といえるのではないのでしょうか。

また、車体側面に目をやると、SDGsの17のゴールのうち、6つをテーマに動物と人間をデザインしたものとなっています。
jrw_pandakuroshio_sdg_side
▲「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」1号車デザイン
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/07/page_16265.html)より引用)

例えば上記画像を引用した1号車では、SDGsの17のゴールのうちの3番目「すべての人に健康と福祉を」のアイコンがプリントされるとともに、「すべての人」としてあらゆる世代をテーマとした、親子のパンダがデザインされています。

その他の号車でも、「5 ジェンダー平等を実現しよう」(2号車)、「7 エネルギーをみんなに そしてグリーンに」(3号車)、「10 人や国の平等をなくそう」(4号車)、「14 海の豊かさを守ろう」(5号車)、「15 陸の豊かさも守ろう」(6号車)と、SDGsのゴールと、それをテーマとしたデザインが施されており、各車両を巡ることで、動物のラッピングが楽しめるとともに、SDGsのテーマについても学べるものとなっています。


今回、3編成目とした、新たなデザインコンセプトとして登場した「パンダくろしお」ですが、鉄道趣味的に見ると、これまでの「パンダくろしお」との相違点もあることから、これまた運行開始が楽しみでありますし、運行開始後の記録もしっかりしておきたいところです。

また、「サステナブル」という意味からすれば、「パンダくろしお」が走るきのくに線自体利用者の減少が続いていることから、文字通り「持続可能な」路線維持が実現するよう、我々鉄道ファンも含めて多くの人が、「パンダくろしお」を含むきのくに線を利用していきたいところであります。

幸いに、既存の「パンダくろしお」2編成も2023年冬頃までの運行延長が発表されており、かなり余裕あるスケジュールで乗車体験が可能となっています。
間もなく政府の「GO TOキャンペーン」も開始される見込みとなっており、宿泊旅行も割安で行けるようになると思われますので、これを機会に、「パンダくろしお」できのくに線を訪問して、沿線での宿泊もしていただければな、と思ったニュースであります。




●関連ニュースサイト:
パンダくろしお サステナブルSmileトレイン 運転(2020年7月23日〜) - 鉄道コム
JR西日本287系「パンダくろしお『サステナブル Smile トレイン』」 | マイナビニュース
アドベンチャーワールドとJR西日本がコラボしたパンダくろしお「サステナブル Smile トレイン」、7月23日運行開始 - トラベル Watch
アドベンチャーワールド・JR西日本 7月23日から「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」の運転を開始|鉄道ニュース|2020年7月11日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
wap ONLINE:パンダくろしお 第3編成はSDGsがテーマ! ほか



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

HORIZON_0001_BURST20200709080128798_COVER

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5001 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5020 Wi-Fi○、更新-

和泉鳥取駅の改札口にある運行情報表示ディスプレイですが、今日は「調整中」の表示となっていました。

こういう表示はそういえば初めて見たような気がします。

DIAGONAL_0001_BURST20200708081325640_COVER

DSC_1893

和泉鳥取(0710)-和泉砂川 普通 モハ224-5121 約60分遅れ
和泉砂川(0807)-和歌山 快速 サハ223-109 Wi-Fi○、更新○ 約9分遅れ
和歌山(1958)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5138 Wi-Fi○、更新- 約20分遅れ

今朝は、昨晩からの大雨で阪和線のダイヤが乱れていました。
いつも通り8時4分発の普通和歌山行きに乗ろうと思ったら、運休となっており、次の普通和歌山行きは8時36分までありません。

遅刻も選択肢に入るなか、念のため列車位置情報を確認すると、天王寺方面の普通が間もなく和泉鳥取に到着し、和泉砂川で和歌山方面の快速に折り返し乗車すると、遅刻せずに行けそうなことが判明したため、大急ぎで上りホームに移動しました。

和泉砂川では程なくして快速和歌山行きが到着し、難なく時間通りに職場に到着することができました。
勿論一度改札を出て定期区間外の運賃は払いました。

こういう時に、機転を利かせてルートを選択して、上手いことたどり着けた時の満足感はひとしお、と感じた朝の通勤でありました。

さて帰りは、19時58分の紀州路快速で帰宅したのですが、紀伊〜山中渓間で先行の列車が異音を感じたため、安全確認のため、約20分遅れとなりました。
行きも帰りも、ただでは済まない通勤でありました…


DSC_1892

和泉鳥取(0719)-和歌山 紀州路快速 モハ224-5101 Wi-Fi○、更新-
和歌山(2149)-和泉鳥取 普通 サハ223-2501 Wi-Fi×、更新×

昨日のダイヤ乱れの影響か、今日の和歌山21時49分発の普通天王寺行きは、所定6両編成のところが4両編成となっていました。

DSC_1890

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5002 Wi-Fi○、更新- 約8分遅れ

和歌山市(1941)-尾崎 急行 8805
尾崎駅前(2008)-和泉鳥取 南海ウイングバス南部

今日は朝に天王寺駅での人身事故の影響で阪和線も遅れていました。
それだけでなく、帰りの時間になると、日根野駅で架線トラブルの影響で、阪和線が運転見合わせとなりました。

仕方ないので、南海和歌山市駅に出て、南海線で帰ります。


今日はこの他、倒竹による運転見合わせもあったようで、阪和線にとっては災難な一日だったようです…

一週間ぶりの「西国三十三ヵ所」訪問記です。
先の記事(下記記事参照)で石山寺に寄った後、折角大津市内まで来たので、ついでに残る大津市内の札所である園城寺(三井寺)にも参拝してみることにしました。
(参考)


石山寺から大津市内を東西に横切る形で約30分程度走り、三井寺に到着します。

DSC01529_R
▲仁王門
広大な敷地の園城寺(三井寺)の入口であります。

この園城寺(三井寺)ですが、二つの呼称があるのは、元々「長等山園城寺」と称したのがはじまりだったのですが天智・天武・持統天皇の産湯に用いられた霊泉が境内に湧き出ていたことから「御井(みい)の寺」と呼ばれたのに由来しているとのことです。

続きを読む

今年3月から近鉄の名阪特急で運行を開始した「ひのとり」。
下記記事で、運行開始後、早速大和八木駅で撮影しましたが、乗車する機会にはなかなか恵まれませんでした。


しかし、下記記事でご紹介したように、先月13日より「ひのとり」編成が増備され、乗車チャンスも拡大したことから、そろそろ乗車しておきたいな、と思っていたところ、本日偶然にも大和八木から鶴橋の間でありますが、「ひのとり」に初めて乗車することができました。



HORIZON_0001_BURST20200704183051643_COVER
▲乗車したのは、大和八木18時38分発の大阪難波行きです。
わずか30分ほどの乗車でありますので、今回はレギュラーシートに乗車してみます。

DSC_1876
▲大和八木駅に到着した「ひのとり」80000系。
私以外にもカメラを向ける人が何人もおり、相変わらず注目を集める車両であります。

DSC_1878
▲「ひのとり」エンブレム。
6号車に貼り付けられていました。

車内に入ります。私が乗車するのは5号車です。
続きを読む

↑このページのトップヘ