阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

【JR西日本】「WEST EXPRESS 銀河」2022年1月〜3月は山陽コースで運行

JR西日本の長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」
今年7月から12月は、京都〜新宮間(往路・夜行、復路・昼行)で、「紀南コース」として運行されています。

その後、2022年1月から3月にかけての運行予定がこの度JR西日本より発表されました。

「WEST EXPRESS 銀河」山陽方面への運行決定について:JR西日本

概要は以下の通りです。

【運行区間】
大阪〜下関
昼行特急列車として運行

【運行期間】
2022年1月15日〜3月10日(週2往復程度運行)
概ね、下り(大阪発)は火曜日・土曜日、上り(下関発)は木曜日・日曜日に運行

【発売方法】
旅行会社が企画・実施する旅行商品に限定して発売


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



20210908_202427

20210915_202125
▲和歌山駅に停車中の「WEST EXPRESS 銀河」。
来年1月からは「山陽コース」として運行されることになります。


既に「山陰」「山陽」「紀南」と運行されてきた「WEST EXPRESS 銀河」。
来年1月からの運行ルートが気になるところでしたが、今回は再び「山陽コース」としての運行となることが発表されました。

山陽コースは、下記記事でご紹介した2020年12月〜2021年3月以来、1年ぶり2回目の運行となります。


先の運行では、大阪〜下関間を12時間、朝から夜までしっかり時間をかけて走る、まさに「長距離列車」を体感できるダイヤであったかと思います。
来年1月〜3月のダイヤは、今後発表されるとのことですが、前回同様、「長距離列車」を堪能できる距離であり、かつ所要時間であることから、じっくり「銀河」を楽しみたい方向けのコース、ともいえるでしょうか。


ただ、発売方法は、今回も旅行会社の旅行商品として発売されます。
新型コロナウイルス感染症発症時の追跡等の観点から、参加者の連絡先等を事前に把握できる旅行商品として発売されるのには、個人的には理解できる面はあります。

一方、旅行商品の場合は、片道のみの乗車ができないプランとなっているので、今後宿泊と「銀河」乗車という自由度のあるプランが発売されると嬉しいな、とも感じています。

3月までの「山陽コース」の後、来年度はどのようなコースが用意されるのか、というのも気になりますが、それに加えて商品販売等の見直しも実施されたりするのか、といった点も引き続き着目していきたいな、と思った次第です。




【関連ニュースサイト】
WEST EXPRESS 銀河 大阪〜下関間(ツアー)(2022年1月15日) - 鉄道コム
JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」2022年1〜3月は大阪〜下関間で運行 | マイナビニュース
「ウエストエクスプレス銀河」山陽方面の時刻表。2022年1月〜3月に運行 | タビリス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

20211014_204744
20211014_204805



和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-9 更新×
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5002 更新- 約10分遅れ

今日は帰りに、本日お目見えした貴志川線・和歌山駅の「ねこ時計」を見てきました。

猫耳にヒゲもデザインされている吊り下げ時計でしたが、これまた観光客に喜ばれそうな仕掛けかもですね。

「WEST EXPRESS 銀河」の撮影記録(2021.10.13・和歌山駅)

JR西日本の長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」。
この7月から12月までは「紀南コース」として京都〜新宮で運行されています。

水曜日は紀南コース上り列車の運行日で、ダイヤ的にも20時20分過ぎに和歌山駅に到着することから、仕事帰りに何度も撮影しています。


本日も「紀南コース」上り列車が運行されていましたので、和歌山駅で撮影してみました。

DSC05377_R
▲WEST EXPRESS 銀河(2021.10.13・和歌山駅)

本日は、いつも撮影しているスマホではなく、一眼レフカメラを三脚に立てて、長時間露光で撮影してみました。
(いわゆるバルブ、というやつです)


半年ほどの運行期間があるので、いつか紀南エリアでも撮影できるかな、と思っていましたが、この仕事の忙しさだと、それも難しくなってきたように感じています。
もう諦めるのか、とも言われそうですが、正直次回の紀南コース運行に期待するしかないのかな、とも思ったりしているところです。

紀南コース運行もあと2ヶ月ほどですので、他の場所でも何とか撮影できればいいな、とも思った次第であります。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5027 更新-
和歌山(2028)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-2516 更新×

【JR西日本】臨時列車「紀の国トレイナート号」運行(2021.11.6)225系が久々に紀伊田辺以南乗り入れ

JR西日本・きのくに線の御坊〜新宮間では、紀の国トレイナート実行委員会が主催する、列車とアートを融合させたイベント「紀の国トレイナート2021」が開催されています。

この度イベント期間中の11月6日(土)に駅などに展示されているアート作品を楽しみ、地域の人々と交流しながら移動する臨時列車「紀の国トレイナート号」の運行が発表されました。

臨時列車「紀の国トレイナート号」運行について:JR西日本

概要は以下の通りです。

【運行日】
2021年11月6日(土)

【運行区間】
御坊9:34発〜新宮16:05着
(途中、印南・南部・紀伊田辺・朝来・白浜・周参見・紀伊有田・串本・湯川・那智の各駅で10分以上の停車時間を設定)

【編成】
225系4両

【その他】
「紀の国トレイナート号」の車内ではICOCA等のICカードは利用不可のため、予め乗車券の購入が必要。


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC02971-2_R
▲日置川橋梁を渡る223系4両編成。
2021年3月ダイヤ改正までは、一日一本だけ、223系・225系使用による普通列車が設定されていました。
今回「紀の国トレイナート号」として、久々にこの区間で225系4両編成の列車が見られます。

2014年から実施されている「紀の国トレイナート」ですが、昨年は新型コロナウイルス感染症により中止となり、2年ぶりの開催となりますが、今回の開催で「紀の国トレイナート」が最後となることが、下記紀伊民報で報道されています。
紀の国トレイナート終幕へ 31日から2年ぶり開催:紀伊民報AGARA

最後となる「紀の国トレイナート」でありますが、今回も駅を拠点としたアートを巡ることができるよう、「紀の国トレイナート号」が運転されることとなります。

今回の運転では、225系が使用されることが注目となるかと思います。
きのくに線・紀伊田辺以南の区間では、今年3月のダイヤ改正に伴い、全ての列車が227系1000番台に置き換えられました。
これにより、105系に加え、1日1本だけ設定されていた周参見発和歌山行きで運用されていた223系・225系についても、この区間から撤退することとなりました。

今回の「紀の国トレイナート号」は、これ以降久々にこの区間で運行される225系4両編成になるかと思いますので、そういう意味でも貴重な列車になるのではないか、とも思われます。



それにしても、「紀の国トレイナート」が今回で最後とは、予め7年目で終了という方針があったとのことですが、驚いたのは確かです。
私自身はきっちり記録をとっていなかったわですが、この日置川橋梁で「紀の国トレイナート」塗装の105系を偶然撮影できたこともありました。
DSC02339_R
▲「紀の国トレイナート」ラッピング105系。
2015年10月に撮影したときの記録です。

毎年秋の風物詩だったこのイベントの終了は少し惜しい感じはしますが、それだからこそ、参加・訪問される方々には存分に楽しんでもらえたらな、と感じたニュースでありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

20211012_214427

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5130 更新-
和歌山(2149)-和泉鳥取 普通 モハ224-5105 更新-

今日は225系5100番台6連の普通列車で帰宅であります。

【福井鉄道】越前武生駅の新駅名投票を実施。「福鉄たけふ」「武生新」など5つの候補から投票(2021.10.16〜11.30)

福井鉄道(福鉄)では、北陸新幹線「越前たけふ駅」の設置にともない、福武線の起点駅である「越前武生」駅の駅名を変更することとし、新しい駅名を決定する投票の実施を発表しました。

「越前武生駅」駅名変更について 〜新しい駅名を決める投票を実施します〜|お知らせ|福井鉄道株式会社|福井県の鉄道会社・福鉄(ふくてつ)のホームページ

概要は以下の通りです。

【駅名候補】
1:「福鉄たけふ」
2:「福鉄えちぜん」
3:「武生新」
4:「菊花たけふ」
5:「越前府中」


【投票方法】
越前武生駅窓口(営業時間・・・6:50〜19:20)で投票用紙を受取、候補の中から1つ選んで備え付けの投票箱に投票。
(※)投票は1名1回限り

【実施期間】
2021年10月16日(土)10時〜11月30日(火)17時

【決定時期】
選定会議を経て、2021年12月下旬に新しい駅名を発表予定。
駅名変更は、2023年春頃を予定。



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



CA3F0822_R
▲新幹線「越前たけふ」駅開業に伴い改称予定の福鉄「越前武生」駅。

CA3F0825_R
▲越前武生駅に停車中の800形

CA3F0824_R
▲同じく越前武生駅に停車中の200形


下記記事でもご紹介したように、北陸新幹線(金沢〜敦賀間)で唯一新設される越前市内の駅名は、「越前たけふ」駅となることが既に発表されています。


これに伴い、同じ読み方となる福井鉄道の「越前武生」駅の駅名変更について、福鉄では越前市の費用負担を条件に応じることが既に報じられており、その動向が注目されていました。

今回、福鉄からは5つの駅名候補から投票により新駅名を決定する、というものです。
候補となる駅名をみますと、「福鉄」を冠したもの(福鉄たけふ、福鉄えちぜん)、旧駅名(武生新)、全国的に有名な菊(※)にちなんだもの(菊花たけふ)、駅所在地の地名(越前府中)となっています。

(※)参考:
越前市(旧・武生市)では菊の栽培が盛んですが、その菊を使った人形展示イベント「たけふ菊人形」は、全国でも有数規模を誇る菊人形とのことです。
越前市のWebサイトによりますと、当時の市長が大阪府枚方市の菊人形祭りを武生市で行えないか、ということで1952年(昭和27年)始まったのが、「たけふ菊人形」の起源とのことです。
今年で70回目を迎える「たけふ菊人形まつり」、今回の駅名候補でノミネートされたことを機会に訪問するのもいいかもしれませんね。
たけふ菊人形 - 越前市
2021 たけふ菊人形


これら5つの候補から、1つを選んで投票するわけですが、投票用紙は越前武生駅で配布するとのことで、現地に赴かないと投票できないので、是非とも投票したい方は注意が必要です。


先のブログ記事では、「『福鉄武生駅』あたりが無難なところかも知れませんが」とか、適当なことを述べていたのですが、漢字とひらがなの違いはあれど、候補の一つに「福鉄たけふ」が入っているのは、自分の予想が当たったような感じもして、若干嬉しくも感じたりしました。


とはいえ、これら5つの駅名から、投票で新しい駅名が選ばれるわけで、鉄道ファン的にはかつての駅名「武生新」が人気だったりするようですが、地元の方々が主に使うこの駅名、一体どの駅名が選ばれるのか、かつて訪問したこともあるだけに、今年12月下旬の駅名発表を楽しみにしたいと思います。




【関連ブログ】
【福鉄】越前武生駅の駅名変更投票を実施…「武生新」が戻ってくるかも | 鉄道プレス
福井鉄道の駅名変更案、5案から投票: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



【関連ニュースサイト】
福井鉄道、越前武生駅の駅名変更に向け投票を実施 - 鉄道コム
福鉄「越前武生」駅が新駅名を投票へ。「武生新」に戻るかも? | タビリス
福井鉄道、2023年春に「越前武生駅」駅名変更へ。北陸新幹線「越前たけふ駅」開業に伴い 利用者対象に新駅名のアンケート実施 - トラベル Watch
北陸新幹線の新駅名と同じ「越前たけふ」 新しい駅名は5案から投票、福井鉄道福武線 | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

20211011_210241_1_1


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5002 更新-
和歌山(2104)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5029 更新-

今日も帰りにパンダくろしおに遭遇です。
そろそろ「サステナブルSmileトレイン」のパンダくろしおにも出会いたい気分であります。

南海和歌山港線で「すみっコぐらし」ラピート団体臨時列車をみる(2021.10.9)

南海電鉄では、この8月より「すみっコぐらし」とのコラボとして、空港特急「ラピート」にラッピングを施した編成を運行しています。


その「すみっコぐらし」ラピートが、阪急交通社主催の団体臨時列車として、本日和歌山港線の和歌山港駅まで入線してきましたので、休日出勤がてらその様子を見てきました。

和歌山港線は和歌山市〜和歌山港間の2.8kmという短い路線ですが、その中でも「和歌山港線らしさ」が分かる場所を考えた結果、選んだ場所は、和歌山港駅近くの築地川を渡る橋梁でありました。


そして「和歌山港」であることが分かるよう、背景に港の様子が見えるように撮影してみました。
DSC05315_R

DSC05322_R

DSC05323_R



「すみっコぐらし」ラピートは11時30分過ぎに鉄橋を通過し、和歌山港駅に到着しました。

折り返し、和歌山市方面に向かうのですが、その合間に、南海電鉄のすみっこの駅の一つである「和歌山港駅」に、「すみっコぐらし」ラピートがやってきたことが分かるように、写真を撮影してみました。
DSC05325_R
▲南海フェリーの和歌山港ターミナルにて。

DSC05329_R
▲和歌山バス「和歌山港駅」バス停を入れての撮影。
南海線のすみっコの駅、「和歌山港駅」までやってきたことが一目で分かります。

「すみっコぐらし」ラピートは、12時すぎに和歌山市方面に向けて発車していきました。
今度は動画で撮影してみました。


以上、「すみっコぐらし」ラピートの和歌山港線初入線の様子を撮影してみました。

初入線ということもあり、多くのファンがこの撮影地に詰めかけていましたが、好天のもと、満足いく撮影をされていた模様でした。
多くのファンは、この後紀ノ川橋梁などにも移動されたようですが、私はこの後休日出勤ということもあり、南海フェリーの和歌山港ターミナルで昼食を取ってから、職場に向かいました。



その合間に撮影したのが、これらの写真です。


DSC05369_R
まずは、先程と同じ、築地川の橋梁を通過する「めでたいでんしゃ さち」。

加太線を中心に運用されている「めでたいでんしゃ」ですが、このように和歌山港線で運用されることもあります。
これまでは、和歌山市駅でその様子を撮影したことはありましたが、和歌山港線内で撮影できたのは初めてでした。

DSC05345_R

DSC05357_R

DSC05365_R

南海フェリー「フェリーかつらぎ」。
徳島港11時発・和歌山港13時5分着の便でした。
当初は予定していなかったのですが、バスの都合でフェリー到着の撮影ができることが分かったことから、フェリー乗り場近くで撮影してみました。

以前、同じ場所で「フェリーあい」を撮影しましたので、これで南海フェリーの船舶2隻の記録が完了しました。
(参考)





以上のように、晴天にも恵まれ、また、新型コロナウイルスの感染状況も一時期に比べて落ち着いてきたこともあり、無事に催行された「すみっコぐらし」ラピートの和歌山港線入線。

このツアー自体は今後も実施されるとのことですので、毎回「すみっコぐらし」ラピートが運用されるかどうかは分かりませんが、機会を見つけて再び撮影することができればいいな、とも感じた次第であります。
(参考)
(南海なんば発/レギュラーシートプラン)特急ラピート貸切で住ノ江車庫入線!きのくに南海大冒険 日帰り(05333A1)|阪急交通社
(南海なんば発/スーパーシートプラン)特急ラピート貸切で住ノ江車庫入線!きのくに南海大冒険 日帰り(05333A2)|阪急交通社
(南海なんば発/レギュラーシートプラン)特急ラピート貸切で住ノ江車庫入線!きのくに南海大冒険 日帰り(05333A3)|阪急交通社
(南海なんば発/スーパーシートプラン)特急ラピート貸切で住ノ江車庫入線!きのくに南海大冒険 日帰り(05333A4)|阪急交通社




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)

20211009_114523

和泉鳥取(0739)-和歌山 普通 モハ225-5110 更新- 
和歌山(1738)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5110 更新-

今日は休日出勤がてら、和歌山港線にやってきた「すみっコぐらし」ラピートの様子を撮影してきました。

詳しい撮影報告は、改めての記事でご紹介できればと思います。
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ