阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

【JR西日本】神戸〜大阪鉄道開業150周年企画で「サロンカーなにわ」「225系Aシート編成」で直行する網干総合車両所ツアー実施(2024.5.12)

JR西日本と日本旅行では、「神戸〜大阪鉄道開業150周年プロジェクト」の特別企画として、「サロンカーなにわ」「225系Aシート編成」貸切列車で網干総合車両所へ直接入場するツアーを実施することを発表しました。

【JR西日本×日本旅行】神戸〜大阪鉄道開業150周年記念企画「サロンカーなにわ」「225系Aシート編成」で直行! 〜103系R1編成にも会える!〜の発売について:JR西日本

概要は以下のとおりです。

【ツアー実施日】
2024年5月12日(日)
・サロンカーなにわ:大阪駅集合・・・7時20分頃、大阪駅解散・・・16時頃
・225系Aシート編成:大阪駅集合・・・8時50分頃、大阪駅解散・・・17時30分頃

【ツアーの主なメニュー】
・「サロンカーなにわ」「225系Aシート編成」で大阪駅から網干総合車両所へ直接入場し、洗浄台に降車して通行。
・網干総合車両所内で3両(103系R1編成、103系BH編成、321系D編成)を展示
2024041021-02-101
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/240410_03_press_saloncar%20Naniwa.pdf)より引用)

【募集人員】
サロンカーなにわ:100名
225系Aシート編成:Aシート車両22名、普通車両78名

【ツアー販売】
・発売開始日時:
4月12日(金) サロンカーなにわプラン・・・11時〜、225系Aシート編成プラン・・・13時〜
先着順、定員に達し次第締切

・発売箇所:
tabiwa by WESTERの専用バナーより入場できる専用Webサイトで発売

【旅行代金(1名あたり)】
・サロンカーなにわプラン(大阪駅集合解散)
おとな(中学生以上)24,800円
こども(3歳〜小学生)20,800円

・225系Aシート編成プラン(大阪駅集合解散)
A シート車両:
おとな(中学生以上)18,000円
こども(3歳〜小学生)14,000円

普通車両:
おとな(中学生以上)16,800円
こども(3歳〜小学生)12,800円



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



冒頭に記しているように、今年は神戸〜大阪間の鉄道開業150周年を迎えますが、そのイベントとして、国鉄時代から引き継がれてきたジョイフルトレイン、「サロンカーなにわ」を使用した団体臨時列車のツアーが実施されることとなりました。

大阪から網干駅近くの「網干総合車両所」まで、直接乗り入れ、そして網干総合車両所では先に引退した103系R1編成などが展示されるので、これらの車両の撮影もできる、貴重な機会になるかと思います。

何よりも、走行する機会が稀な「サロンカーなにわ」に乗車できる貴重な機会でありますので、これまた人気を集めるのではないでしょうか。
気になる方は、是非忘れず申込みしておきましょう。


ちなみに、私の沿線、阪和線は1929年に天王寺〜和泉府中・東羽衣間、1930年には和泉府中〜和歌山間が開業しています。
あと6年で、阪和線全線開業100周年を迎えるわけですが、その際にもこのような目を惹くイベントが実施されると嬉しく感じますし、その際には是が非でも参加できればいいな、と思ったニュースでありました。




鉄道コム関連記事】
サロンカーなにわ・225系Aシート編成 網干総合車両所見学ツアー(2024年5月12日) - 鉄道コム



【関連ニュースサイト】
JR西日本「サロンカーなにわ」「225系Aシート編成」特別貸切ツアー | マイナビニュース
5月12日催行 JR西日本×日本旅行,『「サロンカーなにわ」「225系Aシート編成」で直行!網⼲総合⾞両所⾒学ツアー』の参加者募集|鉄道イベント|2024年4月10日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5111
和歌山(1913)-和泉鳥取 紀州路快速 サハ223-107

今日の乗車記録


20240409_090043
20240409_184858



和泉鳥取(0824)-和歌山 普通 モハ224-5013
和歌山(0848)-紀伊田辺 特急くろしお1号 クモロハ286-11 約15分遅れ

紀伊田辺(1732)-和歌山 特急くろしお32号 クモハ287-23
和歌山(1940)-紀伊田辺 紀州路快速 サハ223-101

今日は、仕事の関係で紀伊田辺まで往復特急「くろしお」に乗車してきました。
往路の1号は、大阪環状線内のダイヤ乱れの影響で、15分ほど遅れての運行でした。
紀伊田辺からのバスの接続が間に合うか心配でしたが、その後若干遅れを回復したこともあり、無事計画どおり予定をこなすことができました。

帰りの32号は、「ロケットカイロス号」編成が充当されていました。
つい先日、山中渓で桜との撮影をしたばかりで、奇遇でもありました。

今年度は割と「くろしお」に乗る機会が増えるかもな、と思っているところです。

【水間鉄道】2024年台湾地震被害支援募金副標をみる(2024.4.6)

去る2024年4月3日に台湾東部で発生した地震による台湾の被災者を支援するため、水間鉄道では、4月5日(金)より支援募金を開始しました。
台湾地震による被災者救援の支援募金実施について|水間鉄道

上記発表資料によりますと、募金は4月5日(金)〜4月30日(火)の間に、貝塚駅及び水間観音駅に募金箱を設置しているとのことです。

先の「トルコ・シリア震災」「令和6年能登半島地震」でも、募金活動と同じく副標の掲出も行っていました。
(参考)




今回の「台湾地震」でも、副標やヘッドマークの掲出があるようですので、その様子を早速見てきました。



DSC03064_R
DSC03065_R
DSC03068_R
DSC03067_R
▲貝塚駅に停車中の1003-1004編成。
副標は「台湾地震募金」ですが、ヘッドマークは当編成の予約装着期間であったようで、上記画像のように台湾地震とは別のものが装着されていました。

前回の「能登半島地震」と同様、貝塚駅のきっぷ売場に募金箱が用意されていました。
勿論、少なくない額を募金してきました。
20240406_110718_R


報道によりますと、今回の地震で10名以上の犠牲者が出たとのことです。
有名観光地「太魯閣(タロコ)渓谷」でも大きな被害が発生していると聞いています。
地震と隣り合わせの我が国としても、決して無関心ではいられない今回の台湾地震。

水間鉄道の募金支援をはじめとした、このような草の根の支援が、現地の復旧・復興活動の一助になればいいな、と感じた次第です。




鉄道コム関連記事】
水間鉄道 台湾応援ヘッドマークなど 掲出(2024年4月5日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0809)-和歌山 区間快速 モハ224-5122
和歌山(1913)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ223-9

阪和線・山中渓の桜(2024.4.6)283系「オーシャンアロー」の付属編成、「くろしおロケットカイロス号」も撮影できました

今年は、例年よりも若干遅かった桜の満開ですが、丁度週末にも重なったこともあってか、お花見スポットはどこも大賑わいだったようです。

阪和線の駅や列車から桜が見られる随一のスポット、「山中渓」も、この週末はそれはそれはもう大混雑で、駅には絶え間なくお花見客が往来していました。

そんな中、私もこの土曜日(4月6日)に撮影してきましたので、その記録をご紹介します。

【283系「オーシャンアロー」付属編成】
DSC03144-2_R

DSC03140-2_R
▲特急「くろしお」11号(283系付属編成2本)

後継の287系、289系が登場して久しいですが、未だにファンや一般利用者の人気も高い283系「オーシャンアロー」。
通用この283系は、新宮方にパノラマグリーン車を連結する6両編成が基本で、多客期には新大阪方に3両を増結します。

しかし、検査等の都合により、増結用の3両を2編成連結した6両編成で運転されることがあります。
この日は偶然、この3両編成2本による運転となっていました。

私も長年、下手くそではありますが毎年ここで桜を絡めた写真を撮影してきましたが、283系付属編成どうしの列車は初めて撮影しました。
なので、このように貫通扉を有する前面と、桜の取り合わせを撮影することができました。

(参考)
283系「オーシャンアロー」の編成については、下記記事でも説明していますので、併せてご覧ください。



続きを読む

【響け!ユーフォニアム】久美子3年生編放送を前に京阪電鉄のコラボ企画をご紹介【明日放送開始】

明日(4月7日(日))、NHKEテレで17時より、アニメ「響け!ユーフォニアム3」の放送が開始となります。
(参考)


思えば2015年の放送開始から9年となり、主人公の黄前久美子(おうまえ くみこ)が3年生となるシリーズがいよいよ放送開始となります。
この間、下記記事でも触れたように、本アニメ制作会社の「京都アニメーション」を襲った凄惨な事件影響から、もはや再起が難しいのではないか、と個人的には非常に危惧しました。
(参考)



そんな個人的な懸念をはねのけるか如く、その後制作能力はめざましく、昨年(2023年)には、事件後初の続編となる「アンサンブルコンテスト」が公開されました。
(参考)


そしていよいよ明日、「響け!ユーフォニアム3」と題された、最終シリーズがいよいよ放送開始となります。
しかも、今回の「響け!ユーフォニアム3」の放送はNHK Eテレ。

即ち、全国津々浦々で「響け!ユーフォニアム3」が見られるわけです。
吹奏楽にかける青春のストーリーと、アニメファンが推す京アニクオリティ、そして吹奏楽ファンも認める劇中の演奏の再現、最後に鉄道ファンも認める京阪電鉄をはじめとする鉄道の描写、これらの「響け!ユーフォニアム」の魅力が全国で、そして日曜夕方という見やすい時間帯に放送されるわけですから、これまで以上に話題となるのではないか、と思います。



この「響け!ユーフォニアム」とのコラボ企画を長年実施してきた京阪電鉄でも、今回の「久美子3年生編」放送に併せて、様々なコラボ企画が実施中でありますので、ここでまとめてみたいと思います。

【石山坂本線】
●ラッピング電車運転(700形:709-710号車)
京阪電車×響け!ユーフォニアム2023|臨時列車・オリジナルグッズ|京阪電気鉄道株式会社
eupho_keishin_700
(上記Webサイト(上記発表資料(https://www.keihan.co.jp/traffic/specialtrain-goods/euphonium/)より引用)

・運行期間:
2023年9月1日(金)〜2025年3月20日(木・祝)
・運行区間
石山坂本線(石山寺〜坂本比叡山口)


【宇治線等】
●ヘッドマーク掲出(13000系:13001-13051号車)
京阪電車×響け!ユーフォニアム3|臨時列車・オリジナルグッズ|京阪電気鉄道株式会社
eupoh_13000_mark_2

(上記Webサイト(https://www.keihan.co.jp/traffic/specialtrain-goods/euphonium/3rd.html)より引用)

・掲出期間:
2024年3月18日(月)〜7月31日(水)(予定)

●ヘッドマーク掲出(13000系:13007-13057号車)
宇治市×響け!ユーフォニアム3 紫式部ゆかりのまちPRヘッドマーク掲出|臨時列車・オリジナルグッズ|京阪電気鉄道株式会社
eupoh_13000_mark
(上記Webサイト(https://www.keihan.co.jp/traffic/specialtrain-goods/hm-uji_collabo/)より引用)
・掲出期間:
2024年3月9日(土) 〜5月6日(月・休)(予定)



詳細は、それぞれのWebサイトをご覧になっていただくとして、「響け!3」本放送に合わせて各種ヘッドマークが揃うこととなりますので、響け!ユーフォニアムファンの方々は、是非この機会に京阪電鉄の宇治線や石山坂本線を訪問してみてはいかがでしょうか。

かくいう私も、最近は「響け!ユーフォニアム」コラボ企画のレポートがすっかり滞っていますので、連休の間にでも訪問できればいいな、と思ったりしています。
訪問が叶った際には、このブログでご報告できれば、と思っています。


いよいよ明日の放送開始が間近となった「響け!ユーフォニアム3」。
既に原作本は完結しており、当ブログでもこの「久美子3年生編」の原作となる「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部 決意の最終楽章」の前後編をご紹介しています。
(参考)



特に「後編」の記事は、アップ後5年になろうとしていますが、未だに多くの方々に読まれているようで、それだけ結末を知りたい方が多いのか、とも感じたりしています。

ともあれ、原作で結末をご存じの方も、あるいは未だ結末を知らない方も、一緒に明日17時からの放送を楽しみにできればと思っています。
同時に、この作品の舞台となった宇治市をはじめとした京阪沿線を改めて訪問していただければな、とも感じています。




鉄道コム関連記事】
京阪 響けユーフォニアム3 コラボヘッドマーク 掲出(2024年3月18日〜) - 鉄道コム
京阪 響けユーフォニアム・紫式部ゆかりのまちPRヘッドマーク 掲出(2024年3月9日〜) - 鉄道コム



【関連ニュースサイト】
3月18日〜7月31日 アニメ「響け!ユーフォニアム3」との連携企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム3」を実施|鉄道イベント|2024年3月16日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【南海】3年ぶりに運行再開の高師浜線に乗車(2024.4.6)運行再開記念ヘッドマークを掲出した2000系が充当

下記記事でもご紹介したように、連続立体交差事業による高架化工事のため、2021年5月より運休・バス代行を行ってきた南海電鉄高師浜線(羽衣〜高師浜)が、本日(2024年4月6日)、3年ぶりに運行再開することとなりました。
(参考)


本日(4月6日)、運行再開となった高師浜線に、早速乗車してきました。

20240406_095817
▲羽衣駅3番線に停車中の高師浜線。

ご覧のとおり、つい先日多奈川線で運行を開始した2000系ワンマン改造編成が、本日はここ、高師浜線の運用に充当されていました。
そして注目は、貫通路に掲げられたヘッドマークです。
アップした画像がこちらです。
DSC03039_R
▲掲出されたヘッドマークをアップしました。
高師浜線のルートをもじったデザインに、羽衣駅とJR東羽衣駅を結ぶ通路「天女のこみち」に由来した、天女が描かれています。
まさに本日のために作成されたヘッドマーク。
これを見に来ただけでも大満足でした。

早速列車に乗車して、前面からの動画を撮影してみました。


真新しい高架を、これまた本日から高師浜線に投入された2000系に乗車するという、全く新鮮な体験を味わうことができました。
20240406_100004_R
▲羽衣駅発車

20240406_100204_R
▲南海線を分かれて右へカーブ。

20240406_100223_R
▲伽羅橋(きゃらばし)駅に到着。

伽羅橋からは既存の高架区間を走行し、高師浜駅に到着します。

DSC03047_R
▲高師浜駅に停車中の2000系。

DSC03044_R
▲高師浜駅の駅舎。
3年ぶりに列車が発着するようになりました。

DSC03042_R
▲運転再開を祝う横断幕。
駅構内もリニューアルされていました。
(車両が違うのはご愛敬)

DSC03052_R
▲発車待ちの合間に方向幕を撮影。

DSC03055-2_R
▲真正面から撮影すると、このようになります。
「羽衣-高師浜」の表示も新鮮です。


折り返しの列車で羽衣駅に戻ります。
DSC03061_R
▲再び羽衣駅に戻ってきました。

今度は、3番のりばから、高師浜駅に向かう列車を動画で撮影してみました。


一通り撮影を終えて、改札に戻る途中、代行バス終了の案内を記録してみました。
20240406_095658_R


2021年5月より、3年にわたり運行されてきた代行バス。


この代行バスも昨日で終了となり、南海バス公式X(Twitter)でも運行終了のポストがありました。




以上が、3年ぶりに運行再開した、南海高師浜線の当日の様子のご紹介でした。
再開後の早いうちに乗りに行こう、とは思っていましたが、再開初日が土曜日であったことから、早速乗りに行ってみましたが、まさかヘッドマークの掲出があったりと、思い切って訪問してよかったな、と感じました。

再び走り始めたこの高師浜線。
真新しい高架、そしてそう遠くないうちに2000系に完全に置き換えられることも考えると、新しい時代の始まり、とも感じた訪問でした。



鉄道コム関連記事】
南海 高師浜線 運転再開(2024年4月6日) - 鉄道コム
南海高師浜線が全線高架化・運行を再開|鉄道ニュース|2024年4月6日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
【南海】支線の高師浜線に2000系デビュー!記念HMも取付 - 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(南海高師浜線運転再開初日に乗車)


20240406_095817
20240406_100625
20240406_100731



羽衣(1001)-高師浜 普通 2185
高師浜(1009)-羽衣 普通 2185

本日から運転再開となった南海電鉄高師浜線に、早速乗ってきました。

真新しい高架区間を、これまた先日運用が開始されたばかりの2000系2両ワンマン編成が、運転再開ヘッドマークを掲げて運行していました。

こんなお祝いモードの様子が見られただけでも、再開初日に乗車できてよかったと感じました。

詳しい内容は、改めての記事でご紹介したいと思います。

【南海電鉄】大阪・関西万博ラッピングラピートを運行(2024.4.13〜)開幕1年前を記念して運行開始

南海電鉄では、2025年大阪・関西万博の開幕1年前を記念して、特急ラピート及び難波駅を、大阪関西万博デザインシステム「Umi」にラッピングすることを発表しました。

大阪・関西万博ラッピングラピートが4月13日に運行開始!〜難波駅も大阪・関西万博で彩ります〜 | 南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【運行期間】
2024年4月13日(土)〜2025年10月13日(月・祝)
(※)終了日は予定

【対象列車】
特急ラピート6両・1編成

【ボディラッピングデザイン】
2024040522-18-372
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/lib/company/news/pdf/240405.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧ください。



まもなく開幕まであと1年となる大阪・関西万博。
この万博への機運を盛り上げるべく、在阪鉄道事業者各社で実施しているラッピング列車について、このブログでもご紹介してきました。

【参考】




これらでご紹介してきた中で、大手事業者の中で唯一、南海電鉄だけがラッピングを実施していませんでした。

他社が万博ラッピングを実施するなか、関西国際空港を擁して訪日外国人の利用者も多い南海電鉄で、まさか万博までラッピング編成を走らさないことは無いだろう、と思っていて、問題はその実施時期とラッピング実施車両、と思っていました。

今回、丁度開幕1年前となる4月13日というタイミングで、かつ、空港特急「ラピート」を対象にという、これまた他に無いタイミングで、かつ他に無い車両へのラッピングが実施されることとなりました。

この万博ラッピングにより、このブログでもご紹介してきたように、「ラピート」6編成のうち、3編成に何らかのラッピングが実施されることとなりますので、これまた賑やかなものとなりそうです。
【参考】




ともあれ、「満を持して」という表現がピッタリの大阪・関西万博ラッピング「ラピート」。
もはや全ての万博ラッピング編成を記録するのはなかなか難しいものがありますが、この「ラピート」だけは必ず記録しておきたいな、と感じたニュースでありました。



鉄道コム関連記事】
南海 ラピート 大阪・関西万博ラッピング車両 運転(2024年4月13日〜) - 鉄道コム



【関連ニュースサイト】
南海電鉄「ラピート」大阪・関西万博ラッピング、4/13から運行開始 | マイナビニュース



【関連ブログ】
【いよいよ】万博ラッピング電車に「南海」が参戦!関西私鉄5社が出揃う - 鉄道プレス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ