阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

JR北海道では、平成元年(1989年)12月に営業運転を開始した「クリスタルエクスプレス」について、この9月をもって引退することを発表しました。
併せて、札幌〜富良野間で2日間のラストランを行うことも同時に発表しました。

〜30年間ありがとう〜「クリスタルエクスプレス」 ラストラン|JR北海道

概要は以下の通りです。

●「クリスタルエクスプレス」ラストラン概要:
・運転日:
2019年9月28日(土)・29日(日)

・運転区間:
札幌〜富良野(滝川経由)

・運転時刻:
札幌9:07発→富良野11:07着
富良野16:51発→札幌18:46着

・編成:
4両編成、全車指定席
(※)3号車の4人用個室の販売は実施せず、記念撮影スペース、多目的室として利用

jrhokkaido_crystalexp
▲クリスタルエクスプレス
(上記発表資料(https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20190809_KO_R5%20last%20run.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。

かつては、札幌から各地に運行されていたJR北海道のリゾート列車。
初期に導入された「アルファコンチネンタルエクスプレス」「フラノエクスプレス」「トマムサホロエクスプレス」は、80系気動車の改造でありましたが、その後の「ニセコエクスプレス」以降は新造車両として登場しました。

「クリスタルエクスプレス」の特徴としては、先頭車の展望席あったでしょう。
他のリゾート列車とは違い、運転席を2階に設置するという、小田急「ロマンスカー」や名鉄「パノラマカー」と同様のレイアウトは、大きな注目を集めました。
また、他の座席もハイデッカー構造となり通常より高い視線から車窓を楽しめたほか、後に追加されたダブルデッカー車両では、2階は普通席、1階はグリーン個室が設置され、グループ旅行がより楽しめる車両として、こちらも注目を集めました。

当初は石勝線方面へのリゾート列車として運行されていましたが、その後は富良野方面への臨時列車に主に用いられるようになりましたが、この「クリスタルエクスプレス」とて、登場後30年を経過し、流石に老朽化が進んできたなか、261系気動車の多目的車両(261系5000代、参考:【JR北海道】2019年度以降の新たな観光列車の取り組みを発表。キハ40形「山紫水明」シリーズに加え261系5000代多目的特急車両を投入 : 阪和線の沿線から)の導入も発表されているなか、「クリスタルエクスプレス」の置き換えもそう遠くないと思ってはいましたが、ついにその時が到来したといえます。


「クリスタルエクスプレス」引退後、一連の「リゾート列車」は、「ノースレインボーエクスプレス」を残すのみとなりました。
こちらも183系気動車の新造として導入されましたが、1992年の運用開始後、こちらとて30年に近い車齢であるこから、そう遠くない時期の引退が予想されますので、乗車や記録は早めに、といったところでしょうか。



●関連ニュースサイト:
「クリスタルエクスプレス」9月引退 札幌〜富良野間でラストラン JR北海道 | 乗りものニュース
JR北海道,「クリスタルエクスプレス トマム&サホロ」の引退を発表|鉄道ニュース|2019年8月9日掲載|鉄道ファン・railf.jp
クリスタルエクスプレス ラストラン運転(2019年9月28日〜) - 鉄道コム



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日、8月8日は、高松琴平電鉄(ことでん)のマスコット「ことちゃん」の誕生日であります。
ことちゃん・ことみちゃんのプロフィール

今を遡ることの17年前の2002年8月8日、「ことでんの大人の事情」で誕生したことちゃん。
その後妻の「ことみちゃん」や娘の「ことのちゃん」と家族も増え、今も引き続きことでんのPRに勤しんでいます。

そのことでんに、去る8月5日、津島ノ宮駅を訪問したり四国ケーブルに乗車した際に乗車し、多くの「ことちゃん」に癒やされたりしたわけですが、その短い時間の間に、確認できた限りの「ことちゃん」をアップしたいと思います。

DSC_2252
▲瓦町駅構内(精算所隣)で見つけた広告。
ことでんだけでなく、ことでんバスにも全国相互利用交通系ICカードで利用可能となるPR広告です。
「ことちゃん」が各々のICカードキャラクターに扮する姿は、多くの人々の注目を集めました。

DSC_2251
▲「イルカBOX」。
いわゆる「ご意見箱」ですが、ここにも「ことちゃん」が漏れなく描かれています。

DSC_2253
▲求人広告には、「ことちゃん」の娘「ことのちゃん」が描かれています。

ことちゃんファミリーは、この日も元気に活躍していました。

DSC_2250
▲瓦町駅の志度線ホームへの階段に掲出された「高松カントリークラブ」の広告。
「ことちゃん」がゴルフをプレーする姿、お茶目にさえも感じますね。

車内の中吊り広告にもことちゃんが出てきます。
DSC_2256
▲ことでんとイオンシネマの広告。
ことちゃん・ことみちゃんがフィルム上に現れてきます。
映画の中でもことちゃん達が活躍中です。

DSC_2257
▲第54回さぬき高松まつりの記念往復きっぷの中吊り広告。
8月13日・8月14日の両日のみに有効のきっぷです。
後から気が付いたのですが、このようにことちゃんがプリントされているのであれば、何故買わなかったのか、ちょっと後悔した次第です…
今度は購入したいところです。

ゴミ箱にも、「ことちゃん」が描かれています。
DSC_2258


DSC_2267
▲ことちゃんファミリーフルキャストでゴミ分別のPR。
このゴミ箱は、八栗駅で撮影しましたが、他の駅でも見かけました。


そして、ことちゃんグッズも購入。
今回は、「新元号記念IruCa」で一躍有名となったデザインのステッカーと、最近発売されたメモ帳を購入しました。
参考:【ことでん】新元号記念IruCaの追加販売・ステッカー販売を発表(ステッカー発売は19.5.4〜) : 阪和線の沿線から

DSC_2282


もっと色々探そうと思いましたが、時間の都合がありましたので、次回以降の楽しみにしたいと思います。


実際ことでんに乗ってみて、ことちゃんの多さに圧倒されました。
前回乗車したのは2010年でしたが、その際にはあまりことちゃんを意識していませんでしたが、それから約9年ぶりに乗車したことでんでは、期待通り、ことちゃんを色々眺めることができて満足でありました。

今回は志度線に乗車しましたが、長尾線・琴平線にも乗車する機会があればいいな、と思っています。

最後になりましたが、「ことちゃん」の17回目のお誕生日を心からお祝いするとともに、「ことでん」を代表するキャラクターとして、今後とも更なる活躍を期待したいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2301

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5028 Wi-Fi○
和歌山(2149)-和泉鳥取 普通 クモハ225-5108

最近、和歌山駅の発車案内標のLEDを注目しています。
絵文字的な外字で楽しいメッセージが流れてくるのを毎日期待しているのですが、強迫「祭」が流れてきました。

これからも、面白いメッセージ期待しています!

丁度昨日の8月6日、JR四国の新型特急形気動車「2700系」の営業運行が開始されました。
参考:
【JR四国】新型特急気動車2700系の営業運転開始を発表(2019.8.6〜) : 阪和線の沿線から
JR四国の新型2700系ディーゼルカー、8月6日営業運転開始 特急「うずしお」から導入 | 乗りものニュース
2700系が特急“うずしお”で営業運転を開始|鉄道ニュース|2019年8月6日掲載|鉄道ファン・railf.jp

今後この2700系を順次投入し、現存の2000系を置き換えていく予定のようです。


その2000系は、試作車「TSE」に始まり、制御付き振り子方式によって土讃線等の連続カーブが続く路線の高速化を実現した車両であり、その功績は非常に高いものがありますが、2000系も量産車が登場して、まもなく30年となろうとしており、老朽化は避けて通れません。

現在のように四国エリア内で2000系が見られるのもあともう間もなく、ということになりますが、先日津島ノ宮に行った際、この2000系に久々に乗車することができました。

DSC08944_R

DSC08938_R

▲岡山駅で発車を待つ「南風5号」

DSC08942_R

DSC08937_R

▲少しはJR四国の収入に貢献しようと、多度津までグリーン車に乗車しました。

DSC08947_R

▲グリーン車のデッキからは、瀬戸大橋の走行シーンを前面展望で楽しむことができます。

DSC08954_R

▲多度津駅まで乗車しました。
今度はもっと長いこと乗車したいですね。


そして津島ノ宮駅を訪問した帰り、同じく多度津駅で2000系「南風」どうしが並ぶシーンに遭遇することができました。

DSC09006-2_R

DSC09009-2_R

▲先に入線してきたのは「南風7号」、アンパンマン列車での運転です。

DSC09010_R
DSC09011_R

▲車体全面に「アンパンマン」が描かれていて、内外装ともにこれでもか、というほどに「アンパンマン」なのが、この列車の特徴です。

DSC09013-2_R
DSC09015-2_R

▲しばらくすると、上り岡山行き「南風10号」が入線してきます。
こちらは標準塗色であります。
両列車は、当駅で列車交換ののち、岡山あるいは高知と、それぞれの目的地に向かってエンジン音を響かせながら発車していきました。


今を遡ること30年前、1989年3月に「南風」「しまんと」の臨時列車として営業運転を開始した2000系。
当時は「TSE」と称される試作編成1編成のみでしたが、翌年から増備を重ねた結果、JR四国の特急網の主役として長年の間活躍してきましたが、後継の2700系が投入されることが決定されているなか、2000系の活躍を見られるのも、今のうちといってもいいかも知れません。

今回は、岡山〜多度津という比較的短い区間での乗車でありましたが、次回は2000系の走りを十分堪能できるくらいに乗り通したいな、と感じた次第であります。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2298

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-104 Wi-Fi× 更新○
和歌山(1710)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5013 Wi-Fi× 約8分遅れ

今日は病院通いのため少し早めに帰宅する訳ですが、こんな時に限って列車の遅れ(関西空港線の架線に飛来物付着)が発生しておりました。

JR西日本では、白浜駅の駅員をモデルとした鉄道むすめ「黒潮しらら」を設定していますが、先日新制服バージョンのデザインが発表されたところです。
参考:【JR西日本】鉄道むすめ「黒潮しらら」が衣替え。赤系のアロハシャツに : 阪和線の沿線から

その新制服となる赤アロハシャツのバージョンの撮影用パネルの設置、そしてグッズの販売を発表しました。

白浜駅の鉄道むすめR「黒潮しらら」新アロハver.グッズ販売!:JR西日本

概要は以下の通りです。

●パネル設置:
2019年8月18日(日)9時から
jrw_shirara_panel
▲「黒潮しらら」新アロハバージョン 撮影用パネルイメージ
(上記発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/08/page_14637.html)より引用)

●グッズ販売:
・発売開始日時
2019年8月18日(日)9時から

・グッズ
フェイスタオル:1,300円
アクリルキーホルダー:700円
アクリルフィギュア:900円
コレクションカードホルダー:800円
(いずれも税抜き)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


冒頭でもご紹介したように、鉄道むすめ「黒潮しらら」は、この6月下旬に新制服バージョンが発表されましたが、そのグッズ販売やパネル展示といった、今後の企画展開が期待されていました。

この度、満を持してといいましょうか、お盆の繁忙期が終了した後の白浜駅に、新制服バージョンのパネル及びグッズ販売が実施されることとなります。

先にも触れたように、新制服バージョンは赤いアロハシャツがトレードマークでありますが、加えてパンダを胸元で抱えている姿も、愛らしく感じる方も多いのではないのでしょうか。

またグッズ販売も、フェイスタオルやキーホルダーといった定番ものに加え、今回「コレクションカードホルダー」が追加されています。
下記過去記事でもご紹介しているように、現在開催中の「あつめて!全国"鉄道むすめ"巡り」では、限定商品として「コレクションカード」が発売されています。
参考:「あつめて!全国"鉄道むすめ"巡り」コレクションカードを購入する(2019.3.28) : 阪和線の沿線から

今回発売される「コレクションカードホルダー」は、まさにこの「コレクションカード」を収納するのにもってこいのグッズとなっています。
鉄道むすめの「コレクションカード」を集めているけど、カードの収納に困っている方には朗報のホルダーであります。



私自身も、最早「黒潮しらら」の一ファンといっても過言ではないのは、読者の皆様も記事をご覧になって薄々は気づかれているかと思われますが、機会を見つけてなるべく早いうちに新制服バージョンの「黒潮しらら」の姿を見に行き、またグッズも購入したいな、と感じたニュースでした。



●関連ニュースサイト:
JR西日本,鉄道むすめ「黒潮しらら」の新アロハver.グッズ発売|鉄道ニュース|2019年8月12日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_2293

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 クモハ225-5002 Wi-Fi○
和歌山(2149)-和泉鳥取 普通 クモハ224-51

このブログでも時折ご紹介している和歌山駅のLED表示のオリジナルデザインですが、今日はついにICOCAのキャラクター「イコカモノハシ」が表示されているのを見かけました。

イコヤンが並んで表示される姿、かわいいですね…

JRグループの駅の中に、数は少ないのですが「臨時駅」という駅があります。
その名の通り、毎日ではなくある一定の期間のみ営業する駅のことで、スポーツや季節のイベントの観覧といった、特定の時期に多くの利用者が見込まれる時期のみに営業する事例が典型的です。

そんな臨時駅の中でも、年間の営業日数がわずか二日という、まさに「臨時駅の中の臨時駅」とも言うべき駅が、香川県に存在しています。
その駅の名は、JR四国・予讃線の「津島ノ宮(つしまのみや)」。

この駅の営業日は、駅にほど近い海上にある「津嶋神社」の夏季例大祭が行われる8月4日・5日のみとなっています。
また、その津嶋神社自体に入ることができるのも、夏季例大祭が開催される8月4日・5日のみというわけでありあす。

かくいう私も、長年この「津島ノ宮」駅の存在は気にはなっていまして、果たして一年に2日間しか営業しない駅とはどんなものなのか。
いつか実際にこの目で見てみたい、ということを思っていたのですが、ついに今年(2019年)8月5日に現地訪問をすることができました。

DSC08958_R
DSC08964_R
DSC08966_R


続きを読む

DSC_2284

DSC_2285

JR難波(1929)-天王寺 普通 モハ200-265
天王寺(1950)-日根野 はるか53号 モハ281-2
日根野(2019)-和泉砂川 快速 クハ222-6 Wi-Fi○、更新×
和泉砂川(2027)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ224-5029 Wi-Fi○

結局高速バス「高松エクスプレス大阪号」は、阪神高速の神戸線の渋滞(これはある程度見込んだダイヤになってた模様)に加え、湾岸線の港大橋工事に伴う渋滞も重なり、JRなんば(湊町バスターミナル)には約20分の遅れて到着しました。

このままだと帰宅も遅くなるので、天王寺から「はるか」を利用することにしました。

今回もまた、ハローキティではない通常の281系でありましたが、座席カバーにはハローキティが印刷されたものとなっていました。

今日は色々収穫がありました。
お疲れ様でした。

↑このページのトップヘ