阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

この週末に日本列島に上陸した台風19号ですが、主に東日本各地に大雨による被害を与えました。
鉄道関係でも各地で大きな被害が発生しました。

主だったところを取り上げると、以下の通りでしょうか。

●JR東日本:
台風19号によるJR東日本管内の設備等の主な被害状況について(2019年10月13日)|JR東日本
・北陸新幹線 長野新幹線車両センター浸水
・中央本線 梁川〜四方津間 土砂流入
・両毛線 大平下〜栃木間 永野川橋りょう 橋台背面流出
・水郡線 袋田〜常陸大子間 第六久慈川橋りょう 橋桁流出
・横須賀線 武蔵小杉駅 駅構内冠水

●上田電鉄:
台風19号に伴う別所線の被害状況について | お知らせ | 長野県上田市にあるローカル線「別所線」沿線情報・観光情報|上田電鉄株式会社
・別所線 上田〜城下間で橋梁が崩落

●しなの鉄道:
台風による10月14日の列車運転計画について | お知らせ | しなの鉄道株式会社
【しなの鉄道線】(軽井沢〜篠ノ井) 
・屋代高校前駅〜篠ノ井駅間の千曲川橋梁の安全確認が、増水のため実施不能
・大屋駅〜田中駅間の線路上空の海野バイパスこ線橋が崩落したため、安全確認に相当の時間を要する見込み。
【北しなの線】(長野〜妙高高原)
・千曲川堤防決壊のため、線路や電力設備が冠水しており安全確認が行えず、復旧のめど立たず。

●阿武隈急行:
台風19号の影響による被害について | 阿武隈急行株式会社
・土砂崩れ、駅ホーム損壊、線路への土砂流出等により、槻木〜梁川間は当分の間運休


その他、三陸鉄道、えちごトキめき鉄道、東武鉄道等でも土砂流入等による長期間の運転見合わせが発表されています。

その他路線でも、台風被害により運休やダイヤの変更等が行われている可能性がありますので、ご旅行等の場合は今一度各社のWebサイト等をご覧下さい。



今回の台風では、首都圏を直撃する予想でありましたが、結果として長野県内を中心に鉄道各線に大きな被害が生じました。
特に北陸新幹線では、長野新幹線車両センターが浸水したことにより、留置していたE7系・W7系電車が10編成する等の、被害が発生していることが報じられています。
北陸新幹線120両浸水=山手線など前倒し再開−JR | 乗りものニュース

一度にこれだけの車両が浸水被害を受けるケースというのは、これまでにあまり例が無いものと記憶しており、よく言及されるのは、国鉄時代の1982年(昭和57年)8月に奈良県の王寺駅での台風による記録的な豪雨で電留線が水没、101系・113系計100両が水没するという災害であります。
参考:


今回の長野新幹線車両センターでの水没は、それを上回る規模であることに加え、今回水没した12編成は、北陸新幹線のE7系19編成(※1)・W7系11編成の計30編成のうち、3分の1の編成が水没するという事態であること、またE7系・W7系以外で北陸新幹線で運用できる形式がほぼ無いこと(※2)がより深刻なものであるといえます。
(※1)E7系には、この他に上越新幹線向け3編成があり、現在計22編成の在籍です。
(※2)高崎〜長野間に限れば、E4系の一部編成が軽井沢または長野までの乗り入れ対応となっています。但し、頻繁に入線できない等、種々の制限があるようで、E7系・W7系の不足分を補うべく、恒常的に入線するのは難しいかも知れません。



上記「乗りものニュース」の画像でも確認できるように、水没した車両は床下機器を中心に水に浸かった状態となっており、そもそも修理が難しく廃車になる可能性も大いにあり得るものと考えられます。
そうなると、その他の設備が仮に復旧したとしても、残る3分の2の編成で運用を回す必要があること、またE7系・W7系の新造(あるいは修理)には、年単位といった相当の期間が必要なこと、他の系式の新幹線車両で代替できないことを考えると、運転再開後のダイヤも相当変更が生じる可能性があると考えられます。
DSC02235-2_R
▲北陸新幹線W7系(2015年10月・新高岡駅)

現在、北陸新幹線には、東京〜金沢間で「かがやき」(速達タイプ)「はくたか」(主要駅停車)の2種類、東京〜長野間で「あさま」、富山〜金沢間で「つるぎ」の4種類の列車が設定されています。
仮に減便を余儀なくされる場合、「はくたか」で代替可能である「かがやき」と、これまた「はくたか」で代替可能な「つるぎ」のある程度の減便は避けられないのでは、とも思われます。
一方、「あさま」は、長野以南での需要が一定程度あることから、大幅な減便は難しいものとも思われることから、復旧後のダイヤは、「はくたか」「あさま」を軸に運行されるのでは、とも思われます。

ただ、そうなると「はくたか」に利用者が集中する事態も考えられることから、利用者の分散を図るために、東海道新幹線と北陸本線「しらさぎ」「サンダーバード」の乗継、あるいは、北越急行・あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道といった並行して走る第三セクター鉄道路線への迂回案内も同時に出されるのではないか、と思われます。

加えて、東京(羽田)〜小松・富山の航空路線についても、機材の大型化あるいは臨時便の運行といった措置もとられるものと思われますが、ともあれ、復旧後についても、長期的な減便は避けられないのではないか、とも思われます。


長期的な影響、という観点では、上田電鉄での橋梁崩落も大きな被害であります。
直近では、昨年7月の西日本豪雨で同じく橋梁流失した芸備線では、この10月でようやく全線復旧となることは、下記の記事でご紹介しました。


このように、橋梁流出の被害が生じると、年単位での運転見合わせが避けられないことから、一ローカル鉄道である上田電鉄にとっては大きな痛手になることは避けられませんが、千曲川の南北を結び、別所温泉へのアクセス路線としても地域交通にとっては重要な路線であるのには相違ありませんので、着実な復旧と、安定した経営が取り戻せるよう、ファンとしても支援をしつつ見守りたいところであります。


以上のように、今回の甚大な被害を生じた今回の台風19号。
私個人的には、台風の接近に伴い東海道新幹線が運休が予告されたことから、前日に利用者が集中した結果、東海道新幹線に大幅な遅延が発生した結果、阪和線の最終に乗れずに天王寺近辺で泊まらざるを得なかった程度の影響でしたが、各地では人命や財産の喪失といった、大きな被害が出ていると聞いています。
今回の台風でお亡くなりになった方のご冥福をお祈りすると共に、被害に遭われた方にお見舞いを申し上げ、当記事の終わりとさせていただきます。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記のエントリーで台風19号の接近に伴う東海道新幹線の遅延、そしてその遅延からどのように帰宅したかの顛末を記してみました。


上記記事では、時間の流れに沿って私の行動を中心にご紹介しましたが、その際気になったことや、今後役立ちそうなことをピックアップして記しておきたいと思います。


●エクスプレス予約:
新幹線のネット予約「エクスプレス予約」。
乗車前(紙の特急券なら引き換え前)ならネットで何度も乗車変更が可能なのが魅力ですが、今回のような繁忙期には、そもそもエクスプレス予約のサイト自体が混雑し、操作しづらくなることがあります。
そもそも、東京駅に人が集中して、携帯電話の通信速度が著しく低下することもありました。

この時は、停車中の編成でサービスされていた「Shinkansen Free Wi-Fi」が使えたので、そちらの回線に切り換えたりしましたが、こちらも混雑で遅くなることもありました。

●e5489:
先の記事でもご紹介したように、私は事前に新大阪から和泉砂川の「くろしお35号」のJ-WESTチケットレスを購入していました。
しかし、上述の通り新幹線が大幅に遅れたことから、乗車ができなくなったことから、台風の理由で利用を取りやめることから、Webサイト掲示のとおり、無手数料で払い戻すこととしました。

払い戻し方法ですが、運転を見合わせない列車を台風の利用で払い戻す場合は、ネット上で払い戻し操作を行うと、払戻手数料がかかるため、「Club J-WEST会員専用ダイヤル」(J-WESTカード会員)に電話をして払い戻しの手続きを行います。
(※)運転を見合わせる列車の場合は、自動的に払い戻し処理されます。

この電話は21時台にかけたわけですが、やはり混雑していたこともあってか、オペレーターにつながるまで10分前後かかりました。
もっともこれは、時間帯等で違いがあるので、ともあれ時間の余裕を見て電話する必要がありそうです。


●ファーストキャビンステーションあべの荘:
今回、天王寺駅近くて宿泊した施設が「ファーストキャビンステーションあべの荘」(以下「ファーストキャビン」。)です。
この施設を思いついたのは、下記の記事をブログで書いていたからでして、日頃のブログ活動が、まさかこんな形で奏功するとは思いもしませんでした。


この時は、和歌山のファーストキャビンに焦点を絞って書いてはいましたが、併せて天王寺駅近くにも開設されることも書いていたので、真っ先に思いついた次第です。

ネット上で予約し、何とかファーストキャビンに到着すると、ようやく落ち着いた空間で横になれる幸せを実感することができました。
DSC_0411
▲ファーストキャビン外装

DSC_0406
▲廊下

DSC_0404
▲寝室
列車の寝台をイメージしたデザインですが、大人が一人で睡眠するには十分な空間でした。
室内で立っても頭が当たらないので、着替えがしやすいのが、特に快適でした。

また設備も、大浴場があり、アニメティにもキャビンウェア(寝間着)、バスタオル、フェイスタオル、歯ブラシと、寝て起きるには十分なものが揃っていて、それでいて料金が3,100円(ネット限定プラン、利用時)とおトクでしたので、下手にカプセルホテルを探すよりも、よっぽど快適でありました。

また場所も、天王寺駅から徒歩数分と、非常に近い場所にありますので、こういう最終列車後の宿泊だけでなく、純粋な観光用途ででも利用をお勧めしたいところであります。

参考:


このファーストキャビン、ロビーや中庭にはこのような鉄道部品がオブジェとして置かれています。
DSC_0408
▲蒸気機関車「D51」のナンバープレート

DSC_0409
▲221系電車の車軸と、117系電車の連結器

探せば、他にも鉄道部品を利用したオブジェがあるかも知れません。
ゆっくり宿泊する際には、こういったものを探してみるのも面白そうです。



以上、今回の東海道新幹線遅延に遭遇したことにより、日頃はあまり経験しないことを書きためてみました。

個人的には、泊まることができればいいな、と思っていた「ファーストキャビン」にまさか泊まることができたわけで、それは大きな収穫だった、と感じましたが、ともあれ、トラブル発生時の対応は、なかなか経験できないだけに、今回はそういう意味で貴重な経験だったな、と感じてブログにまとめてみた次第でありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日(2019.10.12)、東海道新幹線は台風19号の接近に伴い、東京〜名古屋間は終日運休、名古屋〜新大阪間では早朝の一部の列車の他は全て運休となりました。

この運行情報は、前日の10月11日に既に発表されていたので、3連休の前日で元来利用者の多い曜日であるがために、より多くの乗客が集中し、大幅な遅延が発生していました。

かくいう私も、この日(10月11日)に東京で用事があり、帰りに東海道新幹線を利用して帰宅する予定でありました。
当初の予定は以下の通りです。
1:当初予定
東京(1953)-新大阪(2230) のぞみ419号
新大阪(2250)-和泉砂川(2342) くろしお35号
和泉砂川(2345)-和泉鳥取(2348) 紀州路快速


東京まで比較的遅くまで滞在でき、なおかつ和泉砂川まで「くろしお」に乗車して和泉砂川で乗り換えて一駅で到着。
その日中に帰宅できる比較的楽なルートでありました。

また、新大阪駅での乗継を20分程度確保し、少々の遅れなら問題なく、仮に「くろしお35号」に乗り遅れたとしても、約40分程度の遅れならば、下記の列車の乗り継ぎで、最終列車で和泉鳥取に到着することが可能でした。
2:和泉鳥取最終
新大阪(2314)-大阪(2317) 新快速
大阪(2324)-日根野(0016) 快速
日根野(0018)-和泉鳥取(0029) 普通


更に遅れる場合でも、和泉鳥取の一つ天王寺方の和泉砂川までは、更に遅い終電があるので、60分程度の遅れでも、和泉砂川駅タクシーで約3km、1000円程度の出費で帰宅することがかのうでした。
3:和泉砂川最終
新大阪(2334)-大阪(2338) 新快速
大阪(2344)-日根野(0036) 快速
日根野(0038)-和泉鳥取(0046) 普通


とまあ、60分程度の遅れなら何とか最小限の追加出費で当日中に帰宅可能でありました。

そんな中、当日10月11日に東京へ向かったわけですが、昼過ぎの東京駅では既に新大阪方面の列車が全て満席となっていました。
DSC_0392
▲14時台の東京駅発の空席状況。
問答無用に全ての列車が「×」でした。

続きを読む

DSC_0414
DSC_0411


天王寺(0649)-熊取 快速 クモハ224-5007 Wi-Fi○、更新-
熊取(0724)-和泉鳥取 普通 クモハ224-5116 Wi-Fi○、更新-

ファーストキャビンあべの荘で宿泊し、朝6時頃に目がさめたので、天王寺6時49分発の快速湯浅行きで帰宅します。
大雨の影響で阪和線の和泉砂川以南が止まる可能性もあるので、早めの帰宅であります。

今までラッキーにも経験したことのなかった新幹線大幅遅延と、それに伴う宿泊ですが、気力があれば顛末をまとめておこうと思います。

HORIZON_0001_BURST20191011202615257_COVER

DSC_0394

DSC_0403

東京(1953)-新大阪 のぞみ419号 約85分遅れ 785-2636
新大阪(0002)-天王寺 大阪メトロ御堂筋線 1717

用事が終わり、東京から帰宅するわけですが、この日は台風の影響で明日の東海道新幹線の運休が決定していたので、多くの乗客が東京駅に集中していました。

乗り換え改札を通過するのに通常は一瞬のところが10分以上かかったのをはじめに、ホームに上がると発車待ちの列車の遅れがどんどん長くなってきました。

どうやら品川駅での混雑による安全確認に時間を費やしているとのことで、私の乗車した「のぞみ419号」は、結局60分遅れで東京駅を発車しました。

その後、品川駅で数分待たされたあと、その後は遅れを取り戻すべくかなり速いスピードで走りましたが、名古屋駅の手前で停止し、その後約20分、入線待ちとなる羽目になりました。

名古屋駅発車が既に23時過ぎとなり、阪和線には和泉鳥取は無論、和泉砂川への最終接続も無理、日根野も名古屋駅での入線待ちの遅れ拡大によりアウトとなりました。

残るは大阪市内で泊まるしかないのですが、天王寺近辺に宿泊先を抑えて、祈る気持ちで新大阪駅の到着を待ちました。

新大阪駅到着は23時55分頃、85分の遅れで、大阪メトロ御堂筋線の最終に間に合いました。

実はこれに間に合わなければ、天王寺にさえもたどり着けない状況でありました。

天王寺まで御堂筋線に乗車し、「ファーストキャビンステーションあべの荘」に宿泊します。
まさかこんな形でファーストキャビンを使うことになるとは思いもしませんでした。

さて翌朝は早い時間に阪和線で帰らないといけないですね…

DSC_0390

和泉鳥取(0819)-和泉砂川 普通 クモハ224-5117
和泉砂川(0825)-新大阪 くろしお8号 クロハ288-2007
新大阪(0950)-東京 こだま646号 776-2042

今日は日帰り東京出張なのですが、夕方からのため、「こだま」のグリーン車を利用してのんびり東京まで向かいます。
車内では仕事をしながら向かうこととしますが、台風接近のため明日の東海道新幹線がほぼ運休の案内放送が繰り返し行われていました。

私は今日の夜の下り列車を確保してますが、もはや変更ができないほど満席となっていました…

DSC_0372

DSC_0373

DSC_0375

DSC_0377

黒江(1359)-和歌山 普通 モハ224-5010 Wi-Fi×、更新-
和歌山(1940)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5102 Wi-Fi○、更新-

今日は都合により、黒江駅から和歌山駅に向かいました。
和歌山駅に到着すると、223系2500番台のLED更新車が停車していました。
既に数編成更新車は見かけたことがあるのですが、床下の塗装がきれいだったので、念のため確認してみると、最近更新された編成のようでした。

勿論、黒江駅の入場券も購入しました。
みどりの窓口が設置されていないので、POS券での入場券でありました。


【Wi-Fi・更新の記録】
クハ222-2510 Wi-Fi○、更新○

東武鉄道では、この10月1日に日光線(東武動物公園〜東武日光間)が全線開通90周年を迎えることを記念し、今年10月から来年3月にかけて各種イベントを実施することを発表しました。

日光線全線開通90周年を記念した各種イベントを開催します!|東武鉄道

概要は以下の通りです。

●10月・11月のイベント内容
・「日光線全線開通90周年記念ポストカード」の配布
・「日光ステーションビストロ」の「実施
・特急車両100系スペーシアへの90周年ロゴマーク掲出
・6050型車両へのリバイバルカラー塗装


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



当ブログは関西圏、しかも大阪府南部・和歌山県を中心とした話題を取り上げていることもあって、関東圏の話題は個人的に興味があれば取り上げることとしています。

今回は、その「個人的な興味」に丁度当てはまる内容があったことから、敢えて取り上げた次第ですが、そのネタは「6050型車両のリバイバルカラー」です。

東武鉄道の6050型(6050系)といえば、私自身昨年の7月に初めて乗車し、その後「鉄道ピクトリアル」での特集をご紹介しました。
参考:


個人的な興味の点では、「2ドア」「クロスシート」「トイレ付き」という、国鉄急行形車両を彷彿とさせるアコモデーションで、しかも、この車両が大手民鉄(東武)と第三セクター鉄道(野岩鉄道・会津鉄道)で同一形式の車両を所有している点が、やはり興味をそそるところでありました。

その6050系ですが、その前身の6000系を置き換えるべく登場した車両ですが、今回東武日光線90周年を迎えるにあたり、何とその6000系のカラーを復元するという、これまた東武鉄道ファンにとってはたまらない企画であるといえるでしょう。

東武鉄道のリバイバルカラーとしては、8000系で様々なリバイバルカラーが実施されているようですが、かつては日光へのアクセス列車として、1720系「デラックスロマンスカー」と共に旅客輸送を担った6000系カラーの復元は、多くのファンが待ち望んでいたものといえるでしょう。

DSC04225_R
▲東武日光駅停車中の6050系(2018.7.1)

今後、6050系に続く「2ドア」「クロスシート」の後継車両が登場する可能性は、恐らく高くないとは思われます。
それだけに、一部廃車が発生しているとは言え、まだ6050系が主役のいま、このようなリバイバルカラーが運行されることは、貴重な機会でありますし、私自身も6050系については、もう一度乗ってみたい気持ちもあるので、その際にこの「リバイバルカラー」を見ることができれば嬉しいな、とも感じたニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
10月1日 東武,日光線全線開通90周年記念ポストカードを配布|鉄道イベント|2019年9月28日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

泉北高速鉄道では、来る10月12日(土)に開催予定であった「せんぼくトレインフェスタ2019」について、台風の接近が予測されることから、中止を発表しました。

「せんぼくトレインフェスタ2019」中止のお知らせ|お知らせ|泉北高速鉄道


この日は、他の予定ないことから、「せんぼくトレインフェスタ」に久々に行けるな、と心待ちにしていましたが、勢力の大きい台風が接近していることから、これは仕方がありません。

中止は残念ではありますが、来年の開催を心待ちにしたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_0369

DSC_0364

和泉鳥取(0700)-和歌山 普通 モハ225-5105 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1858)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ223-2501 Wi-Fi×、更新×

今日は少し早めに仕事が終わったのですが、ちょうど和歌山線の快速を見送ることができる時間だったので、この10月から227系1000番台でも見られるようになったと思われる「快速」表示をみてきました。

105系が引退し、もっぱら撮り鉄さんがどこかに行ってしまった感のある和歌山線ですが、個人的には斬新な227系が走り回る和歌山線こそ、記録に残しておくべき風景なのかな、とも感じている次第です。

【例のメモ】
クハ224-5024 Wi-Fi×、更新-
クモハ225-5020 Wi-Fi×、更新-

↑このページのトップヘ