阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

阪九フェリーでは、今年春に新造船「せっつ」を神戸〜新門司航路に就航させることを既に発表していますが、この度「せっつ」の就航日が2020年3月10日(火)とすることとし、併せて予約を開始したことを発表しました。
2020年3月10日就航予定の新造船『せっつ』のご予約について – 新造船就航!九州と大阪・神戸を結ぶ、快適クルージングの阪九フェリー

加えて、「新造船キャンペーン」として、Web上のアンケート回答者から抽選で30名に、2020年就航新造船の乗船券が当たるキャンペーンを開始しています。
新造船キャンペーンスタート – 新造船就航!九州と大阪・神戸を結ぶ、快適クルージングの阪九フェリー

一方、同じく神戸〜新門司航路に就航する新造船の第2船について、その名称を「やまと」と名称した旨も、併せて発表されました。
新門司〜神戸航路へ新造船『やまと』の命名・進水式が執り行われました – 新造船就航!九州と大阪・神戸を結ぶ、快適クルージングの阪九フェリー
(上記発表資料によると、「やまと」は2020年6月の就航予定)
hankyu_ferry_yamato
▲阪九フェリー新造船「やまと」命名・進水式の様子
(上記発表資料(https://newship-han9f.com/news/200110/)より引用)


いずれも詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


2020年春に就航予定となっていた、阪九フェリーの新造船「せっつ」。
その就航日が3月10日(火)に決定し、既に予約も開始されています。
また、抽選で乗船券が当選するという、これまた運が良ければ新造船を無料で体験できるキャンペーンが実施されることも発表されており、当選すればラッカーなだけに、早速応募してみようと思います。

加えて、今回の発表では、「せっつ」とペアを組む第2船が「やまと」と命名されました。
「やまと」という名称ですが、現在同名の船が就航していますので、恐らくこの現「やまと」との置き換えになるものと思われます。


「せっつ」という名称は、かつて1995年12月に就航した「フェリーせっつ」で採用されましたが、この際ペアとなる第2船には「フェリーすおう」という名称が付けられていました。
今回の「せっつ」に関しても、この流れでいくと「すおう」とう名称が付けられるものと思いきや、現有船の「やまと」の名称が継承されることとなり、意外な感じがしました。

最近の阪九フェリーの命名例から考えると、「フェリーせっつ」(旧国名「摂津」)「フェリーすおう」(旧国名「周防」)、「やまと」(旧国名「大和」)「つくし」(福岡県の地域名「筑紫」等)、「いずみ」(旧国名「和泉」)「ひびき」(山口県・福岡県沿岸に広がる「響灘」)と、関西側・九州側にゆかりのある名称を1隻ずつ付けるのが自然な流れと思いきや、「せっつ」「やまと」といずれも関西側の旧国名が付けられるとなると、今回の「やまと」の命名に若干のアンランスが感じられます。
それに対する答えが、昨年11月の「輸送経済新聞」という業界紙のWebサイトに、阪九フェリーの小笠原社長へのインタビューに記されていましたので、引用してみます。

来春、新型2隻が就航 来秋からは5隻体制に 輸送経済新聞社

 ――5隻体制にする。
 小笠原 代替の2隻に加え、つくしを残して5隻体制にする。貨物需要の高い新門司―泉大津航路で走らせる。SOx(硫黄酸化物)排出規制対応でスクラバー(脱硫装置)を設置するため来秋の就航となる。デイリーではなく、月・水は上り、火・木は下りで運航。トラック積載台数は162台が純増する。
 ――ダイヤは。
 小笠原 出航時間は上りで午後9時、下りで午後8時半を予定している。九州から本州へ運ぶ青果物などの輸送需要が高く、遅めに出航時間を設定してほしいという声は以前からあった。

(上記輸送経済新聞記事より引用、下線太字は管理人による)

社長インタビューによると、新造船2隻就航後も「つくし」は残存し、泉大津航路の増便(週2便)に充てることと記されています。
そうなると、平日を中心に泉大津航路の増便、しかも個人的に設定の欲しかった遅い便の増便が実現することとなり、これまた嬉しいニュースではあるだけに、正式発表を待ってみたいところであります。

ともあれ、神戸航路への新造船就航を前に、様々なニュースが発表されている阪九フェリー。
これを機会に、九州方面の旅行にこれらの新造船を利用した計画を立ててみるのはいかがでしょうか。



●関連ニュースサイト:
新造船「せっつ」神戸〜新門司航路で3月10日デビュー 予約開始 阪九フェリー | 乗りものニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

家族が西国三十三ヵ所めぐりを始めたので、私もついて行くことにしました。
その様子も、徐々にご紹介できればと思います。

本日訪問したのは第二番札所、和歌山県和歌山市の「紀三井寺」です。

DSC_0917

DSC_0919
「結縁坂」と呼ばれる231段の石段を登ります。

DSC_0920
渡り終わって振り向いたところです。

本堂に向かいます。
HORIZON_0001_BURST20200111091351574_COVER

HORIZON_0001_BURST20200111091405296_COVER


「極楽橋」と聞いて「高野山」を即座に連想する方の多くは、鉄道ファンではないのかな、とも思った「極楽橋」です。
DSC_0923


DSC_0935
仏殿本尊を見てみることにします。

DSC_0932

DSC_0934

総漆金箔張りの大千手十一面観世音菩薩像です。
高さは12mなんだそうです。

HORIZON_0001_BURST20200111092527162_COVER
紀三井寺といえば、毎年桜の開花宣言の基準ともなる和歌山気象台の標本木のある場所、としても有名です。
その「標本木」もきっちり見てきました。

DSC_0925
DSC_0926


紀三井寺からの和歌山市内の眺め
DSC_0931
DSC_0930


紀三井寺は、桜の名所としても有名です。
今度は桜が満開の時に来たいですね。

さて、次はどこの札所に、ついて行くのでありましょうか…

京都鉄道博物館では、JR西日本の営業路線でつながった引込線を活用して、現役車両の展示をおこなっていますが、この度JR西日本が保有する配給車「クル144・クモル145」の特別展示を実施することを発表しました。

配給車「クル144・クモル145」を特別展示(京都鉄道博物館):JR西日本

概要は以下の通りです。

●展示期間:
2020年1月24日(金)15時15分頃〜1月26日(日)閉館まで

●展示場所:
本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリア


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。

配給車「クル144・クモル145」は、部品等を運ぶ事業用車両でありますが、昨今はトラック等で運ぶ方が効率が良いこともあり、活躍の場は減ってきてはいるのですが、このJR西日本では今もこのクル144・クモル145を所有し、時折でありますが本線上を走行するシーンが見られます。

今回、このクル144・クモル145が京都鉄道博物館で展示されることとなりますが、この車両の展示は、今回は二度目となります。
前回は、2017年12月に展示されましたが、その際の様子は下記の記事でご紹介しています。


DSC02408_R
▲京都鉄道博物館で展示されたクル144・クモル145(2017.12.22)

この度、約二年ぶりにクル144・クモル145が展示されることとなり、前回の展示では目にすることができなかったファンにとっては、再び訪れたチャンス、といえるでしょうか。

前面は103系電車と同じ顔つきながら、その後方はむしろ「無蓋車」と称してもよさそうな、その珍しいスタイルのクル144・クモル145。
前回見ることができなかった方も、見られた方も、そして本線上で追っかけ回しているファンの方々も、いずれの方々にとっても間近で見ることのできる貴重なチャンスでありますので、是非とも訪問してみてはいかがでしょうか。



●関連ニュースサイト:
京都鉄道博物館 クル144・クモル145 展示(2020年1月14日〜) - 鉄道コム
1月24日〜26日 京都鉄道博物館で配給車「クル144・クモル145」を特別展示|鉄道イベント|2020年1月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム


Osaka Metro(大阪メトロ)御堂筋線と北大阪急行電鉄では、江坂駅を境にして相互直通運転を実施していますが、この相互直通運転の開始から50年になるのを記念して、ヘッドマーク掲出等の記念事業を実施することを発表しました。

Osaka Metro御堂筋線−北大阪急行電鉄 相互直通運転開始50周年記念 〜ヘッドマークの掲出など記念事業を実施します〜|Osaka Metro
Osaka Metro 御堂筋線−北大阪急行電鉄 相互直通運転開始50周年記念 ヘッドマークの掲出など記念事業を実施します|北大阪急行

概要は以下の通りです。

●ヘッドマークの掲出:
・掲出期間:
2020年1月27日(月)〜9月30日(水)
(1月27日から順次掲出)

・掲出車両:
大阪メトロ御堂筋線30000系:7編成
北大阪急行9000形:3編成

・ヘッドマークイメージ
midosuji_kitakyu_1
▲相互直通運転50周年記念ヘッドマーク(なかもず側)

midosuji_kitakyu_2
▲同・千里中央側

いずれも上記発表資料(https://subway.osakametro.co.jp/news/news_release/20200110_r1_kitakyusouchoku50syunen.php?_ga=2.41095266.1513996326.1578660101-1026152100.1572088422)より引用

●相互直通50周年記念グッズ発売:
・グッズの種類:
マグネット2種(400円)
マフラータオル(1,200円)
クリアファイル2枚セット(700円)
記念プレート(2,200円)
(※)価格はいずれも税込

・グッズ販売会:
大阪メトロ江坂駅改札内
(2020年1月26日(日) 10時〜15時)

北大阪急行千里中央駅 駅長室横(改札外)
(2020年2月1日(土)) 11時〜15時)

●ウォーキングイベント:
・実施日:
2020年2月22日(土) 9時30分〜10時受付

・コース:
【スタート】北江口中央公園(大阪メトロ今里筋線井高野駅 最寄り)→吹田の渡跡→浜屋敷→高浜神社→日本民家集落博物館(入場料割引有)→【ゴール】服部緑地(北大阪急行電鉄 緑地公園駅最寄り)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


1970年大阪万博が開催される少し前に開業した北大阪急行電鉄。
開業当初より大阪市営地下鉄(当時)御堂筋線と相互直通運転を実施しており、北急の歴史イコール御堂筋線との相互直通運転との歴史となります。

この度、相互直通運転が開始されて半世紀ということで、記念事業が実施されることとなりますが、注目はヘッドマーク掲出でしょうか。

大阪メトロ・北急両社の編成に掲出されるのみならず、千里中央方の図柄をみると、大阪市交通局30系と北急2000形という、相互直通運転開始当時の車両が描かれており、これまた注目のヘッドマークであります。


北急も開業してはや半世紀、というのに今更ながら驚くわけでもありますが、ともあれ、記念事業の目玉であるヘッドマーク掲出の期間は半年以上あることから、何らかの機会を見つけて撮影することができればいいな、とも感じたニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
大阪メトロ・北急 相互直通50周年記念ヘッドマーク 掲出(2020年1月27日〜) - 鉄道コム
大阪メトロ・北急 相互直通50周年記念グッズ 販売(2020年1月26日〜) - 鉄道コム
「Osaka Metro 御堂筋線—北大阪急行電鉄 相互直通運転開始50周年記念事業」実施|鉄道ニュース|2020年1月11日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和歌山県御坊市の「紀州鉄道」は、御坊〜西御坊の2.7kmを結ぶミニ鉄道です。
かつては、「日本一路線の短い鉄道会社」として有名でしたが、現在その地位は千葉県の芝山鉄道を譲ってはいますが、御坊市内をのんびりトコトコ走る風景は、路線の短さナンバー2となった今でも変わらず風情のあるものであります。

近年は、長らく同社で活躍してきたレールバスに代わって、信楽高原鐵道から譲り受けた車両が運行されています。



その紀州鉄道で、この度トミーテックが展開する鉄道制服コレクション「鉄道むすめ」のキャラクター、「日高かすみ」がデビューしたことが発表されました。

鉄道むすめ"日高かすみ"デビュー! |最新情報|紀州鉄道
「鉄道むすめPickUpWEB」から「日高かすみ(紀州鉄道/コンシェルジュ)」を紹介します。|鉄道むすめ〜鉄道制服コレクション〜

概要は以下の通りです。

●名前:
日高かすみ

●担当:
紀州鉄道株式会社/コンシェルジュ

●概要:
・老舗の造り醤油店生まれで、地元の高校を卒業したのち紀州鉄道に就職。
駅員、コンシェルジュとして勤務。
・休日の趣味は寺内町や周辺の史跡巡りで、学門駅に寄ったときには、お地蔵さんに手を合わせている。
・毎年お祭りシーズンになるのを楽しみにしている。子供の頃から身近にある御坊祭が何より大好き。
・勤務中は受験生に人気の「学門お守り」をポーチにつけている。紀州鉄道は「硬券」なので、鋏も大切な必需品。

※名前の由来は、今は廃駅となっている「日高川駅」と御坊市の名産である「かすみ草」から。


hidaka_kasumi
▲鉄道むすめ「日高かすみ」
(上記発表資料内Webサイト(http://kishu-railway.com/press/20200109.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


和歌山県内の鉄道むすめといえば、このブログでも幾度も取り上げてきましたが、和歌山電鐵の「神前みーこ」、JR西日本の「黒潮しらら」が既にキャラクターとして設定されており、パネル展示、各種グッズの販売のみならず、今月には「黒潮しらら」のファンミーティング開催が予定されるなど、近年ますます注目度が高くなってきているところです。



そんな状況の中、ここにきて新しい「鉄道むすめ」が紀州鉄道からデビューするということで、和歌山県や大阪府南部の「鉄道むすめ」を取り上げてきた私にとっては、非常に嬉しいニュースであります。

「日高かすみ」のデビューにより、和歌山県の北部(神前みーこ)、中部(日高かすみ)、南部(黒潮しらら)と、県内バランスよく鉄道むすめが設定されることとなるため、これらの鉄道むすめを巡るスタンプラリー等、和歌山県内での各社どうしでの共同イベントの実施など、期待が高まるところです。

「日高かすみ」については、今回デビュー発表のみで、今後の展開は追って発表とのことですが、日本有数のミニ私鉄、そして硬券が多く揃っている会社として、鉄道ファンには有名で、また人気がある紀州鉄道ですが、「日高かすみ」という新たなキャラクターを擁することで、更なるファンの集客に繋がると嬉しいなと思います。

「日高かすみ」の今後の展開については、発表があればこのブログでも随時取り上げていきたいと思います。



●関連ニュースサイト:
りんこう(紀州鉄道)に鉄道むすめ「日高かすみ」デビュー(写真付) | WBS和歌山放送ニュース




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

阪堺電気軌道(阪堺)では、現在恵美須町停留所の移設工事を実施していますが、この度新駅舎の供用開始日等の発表を行いました。

阪堺線 恵美須町停留場が、2020年2月1日(土)より新駅舎に移設します|阪堺電気軌道

概要は以下の通りです。

●供用開始日:
2020年2月1日(土) 初発より

●主な内容:
・恵美須町駅から各駅の営業キロ程が変更となり、一部区間で定期旅客運賃と登録型割引サービス上限金額を算出する営業キロ程が変更。

【定期旅客運賃が変更となる区間】
恵美須町〜神明町【通勤・通学とも】(9キロから8キロへ)
恵美須町〜浜寺駅前【通勤のみ】(15キロから14キロへ)

【登録型割引サービスの上限運賃が変更となる区間】
恵美須町〜細井川【一般のみ】(6キロから5キロへ)
恵美須町〜神明町【一般・学生】(9キロから8キロへ)
恵美須町〜浜寺駅前【一般のみ】(15キロから14キロへ)

・恵美須町停留所への経路が変更
hankai_ebisucho
▲恵美須町停留所への経路の変更
(上記発表資料(https://www.hankai.co.jp/_wp/wp-content/uploads/2020/01/0ebe9b2e6def39e75783c1dd2a588f3f.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


阪堺電軌軌道・阪堺線の恵美須町停留所は、新世界やでんでんタウンにほど近い場所であり、長らく阪堺のターミナルの一つでありましたが、近年は多くの列車が上町線へシフトしていき、現在では日中24分間隔となっており、以前に比べると本数がかなり減少しています。

もはやここまで減少すると、かつては2線あった恵美須町停留所もその構内を持て余すようになって久しいものと思われますが、既に2線あったうちの1線は閉鎖されているのが現状となっています。

今回駅舎の移設により、浜寺公園方に駅舎が移設することとなりますが、これにより営業キロ程が短縮し、一部の定期旅客運賃等が変更となります。
DSC02817_R
▲恵美須町停留所に停車中のモ161形(2015.11.14)
この場所のホームも、1月末をもって見納めとなります。

新たな駅舎がどのようになるのかは、今回の発表資料では示されていませんでしたが、新ホーム移設後、堺筋線との乗り換えの様子も含めて、現地を確認することができればいいな、と思います。



●関連ニュースサイト:
阪堺電軌,2月1日から恵美須町停留場新駅舎の供用開始|鉄道ニュース|2020年1月10日掲載|鉄道ファン・railf.jp
阪堺電気軌道 恵美須町 新停留場 供用(2020年2月1日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
【阪堺】恵美須町停留場が、 2020年2月1日(土)より新駅舎に移設へ - Railway Enjoy Net 鉄道トピックス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_0914


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-10 Wi-Fi○、更新○
和歌山(1940)-和泉鳥取 紀州路快速 クモハ225-5029 Wi-Fi○、更新-

和歌山駅のLED発車案内表示ですが、今月に入ってからでしょうか、新たに雪だるまのマークも流れてくるようになりました。

移りゆく季節と共に、いろんなデザインが流れてくるのは楽しいものです。

↑このページのトップヘ