阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

近畿日本鉄道(近鉄)の河内長野駅には、現在となっては全国的に珍しくなった、「字幕回転式発車標」という、内蔵のフィルムが回転する型式の発車標が設置されています。

この発車標ですが、河内長野駅に1976年に設置され、これまで44年の長きにわたり稼働してきましたが、この度1月30日をもって引退するとともに、これを記念して記念台紙付の入場券発売や特別ポスターの掲出が発表されました。

河内長野駅ホーム 「近鉄最後の 字幕回転式発車標 」 更新|近鉄

概要は以下の通りです。

●字幕回転式発車標の終了日:
令和2年1月30日(木)

●記念台紙付入場券:
・発売日時:
令和2年1月23日(木)〜令和2年2月6日(木)(各日6時〜22時)
(完売次第終了)

・発売場所:
河内長野駅 改札口

・発売枚数:
300枚

●ポスター掲出期間:
2020年1月6日(月)〜令和2年2月6日(木)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。

DSC_7520
▲近鉄河内長野駅 字幕回転式発車標(2017.6.23)

鉄道車両の「サボ」のように、フィルムに印刷された行先が回転して表示される「字幕回転式発車標」。
かつては、近鉄に限らず、南海や阪神など、割とあちらこちらで見られたこの手の発車標ですが、老朽化に加えて、技術の普及や多言語対応の必要性といった時代の変化もあって、多くはLED表示等のタイプのものに既に置き換えられた結果、今や珍しいものとなっており、ここ近鉄でも現存しているのは、河内長野駅のみとなっています。


その唯一残っている河内長野駅の字幕回転式発車標ですが、今月末をもって置き換えられることとなるわけですが、これを記念して入場券の販売やポスターの掲出、といったイベントが実施されることとなりました。

たかが発車標の更新でこんなイベントまで行うのかいな?という向きもあるのでしょうが、今や貴重なクルクル回るこの発車標は、希少価値の高いものとしてファンの注目を集めているだけに、その最後を記念するイベントの実施というのも、時宜にかなった面白い企画だなと感じました。


この「字幕回転式発車標」、個人的にはかつて南海電鉄高野線の堺東駅に設置されていたものが印象に残っています。
特に下りホーム(高野山方面)になると、種別は急行・区急・各停、行先も高野山極楽橋から北野田まで、そして泉北高速光明池や和泉中央(泉北準急は種別なしで行先のみ表示)と、まさに多彩な「幕」が色々出てくるその光景は、いつまで眺めていても飽きないものでありました。

今回引退となる河内長野駅の発車標は、多くの列車が大阪阿部野橋駅行きで、また種別も多くが準急であることから、表示がクルクル回るシーンが見られるタイミングは限られたものになりますが、敢えてそんなタイミングを見計らって最後の姿を眺めてみるのも、一つの楽しみ方なのかな、とも感じたニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
近鉄 河内長野駅 字幕回転式発車標 使用終了(2020年1月30日) - 鉄道コム
近鉄 字幕式発車標使用終了記念入場券 発売(2020年1月23日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
近鉄、河内長野駅ホーム 「近鉄最後の字幕回転式発車標」更新記念台紙付入場券発売 - kqtrain.net(京浜急行)





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5017 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1737)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5028 Wi-Fi○、更新-

今年最初の通勤乗車記録です。
今年も引き続き、アップしていきたいと思います。

本日(2020年1月5日)に、わかやま電鉄貴志川線の貴志駅で、「たま駅長就任13周年記念式典」が行われましたが、その席上で、新しいデザイン電車「ニタマ電車」のイメージデザインが発表されました。

DSC00633_R
▲駅長「ニタマ」
本日はこの「ニタマ」をテーマにした「ニタマ電車」のデザイン発表です。

DSC00641_R

和歌山電鐵小嶋社長による挨拶


沿線自治体の来賓挨拶です。
DSC00646_R
▲仁坂和歌山県知事

DSC00650_R
▲中村紀の川市長

DSC00654_R
▲尾花和歌山市長

そして、いよいよ「ニタマ電車」デザインパネルの序幕です。
DSC00659_R

DSC00660_R


DSC00666_R
▲オープンとなった「ニタマ電車」イメージデザイン

DSC00669_R

和歌山電鐵の小嶋社長から、「ニタマ電車」の概要について説明がありました。
概要は以下の通りでした。
「黒字」を目指すことにちなみ、「黒色」をベースとしたデザイン。
・デザイン車両が走っている線区のうち、通勤・通学の利用も多い貴志川線の様子をふまえ、車内デザインを検討中。
8月頃に内装を含めた正式なデザインを発表。
改造費用は、クラウドファンディング等の寄付を募り、一定額以上の寄付者は車内に名前を残すことを検討。
・運行開始は2021年3月までを予定(但し、和歌山電鐵Webサイトでは当該記述はなし)
ニタマ電車のデザイン発表! <br>―貴志駅長就任5周年記念―
・「シッポ」をつけることができないか、検討中




CENTER_0002_BURST20200105112604518
▲小嶋社長、ニタマとともに「ニタマ電車」デザインパネルの記念撮影

デザイン部分を拡大してみます。
DSC00675-2_R


今回の「ニタマ電車」は、わかやま電鉄貴志川線運行開始以来の危機的な状況を乗り越えるためのプロジェクト「キシカイセイプロジェクト」の一つであります。
また、「たま」の後を継いで貴志駅長として日々業務に邁進する「ニタマ」がデザインされた車両の発表ということもあり、発表会場には、地元のマスコミやファン等が集まる、にぎやかな発表会となりました。

上記小嶋社長のスピーチにもあったように、今後内装も含めた正式デザインの発表、そしてクラウドファンディング等資金協力の発表、そして、2021年3月までの運行開始といった、スケジュールが発表されました。
今後正式発表が行われれば、当ブログでもご紹介していきたいと思います。

それにしても、これまであまり貴志川線のデザイン電車では見かけなかった「黒」のデザインになるとは、驚きでありました。
社長のスピーチにもあったように「黒字」への転換を祈念しての「黒」色とのことですが、貴志川線2270系を黒色基調にすると、一体どのような見栄えとなるのか、今から楽しみであります。



●関連ブログ:
wap ONLINE:ニタマ電車、2021年デビューを予定



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_0900



和泉鳥取(0932)-和歌山 紀州路快速 クモハ223-103 Wi-Fi○、更新×
和歌山(0955)-貴志 わかやま電鉄貴志川線 2271

貴志(1133)-和歌山 わかやま電鉄貴志川線 2705
和歌山(1240)-和泉鳥取 紀州路快速 サハ223-15 Wi-Fi×、更新×

今日は、わかやま電鉄の新しいデザイン電車「ニタマ電車」のデザインお披露目を見てきました。

詳細は、改めての記事でご紹介したいと思います。

今日は夕方から、紀の川市にある西国三番札所、「粉河寺」へ行ってきました。
粉河寺|西国第三番札所|厄除観音|和歌山紀の川市

DSC_0868

DSC_0870

DSC_0872
▲粉河寺 大門

DSC_0873

DSC_0875
▲粉河寺 中門


HORIZON_0001_BURST20200104162601397_COVER
▲中門の守護像

DSC_0876

DSC_0883

DSC_0877
▲粉河寺 本堂


本堂に出向くと、「おみくじ」が置いてありました。
しかもただの「おみくじ」ではありません。
「PayPayで引けるおみくじ」です。
DSC_0879
▲このように、「PayPayでおみくじが引ける」旨が書かれていました。

DSC_0878


DSC_0880


通常のPayPay支払いと同様、バーコードを読み取ると、予め「200円」の金額が表示されているので、そのままタップするたけで、おみくじが引けます。

おみくじの結果は、末吉でしたが、これにめげずに頑張ろうと思います。

鉄道や乗り物のネタではありませんが、PayPayでおみくじが引けることに驚いたので、ブログ記事にしてみました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

このブログの恒例となっている、1月2日の橿原神宮前駅周辺での新年初撮り。
昨年は多忙により撮影する余裕がなかったのですが、今年はめでたく撮影することができました。

これまで同様、まずは橿原神宮へ参拝し、絵馬を撮影してみます。
DSC00611-2_R

今年の干支「子」の絵馬です。
ネズミさんがクルクル回っているような感じのデザインでした。

参拝のあと、例年通り、橿原神宮の線路際で撮影します。
冬晴れのよい天気だったので、光線状態もよく、いい写真が撮影できました。
DSC00535-2_R
▲吉野行き急行(6200系)

DSC00542-2_R
▲毎年1月1日〜3日の、橿原神宮への初詣輸送として設定される臨時急行「開運号」。
「開運号」のヘッドマークが掲出されているのがポイントです。

1本目(大阪阿部野橋駅発10:00)は6400系グループ(6407系らしいのです)を先頭で編成されていました。
あいにく、上り準急とすれ違うタイミングで、危うく被りそうでしたが、何とか記録できました。

DSC00548-2_R
▲後追いでも撮影してみますが、こちらは前面が影になるのが、あいにくなところです。

続きを読む

新年はじめのニュースとして、大企業の社長等へのインタビュー記事(前年に予め行っているもの)が掲載されることがあります。

この2020年の新年の記事として、共同通信社などのインタビュー記事として、JR東海の金子愼社長が、2020年中に在来線で新型車両「315系」の開発を始めるとともに、この315系により、211系・213系・311系を置き換えることが報じられていました。

JR東海、在来線の新型車両開発へ 国鉄車両は全て姿消す | 共同通信
(※)JR東海から、315系導入の公式発表はありません。

上記報道記事によりますと、ポイントは以下の通りとなっています。
・2020年中に在来線で新型車両「315系」の開発を開始。
・在来線新型電車としては、1999年に導入した313系以来。
・新型車両(315系)に置き換わるのは、211系・213系・311系
。国鉄時代に製造された211系は運転を終了
315系は岐阜や愛知といった地域を走る中央線などで運用する予定


新年早々から、なかなか示唆に富んだ報道であります。
まず、JR東海の一般型電車としては、上記記事のとおり、1999年に導入された313系が、マイナーチェンジとバリエーション展開を重ねながら、JR東海の各電化区間に投入されてきました。
2015年の武豊線電化開業による増備が、313系の導入としては現在のところ最後となっていますが、今後の置き換えも、313系の改良によるものだと思っていたら、驚きの新系式であります。

315系の概要は、今年のいつかのタイミングで発表されるものと思われますが、313系に対して、どのような変化が見られるのか、新年早々楽しみな話題が提供されています。


また今回の記事で、JR東海所有の211系の引退も報じられています。
211系は、東海道線や中央線で運用されており、私自身も、最近の例では昨年5月の明知鉄道の訪問時に乗車したところであります。
DSC07484-2_R
▲211系8両編成による中央線快速列車(2019.5.1、恵那駅)

DSC07490_R
▲同・多治見駅で停車中の211系快速列車(2019.5.1)

国鉄時代末期に導入された211系も、運用開始後30年以上経過しており、そろそろ置き換えかリニューアルか、何らかの動きがあるものと思っていたら、早速置き換えの報道となりました。
こと中央線に関して言えば、多くの列車で211系が充当されているようですが、その様子も今後大きく変わっていくのかな、と思うと、先の画像のように、旅先の何気ない記録であっても、とにかく残しておくことが大事だ、ということを改めて実感しました。


ともあれ、この新系式「315系」がいつ、どのように発表されるのか、注目しながらその時を待ちたいところであります。



●関連ブログ:







↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今年も鉄道関係の書籍について、自分が読んでみたものを中心にご紹介していきたいと思います。

2020年、元日に早速ご紹介する書籍はこちらです。

DSC_0849


「マルス端末券総集」のシリーズの最新刊、「追録Vol.2」であります。

「マルス端末券総集」のシリーズは、これまでもこのブログでご紹介してきました。








今回ご紹介する「Vol.2追録」は、上述の「Vol.2」の追録ということで、昨年11月30日に開業した「羽沢横浜国大駅」関連のマルス券及びPOS券を取り上げています。

その内容としては、相鉄線とJR線の連絡乗車券(横浜、羽沢横浜国大接続)に始まり、両駅接続の定期乗車券、また、羽沢横浜国大駅関連では、運転系統の都合上、運賃計算と通過駅の特例があることから、この特例がらみのマルス券・POS券の考察、更には団体乗車券や相鉄の補充券といったように、羽沢横浜国大及び相鉄との連絡運輸という限られた範囲でありながら、ここまでのボリュームの内容が詰まっていることに、驚くほかありませんでした。


私自身、まだこの羽沢横浜国大には乗車しておらず、実際に乗車する機会を楽しみにしているのですが、その際には、今回取り上げられたマルス券の内容も勉強して、少しは面白そうなきっぷを買ってみてもいいのかな、とも感じました。

この「マルス端末券総集 追録Vol2」ですが、昨日開催された「コミックマーケット」で発売されましたが、その他、Amazonや実店舗でも販売されています。





首都圏のみならず、東北・中部・近畿・九州と、この「マルス本」を扱う書店が増えてきていて、コミケに出向かなくとも、このシリーズの本を手にい入れることができるのは、嬉しい限りです。

今回は、12月30日に旭屋書店なんばCITY店で購入し、忘年会ののち、帰りの「くろしお35号」で読んでみることにしました。
DSC_0840
▲283系「くろしお35号」の座席で「マルス本」を広げてみました。

すると、車掌さんが、この本のタイトルを察してか、「一番前の列(展望席)が空いておりますので、よろしければ是非どうぞ」と声をかけて下さいました。

そう言われると、ご厚意に甘えないわけにはいきません。
最前列に席を移動し、そしてこの「マルス本」を前面展望に加えて記念撮影です。
DSC_0842
▲くろしお35号の1号車(クロ282-1)の展望席に「マルス端末券総集」本を置いてみました。

そんな、珍しい経験も得ることができた、この「マルス端末券総集」。
この年明けの休みに、ちょっとしたきっぷのお勉強といういみでも、初売りのショッピングががてら、上記で記されている書店で購入してみてはいかがでしょうか。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

nenga_2020


あけましておめでとうございます。
本年も、当ブログ「阪和線の沿線から」を、どうぞよろしくお願いいたします。



毎年の当ブログ恒例となっている、新年の年賀画像ですが、昨年の撮影記録から今回は3枚をご用意しました。

左:南海本線 樽井〜尾崎(南海50000系)


中央:南海電鉄羽倉崎車庫(南海9000系「マイトレイン」)


右:JR北海道 石勝線夕張支線 夕張駅(キハ40形)




今年はブログ開設16年となりました。
節目の15年が過ぎ、次の節目は20周年というなか、やはり今年の目標は「マイペースで更新」を掲げたいと思います。

ブログやSNSを見ていると、いわゆる「ネタ列車」の撮影記録等がやはりアクセスを集めるわけですが、ネタや流行に左右されず、鉄道・バス等を中心とした公共交通の話題、そして私自身の乗車や撮影の記録を愚直に記していきたいと思います。

もはや16年もブログを続けていると、一つの交通系ニュースでも、その前段あるいは前々段となるニュースも取り上げていて、アーカイブスとう点ではかなり分厚いものになりつつあるな、と実感している今日この頃ですが、その厚みを更に増していくように、地道に続けていきたいと思います。

本年も、引き続きご愛顧の程をよろしくお願いいたします。

ブログ「阪和線の沿線から」 管理人 hanwa0724

2019年も残すところあとわずかとなりました。
本年も、当ブログ「阪和線の沿線から」に数多くのアクセスをいただき、本当にありがとうございました。

毎年大晦日の恒例となっている、今年最後の振り返りをトピックでご紹介したいと思います。

●平成から令和へ:
今年の話題をご紹介するのに、これは外せません。
2019年5月1日。新元号となる「令和」がスタートしました。


先の「平成」とは異なり、祝福ムードの中の新しい元号の幕開けということで、様々な新元号関連商品が発売されましたが、その中でも一番のセンスだったのは、やはりことでんの新元号IruCaの発売でありましょうか。


今年4月1日に新元号を発表した際、NHKテレビでは「令和」の額縁が手話通訳と重なるというハプニングがありましたが、このシーンを「ことちゃん」「ことみちゃん」「ことのちゃん」で再現するという、まさに「ことちゃん」を擁することでんだからこそ生み出すことのできた、「令和」記念のヒット記念商品に感じました。

このIruCaは勿論当日完売となりましたが、人気の高さが故に、ステッカーまで発売されたのも、「令和」の記録として、語り継いでいきたい話題でありました。



また、「令和」の記念ヘッドマークも、令和初日から旅行に出かけた先の明知鉄道、天竜浜名湖鉄道で見ることができましたので、こちらもご紹介しておきます。
DSC07455_R
▲明知鉄道の新元号「令和」ヘッドマーク(2019.5.1)

DSC07545_R
▲天竜浜名湖鉄道の新元号「令和」ヘッドマーク(2019.5.2)

続きを読む

↑このページのトップヘ