阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

JR西日本では、島根県邑南町と共同で、「地方版MaaS」の構築に向けた検討を始めることを発表しました。

邑南町と共同で「地方版MaaS」の構築に向けた検討開始!:JR西日本

概要は以下の通りです。


○共同検討テーマ(実証実験等の実施については現時点では未定)
・地域公共交通のデジタル化とキャッシュレス化
・町内観光素材(鉄道資産やA級グルメなど)との連携や情報発信
・生活関連サービス(病院・スーパーなど)との連携
・都市エリアとのつながり


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回JR西日本が地方版MaaSの構築を向けた検討開始を発表した島根県邑南(おおなん)町。
この邑南町こそが、2018年3月末をもって廃止となったJR三江線の沿線自治体の一つであり、その三江線沿線の中でも随一の名所で会った天空にかかる駅・旧「宇都井駅」を擁する町であります。

DSC01608_R
▲旧三江線・口羽駅での列車交換の様子(2017.10.2)
邑南町には、この口羽駅や宇都井駅を含め、4つの駅がありました。

現在この邑南町へ公共交通機関で訪問するためには、三次駅から備北バスを利用し、更に旧・宇都井駅を訪問するためには、邑南町営の「おおなんバス」を乗り継いで利用する必要があります。
参考:


そんな状況の中、上記発表資料内で太字で記したように、邑南町の随一の観光素材である旧・宇都井駅等の鉄道遺産との連携等も含まれた共同検討テーマを元に、今後訪問したいまちを目指したMaaSの検討に入ることとしています。


かつてJR西日本の路線が走っていた自治体に、今度は公共交通機関であるか否かを問わず、マイカーを除く全ての交通手段による移動を一つのサービスとして捉えてサービス展開する「MaaS」を検討するべく、JR西日本が協力する。
そしてその協力のテーマとして、かつての三江線の鉄道遺産を連携・活用する、といったところから、鉄道としての繋がりはついえたものの、こと「交通」という点での繋がりは、三江線なき今でも続くことを考えると、胸熱に感じました。

是非とも、観光型MaaS事業の一つとして、宇都井駅などの旧・三江線の鉄道資産を活用した事業が生み出されることを期待したいな、と思ったニュースでありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

DSC_0359



和泉鳥取(0808)-和歌山 普通 モハ224-5005 Wi-Fi×、更新-
和歌山(1928)-和泉鳥取 紀州路快速 サハ223-3 Wi-Fi×、更新×

和歌山駅みどりの窓口に置いてあるICOCAのキャラクター「イコカモノハシ」(イコヤン)ですが、本日確認したらハロウィン仕様に衣替えしていました。

季節に応じて様々に変わるイコヤンの姿を実は楽しみにしている通勤の風景です。


DSC_0358



和泉鳥取(0808)-和歌山 普通 モハ224-5131 Wi-Fi○、更新-
和歌山(1928)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ224-5026 Wi-Fi×、更新-

来年春に和歌山のICOCAエリアが「どーん」とエリア拡大するサイネージ広告を見つけましたので、撮影してみました。

どーんと出てくるイコヤン、かわいいですね。

JR西日本のインターネット予約「e5489」で、同社のクレジットカード「J-WESTカード」会員向け限定に設定されている「eきっぷ」。
参考:
【e5489専用】【J-WESTカード会員専用】eきっぷ│トクトクきっぷ:JRおでかけネット

インターネットで予約し、乗車直前に受取るまで、基本的に何度も変更が可能で、かつ、料金も通常の自由席特急券と同水準で利用できるという、使い勝手が良く、かつおトクなきっぷであり、私自身も頻繁に利用しています。

この「eきっぷ」ですが、紙のきっぷを受け取るまでは何度も変更が可能なことがメリットなのですが、では、きっぷを受け取ってからの変更については、以下のように規定されています。

△っぷの受け取り後の場合

・お客様自らの操作では変更できません。きっぷの受取箇所で取扱います。1枚の金額のある特急券(または指定券)につき、同一日、同一区間、同一設備、同一経路(幹⇔在特の変更は不可)への変更かつ金額に変更がない場合のみ、1回に限り変更が可能です。

上記以外の変更については、新たに必要なきっぷ(割引なし)をお買い求めいただくことでお受取りになったきっぷを、全行程について無手数料で払いもどし致します(注)。または、再度お客様自身で予約を取り直していただき、お受取りになったきっぷは払いもどしをお受けください(この場合、払いもどし手数料がかかります)。

上記Webサイト(http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=119000520&uniquekey=16da08f524f)より引用、下線太字は管理人による



「eきっぷ」のきっぷ受け取り後も、1回だけ変更は可能ですが、変更の条件は同一日の同一区間等と、条件が限定されており、日付や区間が変わる等、その他の場合は割引なしのきっぷを購入の上、原券無手数料払い戻しとなります。


きっぷ受け取り前なら何度も変更できることから、私自身はこれまで、受け取り後の変更を行ったことがありませんでしたが、この週末に家族が加賀温泉に旅行に行った際、この、受け取り後「eきっぷ」の変更を体験しましたので、そのきっぷをご紹介したいと思います。

img313-2_R
▲乗車変更を行った「eきっぷ」(加賀温泉→大阪)
img314-2_R
▲乗車変更を行った「eきっぷ」(新大阪→和泉砂川)
(※)いずれの券面も一部画像処理しています。

いずれも加賀温泉駅で乗車変更を行ったものですが、乗車変更を行ったのが出発日を含め2日以内の場合、「2日以内に変更」のという印字が行われます。

これは、出発日2日前以降の払戻手数料は、それ以前に比べて高くなっているためで、一旦2日以上先の列車に変更した上で払い戻しをすることで手数料を浮かすことを防ぐため、払い戻す場合には出発日2日前以降の手数料を適用する旨を表示するものとなっています。
(参考:熱転写方式マルス端末券総集 Vol.4、P15〜16
交通法規研究会「熱転写方式マルス端末券総集Vol.4」「障害者割引きっぷの手引きVol.1」を読む : 阪和線の沿線から

上記「マルス端末券総集Vol.4」では、「マルス端末の赤印字」が取り上げられていて、払い戻し・区間変更等を行った場合に印字されるもののため、個人的には目にしたことがなかったのですが、まさか家族がそんなきっぷを持って帰ってくるとは思いもしませんでした。


更に注目していただきたいのは、右下の「乗変」です。
通常「乗変」の印は、下の「くろしお」のような「乗変」のみの印字となりますが、上の「サンダーバード」では、「乗変」の下に「0906」と印字されています。
この4桁の数字の有無は、2019年10月1日に実施された料金改定の前に購入したものであるか否かの違いでありまして、改定前の場合にその購入月日(この場合はe5489決済日の9月6日)が印字されることで、払い戻し等の場合に改定前の手数料により行われることが表記されています。

言わば、料金改定前後をまたいで変更を行わないと、このような券面にお目にかかることもないだけに、私にとっては貴重な「資料」的なものを持って帰ってきて貰えた、といった感じでした。


先の「マルス端末券総集Vol.4」でも触れたように、「赤印字」のマルス券を手にしたことがなかっただけに、他人の手を通じてではありますが、初めて手にした「赤印字」マルス券、ということで、ご紹介させていただきました。


参考:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

当ブログで定期的にご紹介している、阪和線の223系0番台・2500番台、225系5000番台の編成表および車内Wi-Fi設置状況ですが、本日(10月6日)現在の状況をアップしますので、ご活用下さい。
(20191006)223_225
PDFファイルはこちらをご参考下さい。
225系・223系車内Wi-Fi等設置状況(2019.10.6現在)(PDF)

免責事項等は、初回の編成表アップ時に記載していますので、ご確認下さい。


225系5000番台の調査結果も、今回の調査結果アップデートでHF405・HF420が埋まり、残すところHF404編成のみとなりました。
次回アップデートで、225系5000番台の状況がコンプリートできるといいですね…



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

和泉鳥取(0808)-紀伊 普通 モハ224-5005 Wi-Fi×、更新-
紀伊(0821)-和歌山 紀州路快速 モハ223-2506 Wi-Fi×、更新×
和歌山(1340)-和泉鳥取 紀州路快速 クハ223-5 Wi-Fi○、更新×

熊野交通では、今年4月27日より南紀白浜空港〜新宮間の空港リムジンバスを運行しています。
参考:


今回、当路線のダイヤ改正により、10月1日より新たに「串本駅」「太地駅」に停車することとなりました。

南紀白浜空港 :: 串本・那智勝浦・新宮へ直行!白浜空港リムジンバス
白浜空港リムジンバス | 熊野交通株式会社 / 熊野観光開発株式会社

概要は以下の通りです。

●改正後ダイヤ:
新宮駅発・南紀白浜空港行き・・・
新宮駅8:40発→紀伊勝浦駅9:10発→太地駅9:25発→串本 大水崎(おおみさき)9:50発→串本駅9:55発→南紀白浜空港11:05着

南紀白浜空港発・新宮駅行き・・・
南紀白浜空港12:25発→串本駅13:35着→串本 大水崎13:40着→太地駅14:20着→紀伊勝浦駅14:20着→新宮駅14:45着

●改正後運賃:
南紀白浜空港発着:
串本駅・串本 大水崎・・・2,000円
太地駅・紀伊勝浦駅・・・2,600円
新宮駅・・・3,200円


詳細は、上記Webサイトをご覧下さい。


今年4月27日から運行開始した南紀白浜空港〜新宮線ですが、運行開始半年にして、早々に串本駅・太地駅の両駅前に停車することとなりました。
割と早い段階でのダイヤ改正ですが、裏を返せば利用者がいまいち定着しないからなのか、それとも逆に、利用者の要望が出ているからなのかは、実際乗って利用状況等を確認できないだけに、何とも評することができません。

とはいえ、今回のダイヤ改正で、新たに「太地駅」に停車することから、紀南方面の旅行の選択肢が広まることは嬉しいことだと思います。

このリムジンバスにはまだ乗車していないので、バス自体の画像をアップすることはできませんが、新たに停車する太地駅から太地町営じゅんかんバスで向かうことができる太地町内の見どころをご紹介します。
参考:
町営じゅんかんバス|太地町暮らしの情報

●太地町立くじらの博物館:
DSC_0780
▲太地町立くじらの博物館の外観

DSC06361-2_R
DSC06404_R
▲イルカショーの様子です。
イルカショーとクジラショーが開催されています。
クジラやイルカのショーは、アドベンチャーワールドのそれが有名ですが、こちら「太地町立くじらの博物館」のショーは、より身近に動物を見ることができるので、個人的におすすめです。

DSC_0797
▲クジラの骨格復元

JPEG_20190210_121726_4811105403186194959
▲くじらの博物館近くに展示されている、かつての捕鯨船です。
間近に見ることができるのは、これまた貴重です。


●太地駅:
DSC_0817
DSC_0816
▲リムジンバスが新たに発着することになる太地駅。
JRの駅員はいませんが、駅舎内にある太地町観光案内所で乗車券を購入します。


このリムジンバスですが、機会があれば早いうちに乗車しておきたいな、と思っていますが、果たして今のように路線があるうちに乗車できるでありましょうか。
晴れて乗車できた際には、乗車記録を当ブログでご紹介できればと思っています。




●関連ニュースサイト:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

南海電鉄では、2019年10月25日に高師浜(たかしのはま)線(羽衣〜高師浜間)が全線開業100周年を迎えますが、これを記念して、地元の高石市と協力して、100周年記念イベントを実施することを発表しました。

高師浜線全線開業100周年! メモリアルイヤーを記念した各種イベントを開催します|南海電鉄

概要は以下の通りです。

●記念ヘッドマーク掲出:
・期間:
2019年10月4日(金)〜2020年3月31日(火)
・掲出車両:
「走る工場夜景」ラッピング電車(2200系)
・運行路線:
高師浜線、多奈川線、加太線、和歌山港線、高野線(岸里玉出〜汐見橋)
・ヘッドマークデザイン:
nankai_takashinohama_100th_HM
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/191001_1.pdf)より引用)

●記念乗車証配布:
・期間:
2019年10月5日(土)〜11月30日(土)
・場所:
羽衣駅改札(6:00〜23:00)
高師浜駅改札(係員滞在時間帯のみ配布)
・その他:
先着3,000枚で、なくなり次第終了
乗客の申告により配布

●その他:
写真家「小林哲朗」氏と巡る 高石・堺工場夜景ツアー、鉄道学校(高石市内在住小学生限定)を開催


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


南海高師浜線は、羽衣〜高師浜を結ぶ、わずか1.5kmの支線で、1918年に羽衣〜伽羅橋(きゃらばし)間が部分開業し、翌1919年に伽羅橋〜高師浜間が全通し、いまの姿となりました。
以降、伽羅橋〜高師浜間が高架化されたり、ワンマン運転が開始されたりと、その姿を少しずつかえつつも、南海本線の支線の一つとして走り続け、この度100周年を迎えました。

それを記念して今回、今や高師浜線の注目の的でもある「走る工場夜景」ラッピング電車に期間限定でヘッドマーク掲出を実施するとのことであります。
参考:

ヘッドマークの掲出期間は来年3月末までですので、機会を見つけて是非とも見に行きたいな、と思っていますが、「工場夜景ラッピング」編成は、必ずしも高師浜線で走っているわけでもないので、その点注意でありましょうか。

また、乗車記念証も配布されるとのことですので、南海線に乗車の際は、少し時間を取って高師浜線に寄って、折角の記念ですので、乗車証を貰えることができればいいな、と思ったニュースでした。




●関連ニュースサイト:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ