阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

丸谷明夫先生(淀川工科高校吹奏楽部顧問)逝去

淀川工科高校吹奏楽部顧問であり、全日本吹奏楽連盟前理事長であった丸谷明夫(まるたに あきお)さんが、昨日12月7日、お亡くなりになりました。
76歳でした。

訃報|大阪府立淀川工科高等学校
訃報|全日本吹奏楽連盟

「丸ちゃん」のあだ名で知られた丸谷先生は、1964年に大阪府立淀川工業高校(現・淀川工科高校。本記事では「淀工」と略す。)の助教として赴任し、同時に同校の吹奏楽部顧問となりました。

以降、厳しさと情熱の中にも愛情のある指導で、同校を何度となく吹奏楽コンクールの全国大会(全日本吹奏楽コンクール)に率い、同大会出場41回出場、うち32回金賞受賞という功績を残しました。
(※)
吹奏楽に無縁の方にとっては、吹奏楽コンクールの仕組みが分からない方もいらっしゃるかと思いますので、下記過去記事もご参考下さい。




誰からも愛されるキャラクターとして、メディア出演も多く、またそのメディア出演により市井の人々が吹奏楽を知るきっかけを作り出したのも、これまた丸谷先生の功績だったかと思います。

特に、日本テレビ「笑ってコラえて!」内で2004年から放送された「日本縦断 吹奏楽の旅」では、その指導ぶりがゴールデンタイムに全国ネットで放送され、その結果吹奏楽部の認知度が高まり、吹奏楽部員の増加に繋がったのは、有名な話でもあります。

吹奏楽を通した文化振興にも力を注ぎ、2005年の阪神タイガース優勝パレードや、全国高校野球の開会式で指揮をしたりしました。
また、冒頭で記しているように、全日本吹奏楽連盟の理事長を2013年から2021年にかけて務め、吹奏楽の振興に力を注がれてきました。

特に2020年には、新型コロナウイルス感染症の影響により、コンクール全国大会の中止を決定した際の理事長が、この丸谷先生でありました。
下記記事(再掲)でも書いたように、特に中学生・高校生にとっては最後のコンクールとなる学年もあり、その出場機会を奪う決断を下したことは、理事長として断腸の思いであったかと思います。
しかし、その決断が、上述のとおり出場41回の常連校を率いる丸谷先生が最終的に決断したことであるから、泣く泣くであっても納得した吹奏楽部員も、少なからずおられたのではないのでしょうか。
(参考)




吹奏楽の楽しさを、多くの方々に伝えてきた丸谷先生の訃報に、驚いた方も多かったのではないか、と思います。
ご冥福をお祈りいたします。



私自身は、中学生、高校生、そして社会人で吹奏楽を経験してきました。
中学・高校はいわゆる「弱小校」で、コンクールは大阪府の地区大会で銀賞が取れれば喜んだレベル、社会人でも種々の都合から数年の在籍でありました。

そんなことから、全国大会なんて夢の舞台としか思っていなかったわけですが、このように吹奏楽に少なからず携わっていましたので、丸谷先生、そして淀工という存在は勿論知ってはいましたし、淀工の演奏会も何度か聴きに行ったことがあります。

高いレベルの演奏をこなしつつ、随所に楽しさを織り交ぜた演奏会は、本当に満足いくものでありましたし、淀工の演奏会がプラチナチケットとなっていた理由も分かる演奏だと思いました。

勿論、演奏の主体は淀工の吹奏楽部員でありますが、顧問の指導方針や内容によって演奏のレベルや雰囲気も大きく変わる高校生の吹奏楽部でありますから、そういった演奏ができたのも、丸谷先生の指導の賜物なのかな、と思いました。

一方、そこに至るまでにはハードな練習メニューと厳しい指導内容があるわけで、果たして私自身がその環境に身を置いた際に、ついていけたのか、と考えると、全く自信がありません。
しかし、そのような厳しさの中でも、多くの脱落者を出さず、毎年コンクール出場に必要な部員数を確保し、かつそのレベルを維持してきたのは、やはり偉大な吹奏楽指導者、といえるのではないか、と思います。

加えて、淀工は大阪府立の公立高校でありますが、それが他の私立高校(推薦入学等あり)と互角のレベルで、競争厳しい関西地区大会から毎回全国に進んでいたのは、もはや今後そういった指導者が出てくるのか、と思えるくらいのギネス級の記録ではないか、と思います。


76歳という、まだご活躍を期待できるご年齢だっただけに、その死はまだ早かった気もしないでもありません。
しかし、最後まで吹奏楽に携わってきたその一生の記録と記憶は、多くの吹奏楽関係者の財産となるのではないか、と思います。

最後になりましたが、丸谷先生のご冥福をお祈りするとともに、丸谷先生が築き、残して下さった日本の吹奏楽の今後の発展を、遠くから見守り続けていただければと思います。

どうか安らかにお眠りください。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5012 更新-
和歌山(2149)-和泉鳥取 普通 モハ224-5108 更新-

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0735)-和歌山 普通 モハ224-5125 更新-
和歌山(2251)-和泉鳥取 紀州路快速 モハ225-5014 更新○

今日の乗車記録(通勤)

20211206_221802


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 サハ223-8 更新○
和歌山(2231)-和泉鳥取 普通 サハ223-10 更新○

12月11日(土)の「ブラタモリ」で、白浜が取り上げられるとのことで、JR和歌山駅には巨大な広告が掲出されていました。

和歌山県内で取り上げられるのは、高野山以来ではなかったかと思います…

和歌山電鐵「たま電車ミュージアム号」を見にいく(2021.12.4)

和歌山電鐵では、昨日(12月4日)より、新しいデザイン電車「たま電車ミュージアム号」の運行をかいししました。

たま電車ミュージアム号 2021.12.04 デビュー



運行開始当日、早速乗りにいくことにしました。
充当されていたのは、和歌山10時30分発の貴志行きです。
既に少なくないファンや家族連れなどが、真っ新なデザインにまとわれた「たま電車ミュージアム号」に見入っていました。

早速、外観から見てまわります。

20211204_101735_R

DSC05980_R

DSC05979_R


ご覧のように、黒色のシックな外観に、至る所に駅長「たま」の写真やイラストが配されています。

車内に入ると、更に「ネコ」の世界が展開されていました。
続きを読む

【南海電鉄】特急「サザン」でお魚を輸送。指定席車を使用した「クエ」の貨客混載実証実験を実施(2021.12.1〜24の特定日)

南海電鉄では、特急「サザン」の指定車を活用し、貨客混載の実証実験を実施することを発表しました。

特急「サザン」指定車を活用し、貨客混載事業の実証実験を実施します。〜沿線エリア「岬町」で養殖する「クエ」の鮮度を保ってなんばこめじるし「大阪産料理 空(そら)」にお届け!〜|南海電鉄

概要は以下の通りです。

【目的】
・鉄道輸送を活用した新しい価値の創造
輸送頻度と速達性に優れる鉄道の特性を活かし、また同社特急車両の未活用スペースを利用することにより、これまでにない特急「サザン」の活用方法を実証し、今後の新たな事業展開を模索。

・沿線エリアの豊かな自然資源を、多くの顧客に楽しんでもらえる機会の創出

・エネルギー効率に優れた、地球環境にやさしい鉄道輸送によるCO2の削減

・沿線に根ざす企業の支援


【実施期間】
2021年12月1日(水)〜12月24日(金)のうち、仕入が必要な日

【貨客輸送区間】
みさき公園駅から難波駅まで

【荷物管理】
南海電鉄従業員が、養殖場から食材(クエ)を受け取り、特急「サザン」指定車に乗車のうえ、「大阪産料理 空」(なんばCITY飲食ゾーン「なんばこめじるし」内)へ配送

【提供】
当日活〆された食材(クエ)を、夕食時間帯に提供(16時30分〜22時)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC01811-2_R
▲特急「サザン」。
和歌山港方4両が「指定車」となっており、今回この車両を利用した貨客混載の実証実験が実施されます。


旅客列車やバスの空いたスペースを活用し、貨物輸送を実施する「貨客混載」。
今後、労働力人口が減少することを見越して、コロナ禍前から少しずつ実施されている事例はありましたが、このコロナ禍で旅客列車の利用者が激減する一方、通販等の物流ニーズが底堅いこともあり、地方の中小事業者のみならず、都市部の大手鉄道事業者も様々な形でこの「貨客混載」を始める事例が出てきています。


今回南海電鉄が実施するのは、大阪府最南端の自治体・岬町の養殖場から、なんばCITY内の店舗へ「クエ」を、特急「サザン」の指定車を利用して輸送するものであります。

これまではトラックで店舗まで配送しているとのことですが、当該店舗が南海難波駅の構内(なんばCITY)にあるため、トラック輸送に対する優位性があることもあり、今回実証実験の対象として選ばれたものと思われます。


さて、その「クエ」を運ぶのが、南海線の特急「サザン」でありますが、この「サザン」のどのスペースを活用して「クエ」を輸送するのか。

上記の発表資料では、「当社特急車両の未活用スペースを利用」と記されています。

特急「サザン」の未活用スペース、として思いつくのは、このスペースではないでしょうか。

20211204_172138
20211204_174729


10000系「サザン」2号車の難波寄りにあるこのスペースであります。
20211204_172519
このように「サービスコーナー」として自販機が設置されていますが、その向かい側にアコーディオンカーテンで閉ざされた、カウンターのようなものがあります。


このスペース、特急「サザン」が4両に増結(または改造)された車両に設けられたもので、増結当初は売店として活用されていたようですが、ほどなく売店としての営業は終了し、その後30年近くでしょうか、このような「閉ざされた空間」として残ったままとなっています。

一方、「クエ」に限らず魚類の輸送は少なからず臭いもあり得ることから、通常の客室に持ち込むのは難しいと考えられますし、上記の「未活用スペースの利用」という意味では、このサービスコーナーの売店跡を利用する可能性が高いのではないのでしょうか。

この特急「サザン」による貨客混載、予想通り売店跡が利用されているのかも含めて、実際この目で見たい気持ちはあるのですが、何せ「仕入の必要な特定日」のみ実施とのことですので、見てみるのは難しそうではあります。

ただ、実証実験の結果、恒常的に「サザン」で「クエ」の輸送が実施されれば、思いがけずこの貨客混載の場面に遭遇することもあり得ると思われますので、まずは実証実験での良好な結果を期待したいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
【南海】サザン、魚を運ぶ(南海電鉄の貨客混載実験がスタート)




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(たま電車ミュージアム号乗車)

20211204_101737

20211204_102330

20211204_172138

20211204_172502

和泉鳥取(0956)-和歌山 紀州路快速 クモハ225-5022
和歌山(1030)-貴志 和歌山電鐵貴志川線 2706
貴志(1106)-和歌山 和歌山電鐵貴志川線 2276

和歌山市(1730)-尾崎 特急サザン 10107


今日も今日とて休日出勤であります。
ですが、休日出勤の前の時間を利用して、本日から営業運転開始となった、和歌山電鐵の「たま電車ミュージアム号」に乗ってきました。

車両の様子は改めての記事でご紹介したいと思いますが、早速多くの方が、新しいデザイン電車を楽しんでいました。


仕事の後、本日は和歌山市駅から特急サザンで帰宅してみることにしました。
なぜこれだけの区間でわざわざ指定席を利用したのか、というと、こちらの使われていない空間の記録を撮影しておきたかったからであります。

この空間に関する記事についても、別途ブログ記事でご紹介できればと思っています。

【福井県並行在来線】会社名を募集中(2022.1.16まで)

2024年春に開業予定の北陸新幹線・金沢〜敦賀間の開業に合わせて、並行在来線となる北陸本線は、沿線自治体等が出資する第三セクター鉄道に引き継がれます。

このうち石川県の区間は、既に並行在来線を営業している「IRいしかわ鉄道」に引き継がれますが、福井県内の区間については、新たな第三セクター鉄道に引き継がれます。

その引き継ぎの準備として設立された「福井県並行在来線準備株式会社」では、この新しく並行在来線を運営する会社(在来線準備会社を改称)の名称を募集することを発表しました。

社名を募集します – 福井県並行在来線準備株式会社
社名募集|福井県並行在来線準備株式会社

概要は以下の通りです。

【募集期間】
2021年12月1日〜2022年1月16日(日)

【応募資格】
誰でも応募可能

【応募点数】
応募1回につき1点の応募
(1人何点でも応募が可能)

【応募方法】
・専用応募ハガキ
・福井県並行在来線準備会社のWebサイト内応募フォーム

【記載事項】
・社名案
・社名に込めた思い
・郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、職業(または学校名と年齢)

【賞及び賞品】
・採用者1名:
賞金20間年、開業イベントへの招待、記念乗車券

・応募者抽選7名:
北陸本線沿線市町の特産品

【その他】
・同名の応募者がいた場合は、抽選で採用者を決定

【ポスター】
fukui_pref_railway
(上記発表資料(https://www.fukui-heizai.co.jp/name.html)より引用)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



2024年春の開業を目指して工事が進んでいる北陸新幹線・金沢〜敦賀間。
当初は2023年春の開業予定でしたが、工事の遅延と工事費増額の見通しが明らかとなり、新たな開業時期は2023年度末(2024年春)となったところです。


2024年春からは新幹線の開業に伴い、冒頭で記したように並行在来線(北陸本線・金沢〜敦賀)が第三セクター鉄道に引き継がれますが、今回このうち新たに営業を開始する福井県側の第三セクター鉄道会社名を公募するというものです。

これまで、北陸新幹線の並行在来線は、以下の各社に引き継がれました。
・長野県:しなの鉄道
・新潟県:えちごトキめき鉄道
・富山県:あいの風とやま鉄道
・石川県:IRいしかわ鉄道


いずれも旧国名あるいは県名の入った鉄道会社となっていますが、今回の福井県内の並行在来線会社名を考える際には、「旧国名」「県名」がネックとなっています。

というのも、旧国名の「えちぜん鉄道」、県名の「福井鉄道」ともに既に存在しているのであります。
また、両社の略称も「えち鉄」「福鉄」と親しまれており、正式名称のみならず略称も混同しないものにする必要が、利用者への案内という点でどうしても必要となります。


加えて、福井県内の中でも大きな河川である「九頭竜川」から「くずりゅう鉄道」とでもすると、今度は略称が「くず鉄」という、あまり有り難くないものになってしまう可能性があります。

そういった、種々の条件をクリアし、かつ「わかりやすい」「親しみやすい」「呼びやすい」社名とする必要がありますので、これはなかなか難しい命名になるのではないか、とも思います。

私自身の命名案は、下記記事に記したとおりであります。

記事を読んでいただければ分かりますが、「ふくいザウルス鉄道」「福井きょうりゅう鉄道」と、福井県で有名な「恐竜」を含めた名称がいいのではないか、と思っていますので、私自身もこれらの名称を応募してみたいと思います。


今回、応募の期間は2021年12月から2022年1月となっています。
上記記事でも、「福井県内の並行在来線会社の会社名が決定するのは、2021年末から2022年はじめになるのでは」と予想していましたが、決定はともかく応募がこの予想していたスケジュールに実施されている模様です。

先行他社の事例でいくと、2022年初頭には名称が決定するので、今年度末あたりには決定されるのかな、とも思いますし、その際に私の応募した名称が選ばれると光栄という他ない、とは思いますが、そんなことは無いだろうと思いつつ、選ばれる名称を楽しみにしながら応募したいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
福井県、並行在来線の社名を募集 - 鉄道プレス



【関連ニュースサイト】
「鉄道会社名」募集中 運行は北陸新幹線の福井県内並行区間 石川県境〜敦賀の三セク | 乗りものニュース

福井県並行在来線の会社名を募集|鉄道イベント|2021年12月3日掲載|鉄道ファン・railf.jp

北陸新幹線の並行在来線が会社名を募集 福井・石川県境-敦賀間 | レスポンス(Response.jp)




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5013 更新-
和歌山(2231)-和泉鳥取 普通 モハ224-5024 更新-

今日の乗車記録(通勤)


和泉鳥取(0804)-和歌山 普通 モハ224-5028 更新-
和歌山(2231)-和泉鳥取 普通 モハ224-5011 更新-
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ