阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

私のケータイ履歴

昨日の日記(2つめ)で書いたとおり、私は携帯電話というものを使い始めて9年になります。
9年前の1995年12月に使い始めたわけです。確か、バイト先の先輩がPHSを持っていて、それに触発されてPHSを買いに行こうとしたら、携帯の方が良いと言われて買ったのが初めてです。
それ以降、以下のような履歴をたどってきました。
使用期間・機種・電話会社名・製造メーカー名を記しておきます。

95年12月-96年4月 DP-151(関西デジタルフォン・ノキア製)
96年4月-96年10月 ムーバP4(NTTドコモ関西・松下製)
96年10月-98年8月 デジタルムーバP101(NTTドコモ関西・松下製)
98年8月-98年11月 デジタルムーバP206(NTTドコモ関西・松下製)
98年11月-99年4月 デジタルミニモ521G(IDO・松下製)
99年4月-00年4月 C104SA(関西セルラー電話・三洋製)
00年4月-00年12月 C302H(関西セルラー電話・日立製)
00年12月-02年3月 J-SH03(J-PHONE東京・シャープ製)
02年3月-02年12月 C1001SA(au・三洋製)
02年12月-04年12月 A3012CA(au・カシオ製)
04年12月- W22H(au・日立製)

とまあ、今回で11機種目になるわけですね。初めてケータイ履歴というものを作ってみて、結構思い出すのに大変でした。
95年当時、まだデジタルフォングループは東京・東海・関西のみのエリアで、他の地域では使えませんでした。2月に九州に行ったのですが、使えなくて泣く泣く大阪に置いてきました。
その反動で、4ヶ月後に当時一番エリアの広かったドコモのアナログに乗り換えました。
アナログの雑音・・・懐かしいなあ。無線のようでしたわ。
ほんで、デジタルに機種変更。P101は、今回機種変更したA3012CAに次ぐ利用期間(1年10ヶ月)でした。この機種も出来が良かったですね。
その後、P206が短命だったのは、機種というよりもむしろ当時住んでいたところの電波が悪かったのでIDOに乗り換えたもの。
99年4月のcdmaOneサービス開始時に安く乗り換えれるようにIDOを選んだわけですが、見事に裏切られ(2万円くらいした)関西セルラーのC104SAに乗り換えました(無料)
周囲が携帯メールを使い出したので、機種変更が安くなる1年を待って私もメールの使えるC302Hに機種変更したのですが、これがなんとまあけったいな端末で、バイブに設定すると着信音が鳴らない。つまり、バイブ+着信音という設定が出来ないという、今では考えられない欠点を持った機種でした。他、漢字変換も相当あほでのろまでした。また、機種の欠点というよりむしろネットワークの欠点ですが、受信メールを携帯に保存できない!この点で、かなりのユーザーがこの時期IDO・セルラーから逃げていったと思われます。
そこに出てきたのがJ-PHONE、当時は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたよね。メールもすぐ届く。受信無料。一気に人気をかっさらいましたね。私の周囲でも、IDO・セルラーからJ-PHONEに乗り換えた人が多かったです。私は他に、当時よく電話する人がみんなJ-PHONEだったというのもあるのですが。
ただ、J-PHONEのメールはセンター問い合わせが出来なく、到着するのをひたすら待つ仕様だったため、しばらくしてまた乗り換えました。
C1001SAは、外国で使えるだけの機種でした。あまり出来は良くありませんでした。同時期に出た他の機種にしとけば良かった、と少し後悔しました。
そこで大枚はたいて(これらの中で一番高いお金を払って手に入れた機種です)A3012CAに機種変更。「すげー!」と思いましたよ、正直言って。特に予測変換!カメラも使うかどうか怪しかったですが、予想に反して、案外使用していました。

とまあ、当時の生活を思いだしつつ、自分のケータイ履歴を振り返ってみました。

ちなみにこんなホームページがあるので、ご参考まで。

ケータイ博物館

今日の乗車記録

砂川駅前(0748)〜岩出駅前 樽井岩出線 1名 南海169
岩出駅前(1835)〜砂川駅前 樽井岩出線 1名

今日は職場の周りの人々が研修やら休暇やらでほとんど席にいませんでした。何かスカスカのような気分でした。こんな日は逆に仕事もしにくいこともありますなあ。

ありがとうA3012CA

去る12月9日に携帯電話を機種変更しました。
W22Hに機種変更したのは先の日記に投稿したとおりなのですが、変更前の機種はA3012CAという機種でした。
この機種が売り出されたのは2002年の4月、私が機種変更したのは同年12月でした。
それから約2年間この機種を使い続けてきたわけです。
2002年4月といえば、丁度auがJ-PHONE(現ボーダフォン)に契約者数で追い抜かれたころではなかったかと思います。そのころは写メールといえばJ-PHONEというように、J-PHONE人気の絶頂期でした。対するauは、ようやく旧IDOと旧セルラーが統合した時期で、サービスの統一等、課題山積みの時期でした。
そういう苦境の時期に出されたこのモデル、単なるau初のカメラ付きモデルというだけでなく、サブディスプレイ・予測変換・高速インターネット接続等、今となっては当然の機能を総合的に盛り込んだ機種ではなかったかと思います。
これらの機能を充実させた事で、機能の貧弱さから他のキャリアに乗り換えようと考えていたユーザーを見事につなぎ止めた機種ではないでしょうか。
その後、auは、このA3012CAをはじめとしたA3000シリーズを端緒に第3世代ケータイに全面切り替えを行いました。そして、第3世代ケータイの通信速度を武器に「着うた」「ナビウォーク」といったauの好調を支えたサービスが生まれていきました。
A3012CAは現在の好調を支える礎となった機種となったのではないのでしょうか。それだけよく出来た機種だけに、私自身も2年もの長期にわたり同じ機種を使い続けることができたのだと思います。
携帯電話歴約9年の私自身が一番長く使った機種だけに、新しい機種にバトンを渡した今、感謝の気持ちでこのブログを書いてみました。
次のW22Hは、どんなauの時代くぐり抜けていくことでしょうか・・・

今日の乗車記録

砂川駅前(748)〜岩出駅前 樽井岩出線 4名 南海169
岩出駅前(1700)〜砂川駅前 樽井岩出線 2名 那賀82

さいたま市(この市名はいつまでたっても慣れへんなあ)のドン・キホーテで放火があったようです。お亡くなりになった方もおられるようです。確かに放火犯は許せませんが、ドン・キホーテの店舗は商品山積みですから、それが避難の邪魔にならなかったか、気掛かりです。

今日の発見。
Googleで「阪和線の沿線」を検索すると、何とこのページがトップに出てきます。このページもえらくなったもんです(笑)皆さんもお試しあれ。

携帯からの投稿が遅れている件について

ライブドアのHPに詳細について説明書きがありましたので、リンク貼っておきます。

モブログの反映の遅れにつきまして

今日の乗車記録

砂川駅前(748)〜岩出駅前 樽井岩出線 2名 南海169
岩出駅前(1835)〜砂川駅前 樽井岩出線 2名 那賀83

昨日の乗車記録が今朝の3時に投稿されてました。携帯メールの不具合か?と思ったらそうてはなく、ライブドア側の処理の遅れによるものだということです。この件については自宅に帰ってから詳しくということで。
よく考えてみると、阪和線もライブドアも遅延に関しては似たもの同士だったりして…

今日の乗車記録

泉ヶ丘(2017)〜中百舌鳥 各停
中百舌鳥〜三国ヶ丘 各停
三国ヶ丘〜和泉砂川 快速
和泉砂川〜和泉鳥取 普通

今日は午前中に掃除を済ませました。午後から雨が降ってきたので、丁度良いタイミングだったと思います。
三国ヶ丘から阪和線に乗り換えると、環状線内のダイヤの乱れが阪和線にも波及しているようで、三国ヶ丘で乗車したのはダイヤ通りでは1953発の快速でした。直通運転しているが故のウィークポイントです。
ただ、ダイヤ通りに和泉砂川で普通に接続していたのでよしとしますか…

今日の乗車記録

尾崎(940)〜難波 急行
難波〜鶴橋 快急
鶴橋(1056)〜大和八木 急行
大和八木(1615)〜鶴橋 急行
鶴橋〜難波 快速急行
難波(1710)〜尾崎 特急サザン

今日は土曜日なので休日ダイヤなのですが、乗ったサザンは全車指定。平日はともかく、休日は一部指定にしてもよさそうなもんですが… 

今日の乗車記録

砂川駅前(7:48)〜岩出駅前 樽井岩出線 1名
岩出駅前(18:00)〜砂川駅前 樽井岩出線 5名
昨日は携帯の機種変更を行ったので、実はブログを更新できませんでした。昨日の記録はまた改めて掲載するとします。今朝パケット代を見たら、定額制適用前の計算で昨日だけで一万円を超えてました。恐るべしWIN。
ちなみに、機種はW22Hです。シャキーンと上下に伸びるあれです。色は赤。

今日の乗車記録

砂川駅前(7:48)〜岩出駅前 樽井岩出線 3名(南海169)
岩出駅前(18:00)〜砂川駅前 樽井岩出線 11名(南海169)

今の時期、高校では期末テストのようですね。朝の通勤の時に教科書を読みながら歩く高校生を目にします。今更そんなにあがいても…
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ