既にこちらのエントリーでご紹介したように、東日本大震災の津波被害により運転見合わせとなっていたJR東日本の仙石線は、5月30日に運転再開となり、同時に「仙石東北ライン」も開業することとなっていますが、この度改正後のダイヤの概要が発表されました。

2015年5月ダイヤ改正について(JR東日本仙台支社|プレスリリース)

ダイヤ改正日は既報の通り5月30日(土)となっています。
改正の内容としては、仙石線の全線復旧、仙石東北ラインの開業、その他線区の見直しとなっています。

まず仙石線の全線復旧については、これも既に述べたように陸前大塚〜陸前小野間を内陸の高台に移設した新ルートで運転再開することとなっており、高城町〜石巻間では、あおば通〜石巻間を運転する仙石線各駅停車と、後述の仙石東北ラインからの快速列車を合わせて震災前と同じ上下各33本の運転となります。

次に仙石東北ラインについては、仙台〜石巻間で上下各14本の運転となり、3種類の停車パターンの快速列車が設定されます。
そのうち最速達の特別快速(上下各1本)は、仙台〜石巻間を52分で結び、震災前の最速達列車と比較して下り12分、上り11分の短縮を図ることとしています。
なお、仙石東北ラインの運転開始に伴い、東北本線の仙台〜松島間の列車本数を見直すこととしています。

そしてその他の線区として、こちらのエントリーでもご紹介した、仙台〜石巻(東北本線・石巻線経由)の直通快速列車の運転が、ダイヤ改正前日の5月29日(金)で運転を終了するとともに、石巻線・陸羽東線の車両がキハ40・48形気動車からキハ110系気動車の運転に置き換えられることとなります。

詳細は、上記プレスリリースをご覧下さい。


2011年3月11日の東日本大震災による津波被害で甚大な被害を受けた仙石線。
4両編成の205系電車が津波で編成が折れ曲がるように流された姿は、今でも記憶に残っている方も多いのではないのでしょうか。
その仙石線が震災後約4年3ヶ月で全線復旧することとなり、しかも、東北本線との直通運転を行う「仙石東北ライン」の開業と合わせての復旧となります。
仙台〜石巻の列車本数に関しては、震災前の仙石線と同様の本数が仙石線・仙石東北ラインの両方で確保されていますが、仙台〜石巻の移動に関しては、今後は仙石東北ラインの利用がメインになるものと思われます。
その仙石東北ラインでは、上下1往復のみですが、最速達の「特別快速」が設定され、震災前にもなかった速達運転が実現することとなることは、仙石東北ライン開業の大きな目玉といえるでしょう。

その一方で、2011年12月より運行されてきた仙台〜石巻の東北本線・石巻線経由の直通快速列車は、仙石線・仙石東北ラインへの開業に合わせて運転が終了となります。
仙石線が被災し、代行バスも渋滞や乗り換えの必要性から、震災前に比べて不便となった石巻市の利用者にとっては、震災後の復興の生活を陰ながら毎日支えてきた直通快速列車、とも言えるのかも知れません。
こういったイレギュラーな列車の運行が終了というニュースを聞くと、徐々にではありますが震災からの復興が進んでいる、というのも感じたりしました。

仙石線の復旧により久々に仙台駅と終日ダイレクトに結ばれることとなる石巻ですが、津波被害からの復興まちづくりはこれからが正念場といったところでしょうから、その復興に仙石線が大いに貢献するのはいうまでもありませんし、その姿を訪問時に見ることができればいいな、と楽しみでもニュースでした。

仙石東北ライン、最速は仙台−石巻間52分: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」

↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道 ブログランキングへ