来春の北海道新幹線に向けての準備が最終段階に入っていく中、JR北海道では開業直前に予定されている「地上設備最終切替」の「事前確認」を平成28年1月1日に実施するため、元日にかけての津軽海峡線を全面運休とすることを発表しました。

北海道新幹線開業に向けた「地上設備最終切替」の「事前確認」に伴う元日にかけての津軽海峡線の全面運休について(JR北海道|プレスリリース)

運休となるのは、平成27年12月31日深夜から翌年1月2日早朝にかけて津軽海峡線を通過する全列車(特急「スーパー白鳥」「白鳥」、急行「はまなす」)で、江差線、津軽線の一部区間・一部列車運休する予定となっていますが、運休列車の詳細は、秋頃に告知されることとなっています。

このため、当日はフェリー・航空機などの他の交通機関を利用する旨案内されている他、新幹線開業の数日前にはこの本番となる「地上設備最終切替」を実施し、この際には津軽海峡線を通過する全旅客列車が数日間運休する予定となっていることも発表されています。

詳細は、上記プレスリリースをご覧下さい。


今回実施される「地上設備最終切替」について述べると、現在は夜間の新幹線走行試験時のみに「北海道新幹線総合システム」(CYGNUS)に切り替え、試験終了後に在来線運行管理システムに戻していますが、これを開業後の形態、即ち運行管理システムをCYGNUSに切り替え、また架線電圧や信号保安設備といった地上設備を開業後の状態に切り替えて固定することを「地上設備最終切替」と称しています。

現在の走行試験では、新幹線の車両は全線で走行できるものの、貨物電気機関車(EH800)は在来線とCYGNUSが接続できないため、新幹線との共用走行区間を走行できない状態となっており、開業後と同様の形態での試験走行が実施できない状況となっています。

そのため、貨物列車を開業後と同様の形態、すなわち在来線と新幹線共用区間を直通し、なおかつ新幹線・貨物列車を走行させた状態で開業後のシステムが24時間安定して稼働することを確認することが、今回の「事前確認」となります。

事前確認の実施は平成28年1月1日ですが、この日が選ばれたのは、貨物列車の運行予定がなくとも物流に影響を及ぼさない年末年始で、なおかつ旅客の利用者が少ない日として選ばれているとのことです。

山形新幹線・秋田新幹線のミニ新幹線区間でも新幹線乗り入れのための長期間の運休による工事が実施されましたが、今回の津軽海峡線は、本州と北海道を結ぶ貨物の大動脈であることから、長期間はもとより数日間の運休でさえも人々の生活に広く支障が出てくるため、物流の影響を最小限に抑え、その上で旅客への影響を最小限に抑えなければならないようにしなければなりません。
そういった難しい条件の中で、これまた新幹線開業後のシステムが安定的に稼働することを確認しなければならない、というように、素人があれこれ書いているだけでも非常にハードな確認作業になることが容易に推察される訳ですが、ともあれ今回の確認作業が無事終了し、北海道新幹線開業への最終段階の作業が予定通り進むことを願いたいと思います。

また利用者が少ない日とはいえ、旅客列車が全面運休することから、当日の運休内容の詳細が発表されれば改めてご紹介し、併せて代替手段のご紹介したいと考えています。

青函トンネル、2016年元旦は完全運休: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」
JR北海道 北海道新幹線開業に向けて津軽海峡線 元日終日運休を発表 ( 鉄道、列車 ) - 西和路快速の撮り鉄 Nゲージ日記&情報局 - Yahoo!ブログ

↓その他の鉄道関係ニュースはこちらからもどうぞ
鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道 ブログランキングへ