JR九州では、同社発足後初めて製作した近郊形車両の811系をリニューアルすることを発表しました。

811系リニューアルして運行開始! (JR九州|ニュースリリース)

上記発表資料によれば、リニューアルのデザインは、水戸岡鋭治の監修によるものとなっており、また走行のための機器を一新するとともに、車内照明のLED化により環境負荷を低減した車両となっています。
series811
811系リニューアル車両イメージ外観
(上記JR九州ニュースリリースより引用)

リニューアルの主なポイントとしては、車体側面のラインおよび車体の表記を青色に統一するとともに、クロスシートをロングシートへに変更、モーター及び制御装置を一新し、エネルギー効率の良いSiCハイブリッドモジュールを採用したVVVF制御方式へ変更、また車内照明のLED化を行うこととします。

811系リニューアル編成の運行開始日は平成29年4月27日の予定で、運行区間は鹿児島本線(門司港〜荒尾)・長崎本線(鳥栖〜肥前山口)・日豊本線(小倉〜宇佐)となっています。
なお、リニューアル編成は運行開始時は1編成のみですが、他の811系も順次リニューアルすることとしています。

その他詳細は、上記発表資料をご覧をご覧下さい。


JR九州の811系は、民営化直後の1989年から投入された近郊形車両ですが、同じ時代の近郊形車両としては、JR西日本221系、JR東海311系、JR北海道721系等が挙げられます。
これらの車両も登場後間もなく30年を迎えるにあたり、大規模なリニューアルも実施されていくのかな、とも思われますし、現にJR西日本221系については、照明・行先表示・座席等のリニューアルが実施されているところです。

そんな中のJR九州811系のリニューアルですが、注目のポイントとすれば、やはり座席のクロスシートからロングシートへの変更でしょうか。
導入当初は老朽化した国鉄車両も多く、また輸送力に余裕があったこともあり、利用者サービスの向上ということもあり転換クロスシートで投入された811系ですが、福岡都市圏での利用者の増加やJR博多シティなどの商業施設の増加もあり、クロスシートでは対応しにくい状況から、今般のロングシート化が実施されたのかな、とも感じました。

ともあれ、JR化30周年を迎え、民営化直後に投入された車両がこのようにリニューアルの時期を迎えるニュースを聞くにつけて、時代の流れを感じたりしたニュースでした。


JR九州初の普通電車「811系」がリニューアル 4月27日から運行 | レスポンス(Response.jp)
811系電車が「水戸岡デザイン」にリニューアル 新しさを「青」で表現 JR九州 | 乗りものニュース

JR九州、811系リニューアル車両運行開始 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓その他の鉄道関係ニュース・ブログはこちらをクリック!↓↓
鉄道コム