阪急電鉄、阪神電鉄、山陽電鉄の三社では、回数券カードから引き換えた回数券の有効期限を2018年10月1日(月)以降に引き換えた回数券から、有効期限を当日限りにすることを発表しました。

回数券(きっぷ式)の発売終了および回数券カードから引き換えた回数券の有効期限の変更について |阪急電鉄
回数券カードから引き換えた回数乗車券の有効期限変更について|阪神電鉄
回数券カードから引き換えた回数券(きっぷタイプ )の有効期限の変更について|山陽電鉄

現在は、回数券カードから引き換えた回数券であっても、引き替えする回数券カードと同じ有効期限となっていましたが、2018年10月1日(月)からは、回数券カードの有効期限にかかわらず、引換当日のみ有効となります。

詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


●回数券カードの有効期限は変更なし
今回の発表は、回数券カードに引き換え後の回数券の有効期限を当日限りとするものですので、回数券カードを自動改札機に通して利用する場合には、有効期限に変更は発生しません。
(券面等の変更が行われる模様です)

一方、複数人で利用する際にきっぷに引き換える場合は、引き換え日当日のみ有効となることから、例えば事前に回数券カードから引き換えてグループで利用する際には、注意が必要となります。


●金券ショップでのバラ売りを防止し、商品本来の目的で利用できるような見直しへ
今回の変更の大きな目的としては、金券ショップ等で行われている回数券のバラ売りを防ぐことがあるように思われます。

関西地区の民鉄では、平日の日中及び土休日に利用できる時差回数券(12枚で10枚分の運賃)や、土休日に利用できる土休日回数券(14枚で10枚分の運賃)といった、おトクな回数券の設定があります。
これらの商品は、オフピーク時にある程度乗車する利用者向けに割安な商品を設定し、より利用を促進しようという目的があったものと考えられます。

しかし、これらのおトクな回数券がバラ売りされることにより、本来は使えないはずの頻度の少ない利用者も、金券ショップを介して購入できることとなってしまうことから、商品設定本来の目的から逸脱するのみならず、低頻度の利用者から本来得られるべきだった運賃収入が得られなくなってしまいます。

そういった「いびつな」現状を何とかしたいという思いは、事業者サイドとしては長年抱えていたものと思われますが、近年になってようやく見直しの動きを見えてきているといえるでしょう。
参考:
【JR西日本】ICOCAによるポイントサービスを開始。昼間特割きっぷは2018年9月末の発売で廃止 : 阪和線の沿線から
【近畿日本鉄道】名阪まる得きっぷの発売終了(H29.12.30)。併せて名阪特急チケットレス割引キャンペーンを実施(H30.1.10〜3.31) : 阪和線の沿線から

今回の回数券カードの引き換え後有効期限の短縮は、その流れに即したもので、本来の目的に沿った利用者にとっては何ら影響がないことや、鉄道事業者が本来得られるべき収入を確保し、鉄道事業者の安定的な運営に寄与できることから、同様の動きが他社でも広がるのではないかと思われます。

こういった流れに対して、「金券ショップで買えなくなるのはサービス悪化」という論調もあるでしょうが、本来バラ売りするのが目的ではない商品が、抜け道的にバラ売りされている現状を是正し、あるべき姿に戻すだけですので、サービス悪化というよりも、商品設計上のミスを見直しただけ、と考えるべきではないか、と個人的には思ったニュースでした。

阪急、きっぷ式回数券の発売を終了へ カードから引き換えた回数券の期限は「当日のみ」に | 乗りものニュース




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム