昨日と今日の二日間、家族で白浜に旅行に行ってきました。
とはいえ、赤ちゃんパンダが公開したばっかりのアドベンチャーワールドに行くわけでもなく、ただひたすら、ホテルでのんびりしていました。

基本的に滞在型で、家族について回る行程でしたが、合間を利用して日置川橋梁まで向かい、289系「くろしお」を撮影してきました。

私自身、前回この日置川橋梁で撮影したのは、下記のエントリーでご紹介した、引退間近の381系「くろしお」を撮影して以来、ほぼ3年ぶりの訪問となります。
参考:381系「くろしお」を日置川橋梁(紀伊日置〜周参見)で撮影する(2015.10.14) : 阪和線の沿線から

DSC05214-3_R
▲特急「くろしお」11号(289系)
紀伊日置〜周参見間(現地通過は15時頃)


この撮影地は、午後の方が順光で、このように綺麗な光線状態で撮影できます。
列車の向きでいうと、後追いとなっているのが惜しい向きもあるかも知れませんが、列車の本数が少ないこの区間では、撮れるときに撮っておかざるを得ないといったところでしょうか。


この日置川橋梁での撮影と他にもう一件、ブログでアップしておきたいネタがありますが、こちらは改めてご紹介したいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム