このブログでも度々ご紹介しているように、今年9月4日に発生した、台風21号の影響による火災で駅舎が焼失した南海本線・尾崎駅では、ホームに隣接して設置された臨時出入口により営業しています。

下記記事でもご紹介したように、10月12日より自動改札機が設置されていますが、その様子をまだ当ブログでご紹介いませんでしたが、本日ようやく見ることができましたので、ご紹介しておきたいと思います。
参考:【南海電鉄】駅舎火災により臨時改札口で営業中の尾崎駅に自動改札機設置(2018.10.12〜) : 阪和線の沿線から

DSC_0200
▲尾崎駅出入口(和歌山市方面)の案内表示
この手のサインも、臨時営業開始時よりも整備されてきたように思えます。

DSC_0201
▲和歌山市方面の出入口

DSC_0202
▲入口にも案内表示が整備されていました。

DSC_0203
▲自動改札機設置後の尾崎駅・改札口の様子です。


駅員さんがおられたので、駅舎復旧の時期などを聞いてみましたが、まだしばらくかかるとのことで、いつ頃になるかは分からない、とのことでした。
また、乗車券等の販売は全くしておらず、現金の取扱いは、下車客の精算のみとのことでした。

そして、前から気になっていた、自動改札機設置前の尾崎駅下車時の回数券カードでの取扱いですが、回数券カード自体、入場時に残回数が1回減る仕様となっており、尾崎駅下車時は提示(乗り越しの場合は現金精算)、次の利用時は普通に自動改札機を通すことができたとのことでした。
(そのため、尾崎駅下車時の履歴だけが印字されない状態となっていた)


駅舎の再建工事の様子もご紹介します。
DSC_0199
▲駅舎再建工事の様子

近くにいた警備員の方に聞いてみたところ、やはり焼失した駅舎を撤去し、新たな建物を建築するとのことでした。
やはりまだしばらくは時間がかかりそうとのことでしたので、今後も折を見て、尾崎駅の工事の様子をご紹介していきたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム