昨年9月の台風21号の影響による火災で、駅舎が焼失した南海電鉄の尾崎駅。
9月11日には仮設改札口での営業が再開され、その様子は下記エントリーでご紹介しました。
参考:営業再開した南海電鉄・尾崎駅を見にいく(2018.9.11) : 阪和線の沿線から

この尾崎駅の駅舎について、工事の見通しが立ったことから、供用再開の発表が発表されました。

南海本線 尾崎駅駅舎の供用再開について|南海電鉄

概要は以下の通りです。
●再開日:
2019年3月23日(土) 始発から
※供用再開に伴い、仮設通路・改札口での営業は終了。

●再開範囲:
駅舎橋上部の改札口および自由通路
改札内外の全エレベータ(3基)
改札外のエスカレータ(1基)

●今後の工事:
現在、仮設通路・改札口を設置している1番線と4番線については、供用再開後に仮設通路・改札口・トイレの撤去工事を行い、線路の安全点検などの完了後、4月6日(土)から使用を再開する予定。



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



昨年9月の台風の影響による火災で、駅舎が全焼し、およそ1週間の間の営業休止、その後、臨時改札口による営業再開となりました。
その後、駅舎の再建工事が行われていて、先週末に尾崎駅から特急「サザン」に乗車した際には、新しい駅舎が姿を現しているようでした。

DSC_0701
▲再建中の尾崎駅駅舎。
DSC_0708
▲階段部分のアップ

DSC_0702
▲改札内・階段部分。


外観から見れば、そう遠くない時期に駅舎の供用再開となるかな、と思っていたところ、本日再開の日程が発表されました。

再開日は土曜日なので、都合をつけて再建された尾崎駅の様子を見に行きたいなと思いますし、その様子を当ブログでアップできれば、とも思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム