西武鉄道では、来る3月16日(土)にダイヤ改正を実施し、同日から新型特急車両「Laview(ラビュー)」の運行を開始することを発表しました。

2019年3月16日(土)ダイヤ改正を実施します|西武鉄道
2019年3月16日(土)から新型特急車両「Laview(ラビュー)」運行開始!|西武鉄道

概要は以下の通りです。

●Laview:
Laview運転本数・・・平日5.5往復、土休日5往復
特急券発売日時・・・2月16日(土) 7:00から
今後の予定・・・2018〜2019年度にかけて、池袋線・西武秩父線で運行中の10000系「ニューレッドアロー」をLaviewに順次置き換え。

●S-TRAIN:
平日朝ラッシュ後の上り(所沢8:37発・豊洲9:46着)を1本増発
平日夕夜間の上り(所沢発豊洲行き)の運転取りやめ

●拝島ライナー:
平日・土休日の夕方の下り(西武新宿17:15発・拝島着18:03(平日)17:59(土休日))を1本増発

seibu_2019dia_image
▲ダイヤ改正告知イメージ
(上記発表資料(https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2018/2019daiyakaisei.pdf)より引用)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



西武鉄道の新型特急車両「Laview」については、下記エントリーでもその運行概要をご紹介しましたが、今回はその運行開始日と併せて、ダイヤ改正の内容が発表されました。
参考:【西武鉄道】新型特急車両「Laview(ラビュー)」デビューを発表(2019.3運行開始) : 阪和線の沿線から

Laviewについては、ダイヤ改正当初は1編成を置き換えるものとしていますが、今後2019年度には池袋線・西武秩父線の特急が全てLaviewに置き換わることとなっています。
むしろ「ニューレッドアロー」で池袋線・西武秩父線に乗れる機会は、あと1年程度、ということが公式に発表されたこととなりますので、乗車や記録の際には注意しておく必要があるでしょう。

併せて有料座席指定列車「拝島ライナー」「S-TRAIN」の改正も発表されています。
私自身、両列車ともに昨年7月に乗車しましたが、拝島ライナーの人気が高い一方、S-TRAINはまだ利用者拡大の余地はあるのかな、と感じました。
参考:西武鉄道の座席指定列車「S-TRAIN」「拝島ライナー」に乗る(2018.7.2、7.3) : 阪和線の沿線から

今回のダイヤ改正では、「拝島ライナー」は現状より早い時間に1本増発する一方、「S-TRAIN」は上り朝ラッシュ後に1本増発するものの、夕方の上りは全て取りやめ、ということになりました。

考えてみれば、平日夕方の上りは、都心方面への送り込みということもあるので、利用者は決して多いとは言えません。
とはいえ、例えば私の地元の南海電鉄・泉北高速鉄道では、「りんかん」「泉北ライナー」といった通勤客向け着席列車の送り込みであっても、律儀に営業運転しているわけですが、今回の「S-TRAIN」では、そういった送り込み列車の営業運転を、ばっさり取りやめることとした模様です。

当初から、決して多くの利用者が見込めるとは思えなかったとは思われますが、それ以上に利用者がつかなかった結果、といえるのかも知れません。

どれほど空いていたのかを経験することができたらとは、思ったのですが、残念ながら、この平日夕方上りの「S-TRAIN」には乗れずじまいになりそうです。


今回、極端に空いている列車の運転取りやめの大ナタが振るわれた「S-TRAIN」ですが、更なる見直し等は行われるのか、「Laview」の新宿線系統への拡大も含めて、次回以降のダイヤ改正も気になるところといえるでしょうか。




●関連ニュースサイト:
「小江戸」「拝島ライナー」本数増、「S-TRAIN」も平日朝1本増発 西武ダイヤ改正 | 乗りものニュース
西武 ダイヤ改正(2019年3月16日) - 鉄道コム
西武 Laview 営業運転(2019年3月16日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
西武、2019年3月16日(土)ダイヤ改正実施 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム