2016年3月のダイヤ改正で急行「はまなす」が廃止されたことにより、定期列車における開放寝台列車の営業が終了しました。
参考:
本日青森発で最終となる急行「はまなす」によせて : 阪和線の沿線から

それからおよそ3年の年月が経ったわけですが、今回2019年3月のダイヤ改正において改正されるJRグループ各社の「旅客営業規則」において、開放タイプのA寝台・B寝台の条項が削除されたことが明らかになりました。

改正履歴をWeb上にアップしているJR東海の旅客営業規則によりご紹介します。
(以下、旅客営業規則の一部改正(平成31年3月16日乗車となるものから施行)より引用)
参考:運送約款の改正履歴|JR東海

jrc_ticketrule_20190316_01
jrc_ticketrule_20190316_02
▲東海旅客鉄道株式会社 旅客営業規則の一部改正(平成31年3月16日乗車となるものから施行)より引用。


上記の通り、第136条(寝台料金)では、以下の通り改正されています。
<現行>
第136条 寝台料金は、次の各号に定めるとおりとする。
(1)A寝台料金(1人当りの料金とする)
1夜につき1個
上段 9,810円
下段 10,800円

個室:(シングルデラックス、カシオペアツイン、カシオペアコンパート) 13,730円
特別個室(R):(カシオペアデラックス) 17,670円
特別個室(S):(スイート、カシオペアスイート) 26,220円

(2)B寝台料金(1人当りの料金とする)
イ 客車(個室)
 1夜につき1個
 個室:(ソロ、カルテット) 6,480円
 個室(NT):(ノーマルツイン) 8,390円
 個室(ST):(シングルツイン) 9,430円

ロ 客車(二段式)
 1夜につき1個 6,480円
ハ 客車(三段式)
 1夜につき1個 5,400円

ニ 電車(個室)
 1夜につき1個
 個室:(ソロ) 6,480円
 個室(ST及びSRT):(シングル、サンライズツイン) 7,560円
 個室(ST):(シングルツイン) 9,430円
ホ 電車(二段式)
 1夜につき1個 6,480円
へ 電車(三段式)
 1夜につき1個
 上段及び中段 5,400円
 下段 6,480円




<改正>
第136条 寝台料金は、次の各号に定めるとおりとする。
(1)A寝台料金(1人当りの料金とする)
1夜につき1個
個室:(シングルデラックス、カシオペアツイン、カシオペアコンパート) 13,730円
特別個室(R):(カシオペアデラックス) 17,670円
特別個室(S):(スイート、カシオペアスイート) 26,220円

(2)B寝台料金(1人当りの料金とする)
イ 客車(個室)
 1夜につき1個
 個室:(ソロ) 6,480円
 個室(NT):(ノーマルツイン) 8,390円
 個室(ST):(シングルツイン) 9,430円

ロ 電車(個室)
 1夜につき1個
 個室:(ソロ) 6,480円
 個室(ST及びSRT):(シングル、サンライズツイン) 7,560円
 個室(ST):(シングルツイン) 9,430円



上記<現行>の赤字・下線部が削除となった部分で、これらをみると、客車・電車の二段式・三段式の料金が全て削除され、第136条(寝台料金)に規定される料金が、個室のもののみと改正されています。

これにより、「はまなす」廃止後、車両は廃車されたものの、営業規則として存続していた開放寝台の設定が、規則上からも消滅することとなります。


かつては、特急から普通列車まで、様々な列車に連結されていた開放寝台。
国鉄〜JRの時代にかけて、それこそ数知れない人々が利用してきたものと思われます。
しかし、プライバシーの観点による個室化や、そもそも新幹線をはじめとする高速輸送機関の発達により夜行列車自体の需要が減少したことにより、先述のとおり急行「はまなす」の廃止をもって、JRグループの定期列車からは見られなくなりました。

そしてこの度の旅客営業規則の改正により、営業上の設定からも姿を消すこととなり、文字通り一つの時代が終わった、といえるのではないのでしょうか。


こういった旅客営業規則も、時間をかけてじっくり読んでいくと、きっと新たな発見があるのだろうな、とは思うのですが、日々忙しい身としては、まとまった時間が取れないのがつらいところではありますが、ともあれ、時代の変化を象徴する営業規則改正、ということで今回ブログでご紹介してみました。



●関連ニュースサイト:
JR旅客営業規則から「開放寝台」削除。ブルトレは遠くなりにけり | タビリス
昔懐かし2・3段ベッドの「ドミトリー寝台車」、「きっぷのルール」からも消滅へ | 乗りものニュース



●関連ブログ:
開放式の寝台料金の記載が旅客営業規則からなくなる: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム