京王電鉄では、昨年11月に、座席指定列車「京王ライナー」の車両等を使用した高尾山口発新宿行きの「Mt. TAKAO号」を運行しました。
参考:【京王電鉄】高尾山口から新宿まで初の座席指定列車「Mt.TAKAO号」運行を発表(11.10〜25の週末等) : 阪和線の沿線から

今春も、高尾山の新緑シーズンにあわせ、3月から5月にかけて、座席指定列車「Mt. TAKAO号」等を運行することが、同社より発表がありました。

高尾山の新緑シーズンにあわせ3月21日(木・祝)から座席指定列車「Mt.TAKAO号」を運行します!|京王電鉄

概要は以下の通りです。

●運行日:
3月21日〜5月26日の土・日・祝日。
なお、3月10日(日)は、高尾山火渡り祭りに併せて一部列車を先行運行。

●停車駅等:
下り・・・「Mt. TAKAO号」
新宿・高尾山口(高尾山口までノンストップ)

上り・・・「京王ライナー」
高尾山口〜府中の特急停車駅、新宿。
(途中停車駅は乗車のみで降車は不可)

●時刻表:
下り(Mt. TAKAO号)
新宿9:00発・9:40発・10:20(※)発(所要時間53分)

上り(京王ライナー)
高尾山口15:15発・15:54発・16:54(※)発(所要時間51分〜56分)

(※)の列車は、3月10日(日)も運行

●使用車両:
5000系車両(10両編成・クロスシート)

●座席指定料金:
400円

●購入方法:
京王チケットレスサービスでは運行日7日前の午前7時から、発車1分前まで発売。
券売機では運行当日に空席がある場合のみ、運行当日始発から乗車する駅発車分のみ購入可能。

keio_mttakao_2018autumn
▲昨年運行した「Mt. TAKAO号」
(上記発表資料(https://www.keio.co.jp/news/update/news_release/news_release2018/nr190226_mttakao.pdf)より引用)



その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


昨年2月22日に運行を開始した「京王ライナー」ですが、運行開始後はや1年が経過しましたが、利用は順調なようで、この2月のダイヤ改正では、上り新宿行きの列車が新たに設定されることとなりました。
参考:【京王電鉄】京王線・井の頭線ダイヤ改正を実施。朝の上り「京王ライナー」を新規設定(2019.2.22) : 阪和線の沿線から

これに加え、昨年秋には高尾山へのハイキング帰り向けの列車として「Mt. TAKAO号」が運行されましたが、こちらも好評だったとのことで、この春にも設定されることとなりました。

今春の「Mt. TAKAO号」では、新たに新宿発も設定し、新宿発は高尾山口までノンストップ、高尾山口発は府中までの特急停車駅に停車の「京王ライナー」として運行されるのが目新しいところです。

てっきり上下とも新宿までノンストップかと思いきや、そういうわけではなく、夕方の上りは、特急停車駅に停車するのですが、途中駅での下車ができないこととなっています。
てっきり、高尾山口から沿線主要駅へ帰宅する着席サービスを提供するため途中駅は乗車不可だと思いきや、夕方上りの沿線から新宿方面への着席サービス提供となっており、この時間に敢えて途中駅で下車不可とした点が何故なのか、気になるところです。

もしかすれば、高尾山からの帰宅客が集中しており、沿線の特急停車駅からの着席確保の声があったのかも知れませんが、正直なところどういった利用者をターゲットとしているのか、興味があるところです。


発表資料では、今後も夏・秋に5000系使用の座席指定列車を運行する予定とされていますので、今後の運行形態がどう変化するのかにも、注目しておきたいなと感じたニュースでした。



●関連ブログ:
高尾山口発着の座席指定列車「Mt.TAKAO号」「京王ライナー」3〜5月の土休日運転 | 乗りものニュース
京王,座席指定列車“Mt.TAKAO号”を期間限定で運転 「眸山火渡り祭」にあわせた先行運転も実施|鉄道ニュース|2019年2月27日掲載|鉄道ファン・railf.jp
京王 Mt.TAKAO号 運転(2019年3月10日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
京王、高尾山の新緑シーズンにあわせ2019年3月21日(木・祝)から座席指定列車「Mt.TAKAO号」運行 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム