南海電鉄では、加太線の観光列車「めでたいでんしゃ」の夫婦「さち」「かい」の子どもとなる、新しい編成が3月に誕生(運用開始)することを既に発表しています。
参考:【南海電鉄】新しい「めでたいでんしゃ」が登場。「さち」と「かい」の「こども」が誕生(2019.3.31〜) : 阪和線の沿線から

今回、その「めでたいでんしゃ」(子ども)の運行開始をお祝いするセレモニーの概要が発表されました。

新たな「めでたいでんしゃ」の運行開始お祝いセレモニーを開催します|南海電鉄

概要は以下の通りです。

●出発式:
・日時:
2019年3月31日(日) 9:40〜9:55

・場所:
和歌山市駅3番線

・内容:
関係者あいさつ、出席者によるテープカット、担当運転士への記念ヘッドマーク贈呈
和歌山市駅長の出発合図とともに、オリジナルフラッグで「こども」をお見送り(9:55和歌山市駅発)
※9:30から来場者(先着300人)に、オリジナルフラッグを配布。

nankai_medetai3_headmark_20190315
▲記念ヘッドマークデザイン
(上記発表資料(https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/190315_2.pdf)より引用)

●お出迎え式:
・日時:
2019年3月31日(日) 10:00〜10:30

・場所:
加太駅構内

・内容:
加太小学校・西脇小学校の児童による合唱、加太春日神社宮司のご祈祷、関係者あいさつ、くす玉開き
オリジナルフラッグで「こども」をお出迎え(10:19加太駅入線)、「こども」をお見送り(10:27加太駅発)
※9:30から来場者(先着700人)に、オリジナルフラッグを配布。

●めでたいイベント:
・日時:
2019年3月31日(日) 10:30〜13:00

・内容:
加太さかな線沿線特産品などの販売(「めでたいでんしゃ さち」車内、加太駅構内)
お絵かき・キャンドル作り体験(有料)(「めでたいでんしゃ さち」車内)
地元団体による「獅子舞」の演舞、紀北農芸高等学校の「和太鼓」演奏(加太駅改札外)

●その他:
イベント時間中は、「さち」「かい」両編成が加太駅2番線に停車し「こども」は通常運行。
下記の時間帯には「めでたいでんしゃ」3編成が加太駅に勢揃い。
10:19〜10:27、11:21〜11:27、12:20〜12:27

●新「めでたいでんしゃ」デビューキャンペーン:
・概要:
新しい「めでたいでんしゃ」(こども)のデビューを記念して、2日間限定で特急サザンの座席指定車が割引となるキャンペーン

・期間:
2019年3月30日(土)、31日(日)

・対象列車:
下記時間に該当する和歌山市駅発着の特急サザン
下り・・・7:10〜14:50(難波駅発車時刻)※途中駅からも購入可能。
上り・・・12:29〜22:26(和歌山市駅発車時刻)

・価格:
大人300円(通常510円)、小児160円(通常260円)

・購入方法:
南海電鉄各駅に配架のキャンペーンリーフレットに付属している「特急サザン座席指定割引券」を発売場所に持参し、割引券と引換えに割引座席指定券を発売。
※割引券1枚につき大人1枚または小児1枚を発売。

・発売場所:
難波駅〜和歌山市駅間の特急券発売窓口
※特急券自動販売機、車内、特急チケットレスサービスでの購入は対象外。




既に当ブログでもご紹介したように、この3月31日(日)に第3の「めでたいでんしゃ」が運行開始します。
それをお祝いするセレモニーの概要が、今回取り上げた発表内容ですが、注目すべき点は「加太駅に3編成勢揃い」「特急サザン割引キャンペーン」でしょうか。

まず、セレモニー当日、めでたいでんしゃ(こども)の両親とも言うべき「かい」「さち」の両編成が加太駅に停車して、和歌山市駅からやってくる「こども」をお迎えします。
通常、加太線の列車は2両編成なのですが、加太駅の2番線は4両の停車が可能であることから、このような「演出」が実現できるわけです。

となると、加太駅への回送時はどのように車両を送り込むのが気になるところです。
下記のエントリーでご紹介した「めでたいでんしゃ」新婚旅行に続いて、「さち」と「かい」の両編成の併結運転が実現することとなるのか。
それとも設備上2編成に分けての回送が無理なので、2両ごとに分けて加太駅で併結するのか、あるいは連結させずに前後に並べるのか。
こちらも注目、といったところでしょうか。
参考:南海電鉄「めでたいでんしゃ『さち』『かい』」両編成を初めて連結した臨時列車を撮影する(2019.1.26) : 阪和線の沿線から
(2019.3.21追記:本段落の記載内容を修正しました。)


もう一つは「特急サザン割引キャンペーン」ですが、これは南海各駅で配布されているリーフレットに付属している割引券と引き換えに、特急サザンの座席指定料金が割引となるものです。

対象列車も、下りの昼過ぎまで、上りの午後の列車というように、大阪市内等から加太線への訪問に適した列車が対象となっています。
このキャンペーンを利用して、「めでたいでんしゃ」(こども)乗車に併せて、「サザン」指定席でお得で快適に訪問してみるのもいいかも知れませんね。


以上のように、何かと盛り沢山な「めでたいでんしゃ」(こども)の運行開始セレモニーですが、私も当日予定が合えば是非とも訪問したいと思います。

それにしても、「めでたいでんしゃ」(こども)と表記していますが、こちらもそのうち名前が付くのでありましょうか…



●関連ニュースサイト:
南海 赤色のめでたいでんしゃ お祝いセレモニー(2019年3月31日) - 鉄道コム
3月31日 南海,新たな「めでたいでんしゃ」の運行開始お祝いセレモニーを開催|鉄道イベント|2019年3月16日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
南海、「めでたいでんしゃ」(こども)の運行開始お祝いセレモニーを開催 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム