東武鉄道と東京メトロでは、東武線と日比谷線との相互直通列車において、有料着席サービスを導入することを発表しました。

東武線・東京メトロ日比谷線相互直通列車に有料着席サービスを新たに導入します!|東武鉄道
2019年ニュースリリース|東京メトロ

概要は以下の通りです。

●運行開始時期:
2020年度(予定)

●導入車両:
東武鉄道「70000系」(東京メトロ日比谷線直通用車両)をベースとしたロング・クロスシート転換車両「70090型」を新造
tobu_70090_20190326
▲新造車両「70090型」外観イメージ
(上記発表資料(http://www.tobu.co.jp/file/pdf/b45e7ea444db6f7c2a3fa9bbed58dfb1/190326.pdf?date=20190326142742)より引用)

●その他:
詳細な運行区間、運行時刻、停車駅、料金などは決まり次第別途お知らせ


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



近年関東地区では、ロング・クロスシート転換車両を用いた有料着席サービス導入の事例が相次いでいます。

昨年は、2月に「京王ライナー」(京王)、3月に「拝島ライナー」(西武)、12月の「Q SEAT」(東急)といったように、各社で導入が相次ぎましたが、これらの列車のはしりとなる「TJライナー」を運行している東武鉄道が、今回は、東京メトロの相互直通区間で有料着席サービス導入を発表しました。

ところで日比谷線と東武線の直通運転は、現在は普通列車のみとなっていますが、この有料着席サービスの列車は、果たしてどのような種別で運行されるのかが気になるところです。

停車駅等は、今後決まり次第発表があるとのことですが、日比谷線直通系統に、有料着席サービス列車による速達系等が加えて設けられたりするのかな、ということも思ったりした、ニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
「有料着席サービス」東京メトロ日比谷線・東武線直通列車に導入 2020年度から | 乗りものニュース
日比谷線直通列車に有料着席サービスを導入、東武・東京メトロ - 鉄道コム



●関連ブログ:
東武線・東京メトロ、日比谷線相互直通列車に有料着席サービスを新たに導入 - kqtrain.net(京浜急行)
日比谷線相互直通列車に有料着席サービス: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム