DSC_0922
京浜急行電鉄では、同社の「800形」車両について、2019年6月中旬をもって引退させることを発表しました。

4月6日(土)に「さよなら800形記念乗車券」を発売 | 2018年度 | ニュースリリース | 企業情報 | 【KEIKYU WEB】京急電鉄オフィシャルサイト

概要は以下の通りです。

●概要:
・800形は、1978(昭和53)年に、3両固定編成、4扉車でデビューし、1986(昭和61)年までに132両を製造。
・800形は、京急電鉄初の右手ワンハンドルマスコンやFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を多用した室内など、以後の鉄道車両に多大な影響を与え、また、界磁チョッパ制御、電力回生ブレーキなど省エネルギー車両の先駆けとなり、1979(昭和54)年に鉄道友の会が制定する「ローレル賞」を京急として初めて受賞した。
・2016(平成28)年11月には1編成を、デビュー当時の側面窓周りを広幅に白く塗り分けた塗装にリバイバルし、運行中。
・「800形」は、近年の最新車両にない1灯式前照灯や片開き扉などの特徴があり、人気を博しているところ。

●さよなら800形記念乗車券:
・発売期間:
2019年4月6日(土)6:00〜2019年8月31日(土)
(なくなり次第、発売終了)

・発売箇所:
京急蒲田駅

・発売金額:
2,000円(税込)

・発売数:
5,000セット
(一人2セットまで)

keikyu_800_farewellticket
▲記念乗車券台紙イメージ
(上記発表資料(https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20190329HP_18256EW.html)より引用)

●特別貸切列車「ありがとう800形」:
・運行日:
2019年6月16日(日)

・運行区間:
品川駅→久里浜工場

・使用車両:
800形(車体番号:8231〜)6両編成
(リバイバル塗装車)

・参加条件:
「さよなら800形記念乗車券」購入特典当選者(50組100名)




コアなファンが特に多いことでも有名な京浜急行(京急)の中でも、1灯式のヘッドライトや、片開きの扉といった、近年の車両にはもはや無い特徴を有している800形は、現在でも非常に高い人気を誇っています。
その800形とて、老朽化による1000形等への置き換えが進んできており、遂にこの6月で引退することが正式に発表されました。

この引退を記念して、記念乗車券やありがとうツアーが実施されますが、抽選となるツアーは言うに及ばず、記念乗車券についても、相当な人気となるのかな、と思ったりしているところです。



私にとって、京急に関しては日頃の生活とは無縁であり、時折羽田空港からの交通手段として利用している程度で、そこまで馴染みのある鉄道事業者ではありませんが、この800形に関しては、今月たまたま神奈川新町に停車している800形を見かけたので、エアポート急行からわざわざ乗り換えて、神奈川新町から横浜まで、わずかな区間ではありますが、その乗車を堪能してきました。

DSC_0920
▲神奈川新町駅に停車中の800形(2019.3.11)

DSC_0922
▲横浜駅に到着した800形(2019.3.11)

この時は、800形がかなり少なくなっているという、基礎的な情報は持ち合わせていたので、神奈川新町で待避していた800形をみて、これは乗車しておいた方がよいのかな、というある種の勘が働き、乗り換えた次第です。

結局、この乗車から一ヶ月も経たないうちに引退発表が行われた訳ですから、この時の好判断が奏功した、といえるでしょうか。


私自身、記念乗車券等が買えるわけでも無く、引退直前に乗車したことから今回少し詳しくご紹介しましたが、ファンの皆様にはおかれましては、周囲に配慮の上、最後の乗車を楽しまれることを願って、今回のニュースのご紹介とさせて頂きます。



●関連ニュースサイト:
京急の「だるま」800形電車、6月中旬引退 記念乗車券を発売、特別貸切列車も運転 | 乗りものニュース
京急 さよなら800形記念乗車券 発売(2019年4月6日〜) - 鉄道コム
京急 ありがとう800形 特別貸切列車 運転(2019年6月16日) - 鉄道コム



●関連ブログ:
京急、「さよなら800形記念乗車券」発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム