このブログでは、様々な書籍・雑誌をご紹介しています。
その中には、商業ベースとして発行・流通している書誌もあれば、個人や、その個人が集まったサークル等で発行した、いわゆる「同人誌」という形態の書誌もご紹介しています。

今回ご紹介するのは、どちらかと言えば「同人誌」の範疇となる書誌で、しかも今回当ブログで初めてのご紹介になると思われる、「バスの同人誌」であります。

DSC_1492


本誌は、既に過去のものとなったバス車体メーカー「西日本車体工業」(西工)が製造していた夜行高速用車両のシリーズ名を冠しているものであります。
内容は、その題名の通り、歴代の西工夜行高速車と、その車両の主たるユーザーであった西日本鉄道・阪急バスを中心とした路線展開の歴史、そして西鉄・阪急に加え、その他西工製夜行高速車を使用していた事業者の車両の一覧がアルバムとして掲載されたものであります。

「路線の歴史」としては、西工製夜行高速車のはしりとなった「ムーンライト号」(大阪〜福岡)の路線開設から3列シート車の誕生、そして平成初期の相次ぐ路線開設から日本最長距離夜行高速バス「はかた号」の運行開始、そしてその後の不採算路線の整理といったこのおよそ35年の動きがまとめられています。

また、その「路線の歴史」と呼応して、「夜行高速車の歴史」として、初代「ムーンライト号」に使用された車両をはしりとし、初の3列シート車、様々な改善がなされた「ムーンライト型」とも呼ばれた初代SD-況拭1992年に曲線を多用したスタイルにフルモデルチェンジした「ネオロイヤル」SD型、そして西工の解散によるSDシリーズの終焉、といった、車両開発の流れも丹念に説明されています。

そして、後半は「車両一覧&車両アルバム」として、過去に西工製夜行高速車を導入した事業者およびそれらの車両の一覧、そしてそれらの車両のカラー写真によるアルバムと、かつて西日本地区の夜行バスでは至る所で見られた西工製夜行高速車の姿を、手元で懐かしみながら見返すことができるものとなっています。

以上が本書の概要であり、まさに西工製夜行高速車にこだわって書かれた一冊であります。


私自身、本書で紹介されている「西工製夜行高速車」に乗ったことがないはずだけどなあ…と車両アルバムをめくっていたら、さにあらず、サンデン交通(山口県)の「ふくふく東京号」に1999年の夏に乗車しており、この時に西工製夜行高速車に確かに乗車していました。
当時の写真も手元にはありませんが、サンデン交通の車両であったことは確かで、「ふくふく号」トレードマークのふぐの絵が描かれた、ダブルデッカーではない車両でありましたので、間違いなくこの西工製夜行高速車であることは確かでした。

考えてみれば、これが唯一の西工製夜行高速車への乗車であり、西工自体が既に消滅したメーカーであるが故に、今後新たな車両が出てこないことも考えると、今後新たに乗車することは恐らく叶わないのではないかと思われます。
そう考えながら本書を読んでいると、これまで西工製夜行高速車を意識して選ばなかった私自身の行動が勿体ないな、もっと乗っておけばよかったな、と感じざるを得ない、といえるほどにこの車両に興味を抱くことができた一冊でありました。
西工製夜行高速車の考え抜かれた設計や、それを使用した事業者の考えなど、特に現在の夜行高速バスの運行スタイルが確立されていく、昭和末期から平成初期にかけての動きを知る上では、貴重な書籍であるといえるでしょう。

また、データベースとして、過去に在籍した西工製夜行高速車の一覧等の情報も貴重なものこの上なく、著者が目指した「西工製夜行高速車の魅力を伝える」目的は、私自身にとってみれば、十二分に感じることができました。


車両アルバムを眺めていると、地元の南海バス(南海電気鉄道)もこの西工製夜行高速車を導入していることが書かれていました。
所属は光明池営業所だったらしいとのことですが、導入されたのはわずかであったとのことで、正直もう少し導入されていたのではと思っていたので、意外ではありました。


「高速バスアドバイザー」として、日頃様々な高速バス路線に乗車されており、その関係の執筆も多い著者の、西工製夜行高速車への思いが詰まったこの一冊。

初版発行後半年以上も経ってから手にすることができましたが、それだけ待った価値があった一冊であり、こういった本に巡り会うことができるのも、やはり同人誌を手にする楽しみ、と感じた次第であります。

現在は、紙媒体での頒布は行っていない模様ですが、評判次第では重版も考えられるとのことです。
より詳しい本書の内容のご紹介として、著者のWebサイト等をご紹介しておきますが、ともあれ、夜行高速バスというスタイルを確立したその立役者ともいうべき西工SD車の魅力が十分伝わった本書と出会えたことに、深く感謝して、本エントリーの終わりとさせていただきます。

参考:ひろしプロジェクト 刊行物・寄稿情報 | 夜行バス・高速バス・鉄道乗車記サイト「ひろしプロジェクトWEB」




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム