つくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道会社では、混雑緩和をかるため2020年春実施予定で朝ラッシュ1時間の最混雑区間の運行本数を現在の22本から25本に増強する事業を実施しています。

しかし、同線の沿線人口は2030年代まで増加し続け、更なる利用者の増加が見込まれることから、抜本的な混雑緩和対策として「8両編成化事業」を今年度より実施することを発表しました。

8両編成化事業の実施を決定! 朝ラッシュ時間帯における抜本的な混雑緩和を図ります | 2019年 | ニュースリリース | 企業情報 | つくばエクスプレス

概要は以下の通りです。

●事業の概要:
・8両編成車両の運行に必要な設備関係工事(秋葉原駅からつくば駅の全線、総合基地等)
・8両編成化に必要な車両の調達

●供用開始予定時期:
2030年代前半にサービス開始予定

●事業期間:
終電から始発までの作業可能な2〜3時間で、日々の安全・安定輸送を維持する保守・修繕等と並行して行う工事となる。
また、つくばエクスプレス線は、地下と高架の完全立体構造であるため、限定された箇所からの資材搬入となり、資材運搬だけでも時間を要することから、10年を超える事業期間を予定。

●概算事業費:
・設備関係工事費:360億円程度(税抜、見込み)
(各駅のホーム延伸、車両留置線の延伸、変電所の増強、総合基地内設備の新増設、機械設備の新増設、信号通信設備の新増設など)
・車両調達費:未定(必要数量を今後決定)

●事業効果:
1編成当たりの輸送力は6両編成時に比べ30%程度増加。
朝ラッシュ時間帯に適切な8両編成車両数を投入することにより、今後の旅客需要動向を考慮しても同時間帯の混雑率は150%を下回る程度まで低減することが可能。



概要は、上記発表資料をご覧下さい。


つくばエクスプレス沿線の地域では、都心へのアクセス性の高さと住環境の良さが相まって、現在でも人口の流入が続いており、特に千葉県流山市や茨城県守谷市といった自治体では、その傾向が顕著となっています。
その傾向は、今後もしばらくは続くようでして、下記で引用した国立社会保障・人口問題研究所による将来推計人口では、つくばエクスプレス沿線の主な自治体では、以下の通り2030年代に人口増加のピークを迎える推計が行われています。

・千葉県流山市:
2015年:174,373人→2030年:196,252人→2035年:198,959人→2045年:200,062人(2045年まで増加)

・茨城県守谷市:
2015年:64,753人→(ピーク)2030年:67,196人→2035年:66,664人

・茨城県つくばみらい市:
2015年:49,136人→2030年:52,868人→(ピーク)2035年:53,180人

・茨城県つくば市:
2015年:226,963人→2030年:246,458人→(ピーク)2035年:247,460人

出典:男女5歳階級別データ- 日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)|国立社会保障・人口問題研究所


国内の人口が現在において既に減少局面に入っており、多くの自治体で人口の減少となるなか、つくばエクスプレス沿線だけはこの先10年以上は人口の増加が見込まれているため、混雑率も引き続き上昇することが予想され、抜本的な混雑対策として、今般6両編成から8両編成への増結事業が実施されることとなりました。


つくばエクスプレスの8両編成化事業の完成は、2030年代前半の完成を予定していますが、ここまで時間がかかるものか、と疑問を呈する向きもあろうかと思われますが、つくばエクスプレス線は高架と地下の完全立体構造であることから、工事の資材搬入そのものに、他の路線と比べると時間がかかることから、2両増結のためとはいえ、10年単位の時間がかかることとなっています。

それならば、駅等の構造物を当初から8両編成で工事をしておけば、後からこのような時間をかかる工事をすることなく、将来的な人口増加にも対応できたのではないか、という意見もあろうかと思います。
ただ、そんなことを計画当時に予測したとしても、世間からは「過大な需要予測」と言われたのだろうな、と考えると、需要予測の難しさ、というより需要予測を元にして計画を実現させることの難しさをふと思ったりしました。


ともあれ、8両編成が実現するのはこれから10年以上先の話であります。
その頃、つくばエクスプレスの沿線がどれだけ開発されるのか、楽しみにしたいと思ったニュースでした。




●関連ブログ:
つくばエクスプレス、列車編成の8両化事業実施を決定 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム