現在、東海道新幹線・山陽新幹線(東京〜博多間)で実施されているインターネット予約・チケットレスサービスの「EXサービス」(「エクスプレス予約」及び「スマートEX」)ですが、この度九州新幹線でも「EXサービス」が導入について三社で合意したことが発表されました。

EXサービスの九州新幹線へのサービスエリア延伸について ― 東京から鹿児島中央まで新幹線はチケットレスに ―|JR九州
EXサービスの九州新幹線へのサービスエリア延伸について:JR西日本
EXサービスの九州新幹線へのサービスエリア延伸について|JR東海

概要は以下の通りです。

●サービス開始時期:
2022年春(予定)

●サービスエリア:
東海道・山陽・九州新幹線の全停車駅相互間
jrkyushu_exservice
▲EX予約サービスエリア延伸イメージ
(上記発表資料(https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2019/10/25/191025Newsreleaseexic.pdf)より引用)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


現在東海道・山陽新幹線で実施されている「EXサービス」。
山陽新幹線と直通運転している九州新幹線では、現在のところ導入されておらず、現在インターネットで予約する場合は、JR九州の「JR九州ネット予約」またはJR西日本の「e5489」を利用する必要がありますが、これらの予約では、乗車の際に駅で紙のきっぷに引き換えて利用することが必要となるため、手持ちの交通系ICカードなどを使用してチケットレスで利用することは、現在のところできません。

特に繰り返し利用するユーザーにとっては、チケットレスでの利用可能な「EX予約サービス」の九州新幹線への延伸を心待ちにしていた方も多いのではないかと思われますが、今般、JR九州・西日本・東海の三社では、2022年春からの「EXサービス」提供について合意に至ることとなりました。

約2年半後と少し先の話になりますが、九州新幹線の自動改札機をICカード対応とする等、様々な準備が必要になるため、これくらいの期間が必要だと思われますが、今後EX予約での商品等の発表もあると思われますので、サービス開始まで気長に待ちたいところであります。




●関連ニュースサイト:
九州新幹線にもEXサービスを導入、JR東海・西・九州 - 鉄道コム
九州新幹線もチケットレスに 東京〜鹿児島中央間が「EXサービス」に対応 | 乗りものニュース
JR東海・JR西日本・JR九州 2022年春からEXサービスを九州新幹線エリアまで拡大へ|鉄道ニュース|2019年10月26日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム