続いて、JR東日本から発表された2020年3月ダイヤ改正内容のご紹介です。

2020年3月ダイヤ改正について|JR東日本

主なダイヤ改正内容は以下の通りです。

●首都圏発着特急列車:
・特急「サフィール踊り子」新設
・特急「富士回遊」増発
●高輪ゲートウェイ駅開業
●中央線(快速)及び中央・総武線(各駅停車)の早朝・深夜時間帯の輸送体系変更
●磐越西線に快速「あいず」の愛称で指定席車両を導入
●常磐線の「Jヴィレッジ駅」を常設化、「佐貫駅」の駅名を「龍ケ崎市駅」に変更


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。

今回の発表内容のうち、いくつかは既に当ブログでもご紹介しているのですが、追加・詳細の発表が本日正式に行われました。

まず「サフィール踊り子」については、既に下記エントリーの通り車両概要等は発表されていました。


今回、「サフィール踊り子」の運転本数などの発表があり、定期1往復(東京11:00発、伊豆急下田14:12発)、臨時1往復(東京(平日)12:30(土休日)12:25発、伊豆急下田16:30発)というダイヤが発表されましたが、合わせて「スーパービュー踊り子」の取りやめも発表されています。
また、下記記事で既にご紹介したように、E257系の一部導入も同時に発表されています。


「サフィール踊り子」の導入に伴い、「スーパービュー踊り子」の去就が気になるところではありましたが、大方の予想通り、今回のダイヤ改正により廃止が正式に発表されました。
DSC_0062
▲新宿駅に停車中の「スーパービュー踊り子3号」(2019.8.27)



個人的には今年の8月に「スーパービュー踊り子」のグリーン車に新宿〜伊豆急下田と乗り通したのですが、今回の改正発表により、251系の先頭車から景色を眺めることができるのも、この3月までとなりました。


また、磐越西線の指定席車両導入についても、既に下記記事でご紹介していましたが、今回列車名が「あいづ」と発表されました。

上記記事では、列車名が付与されるとなれば、どのような名称になるのか、といった点が気になることとして書いていましたが、予想通りといいましょうか、かつて特急列車にも使用されていた「あいづ」が付けられることとなりました。
かつて特急列車の愛称として使用された「あいづ」ですが、その後特急「ビバあいづ」や快速「あいづライナー」といった変遷を経てきましたが、今回E721系の快速として、久しぶりに「あいづ」単独の名称が復活することとなりました。

ところで、今回の改正では、中央線(快速)と中央・総武線(各駅停車)の早朝・夜間の輸送体系変更が発表されています。
これら両線では現在、早朝・夜間の時間帯においては、中央・総武線(各駅停車)が御茶ノ水駅で千葉方面へ折り返し運転を行い、御茶ノ水以西の各駅には、東京発着の中央線(快速)の列車が停車していくという、他の時間帯と異なる運行体系となっています。
これを、改正後はその他の時間帯と同様、中央・総武線(各停)は千葉〜三鷹で直通運転を、中央線(快速)は全て快速列車として運行することとなります。
jreast_chuo_sobuline_20200314
▲中央線(快速)と中央・総武線(各駅停車)早朝・夜間帯の輸送体系変更概要
(上記発表資料(https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191213_ho01.pdf)より引用)

かつて、東京都内に在住していた時、オレンジ色の201系が「各駅停車」の種別を表示させて各駅に停車していく姿をレアに感じていましたが、今回の改正により、E233系にも引き継がれてきたその姿も見納め、となります。

さて、見納めという意味では、下記仙台支社発表資料にあるように、東北本線(黒磯〜新白河)の列車が全てE531系に置き換えられることから、キハ110系によるこの区間での運転も見納めとなります。
2020年3月ダイヤ改正について|JR東日本仙台支社
実はこの区間ですが、偶然にも下記の乗車記録でキハ110系による普通列車に乗車したことがありました。


DSC_9517
DSC_9516

▲黒磯駅で発車を待つキハ110系新白河行き(2018.7.1)

まさかこの時には、キハ110系が置き換えられるとは思うべくもなく、ただ全線電化の東北本線を走る珍しい気動車列車、ということで写真に収めていたわけですが、これがあるいみ貴重な記録になるとは、やはり旅先でもこまめな記録が大事、と思えた発表でした。


メディア的には「高輪ゲートウェイ」駅の開業が注目されている、JR東日本のダイヤ改正でありますが、それよりもむしろ個人的には注目する点がいくつかあったので、今回はそんな観点から取り上げてみました。



●関連ニュースサイト:
特急「サフィール踊り子」デビュー 「スーパービュー踊り子」は廃止 3月ダイヤ改正 | 乗りものニュース
東京発着の中央線「各駅停車」運転取り止め 早朝・深夜帯の輸送体系を変更 JR東日本 | 乗りものニュース
新型特急「サフィール踊り子」は1日最大4本運転、踊り子用車両の置き換えも開始 - 鉄道コム
東京駅発着の中央線各駅停車が廃止、2020年春のダイヤ改正 - 鉄道コム
JR東日本,3月14日にダイヤ改正を実施|鉄道ニュース|2019年12月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp
“サフィール踊り子”,3月14日から運転開始|鉄道ニュース|2019年12月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp
JR東日本,3月14日から中央・総武緩行線で早朝深夜の輸送体系を変更|鉄道ニュース|2019年12月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp
JR東日本,3月14日から磐越西線で“あいづ”を運転|鉄道ニュース|2019年12月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
2020年3月ダイヤ改正発表(2)(JR東日本): たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム