2020年3月14日(土)に実施されるJRグループダイヤ改正の内容を順次ご紹介しています。
続いて、JR四国のダイヤ改正発表内容をご紹介です。

2020年3月ダイヤ改正について|JR四国

概要は以下の通りです。

●本四備讃線・予讃線:
・特急「南風」全列車が宇多津駅に停車
・北伊予〜伊予横田間に「南伊予駅」開業

●その他:
「高松駅のデータイム発車時刻統一」「特急あしずり15号の多ノ郷駅停車」等の改善を実施


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。

今回の改正で開業する「南伊予駅」ですが、松山駅付近の連続立体交差事業にともない、現在松山駅に設置されている貨物駅及び車両基地を移転するのに伴い開業するものとなっています。
停車するのは普通列車のみとなっています。

また、今回の改正で特急「南風」全列車が宇多津駅に停車することになりますが、今回新規に停車する「南風」は、主に昼間時間帯の列車となっており、上記発表資料でも記されているとおり、2020年3月に開業予定の「四国水族館」来場者による利用者増を見込んでの新規停車設定、といえるでしょう。

思えばこの宇多津駅、瀬戸大橋線開業前は特急・急行はおろか、快速列車も一部は通過する小さな駅だったようですが、瀬戸大橋線開業後、駅周辺の再開発と相まって停車する特急列車も増えていったように記憶しています。
既に昼間時間帯の「しおかぜ」「いしづち」は宇多津駅で分割・併合を行っていることもあり、ほとんどの特急列車が停車しており、現行ダイヤで宇多津駅を通過する特急列車は、上述の昼間時間帯の「南風」の他、早朝・深夜時間帯の「いしづち」「しまんと」のみとなっていました。

今回の改正で、昼間の「南風」が全列車宇多津駅に停車するようになることから、早朝・深夜を除きほぼ全ての特急列車が宇多津駅に停車することになりますが、この32年で宇多津駅がここまで成長したとは、と感慨深く感じたニュースでありました。

画像は、多度津駅に停車中の2000系「南風」です。
今回の発表では新型車両2700系の投入については発表がありませんでしたが、次回の改正以降で、更に置き換えが進むのか、引き続き注目したいところであります。
DSC09015-2_R
▲特急「南風」2000系
(2019.8.5、多度津駅)



●関連ニュースサイト:
JR四国,3月14日にダイヤ改正を実施|鉄道ニュース|2019年12月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp



●関連ブログ:
2020年3月ダイヤ改正発表(5)(JR四国、JR九州、JR貨物): たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム