南海電鉄と和歌山市では、ロックバンド「L'Arc-en-Ciel」のヴォーカルとして、またソロとしても活躍し、今年1月から「和歌山市ふるさと観光大使」に就任したHYDE(ハイド)さんとコラボレーションした特急「HYDEサザン」を運行することを発表しました。


和歌山市ふるさと観光大使とのコラボレーション!「HYDE サザン」12月23日(月) 運行開始|南海電鉄


概要は以下の通りです。

●名称:
特急「HYDEサザン」

●運行期間:
2019年12月23日(月)〜2020年10月頃

●運行区間:
難波〜和歌山市・和歌山港

●対象車両:
特急サザン 座席指定車両(10000系)4両

●デザイン:
今年HYDEさんの誕生日に故郷・和歌山市で開催された「HYDE ACOUSTICCONCERT 2019 逎潺 BIRTHDAY -WAKAYAMA-」と、和歌山市の観光名所である友ヶ島をイメージした意匠で車両を覆い、ライブ当時のHYDEさんや和歌山市の名所などを配置。

●車両デザイン
・4号車デザイン
nankai_hyde_southern_01
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/191216.pdf)より引用)

・3号車でのデザイン例
nankai_hyde_southern_02
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/191216.pdf)より引用)

・デザイン全般
nankai_hyde_southern_03
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/191216.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい


特急「サザン」の指定席車両として運用されている10000系ですが、過去にも下記記事のようなラッピングを施されたことはありました。





上記のラッピング等特別塗装が終了して約4年が過ぎ、しばらく時間が空いていたかなと、思いきや、今回は和歌山市ふるさと観光大使のHYDEさんのラッピングということで、黒基調の非常に渋いラッピングの10000系が走り出すこととなりました。

私自身はこの「HYDE」さんについては、和歌山市出身であり、「L'Arc-en-Ciel」(ラルクアンシエル)というグループのボーカル、ということ位しか事前情報は持ち合わせていないわけですが、下記の記事のようにJR和歌山駅の駅入口に大きな広告が掲出されたことはありました。



元々和歌山市にゆかりのある方で、今年1月には上記のように和歌山でライブも開催されたのですが、まさか特急「サザン」のラッピングに施されるとは、これまた予想だにしなかった展開で、ファンの方々にとっては是非とも見ておきたい、そんな編成になるのではないのでしょうか。

上述で触れた「懐かしの特急サザン」以来、久々となる10000系の特別ラッピングとなりますので、沿線のどこかで記録しておきたい、と思ったニュースでありました。



●関連ニュースサイト:
南海 HYDEサザン 運転(2019年12月23日〜) - 鉄道コム



●関連ブログ:
南海、「HYDE サザン」2019年12月23日(月) 運行開始 - kqtrain.net(京浜急行)
wap ONLINE:南海にHYDEサザン登場!



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム