JR東海では、211系、213系、311系が更新時期を迎えることから、最新技術を導入した新形式の在来線通勤型電車「315系」を導入することを発表しました。

在来線通勤型電車の新製について|JR東海

概要は以下の通りです。

●315系の特徴:
・安全性・安定性の更なる向上
非常走行用蓄電装置の搭載、車両防犯カメラの設置、主要機器の2重系化、等

・快適性・利便性の向上
HC85系と同じ台車構造を採用、車内フルカラー液晶ディスプレイの搭載、等

・環境負荷の低減
消費電力量を211系比約35%低減、等

●投入計画:
2021年度から2025年度にかけて352両を新製し、名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入。

●エクステリアイメージ:
jrc_315_design
▲JR東海315系エクステリアイメージ
(上記発表資料(https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040199.pdf)より引用)


その他詳細は、上記発表資料をご覧下さい。


今年の元日に、共同通信社などのJR東海社長へのインタビュー記事として、315系導入が報じられたことは、記憶に新しいところです。


この時報じられた315系について、その詳細がいつ正式発表されるかがポイントでありましたが、かなり早いタイミングで正式発表されました。

今回発表された315系ですが、既報のとおり211系・213系・311系を置き換えるものとして導入されるわけですが、これまたファンの注目を浴びたのは、その外観イメージでしょうか。

上記JR東海の発表資料から分かるとおり、前面は東急8090系(一部車両は秩父鉄道、富山地方鉄道へ譲渡の上営業運転中)を、また側面はJR西日本323系に似たスタイル、といえるでしょう。
しかも前面上方の「横長に連続した前面表示窓」は、前照灯と種別・行先表示が一体化され、いったいどのようなスタイルとなるのか、これまた見ものでありますが、ともかく、313系のスタイルを予想していたむきとしては、そのあまりにもの違いに驚くほかない、というのが初見の感想であります。


この315系ですが、2021年度から2025年度にかけて計352両を導入する計画ですが、置き換え対象となる211系・213系・311系の2019年4月1日現在の在籍状況は以下のとおりであります。
●211系:
静岡車両区:111両
神領車両区:139両
計:250両

●213系:
大垣車両区:28両

●311系:
大垣車両区:60両

合計:338両
(現在の状況とは若干の差異があり得ます。)
出典:JR電車編成表 2019夏(交通新聞社)


以上のように、これら3系式を置き換えた上で、更に純増となるわけですが、この純増分は増発や予備車への充当が考えられます。

ともあれ、元日に報道され、その後早々に公式に発表された315系。
今後6年程度で増備される計画ですが、そのあかつきには、JR東海保有の一般型電車が313系と315系に統一されることとなるので、それまでの間に、手元に記録のない213系や311系を撮影しておきたいところであります。



●関連ニュースサイト:
JR東海が新型通勤車両を2021年度導入、22年ぶりの通勤型 - 鉄道コム
JR東海 国鉄時代の車両全廃へ 新型「315系電車」を在来線に導入 211系など置き換え | 乗りものニュース
JR東海,315系を新製へ|鉄道ニュース|2020年1月22日掲載|鉄道ファン・railf.jp
JR東海、在来線新型「315系」。名古屋・静岡都市圏などに投入 2021年度〜2025年度に352両を新製 - トラベル Watch



●関連ブログ:
【JR東海】315系のデザインや詳細を発表!2021年度から352両を新製、静岡や名古屋等へ | 鉄道プレス
JR東海、在来線通勤型電車「315系」新製 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム