近畿日本鉄道(近鉄)では、令和2年2月22日(土)と「2」が4つ並ぶ日を記念して、主要駅で「2並びの日 入場券」を発売することを発表しました。

「2並びの日 入場券」を発売します! 〜22000系をデザインした特製台紙にセット〜|近畿日本鉄道

概要は以下の通りです。

●発売日:
令和2年2月22日(土)
(売り切れ次第発売終了)

●発売箇所:
大阪難波、大阪上本町、鶴橋、布施、近鉄八尾、大和高田、大和八木、榛原、名張、東花園、生駒、大和西大寺、近鉄奈良、京都、大久保、新田辺、天理、大阪阿部野橋、藤井寺、古市、高田市、橿原神宮前、下市口、王寺、近鉄名古屋、近鉄蟹江、桑名、近鉄四日市、白子、津、伊勢中川、宇治山田、鳥羽の各駅の窓口

●発売枚数:
上記全駅合計で6,000枚

●台紙デザイン:
kintetsu_2.2.22_ticket
▲「2並びの日 入場券」台紙デザイン
(上記発表資料(https://www.kintetsu.co.jp/all_info/news_info/200222_ticket.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。

元号が令和に変わったこともあり、和暦の日付でみると、令和元年から同じ数字が並ぶ日付が巡ってくるようになっていますが、大方の事業者では、既に通常発売されるきっぷでは西暦表記に切り換えているところもあって、和暦でゾロ目の日付のきっぷは、記念きっぷとして企画しているのが主流のようです。

今回ご紹介する近鉄でも、「2」のゾロ目となる今月22日に、台紙つきの入場券を発売することが発表されています。
もとより近鉄では、一部の駅で硬券の入場券を発売しているのですが、今回の「2」並び入場券では、これら発売されている硬券の日付を、和暦の日付となる「-2.2.22」と押印することとしています。

加えて、台紙として22000系をデザインした特製台紙がセットされるとのことで、これまたデザイン的に交換の持てるスタイリッシュなものと感じました。

発売される駅は決して少なくないのですが、ひとまずどこかの近鉄沿線に出向く必要があるだけに、当日2月22日にどこかの駅に買いに行くのか否か、ちょっと検討してみたいと思います。



●関連ニュースサイト:
近鉄 2並びの日入場券 発売(2020年2月22日) - 鉄道コム



●関連ブログ:
近鉄、22000系をデザインした特製台紙付「2並びの日入場券」発売 - kqtrain.net(京浜急行)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム