今年はじめからの新型コロナウイルス感染症の拡大により、日々の生活に様々な影響が生じてきました。

感染予防の観点から発出されていた「緊急事態宣言」については、既に多くの府県で解除されたものの、首都圏と北海道ではまだ予断を許さない状況であり、普段の生活に戻りつつ、一方で引き続き全国民が感染拡大防止に気をつけていかないといけないことは確かであります。

交通関係でも今回の新型コロナウイルスの影響を多大に受けており、鉄道関係では新幹線・特急列車を中心とした運休が発生しているのは、このブログでもご紹介しているところです。


一方バス業界はどうかというと、いわゆる「三密」(密集・密閉・密接)が生じやすい環境であり、特に長時間の密閉状況が生じる夜行高速バスについては、そのほとんどが運休している状況であります。

方や、路線バスに関しては、通勤等の、新型コロナウイルスの影響に関係なく日々の生活を支える人々の移動を担うこともあり、一部減便が実施されつつも、毎日運行されているケースが多いようです。

そんな路線バスでも、新型コロナウイルス感染予防の対策が実施されており、私が毎日利用している和歌山バスでも、このように運転席に近い座席の使用が中止されています。
DSC_1673
DSC_1672
▲和歌山バスで実施されている新型コロナウイルス感染症対策。
運転席直後・隣接の座席を使用中止としています。

併せて、運転席には透明のビニールカーテンが設置され、いずれも運転士への感染防止の措置が取られていることがわかります。


これらの措置については、日本バス協会が示している「バスにおける新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」に基づいたものとなっています。
バスにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン|日本バス協会

該当する箇所を引用してみます。

・運転に支障がない場合は、運転席及び運転席と後部座席の空いだに防護スクリーンを設置すること等により、乗客と乗務員の飛沫感染を防止するよう努める。(P5)

・利用状況を踏まえ、バス車内の一部の座席を禁止することや続行便を運行すること等により、乗客と乗務員や乗客同士の間隔を空け、乗客と乗務員が安心できる車内環境を確保するよう努める。(P6)



以上のガイドラインに則り、ビニールカーテンや座席の使用中止の措置が行われています。
座れる座席が減ったり、運転士との会話に若干の支障が出る場合もありますが、感染予防の観点から、利用者も十分理解し、お互いに感染リスクの下げて安全なバス運行に協力していきたいな、と感じた次第です。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム