和歌山県では、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ県内の観光需要を支援するため、「蘇りの地、わかやま」キャンペーンの第1弾として、和歌山県民向けに「わかやまリフレッシュプラン」の販売を開始しました。

「わかやまリフレッシュプラン」販売開始! | 和歌山県
わかやまリフレッシュプラン販売!!

概要は以下の通りです。

●対象者:
和歌山県内在住者

●実施期間:
2020年7月8日(水)〜9月30日(水)
(2020年7月10日(金)〜9月30日(水)出発分が対象)

●電子チケット:
1枚額面5,000円を2,500円で販売

●利用可能プラン:
県内の旅行代理店や宿泊施設の内、「わかやまリフレッシュプラン」に登録された参加事業者が販売する一人あたり5,000円以上の募集型企画旅行、受注型企画旅行、手配旅行および宿泊プラン

●割引額等:
一人1泊当たり最大10,000円(総旅行代金の1/2以内)を割引
・泊数、利用回数は制限無し
・一人あたり5,000円以上のプランで利用可能

●利用の流れ:
1:「わかやまリフレッシュプラン」Webサイト(https://wakayama-refresh.com)から利用可能な宿泊施設や旅行代理店を検索し、各施設へ直接予約。
(現地支払いのみが対象)

2:特設Webサイトの電子チケット購入システム「Pass Me!」から「わかやまリフレッシュプランチケット」を購入

3:宿泊施設等へチェックインの際、スマホやタブレット等で、スタンプ押印画面と住所確認ができる証明書(運転免許証、被保険者証、本人の名前・住所が表示された郵便物)を提示

4:施設スタッフから提示される施設アクセスコードを入力

5:チェックアウト時に電子チケットとの差額や追加代金があれば精算

wakayama_refresh_plan
▲わかやまリフレッシュプラン・ポスター
(上記発表資料(https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/062400/d00204722.html)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



一昨日の記事で、国の実施する「Go To トラベル」事業についてご紹介しました。


「Go To トラベル」は7月22日出発分から適用となりますが、これとは別に都道府県単位で、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んだ観光需要を回復させるための利用促進の取り組みが実施されています。

和歌山県でも、県内在住者対象に、一人1泊最大10,000円が割引となる「わかやまリフレッシュプラン」を実施しています。
「わかやまリフレッシュプラン」の利用方法は上述のとおり、基本的に宿泊料金等に充当できる電子チケットを半額で購入できるものとなっています。
ただ、電子チケットは額面5,000円単位での販売となっていますので、最大1/2が割り引かれますが、5,000円で割った端数は割引対象にならない等の注意が必要です。


注意、という意味でいえば、この「わかやまリフレッシュプラン」ですが、和歌山県内在住者が対象となっています。
私のように和歌山県内在勤であっても、在住地が県外であれば対象とはなりませんので、ご注意下さい。

HORIZON_0001_BURST20200713194616743_COVER
▲「わかやまリフレッシュプラン」販売ポスターが並んだJR和歌山駅みどりの窓口

和歌山県にはこれまでも多くの観光客が訪問し続けていましたが、今回の新型コロナウイルス感染症で大きなダメージを受けているは事実です。
外出自粛緩和もあり、徐々に旅行需要は戻っているとはいえ、観光業の回復という意味ではまだまだ足りない水準であると言えるでしょう。
国の「Go To トラベル」事業もありますが、それに加えて和歌山県民向けのこういった事業を活用することで、おトクに自らの県を楽しみなおすいい機会なのではないかと思います。

勿論、新型コロナウイルス感染症の対策として、マスク着用、手洗い励行、会話は控えめ、密にならない行程、といったことを守ることに気をつけながら、新しい生活様式に基づいた旅行を楽しむことができれば、と思ったニュースであります。




●関連ニュースサイト:
県内の旅行を半額で 和歌山県民限定のチケット販売開始(紀伊民報) - Yahoo!ニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム