先月23日より運行を開始したJR西日本の「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」。
3編成目の「パンダくろしお」、そして前面には「親子のパンダ」が描かれているという外観上の特徴もあり、運行開始初日に早速地元の駅で撮影してみました。


本日(8月1日)、和歌山駅近辺に用事があったのですが、その合間に和歌山13時50分発「くろしお20号」にこの「サステナブルSmileトレイン」編成が充当されていましたので、駅構内に入り、撮影してみることにしました。

DSC_1999_R
▲和歌山駅に入線する「くろしお20号」
「パンダくろしお『サステナブルSmileトレイン』」編成が充当されています。
前面に描かれた「パンダの親子」が特徴であります。

和歌山駅には約2分間停車するので、その間に側面等を可能な限り撮影してみます。

DSC_2001_R
▲先頭部側面

DSC_2002_R
▲6号車と5号車の連結部分

DSC_2004_R
▲1番線ホームから6号車側面を撮影


これまでの「パンダくろしお」編成とは異なるラッピオングデザインでありますが、これまたゆっくり各々を記録しておきたいものです。
また車内も、これまでの「パンダくろしお」とは異なる事から、実際に乗車したいところであります。


ともあれ、この「サステナブルSmileトレイン」も、仕事帰りなどにちまちま記録していくことができればいいなと思っています。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム