Osaka Metro(大阪メトロ)では、御堂筋線と四つ橋線のダイヤ改正を実施することを発表しました。

2020年10月31日(土曜日)初発から Osaka Metro 御堂筋線・四つ橋線のダイヤ改正を行います 〜可動式ホーム柵設置に伴う停車時間の変更と利便性向上〜|Osaka Metro

概要は以下の通りです。

●実施日:
2020年10月31日(土)初発から

●主な変更点:
【御堂筋線】
・ホームドア設置に伴う停車時間の延長(終端駅以外の各駅、平日及び土・日・休日)

・夜間時間帯の中津行き(4本)を江坂行(1本)及び新大阪行き(3本)に変更、新大阪駅での天王寺・中百舌鳥方面行きの列車も増便

・なかもず行き最終列車を北大阪急行線と相互直通運転
(江坂での乗り継ぎが解消)

・中津行きの列車を新大阪行きに変更(土・日・休日)
6時台〜9時台の11本及び16時台〜18時台の7本の中津行きの列車(なんば駅基準)を新大阪行きに変更

【四つ橋線】
御堂筋線の初発列車を早めたことに伴い、大国町駅で同一ホーム乗り換えが可能な四つ橋線列車と接続するために、初発時刻を繰り上げ


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回のダイヤ改正では、下記記事でご紹介した御堂筋線へのホームドア設置に伴う停車時間延長と、それと併せて輸送改善を実施する改正、といえます。
【参考】
【Osaka Metro】御堂筋線全駅へのホームドア設置を発表(2022年3月末予定)その他路線でも2025年度までに設置完了予定 : 阪和線の沿線から

ホームドアの設置に伴う停車時間延長は、上記記事でも触れていたとおりでありますが、それに合わせて今回実施される改善内容で目立つのは、「中津発着列車の新大阪延長」でしょうか。
DSC07706_R
▲新大阪駅に到着する新20系と折り返しを待つ10系(2016年撮影)

新大阪発着の列車は、御堂筋線の改正毎に増やされている印象があるのですが、今回は夜間時間帯と土・日・休日の朝と夕方に延長されることとなります。
これにより、夜間の新幹線から御堂筋線への乗り継ぎが便利になるほか、土休日に新大阪方面に向かおうとして「中津行き」に遭遇してしまう回数も減りそうです。


上記過去記事でもご紹介したように、大阪メトロでは今後全線でホームドアを設置することとしていることから、今後他線でも停車時間の延長とのダイヤ改正が実施されるものと考えられます。
その際、それに併せてどのような輸送改善や見直しが実施されるのか、という点でも今後引き続き着目していきたいな、と感じたニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
大阪メトロ・北急 御堂筋線など ダイヤ改正(2020年10月31日〜) - 鉄道コム
大阪市高速電気軌道,御堂筋線・四つ橋線で10月31日にダイヤ改正を実施|鉄道ニュース|2020年10月1日掲載|鉄道ファン・railf.jp
「駅での停車時間ちょっと延長」そのワケは? 大阪メトロ御堂筋線&北急ダイヤ改正 | 乗りものニュース



●関連ブログ:
【御堂筋線・北急】10月31日ダイヤ改正!中津行きが大幅減少、新大阪行きが増加へ | Osaka-Subway.com
【大阪メトロ】御堂筋線と四つ橋線で10/31(土)よりダイヤ改正 - Railway Enjoy Net 鉄道トピックス



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム