JR九州では、2022年秋頃に九州新幹線の武雄温泉〜長崎間(以下「九州新幹線長崎ルート」)の開業を予定しており、先月その新幹線の列車名を「かもめ」と発表したところでした。

【JR九州】九州新幹線長崎ルート(武雄温泉〜長崎間)の列車名は「かもめ」に。N700Sを導入(2022年秋頃開業予定) : 阪和線の沿線から

今回、九州新幹線長崎ルート開業に伴い設置される新駅の駅名について、JR九州より発表がありました。

九州新幹線(武雄温泉・長崎間)及び大村線新駅の駅名について|JR九州

概要は以下の通りです。

●九州新幹線長崎ルートの新駅駅名:
「嬉野温泉」(佐賀県嬉野市)
「新大村」(長崎県大村市)

●大村線新駅の駅名:
「新大村」(竹松〜諏訪間、新幹線と併設駅)
「大村車両基地」(松原〜竹松間)

●新駅イメージ:
jrkyushu_nagasaki_shinkansen_station
(上記発表資料(https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2020/11/26/201126_shinkansen_ekimei.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



冒頭でご紹介したブログ記事でもご紹介したように、2022年秋頃の開業に向けて、既に列車名や車両の発表があったりと、開業に向けてのニュースが聞こえてくる九州新幹線長崎ルートですが、今回は更に、開業に伴い新たに設置される駅の名称が発表となりました。

新幹線の駅をみますと、「嬉野温泉」「新大村」と、仮称の名称がそのまま採用されています。
いずれも新駅の位置を端的に表した、分かりやすい名称であると思いますが、面白いのは、これと同時に設置される大村線の新駅名称であります。

新幹線併設駅が「新大村」なのは当然なのですが、新幹線車両基地に併設される駅名が「大村車両基地」という名称となりました。

「車両基地」が名称に入る駅は、JRグループは勿論、他の鉄道事業者に広げても、存在しているのかどうかが即座に分からないくらいにレアな駅名でありそうですが、そんな駅名がまさか九州新幹線長崎ルート開業を期に命名されるとは、予想していなかった方も多いのではないかと思われます。

この「大村車両基地」新駅は、仮称は「車両基地」となっていましたが、まさか正式名称でも「車両基地」が残るとは、思いもしなかった、というのが正直なところでしょうか。

とはいえ、日本唯一(と思われる)「車両基地」が名称の駅として、この駅に来れば新幹線の車両基地が見られる、という意味ではアピール度は高いと思われますので、新幹線開業後、その強みを活かしたプロモーションを期待したいな、と感じたニュースでありました。




●関連ニュースサイト:
新幹線の新駅名は「嬉野温泉」「新大村」に 長崎へ向かう九州新幹線西九州ルート | 乗りものニュース
駅だけど名前が「車両基地」の駅 誕生へ JR大村線・大村車両基地駅 新幹線基地に由来 | 乗りものニュース
九州新幹線 武雄温泉〜長崎と大村線新駅の駅名を発表 - トラベル Watch
「嬉野温泉」と「新大村」――九州新幹線 武雄温泉〜長崎間の駅名発表 JR九州 | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル
九州新幹線西九州ルート新駅の駅名を発表、JR九州 - 鉄道コム



●関連ブログ:
【九州新幹線】新駅名は「嬉野温泉・新大村」に決定!仮称を引き継ぐ | 鉄道プレス
長崎新幹線の駅名はシンプルイズベスト: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム