JR西日本では、通勤・通学で日々利用している乗客への感謝として、ICOCA定期券購入者対象に「プラス」の特典を提案する「ICOCA定期券『プラス』キャンペーン」を実施することを発表しました。

ICOCA定期券 『プラス』 キャンペーンについて:JR西日本
ICOCA定期券『プラス』キャンペーン:JRおでかけネット

概要は以下の通りです。

【買って「プラス」特典】
●対象者:
エントリー期間中に、JR西日本エリアを利用区間に含むICOCA定期券を購入の上、Webでエントリーした利用者

●期間:
エントリー・定期券購入期間・・・2021年9月15日(水)〜10月15日(金)
特典利用期間・・・2021年11月1日(月)〜11月30日(火)

●特典内容:
「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」を購入可能
(きっぷの概要)
・価格:大人1,000円、こども500円
・JR西日本ネット予約「e5489」で発売
・JR西日本の関西エリアの普通列車が1日乗り放題(特急列車利用の場合は別途乗車券が必要)
・定期券購入者1名あたり利用期間中2回まで、1回あたり3名分(同一利用日、定期券購入者1名と同行者2名)まで購入可能
・利用日の3日前から前日まで発売

【持ってて「プラス」特典】
●対象者:
「特典利用期間」を有効期間に含み、JR西日本エリアを利用区間に含むICOCA定期券所持者

●特典利用期間:
2021年11月1日(月)〜11月30日(火)

●特典内容:
A・・・京阪神エリアのレンタサイクルのサブスクリプション(定額制)サービス「どこでもサイクル券」を購入可能
B・・・京都鉄道博物館の入館で「オリジナルクリアファイル」をプレゼント

【キャンペーンイメージ】
jrwest_commuterpass_campain
(上記Webサイト(https://www.jr-odekake.net/icoca/campaign/icoca_teiki_cp/?utm_source=own_corp&utm_medium=referral&utm_campaign=202109_pluscampaign_cp_press)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



新型コロナウイルス感染症拡大以降、外出そのものがリスクとされるようになって久しいところで、その間にオンライン会議やリモートワークが一気に普及し、コロナ禍前には当然の光景であった「職場に出勤する」「学校に登校する」ということが、オンラインで代替されるようになってしまいました。

勿論これにより大きな影響を受けているのは、鉄道をはじめとした公共交通機関で、コロナ禍による人の移動そのものが減少しているだけでなく、「新しい生活様式」の普及により、コロナ禍後であっても利用者が従前の水準どころか、事業を維持するレベルにまで戻るかどうかも怪しい状況にもなりつつあるかも知れません。

特に、1ヶ月、3ヶ月あるいは6ヶ月といった一定期間、一定の区間を利用することができる「定期券」については、上述のリモートワークやオンライン会議などにより、その売上が大きく減少しているものと考えられます。

勿論、今後も定期券利用者の減少を見越した事業構造を構築していく必要はあるのですが、その一方でこういった状況でも引き続き定期券を購入する利用者を大事にする、という観点も、利用者の逸走を少しでも食い止める上では必要ことといえます。


今回の「ICOCA定期券『プラス』キャンペーン」は、まさにそういった定期券利用者への感謝ともいうべき企画といえます。
その最たるものが、大人1枚1,000円で関西地区のJR線普通列車が1日乗り放題の「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」であります。

通常、「関西1デイパス」で購入可能なエリア(大人3,600円)が、条件の違い(他社線チケットの有無、別途料金のみで特急列車利用可否等)はあれど、1,000円で利用可能というわけですから、おトクなきっぷでなくて何なのか、というくらいの破格なきっぷであります。

「乗り放題きっぷ」と書くと、あちこち乗り回せるか、という視点で考えがちですが、単純往復であっても、500円以上の区間であれば、この「『プラス』乗り放題きっぷ」を使えばおトクになるわけですから、利用価値は相当高いといえます。

それだけ破格のきっぷでありますので、下記のような様々な条件が付いてきます。
・エントリー期間中の定期券購入が必要
・Webサイトでのエントリが必要
・利用期間は11月1日〜30日のみ
・利用日の3日前から前日まで発売
・利用期間中に2回まで購入が可能


これだけの条件が付いているにも関わらず、「2名以上利用可能」という、これまでのJR西日本の乗り放題系おトクなきっぷには必ずと言っていいほどついていた制限がありませんので、そういう意味でも非常に価値のあるおトクなきっぷであります。


9月下旬から10月上旬は、6ヶ月定期券の継続購入の時期でもありますので、多くの方が定期券を購入するものと思われます。
その際、別途Webでエントリーするだけで、11月におトクな乗り放題きっぷが購入できますので、忘れずチェックしておきたいニュースであります。

私自身も、定期券が9月末で有効期間到来となりますので、継続購入の際に忘れずWebエントリーしておきたいと思います。



【関連ニュースサイト】
関西近郊プラス乗り放題きっぷ 発売(2021年10月29日〜) - 鉄道コム





【明日(9月11日)の鉄道イベント情報】(鉄道コムより)

快速 お座敷 青梅奥多摩号 運転(2021年9月11日) - 鉄道コム
秋の乗り放題パス 発売(2021年9月11日〜) - 鉄道コム
京都鉄道博物館 トーマスヘッドマーク 掲出(2021年9月11日〜) - 鉄道コム
京福電気鉄道 ハイキュー!!コラボ電車 運転(2021年9月11日〜) - 鉄道コム
快速 B.B.BASE 内房 運転(2021年9月11日) - 鉄道コム
快速 谷川岳ループ 運転(2021年9月11日) - 鉄道コム
快速 谷川岳もぐら 運転(2021年9月11日) - 鉄道コム
北急・大阪モノレールなど 京都おでかけきっぷ 発売(2021年9月11日〜) - 鉄道コム
大阪メトロ 新金岡駅 可動式ホーム柵 運用(2021年9月11日〜) - 鉄道コム




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム