JR西日本では、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が大阪府に発出されたことを踏まえて、大阪環状線の一部列車の運転取りやめを実施してきました。



今回、その緊急事態宣言が解除されることに伴い、10月1日(金)より通常ダイヤでの運転とする旨、発表がありました。

一部列車の運転再開について:JR西日本

概要は以下の通りです。

【運転を再開する線区・列車(平日・土休日とも)】
・大阪環状線
大阪駅(内回り)0:11発天王寺行き(普通)、(外回り)0:15発京橋行き(普通)
天王寺駅(内回り)0:04発大阪行き(普通)、(外回り)0:04発大阪行き(普通)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



今回運転が再開される大阪環状線の普通列車ですが、上記運転取りやめ時にご紹介したように、大阪駅外回り0:15発の京橋行きは、始発駅をたどると、和歌山22:51発・関西空港23:09発の関空・紀州路快速となっています。

通常この列車は「大阪・京橋行き」として案内されますが、上記の運休期間の間は、「大阪行き」n表示が見られることから、このブログでもご紹介したところです。


DSC_0622_1_R
▲和歌山22:51発の紀州路快速・大阪行き

この8月2日から、再びこの「紀州路快速・大阪行き」が運行されていたのですが、今回緊急事態宣言が解除されることにともない、この運転見合わせも終了となります。

私の仕事の都合もあり、5月の「紀州路快速・大阪行き」は毎日のように乗っていますが、8月〜9月の「紀州路快速・大阪行き」は、結局乗らずじまいで終了しそうな感じです。

もっとも、この「紀州路快速・大阪行き」が走り始めたのが、新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言によるものであることを考えると、早く通常のダイヤに戻ることが何よりなだけに、今回宣言解除により元の運行に戻ることは、少しでも通常の形態に戻る第一歩として、歓迎したいなと思います。


緊急事態宣言が解除となり、府県間の移動制限も解除されていくことから、運転取りやめとなっていた特急列車の運転再開も期待したいと思います。
ワクチン接種もある程度進んできていることも考えると、今度こそ正常化へのスタート、と思いたいな、とも感じたニュースでありました。




【関連ニュースサイト】
大阪環状線の「終電」復活 宣言明けで2か月ぶり | 乗りものニュース
大阪環状線、0時以降の一部列車が10月1日から運転再開。緊急事態宣言の解除で - トラベル Watch




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム