JR東日本・JR西日本では、東北・山形・秋田・上越・北陸の各新幹線及び特急列車のグリーン料金等を改定することを発表しました。

新幹線・特急列車のグリーン料金等の改定について|JR東日本
新幹線・特急列車のグリーン料金等の改定について:JR西日本

概要は以下の通りです。

【改定内容】
・現行のグリーン料金等は、JR 東日本が2002年の東北新幹線八戸開業時に利用促進を目的に値下げを行ったものをベースとしている。
・今回、一部の営業キロ帯を除き、JR6社共通のグリーン料金(JR各社にまたがる場合のグリーン料金)と同等の水準に改定。
・またグランクラス料金と「サフィール踊り子」のグリーン料金についても、ベースとなるグリーン料金が変更となることから改定するもの。

【グリーン料金】
・100kmまで:
(現行)1,050円→(改定)1,300円
・200kmまで:
(現行)2,100円→(改定)2,800円
・300kmまで:
(現行)3,150円→(改定)4,190円
・400kmまで:
(現行)4,190円→(改定)4,190円(改定なし)
・500kmまで:
(現行)4,190円→(改定)5,400円
・600kmまで:
(現行)4,190円→(改定)5,400円
・700kmまで:
(現行)4,190円→(改定)5,600円
・701km以上:
(現行)5,240円→(改定)6,600円


【グランクラス】【「サフィール踊り子」プレミアムグリーン料金・グリーン個室のグリーン料金】
上記「グリーン料金」の距離帯に基づき改定
(詳細は上記発表資料に記載)


【改定日】
2022年春(実施時期の詳細については、別途発表)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



JR東日本の特急・新幹線のグリーン料金は、JR他社に比べると割安な設定となっているので、私自身も何度か利用したことがあります。
最短距離帯の100km未満でも自由席特急料金に500円程度を加えれば、ゆったりとした、普通車とは異なる上級クラスの空間を利用できることから、私自身も頻繁、というほどではないものの、折をみて利用してきたように思えます。

DSC_8757
DSC_8761
▲E257系「あずさ」のグリーン車
現在はE353系に置き換えられています。

DSC_9404
DSC_9410
DSC_9411
▲185系「踊り子」のグリーン車
現在は、上記「あずさ」で使用されていたE257系が改造の上投入されています。


この割引は冒頭にも記したように、2002年の東北新幹線八戸開業時に、グリーン車の利用促進を図る目的で導入されましたが、今回経営環境の変化を踏まえ、ということでJRグループ他社と同等の水準に改定することとなりました。

理由として「経営環境の変化を踏まえ」とあることから、収益の確保が真っ先に思い浮かびますが、それに加え、来年4月からは特急料金の季節区分に「最繁忙期」を加えた4段階に改定することで、一部距離帯ではグリーン料金と特急料金との差が更に縮まることも考えられるため、そういったバランスの調整も踏まえた今回の改定なのではないか、とも個人的には感じました。
【参考】



コロナ禍による経営環境の変化で、新しい料金等の考え方が導入されようとしていますが、今回のグリーン料金は、逆にかつての考え方に戻す、という少し珍しい事例ともいえますが、今後もこのような料金体系の改定も出てくると思いますので、引き続きご紹介していければと思っています。




【関連ブログ】
【悲報】JR東日本のグリーン車、最大25%の値上げへ - 鉄道プレス



【関連ニュースサイト】
JR東など 新幹線・特急列車のグリーン料金などを改定へ - 鉄道コム
特急・新幹線のグリーン料金等を値上げ 成田EXPは2100円→2800円 JR東日本 | 乗りものニュース
JR東日本・JR西日本,2022年春から新幹線・特急列車のグリーン料金などを改定へ|鉄道ニュース|2021年10月28日掲載|鉄道ファン・railf.jp
JR東西、新幹線・特急グリーン車を値上げ。JR6社共通の水準に - トラベル Watch



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム