JR東海では、同社の保有する211系・213系・311系の更新として、新形式の在来線通勤型電車「315系」の導入を発表しています。


今回、この315系の運転開始日・運転区間等についてJR東海より発表がありました。

在来線通勤型電車「315系」運転開始について|JR東海

概要は以下の通りです。

【運転開始日】
2022年3月5日(土)

【投入区間】
中央本線 名古屋〜中津川間

【投入計画】
・中央本線の名古屋〜中津川間は、2023年度中に315系に統一(特急車両を除く)
・315系の投入で、国鉄から継承した車両(211系8両)は2022年3月中に引退し、同社の保有する全ての車両が会社発足以降に新製した車両に。

【315系エクステリア】
jrc_315_exterior
▲315系エクステリア
(上記発表資料(https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000041578.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



既に当ブログでもご紹介しているように、JR東海では、国鉄時代から民営化後初期にかけて投入した211系・213系・311系の置き換えとして、315系の投入を発表しています。

その投入時期や投入路線が注目されていたところですが、今回の発表では、来年3月5日(土)、中央本線の名古屋〜中津川で運行開始となりました。

毎年3月中旬には、JRグループのダイヤ改正が実施される時期でありますが、この3月5日はそれよりも若干早い時期ですが、この日に併せてJRグループダイヤ改正が実施されるのか、それともダイヤ改正に先行して315系が投入されるのか。
毎年12月中旬に発表されるJRグループダイヤ改正の内容と合わせて、その実施日も気になるところといえるでしょう。


また、投入線区としてあげられている中央本線・名古屋〜中津川間では、再来年度中に315系に統一する(特急車両を除く)ことが発表されました。
今回の315系導入からおよそ2年間かけて投入されることになるわけで、以下のような211系が往来する中央本線の姿が見られるのもあともう少し、といったところになるかと思われます。

DSC07490_R
DSC07484-2_R
▲JR東海・中央本線で運用されている211系。
このような姿が同路線で見られるのも、あと2年半ほどとなることが確定しました。

また、「315系に統一」ということから、211系のみならず同線区で運用されている313系についても何らかの動きがあるとも考えられます。
DSC07487_R
▲313系8000番台。
かつては「セントラルライナー」として、有料着席サービスを提供する専用車両でしたが、現在は他の車両に混じって当線区で運用されています。


一方、これらの211系をはじめとした、315系により置き換えられる車両は、製造後30年程度であるため、今後他社への譲渡も十分考えられるのではないか、とも思えます。

過去には119系(→えちぜん鉄道)やキハ11系(→ひたちなか海浜鉄道)といった事例もあるだけに、今回も中小鉄道事業者への譲渡が見られると面白いとも感じますので、315系投入にともなう会社間の車両の動きにも注目しておきたいな、と感じたニュースでありました。




【関連ブログ】
【速報】JR東海315系、3月5日にデビュー!まずは中央本線へ投入 - 鉄道プレス

【JR東海】在来線通勤型電車「315系」2022年3月5日(土)運転開始 - kqtrain.net(京浜急行)

315系は2022年3月5日、中央線で運転開始: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



【関連ニュースサイト】
315系 営業運転(2022年3月5日〜) - 鉄道コム

JR東海「315系」 2022年3月5日営業運転開始 国鉄から継承の211系は引退 | 乗りものニュース

JR東海,315系の営業運転開始は2022年3月5日に 〜中央本線 名古屋—中津川間に導入〜|鉄道ニュース|2021年11月17日掲載|鉄道ファン・railf.jp

JR東海315系、新型車両3/5デビュー! 2023年度に中央本線の車両統一 | マイナビニュース

JR東海「315系」、来年3月5日デビュー 国鉄から継承の211系は年度内引退へ - TRAICY(トライシー)

JR東海、新型通勤電車「315系」を中央本線 名古屋〜中津川間で2022年3月5日運行開始。211系8両は年度内引退 - トラベル Watch

JR東海、315系の投入スケジュール。2022年3月運転開始 | タビリス




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム