JR東日本では、2014年4月から釜石線で運行開始した「SL銀河」について、旅客車(キハ141系)の老朽化に伴い、2023年春をもって運行を終了することを発表しました。

「SL銀河」の運行終了について |JR東日本

概要は以下の通りです。

【最終運行時期】
2023年春

【今後の運行予定】
・2021年は12月5日までの土・日に運行。
・2022年は春から初冬まで、2023年は春のみ運行を予定


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



冒頭で記したように、2014年4月から運行を開始した釜石線の「SL銀河」。
宮沢賢治の世界観や空気感を再現した内装は勿論のこと、SLが牽引する客車には、50系客車を改造したキハ141系をJR北海道から譲り受け、勾配区間ではSLと気動車による協調運転を実施する、という運転上でも見どころのある列車であります。

客車役のキハ141系は、上述のとおり50系客車を改造したものであることから、違和感ないSL列車として見えるのも、ファンとしては面白いところであります。

DSC03091_R
▲「SL銀河」の客車「役」・キハ141系700番台(釜石駅)
見た目は「客車」ですが、実際は「気動車」であることから、このように「客車」のみでやってくる様子も見られます。


このように、国内の数あるSL列車の中でもユニークな存在であった「SL銀河」でありますが、今回客車役の気動車の老朽化により運行終了が発表されました。

キハ141系の元となる50系客車は、国鉄時代の1970年代後半に製造されたものですが、その後1990年代前半に札沼線の輸送力増強を目的に改造された車両であります。

改造後、30年以上を経過している上に、種車となる50系客車がほぼ現存していない(営業運転している車両としては、JR北海道「ノロッコ号」、JR九州「SL人吉」、真岡鐵道「SLもおか号」用客車のみ)ことから、交換用部品の調達も難しいことから、今回運行終了が発表されました。


JR東日本では、「SL銀河」運行終了後も、新たな観光列車の運行に向けて検討をおこなうとのことです。
SL銀河の機関車であるC58型は、かつて岩手県営運動公園内に保存されていたものを復活させたものでありました。


そういった経緯から考えれば、新たな観光列車についても岩手県内を走るSL列車、となればいいな、と思いますが、客車の手配をどうするか、そもそもこのコロナ禍でJR東日本自体経営が苦しい中、観光列車に対する投資が従前より難しくなっていることを考えると、新たな観光列車の登場はなかなか難しいような気もします。

とはいえ、折角復活させたSLということもあるので、多少時間がかかっても、岩手県内で「SL銀河」の後継となるSL列車が登場することになればいいな、と感じたニュースでありました。



【関連ブログ】
【JR東日本】「SL銀河」運行終了 - kqtrain.net(京浜急行)




【関連ニュースサイト】
「銀河鉄道の夜」モチーフの「SL銀河」、2023年春に運行終了へ - 鉄道コム

「SL銀河」2023年春に運行終了 釜石線で活躍 宮沢賢治の「大正ロマン」テーマ | 乗りものニュース

JR東日本「SL銀河」2023年春で運行終了、旅客車キハ141系が老朽化 | マイナビニュース

JR東日本盛岡支社,“SL銀河”の運転を2023年春をもって終了へ|鉄道ニュース|2021年11月20日掲載|鉄道ファン・railf.jp




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム