南海電鉄では、同社グループの泉北高速鉄道・泉ケ丘(いずみがおか)駅を、次代のの沿線中核都市を目指す、「泉ケ丘駅前活性化計画」を始動することとし、併せて同駅前に商業、金融サービス、オフィス等の新たな建物を建設することを発表しました。

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」始動〜次代の沿線中核都市「泉ヶ丘」を目指して〜|南海電鉄

概要は以下のとおりです。

【背景】
泉北ニュータウンは<高度経済成長期の住宅需要に応えるため、1967年の泉ヶ丘エリアの街びらきを皮切りに発展し、1992年には人口16万5千人を誇った関西を代表する大規模ニュータウン。

・しかし、街びらきから50年余りを経て、2020年には人口が11万8千人まで減少し、2030年には人口が10万人を割り込むという予測が出るなど高齢化・人口減少という社会課題が顕在化している。

・一方、2025年11月に近畿大学医学部及び近畿大学病院(以下、「近畿大学病院等」)の泉ヶ丘エリアへの移転が予定されていること、またコロナ禍において自然豊かな郊外環境で暮らす・働く・訪れることが趣向されていること、さらには、堺市が2021年に泉北ニュータウンの新たな価値の創造を目指して、「SENBOKU New Design」を策定し、大阪府・堺市が泉北ニュータウンをスマートシティの重点地域と位置付けるなど、泉北ニュータウン・泉ヶ丘にとって明るい要素が出てきているところ。

・同社でもこれらの動きに呼応し、スマートシティに関する取組みなど泉北ニュータウンの活性化に
つながる取組みを推進するとともに、「泉ケ丘駅前活性化計画」に着手することで、泉ヶ丘に新たな価値を創造し、これまでは「ベッドタウン」という位置付けであった泉ヶ丘を次代の沿線中核都市とすることを目指す。

【活性化計画概要】
・建物イメージ
nankai_izumigaoka
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220307.pdf)より引用)

・建物概要
規模:地上4階、地下1階
用途:商業、金融サービス、オフィス、医療施設、広場機能等
延床面積:約16,000
竣工予定:2025年9月(10月開業予定)

【位置図】
nankai_izumigaoka-2
(上記発表資料(http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220307.pdf)より引用)



詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



折に触れて記しているので、このブログを長らく読んでいただいている方ならご存じかも知れませんが、私自身「阪和線の沿線から」というブログを書いているところから分かるように、現在では阪和線沿線に居住していますが、その昔、大学卒業までは泉北ニュータウンの、泉ケ丘駅から徒歩10分ほどのところに住んでいました。

上記発表概要にも記されているように、泉北ニュータウンでは1992年に人口のピークを迎えましたが、丁度その頃私も泉ヶ丘地区に居住していました。

その後、大学卒業を機に泉北ニュータウンから離れてしまい、それから20年以上が経過しているわけですが、その間に人口も5万人(およそ3割)減少し、また高齢化が進んでしまうという課題が顕れています。

一方で、それであっても人口は10万人程度はあること、加えて大阪市内の中心地・難波から30分程度、関西空港から1時間圏内であること、加えてニュータウンという計画されたまちづくりがスタートであったことから、都市インフラと自然とがバランス良く配置されていることなど、他の地域にはない、泉北ニュータウンとしての魅力があることも、また事実であるでしょう。


そんな中、南海電鉄ではこの泉北ニュータウンの主たる交通手段である「泉北高速鉄道」をグループ会社化しましたが、鉄道運営に止まらず、沿線の活性化という点からも、泉北ニュータウン、殊更泉ケ丘地区の再生・活性化はその筆頭に挙げられてきました。
泉ケ丘駅前の開発は、泉北高速鉄道グループ化直後の中期経営計画の頃から基本方針としてあげられており、このコロナ禍による事業見直し(投資案件の優先順位付け)においても、集中投資先の一つとして挙げられています。


経営計画|南海電鉄


今回発表のあった活性化計画の内容をみますと、これまでは都心へのベッドタウンとしての位置づけであった泉ヶ丘地区を、居住のみならず働く場所を設け、併せて子育て支援機能も加えるといった、次世代の若年世代が生活できる場所として再構築することが主体となっています。

タイミング的には、上記にもあるように、近畿大学病院が大阪狭山市から移転(かつて泉ヶ丘プールのあった場所へ移転)することから、医療を中心に「働く場所」が相当生み出されることが予想されます。
それに加えて、それを支える各種産業が集積することで、これまでニュータウンとしての居住の場所のみであり、人口減少と都心回帰の動きを指をくわえてみるしか無かった泉ヶ丘地区が、新たな拠点都市として生まれ変わることができるのではないか、という期待も大いに持てる計画なのではないか、と思います。


かつて、泉ヶ丘地区に住んでいた者としては、居住当時からベッドタウンに特化したまち、というのに居心地の良さを感じつつ、逆に世代交代が上手いこと進むのか、という一抹の不安は感じていました。

それが(私自身もそうであったように)、新たな仕事と住まいを探して、泉北ニュータウンから転出してしまう、という動きを留めることがやはり難しく、上述のような急激な人口減少を招くこととなってしまった、と感じています。


一方で、泉北高速鉄道を運営していた「大阪府都市開発株式会社」は、大阪府などが出資していた第三セクターであったこともあり、南海電鉄の沿線として開発が難しいという点もあり、なかなか民間主導でのまちづくりが進まなかった、というのもあったかも知れません。

しかし、大阪府都市開発の民営化により、(紆余曲折はありましたが)南海電鉄グループとなり、なんばから30分圏内の郊外として、グループとしての開発がようやく進められる素地が整い、ここにきて計画が具体化してきたことは、かつて居住していた者にとっては、我がふるさとの再生、と言えるくらいに嬉しいものであります。


活性化計画としての建物竣工は2025年で、これから3年後には、新たな泉ヶ丘の玄関が生まれることになります。
そしてその頃には大きな病院が泉ケ丘駅前に移転してきて、これまでとは違う、新たな街に変わることで、賑わいを取り戻すことができれば嬉しいな、と感じたニュースでありました。



【関連ニュースサイト】
南海電鉄、大阪・泉ヶ丘駅前の「活性化計画」始動 25年の開業目指し複合施設を建設:“ベッドタウン”から“沿線中核都市”へ - ITmedia ビジネスオンライン





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム