下記記事でご紹介したように、JR東海では新型特急車両「HC85系」をこの7月1日より営業運転を開始することを発表しています。


そんな中、HC85系投入に伴い今後の動向が気になる、現行の「キハ85系」ですが、新たな報道がネットメディアでありましたので、ご紹介します。

JR東海の新型特急「HC85系」、7月1日に2編成デビュー 大阪・富山乗り入れも検討 - TRAICY(トライシー)

Webサイトによれば「航空、鉄道、バス、旅行・観光情報をお送りするメディア」と紹介されている「TRAICY(トライシー)」の記事であります。

重要なのは下記内容です。
今後、大阪・富山方面に乗り入れる列車についても投入を検討しているという。特急「南紀」への投入計画は現時点で未定。現行のキハ85系は定期列車の置き換え後も当面は臨時列車で使用する。

上記記事(JR東海の新型特急「HC85系」、7月1日に2編成デビュー 大阪・富山乗り入れも検討 - TRAICY(トライシー))より引用、下線及び太字は管理人による。


HC85系投入に伴い、キハ85系は淘汰されるものと思いきや、しばらくは臨時列車として運行されるとのことであります。

丁度、特急「しなの」が現行の383系に置き換えられる際、定期列車での置き換えが完了した後も、しばらくは一部の臨時列車で旧来の381系が使用されていたことがありました。

今回のキハ85系置き換えでも同様の措置が取られる公算が大きそうなので、キハ85系惜別については、臨時列車まで含めれば時間的猶予は少し伸びそうな感じであります。

ともあれ、ファン、特に撮影系のファンにとっては、朗報ともいえる内容かも知れませんので、ひとまずお知らせするとともに、今後の動向を引き続き注視していきたいところであります。


DSC03158_R
▲JR西日本きのくに線(紀勢本線)紀伊勝浦駅を発車するキハ85系「南紀」。
「南紀」のHC85系導入は、上記TRAICY記事では「未定」とのことです。
一方、「南紀」は定期列車4往復のほか、臨時列車が2往復設定されていますので、HC85系置き換え後も、臨時列車でキハ85系の姿がもう少し長く見られるのかも知れませんね。




【関連ニュースサイト】
JR東海の新型特急「HC85系」、7月1日に2編成デビュー 大阪・富山乗り入れも検討 - TRAICY(トライシー)(再掲)



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム