JR西日本の観光列車「WEST EXPRESS 銀河」。
山陽・山陰コースに加え、昨年度は和歌山県を南北に縦断する「紀南コース」が運行されましたが、今年度も2022年10月〜2023年3月に運行することが発表されました。

「WEST EXPRESS 銀河」紀南コース 進化して2年目運行開始:JR西日本

概要は以下のとおりです。

【運行日】
・夜行:京都発〜新宮着
2022年10月3日(月)〜2023年3月6日(月)
・昼行:新宮発〜京都着
2022年10月5日(水)〜2023年3月8日(水)

【運行ダイヤ】
・夜行:京都発〜新宮着
京都21:15発〜新宮9:37着
・昼行:新宮発〜京都着
新宮9:50発〜京都20:53着
2022081801
▲「WEST EXPRESS 銀河」紀南コース運行ダイヤ
(上記発表資料内PDF(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220817_03_01_gingakinan.pdf)より引用)

【2022年度の見どころ】
・ダイヤの充実
昼行列車(新宮発〜京都行)では、出発時刻を約2時間早め、新たな停車駅(紀伊田辺)の追加やおもてなし停車時間を拡大。

・車窓からの景観の充実
昨年度から列車の左右の向きを逆転させ、夜行・昼行列車ともに海側の座席を倍増
(夜行:24席→61席、昼行:30席→71席)

2022081802
▲「WEST EXPRESS 銀河」紀南コース 2022年度のみどころ
(上記発表資料内PDF(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220817_03_01_gingakinan.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



20210901_202102_R
▲和歌山駅に停車中の「WEST EXPRESS 銀河」紀南コース列車。

昨年は、7月から12月にかけて運行された「WEST EXPRESS 銀河」紀南コース。
今年は10月から3月と、再びおよそ半年の運行が予定されています。

往路(新宮行き)は夜行、復路(京都行き)は昼行となっているのは、昨年度と変化ありませんが、特に昼行の発車時刻は約2時間繰り上がることとなりました。

これにより、昨年度は特に紀伊田辺以北で海が見える区間であっても日没後に通過することがありましたが、今回は日没前にこういった区間を通過できることになり、より車窓を楽しめることとなります。

また、昼行の時刻が繰り上がることから、新大阪駅で東京・博多方面への新幹線に乗り換えることができるのも、より遠くからの利用者の集客が見込めるようになりました。

実は今年1月に、2022年度紀南コースの運行概要が発表されており、そこでも昼行の運行時刻繰り上げは既に表明されていました。
阪和線の沿線から : 【JR西日本】「WEST EXPRESS 銀河」2022年度も紀南コース運行発表(2022年10月〜2023年3月)

ただ正直、2時間も繰り上げるのは予想外、といったところでしょうか。
和歌山着も、昨年度は20時台だったのが、今年度は18時台と繰り上がることとなりました。
もっとも今年度は、和歌山への通勤がありませんので、見送ることは無いのかな、と思いますが、今後撮影等される方は、このダイヤ変更に十分留意する必要があると思われます。


ともあれ、今年度も運行される「WEST EXPRESS 銀河」の詳細が発表されました。
折角和歌山方面へも勤めていることですので、今シーズンは乗車か白浜以南での撮影か、どちらかを叶えることができればと思っていますが、果たしてうまくいきますでしょうか…?

今年度も、可能な限り阪和線・きのくに線を走る117系「WEST EXPRESS 銀河」の様子をご紹介できればいいな、と思っています。



【関連ニュースサイト】


「新宮夜行」ふたたび「WEST EXPRESS 銀河」今年も和歌山方面へ 夜行&昼行 | 乗りものニュース

「ウエストエクスプレス銀河」10月から再び紀南へ 夜食ラーメンなどのサービスもリニューアル | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」紀南コース、2年目の運行内容を発表 | マイナビニュース

JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」,紀南コース(2022年10月〜2023年3月)の運転概要を発表|鉄道ニュース|2022年8月21日掲載|鉄道ファン・railf.jp



【関連ブログ】
「WEST EXPRESS 銀河」、昼行出発時間を繰り上げ: たべちゃんの旅行記「旅のメモ」



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム