京都鉄道博物館では、鉄道開業150周年記念イベントとして、先頃収蔵が決定した「マイテ49形2号車」を加え、特別なイベントを実施することを発表しました。

祝!鉄道開業150年記念イベントのおしらせ(京都鉄道博物館):JR西日本

概要は以下のとおりです。

【マイテ49形+12系客車による「SLスチーム号」運行】
[運行日]
10月6日(木)〜11日(火)

[編成]
SL+(展望側)マイテ49+スハフ12
(10月10日(月・祝)は、DE10形によるけん引)

[乗車券購入方法]
・12系客車:
乗車当日にSLスチーム号乗り場の券売機で購入
大人300円、子供100円
定員・・・各回70席

・マイテ49形
電子チケット「アソビュー」で事前購入
販売価格・・・1,500円(3歳以上一律)
販売期間・・・9月22日(木)18時〜乗車前日の23時59分まで
販売枚数・・・各回25枚

【C62形1号機とマイテ49形2号車の収蔵お披露目式典】
・開催日時:
10月15日(土) 10時30分〜(所要時間約15分)

・開催場所:
扇形車庫

【SL頭出し展示】
・開催日:
10月14日(金)〜10月30日(日)

・開催場所:
扇形車庫8〜20番線

【ナイトミュージアム(扇形車庫特別見学含む)】
・開催日:
10月28日(金)〜30日(日)

・開催時間:
17時30分〜19時

・料金:
一般・・1,800円(通常1,200円)、等

・購入方法
「アソビュー」にて購入(10月1日(土)16時30分から販売


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



下記記事でご紹介したように、京都鉄道博物館では、展望車「マイテ49形」を収蔵車両に加えることを既に発表しています。
阪和線の沿線から : 【京都鉄道博物館】マイテ49形を収蔵車両に(2022.10.14)お披露目式典も計画

このマイテ49形については、お披露目式典を実施することは既に発表されており、詳細は決定次第発表されることとなっていました。

本日、そのお披露目式典を含む内容が発表されましたが、大きな驚きとなったのは、「特別なSLスチーム号」こと、SLスチーム号へのマイテ49形連結でありましょうか。

DSC05386_R
▲京都鉄道博物館「SLスチーム号」。
この編成に「マイテ49形」が連結されます。


しかもこのSLスチーム号のマイテ49形、実際に乗車することが可能となっていますが、1,500円で今や貴重な旧型客車の展望車の車内に入ることができ、しかもわずかな距離ではありますがSLによるけん引で乗車を楽しむことができるので、チケット販売当日は相当の人気になるのではないのでしょうか。

20220802_150806_R
▲マイテ49形。
収蔵決定直後から、「SLスチーム号」に連結され、今や貴重な展望車に乗車することもできるので、人気は必至と思われます。


私も日程が合えば是非、この「マイテ49形」の車内に入りたいと思わずにはいられませんでしたので、発売日当日にチケット争奪に加わりたいな、と思った次第です。


加えて、無人となった扇形車庫を周辺から見学・撮影するイベントも実施されるので、これまたファンにとっては注目のイベントでありましょうし、私自身もこちらにも行ってみたい、とも感じました。


「鉄道開業150年」といっても、開業したのは新橋〜横浜間ですので、関西地区ではあまり馴染みがない、と思いきや、ここにきて「マイテ49形」を武器に様々なイベントを打ち上げてきた京都鉄道博物館。
期せずしてリピート来館することになる、そんな方も大量に出てくるのかな、とも思いますが、ともあれ実際にこれらのイベントを訪問できれば、その様子を当ブログでもご紹介できればいいなと思っています。



【関連ニュースサイト】



京都鉄道博物館 ナイトミュージアム 開催(2022年10月28日) - 鉄道コム
圧巻! 京都鉄道博物館 SLたちの頭出し展示 10/14から 新入りマイテ49も登場 | RailLab ニュース(レイルラボ)
京都鉄道博物館、マイテ49形も加わり鉄道開業150年の特別イベント | マイナビニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム