JR西日本では、2023年3月の大阪駅(うめきたエリア)開業に合わせて、大阪・新大阪と奈良を乗り換えなしで結ぶ臨時特急「まほろば」の運転を発表しました。

臨時特急「まほろば」 運転のお知らせ:JR西日本

概要は以下のとおりです。

【運行ダイヤ】
・大阪発奈良行き:
大阪9:58発→新大阪10:04発→奈良10:56着

・奈良発大阪行き:
奈良17:41発→新大阪18:36着→大阪18:43着

jrw_mahoroba_2
▲運行ルート
(同社発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/230120_00_press_mahorobaunten.pdf)より引用)

【運転日】
3月25日(土)・26日(日)
4月1日(土)・2日(日)・8日(土)・9日(日)・15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)
5月27日(土)・28日(日)
6月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)

【使用車両】
287系3両、全車指定席

【愛称表示イメージ】
jrw_mahoroba_1
▲愛称表示のイメージ(車体側面)
(同社発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/230120_00_press_mahorobaunten.pdf)より引用)


詳細は、上記発表資料をご覧下さい。



DSC08140-2_R
▲臨時特急「まほろば」に使用される287系3両編成。
今回の設定から、大阪駅うめきたエリア発着となります。


このブログで取り上げてきたように、来る3月18日(土)のダイヤ改正で、大阪駅の「うめきたエリア」新駅から特急「くろしお」「はるか」に加え、おおさか東線が発着することになります。

そうなれば、これまで新大阪駅発着で設定されてきた臨時特急「まほろば」もうめきたエリア新駅に発着するのでは?と予想してしまうところですが、果たしてそのとおりの設定が発表されました。

加えて今回、「まほろば」用の愛称表示幕のデザインも発表されました。
jrw_mahoroba_1
(同社発表資料(https://www.westjr.co.jp/press/article/items/230120_00_press_mahorobaunten.pdf)より引用)


デザインは、平城宮跡の「朱雀門」をイメージしたものが新調されています。
287系の愛称表示は、幕方式となっていますので、この設定のために幕全体を交換していると思われますが、そこまでの手間をかけているということは、今後も継続して運行していく布石なのかな、と感じたニュースでありました。



【関連ブログ】
【JR西日本】臨時特急「まほろば」、大阪駅へ入線!種別幕も新しく登場 - 鉄道プレス



【関連ニュースサイト】
特急 まほろば 運転(2023年3月25日) - 鉄道コム
JR西日本、臨時特急「まほろば」大阪駅(うめきたエリア)から奈良へ | マイナビニュース



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム