阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、当ブログ用ツイッターアカウントを
ご利用下さい。

鉄道全般の話題

JTB時刻表2024年3月号を見る。北陸新幹線・金沢〜敦賀間開業や、京都丹後鉄道「KTR8500形」、JR北海道「快速エアポート」号数問題をみてみます

来る3月16日(土)にJRグループダイヤ改正が実施されます。
(参考)


このダイヤ改正内容を新幹線・特急列車だけでなく、快速・普通列車等まで掲載した時刻表が、先月下旬に発売されました。

私は、長年の習慣から毎回JTB時刻表を使用しており、今回も2024年3月号のJTB時刻表を購入しました。
20240225_143834


今回の改正内容は、既に当ブログでも紹介・解説していますが、時刻表として眺めてみて、改めて気になった点をご紹介したいと思います。



【北陸新幹線・サンダーバード・しらさぎ】
今回のダイヤ改正の一番の目玉である、北陸新幹線・金沢〜敦賀間の開業。
新幹線が延伸するだけでなく、大阪・名古屋〜金沢間の利用においても、「サンダーバード」「しらさぎ」と北陸新幹線との乗継が発生するため、これらを時刻表でどのように掲載していくのかが気になっていました。

実際どのように掲載されているのか。当該ページを引用してみます。
img561
(JTB時刻表2024年3月号より引用)

ご覧のとおり、東京〜敦賀の「北陸新幹線」、東京〜新潟の「上越新幹線」の下に、敦賀のりかえの特急列車として「サンダーバード」「しらさぎ」の時刻が掲載されています。
これにより、例えば大阪〜敦賀〜金沢・富山といった「つるぎ」乗継パターンだけでなく、大阪〜敦賀〜長野・東京方面の「かがやき」「はくたか」乗継パターンも一目で確認することができます。


【ハピラインふくい・IRいしかわ鉄道】
一方、北陸新幹線延伸に伴い、JR西日本・北陸本線が「IRいしかわ鉄道」「ハピラインふくい」に移管されます。
両社の時刻はこのように、敦賀〜福井〜金沢間で一体で掲載されています。
img562
(JTB時刻表2024年3月号より引用)

これにより、「IRいしかわ鉄道」の時刻表は、金沢を境に、この「ハピラインふくい」「あいの風とやま鉄道」「JR七尾線」の3箇所に分かれて掲載されることとなります。
(それぞれ、列車の行先が異なるので当然ではありますが。)



【京都丹後鉄道KTR8500形は「たんごリレー」で運用】
京都丹後鉄道がJR東海より昨年譲り受けた「キハ85系」。
京都丹後鉄道では、新たに「KTR8500形」という型式名称が付けられ、今後線内特急予備車として運用されることが発表されています。
(参考)


今後の運用開始が気になるところですが、JTB時刻表では特急列車の車両形式を掲載しており、京都丹後鉄道を運行する「はしだて」「たんごリレー」のページでも、車両形式が明記されていました。
img563
(JTB時刻表2024年3月号より引用)

右上を見ますと、「◎・・・京都丹後鉄道KTR8000系/KTR8500系」と表記されており、「◎」のついた列車(「たんごリレー」全列車)で、現在運用されているKTR8000形と共通で運用されることとなっています。

上述のとおり、KTR8500形はあくまで「特急予備車」として運用されるので、毎日見られるものではないことに注意が必要ですが、ともあれ3月16日ダイヤ改正以降にはKTR8500形が運行されることが確かであることは、大きな情報といえるでしょう。

(参考)
丹鉄「KTR8500形」の時刻表・運用まとめ|2024年3月改正版 - 鉄道プレス

(※)
ところで、JTB時刻表上では「KTR8500」となっていますが、京都丹後鉄道のWebサイト等では「KTR8500」と、表記にずれが見られます。
どちらが正しい表記なのかはさておき、本記事では車両そのものを指す場合は「形」、JTB時刻表記載内容に触れる場合は「系」と使い分けていますので、ご了承ください。




【JR北海道・快速「エアポート」号数問題はどう解決したか?】
札幌市内などからの新千歳空港アクセスとして運行されている、JR北海道の快速「エアポート」。
現在は1時間に5往復運転(日中時間帯等の最大本数)されていますが、今回の改正で一部時間帯のみの運行だった「特別快速」の運行時間帯拡大、また「区間快速」を新設(既存の普通列車からの置き換え)で1時間に6往復運転(同)することとなっています。

元よりJR北海道の儲け頭である「エアポート」、コロナ禍後回復しつづけるインバウンド需要に対応すべく、今回の増強となり、嬉しい限りであります。

ただ、この増発により、これまで発車時間帯と発車順により、規則的で分かりやすく表記されていた「エアポート」号数が、今回の増発により、その規則性が成立しなくなるという問題(ここでいう「号数問題」)が発生することになります。

具体的には、現在の「エアポート」の号数は、
・百の位、十の位:札幌駅及び新千歳空港の発車時間帯
・一の位:両駅発車する順番(新千歳空港発:1→3→5→7→9、札幌駅発:0→2→4→6→8の順番)
となっています。

ご覧のとおり、この表記ですと1時間に5本までしか対応できず、6本になった途端に破綻してしまうものであります。

昨年12月のダイヤ改正発表時でも、この「エアポート」の号数をどう記載するかは、特に言及が無かったことから、今回の時刻表発売まで明らかになっていませんでした。


そんなこともあり、今回JTB時刻表の当該ページを見てみることにしました。
img564
(JTB時刻表2024年3月号より引用)


ご覧のとおり、札幌→新千歳空港の初発は「10号」、次に何故か「14号」に飛んで、以降「16号」「18号」…と続きます。
新千歳空港→札幌についても、初発は「11号」、次は何故か「23号」に飛び、以降「25号」「27号」…と続きます。

ただ、この後も号数が飛んでいる時間帯もあるのが不思議なところです。

まとめますと、以下のとおりです。
【札幌→新千歳空港】
10号・(×12号)・14号〜98号・(×100号〜108号)・110号〜174号・(×176号)・178号・(×180号)・182号・(×184号)・186号

【新千歳空港→札幌】
11号・(×13号〜21号)・23号〜99号・(×101号〜109号)・111号〜195号

(注)「×」は欠番を指します。


こう眺めてみますと、10号台の一部と100号台、そして170〜180号台の偶数(札幌→新千歳空港)の一部でそれぞれ欠番が発生していることがわかります。

それぞれ欠番を設けている理由について、私なりに推測してみますと、
・10号台の欠番は、早朝時間帯の増発用に確保
(普通列車が多い時間帯ですが、今後「エアポート」を増発する際、後の列車の号数を変更しなくて済むための措置と思われます。)

・170〜180号台偶数の欠番は、深夜時間帯の新千歳空港方面への増発用に確保
(夜の空港方面の列車ですが、出発便の少ない時間帯のため「エアポート」の本数も少ないのですが、深夜出発の国際線等、今後深夜時間帯の空港アクセスが増加した際に対応するために確保しているものと思われます。)

・100号台の欠番は、理由不明
(更なる増発のために確保する空き号数なのかも知れません。)
といったことになるのではないか、と思われます。

ともあれ、今回のダイヤ改正で最後まで気になっていた、この快速「エアポート」号数問題。
蓋を開けてみれば、一部の欠番の理由が分からないところはあるものの、全体的に見ればオーソドックスかつ、今後の拡大にも備えた、現実的な対応ではないかと感じました。



ダイヤ改正実施まで、本日であと2週間となりました。
見られなくなる鉄道の風景を記録するのも大事ですが、改正後に見られる新しい鉄道の風景にワクワクできるのも、この時期の風物詩といえます。
改正ダイヤ実施までの間、更に時刻表を読み込み、新たな「楽しみ」が発見できればいいな、と思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(8)「在りし日をたずねて〜ダイエー店舗の現在〜」阪神・摂津、兵庫県コンプリート編

先日(2024年1月14日)に開催された同人誌頒布イベント「こみっくトレジャー43」で入手した同人誌(戦利品)のご紹介ですが、ようやく今回の記事で最後となります。
長らくのおつきあい、ありがとうございました。

最後となる8本目の記事を飾るのは、サークル「不安定の安定」さんの、「ダイエー本」2冊です。
20240114_180820_R




今回購入したのは、阪神エリアと、その他兵庫県内の「ダイエー」店舗のあった(ある)場所の過去と現在を、対比させた記録が中心となっています。

掲載されている店舗の中には、既に閉鎖されて全く違う建物となっている店舗、ダイエー時代の建物はそのままでありながら、他のスーパーなどが入っている店舗、一方で現在も引き続き「ダイエー」「グルメシティ」など、引き続きダイエーとして営業している店舗など、現在の状況も様々、となっていました。

ただ、ダイエー閉店後の店舗でも、ほとんどがマンションや別の小売店など、何かしらの形で引き続き活用されているのは、やはり場所の良いところを選んで出店していたのだな、と感じた次第です。

また、ダイエー創業者の中内功CEOが設立した「流通科学大学」の中でも、中内CEOにまつわる展示館についての紹介もあり、何らかの形で「ダイエー」に関わった方にとっては、手にする価値のある同人誌に感じました。

このダイエーの店舗の過去と現在を取り上げたシリーズ、大阪府北部・兵庫県エリアを中心に発行されてきました。
個人的には、かつてアルバイトしていた店舗ある、大阪南部エリアの発行も期待したいところですので、今後発行されることを期待して、引き続き応援していきたいと思います。


【ネット販売リンク先】





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(7)「薄いカードの薄い本」2022・2023夏増刊号

先日(2024年1月14日)に開催された同人誌頒布イベント「こみっくトレジャー43」で入手した同人誌(戦利品)のご紹介、この記事で7本目となります。

この記事でご紹介するのは、こちらの同人誌です。
20240114_175330_R






クレジットカード関連の同人誌を出されている「湊町メディアシステム」さんの本です。

今回入手した2冊は、「2022」(2022年12月)と「2023夏増刊号」(2023年8月)でした。

湊町メディアシステムさんの同人誌は、過去のこみトレ(2019年9月の「こみトレ34」)で入手して以来で、その後コロナ禍もあり、私のこみトレ参加時に入手することができず、今回久々に手にすることができました。

「2022」では、VISAなどのタッチ決済での乗車や、著者自身が遭遇した不正利用未遂事件について、紹介されています。
特に「タッチ決済での乗車サービス」は、このブログでもサービスの拡大等があれば随時ご紹介していますが、あくまで鉄道サービス側から見たご紹介でしたが、本書ではタッチ決済サービスでの乗車に利用履歴の反映タイミングなど、あくまで「クレジットカードの研究」とう視点からまとめられている点が、新鮮に感じました。

また「2023夏増刊号」では、ANAの「トクたびマイル」(通常より少ないマイル数でANA国内線得点航空券が利用可能なキャンペーン。対象路線は毎週変わる)で沖縄までの旅行記をまとめられています。
こちらもまた、ただの旅行記ではなく、「クレジットカード研究」という視点から、現地でのキャッシュレス決済や、「プライオリティ・パス」の利用などについて取り上げられています。

いずれも、クレジットカード研究、そして直近のクレジットカード界隈の情報を確かめるにはもってこいの内容となっていました。

当ブログで扱っている交通系でも、交通系ICカードや上述のタッチ決済サービスのように、クレジットカードなどとの連携が進んでいる事例が増えてきています。
このクレジットカード業界についても、状況がどんどん変化していますので、引き続き「湊町メディアシステム」さんの同人誌を入手して、最新の情報をアップデートしていきたいな、と感じています。



【ネット販売リンク先】






↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(6)「オーストリア昼行長距離列車図鑑2024」

先日(2024年1月14日)に開催された同人誌頒布イベント「こみっくトレジャー43」で入手した同人誌(戦利品)のご紹介ですが、この記事で6本目となります。

結構購入していたものですね…

今回ご紹介するのは、サークル「オーストリア鉄道ラボ」さんの「オーストリア昼行長距離列車図鑑2024」です。

20240201_204644_R





専ら国内の鉄道などの公共交通を中心とした話題に終始している当ブログ「阪和線の沿線から」。
管理人自身も、海外へ渡航したのは、大学卒業間際の卒業旅行だけで、その後は海外に一歩も出ていない、という人生を歩んでおります。

だからと言って海外に全く興味が無いのか、というとそういう訳でもなく、同人誌でも海外の鉄道を取り上げているものは入手してみたいな、とは以前から思っていました。

この日も鉄道系のサークルを覗いていたところ、この「オーストリア鉄道ラボ」というサークルに遭遇し、見本誌を見させていただいたところ、綺麗な写真と、オーストリアの列車を種別ごとに分かりやすく説明しているので、「これは是非入手しよう!」ということで、戦利品として購入することにしました。


取り上げているのは、タイトル通り「オーストリアの昼行長距離列車」ですが、隣国と地続きであるが故に、掲載されている列車もオーストリアで完結する系統は勿論、ドイツ、スイス、チェコ、ハンガリーなど、色々な国への国際列車も掲載されているのが、やはりヨーロッパの鉄道、ということに感心しました。

掲載されている種別も、最上位の「Railjet Xpress」(レールジェットエクスプレス)を筆頭に、国内線「Railjet」、ドイツから乗り入れの「ICE」、各国へ向かう「EC」等々、オーストリアを走り抜ける各種の列車が、それこそ図鑑として眺めることのできる本となっています。


実際にオーストリアを旅行する際に大いに役に立つのは勿論、その予定が無くとも、眺めているだけでもとても楽しい、そんな同人誌でありました。


【ネット販売リンク先】




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(5)「Railway Illustrated」宇都宮ライトレール関係2冊

先の記事に引き続き、先日(2024年1月14日)に開催された同人誌頒布イベント「こみっくトレジャー43」で入手した同人誌(戦利品)のご紹介です。

今回ご紹介するのは、サークル「あすやろう製本」さんの「Railway Illustrated」という本です。

20240128_193549_R




「あすやろう製本」さんの同人誌は、過去のこみトレで、下記の「山陽電鉄・神戸高速鉄道」の本をご紹介しました。
(参考)


この時の同人誌も、その厚みに反して、ぎっしり詰まった情報量で、資料的に価値の大きい同人誌だと思い、次の機会にも「あすやろう製本」さんの同人誌を入手したいと思っていました。

今回のこみトレ43で、会場を歩いていると、見覚えのある表紙デザインの本が並んでいたので、手に取って見たところ、昨年8月に開業したばかりの「宇都宮ライトレール」を特集した同人誌が2冊用意されていましたので、「これは!!」と思い、手に取りました。

「Railway Illustrated」と題されたこの2冊の同人誌。
1冊(「PREVIEW OF LIGHTLINE」)は、昨年8月のコミックマーケットでの新刊で、まさに開業直前の宇都宮ライトレールについて、開業までの30年の歩みを、宇都宮市・芳賀町の置かれた状況から、ライトレールの計画が世に現れて、それがこの30年を経てどのように変化し、そして実現していくかを、行政等の記録などを元に、丁寧にまとめた、宇都宮ライトレールの開業を振り返る上での記録がまとまった、資料的価値のある本となっています。

一方のもう1冊(「OPENING DAYS」)は、昨年12月のコミックマーケットでの新刊で、宇都宮ライトレール開業日、そして開業直後の様子、そして、沿線の「工事前」「工事中」「開業直前」の街の変化を定点記録していたりと、こちらも資料的価値の高いものとなっています。


宇都宮ライトレールに関しては、私は開業1週間後の昨年9月上旬に実際に乗車し、豪雨の中ではありましたが、しっかり沿線地域の足として定着している様子を現地で確認してきました。
(参考)


75年ぶりの完全新規での路面電車となる「宇都宮ライトレール」。
沿線住民のみならず、工業団地への交通アクセスも担うことから、順調に利用者が定着していることは、様々なメディアで見聞きしています。
いわば「成功例」として広く知れ渡ることのなったこの宇都宮ライトレールですが、その計画・建設・開業への足取りを手元に残しておき、必要に応じて引き出すことのできる資料として、重宝できる同人誌であると感じました。

上述のように、過去にもこみトレで参加されておられましたので、次回以降のこみトレでも、あすやろう製本さんの新刊に期待したいな、と感じた次第でありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(4)「交通系ICカードの本」

少し間が開いてしまいましたが、先日(2024年1月14日)に開催された同人誌頒布イベント「こみっくトレジャー43」で入手した同人誌(戦利品)のご紹介の続きです。

今回ご紹介するのは、サークル「Studio JamPack」さんの「交通系ICカードの本」(2冊)です。

20240128_145404_R




その名の通り、全国の交通系ICカードを紹介している本ですが、その網羅している情報量のすごさに驚きました。
何でも著者は、全国の交通系ICカードを集めておられているようで、今回入手したのは第1巻(2020〜2022年動向編)、第2巻(2023年上期動向+西日本編)でしたが、そのボリュームに、新刊の第3巻も買っておけば…と後悔したことしきりでありました。

内容は、現在及び過去に発行されている(いた)交通系ICカードについて、名称由来、利用可能エリア、各種情報に加え、当該カードが相互利用、あるいは片方向で利用できる他カードエリアについても、カードのマークを日本地図状に並べた地図上で確認できる、という、いわば「交通系ICカードの百科事典」といえる同人誌と感じました。


著者のすながわひろゆきさんは、全国の交通系ICカードを集めておられていることで、これまでテレビで紹介されたこともあったようです。
今回、それらのコレクションを本にまとめてみよう、というのが発刊の動機だったようです。


このブログでも、「交通系ICカード」というカテゴリーを設けて、地元である大阪府南部や和歌山県の話題を中心にご紹介してきましたが、残念ながら全国の動向をつぶさに追いかけるほどの余裕は、個人的な事情もあり、あるはずがありません。

そういった点で、この本は手元に置いておいて非常に役に立つものだと感じていますので、今後の新刊も引き続き追いかけていきたいと思っています。



【ネット販売リンク先】








↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(3)「ジトクノキロク」

昨日(2024年1月14日)に開催された同人誌頒布イベント「こみっくトレジャー43」(以下「こみトレ」)で入手した同人誌(戦利品)の紹介を続けます。

本記事では、サークル「狭軌の沙汰」さんによる「ジトクノキロク」です。



20240114_154122_R


タイトルにもある「ジトク」というのは、「自特」、即ち「自由席特急」を指しています。

一昨年(2022年)5月27日に、南海高野線・小原田車庫での線路支障により、特急「こうや」「りんかん」用の車両が使用できずに全列車運休となり、自由席特急として運行されることとなりました。
(参考)


この自由席特急による代走は、この年の11月上旬までのおよそ5ヶ月間間続くこととなりました。
(参考)



本書では、その自由席特急の代走開始日当日(5月27日)と最終日(11月1日)の記録は勿論、それまでの間の日常、本書の言葉を借りるならば「非日常の日常」の記録を、写真を中心にまとめたものであります。

2000系による自由席特急の車両の様子は勿論、発車標、案内表示、はたまた特急券販売機の様子など、「こうや」「りんかん」運休による車両以外の変化も克明に記録されている点、貴重な写真集に感じました。



上述のとおり、自由席特急の代走は2022年11月1日をもって終了となり、その後昨年4月には最後まで一部運休が残っていた特急「こうや」も通常運転が再開されました。
(参考)


「自由席特急」に加え「50000系『泉北ライナー』」「12000系『りんかん』」と、高野線・泉北高速線の特急にとっての「激動の11ヶ月」を象徴する2000系自由席特急列車。
その記録を後に伝える、あるいは後に見直す、という意味でも貴重な同人誌でありますので、特に南海電鉄ファンに手に取って欲しい一冊と感じました。



【ネット販売リンク先】




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(2)ビジネスホテルチェーン自腹レポート

本日(2024年1月14日)に開催された同人誌頒布イベント「こみっくトレジャー43」(以下「こみトレ」)で入手した同人誌(戦利品)をご紹介しています。

本記事でご紹介するのは、「神沢野並」さんの「ビジネスホテルホテルチェーン自腹レポート」シリーズ2冊です。

20240114_154104_R




今や全国各地に展開されている「ビジネスホテルチェーン」
全国どの都市で宿泊しても、同じチェーンであれば同じような質のサービスが受けられることもあり、ビジネス利用は勿論のこと、観光や家庭の用事、はたまた趣味活動でも利用される方も多いのではないのでしょうか。

ビジネスホテルチェーンといえば、「東横イン」や「アパホテル」、「ルートイン」といった名前が思い浮かぶのですが、ではそれぞれのホテルの客室や朝食はどんなサービスとなっているのか、また繁忙期と閑散期とで価格の差がどれほどになるのか…等々、一口に「ビジネスホテルチェーン」といっても、その差は各々のチェーンで違いがあります。

一方、これらビジネスホテルも、新築の店舗もあれば、他のブランドで営業していた施設を改装等してチェーン店舗としている(リブランド)店舗など、同じブランドでも若干の差があったりしており、それこそ実際に宿泊しないと分からないものとなっています。

この本では、筆者がこれらホテルチェーンに実際に宿泊(各チェーン複数店舗)し、その客室を撮影して記録したものを、フルカラーで紹介されている、貴重な体験記録であります。
取材のために宿泊した数も、何泊、十何泊といったレベルでは勿論なく(詳しくは本書参照)、それだけ網羅的に取材された内容となっています。


私自身も、旅行や仕事などでビジネスホテルチェーンを利用し、それぞれのチェーンの特徴は何となく感じてはいますが、各サービス(設備、レストラン、会員制度等々)の切り口から、各々のホテルチェーンがどのような特徴を有しているのか、ホテル利用者の視点からまとめられたこの本は、本当に入手して役立つものと感じました。

実際に人気があるようで、私が手にした第1弾(「われら週末GoTo団」)は第2刷となっていましたが、それも納得の内容ですので、是非下記【ネット販売リンク先】から入手いただければと思います。


私自身、乗りつぶしが最終局面を迎えていることもあり、なるべく早いうちに完了したいところですが、その際の旅行のプランニングの際にも、本書の情報を活用していきたいと思いました。




【ネット販売リンク先】





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

【こみっくトレジャー43】戦利品紹介(1)「ゆるるるぶ」シリーズ

本日(2024年1月14日)、大阪南港の「インテックス大阪」で、「こみっくトレジャー43」(以下「こみトレ」)が開催されました。

20240114_103604_R
20240114_103650_R
▲「こみトレ」が開催された大阪南港の「インテックス大阪」。


毎年1月と9月に開催され、いずれも東京で開催される「コミックマーケット」(コミケ)のおよそ1ヶ月後に開催されることから、「アフターコミケ」ともいえるこの同人誌頒布イベント。

私自身も、同人誌を「作る側」ではなく、「読む側」として参加してもはや何年になろうか、といったところですが、毎回参加するたびに、デザインや内容のクオリティの高さに感服しながら、より一層の同人誌活動の応援、という意味で、こみトレ当日に入手した同人誌(戦利品)を当ブログでご紹介しています。


今回も、私がゲットした戦利品をこのブログで順次ご紹介していきたいと思いますが、そのトップバッターを飾るのは、やはりこちらの同人誌であります。

20240114_154019_R


毎回お馴染みの「もりっつ」さんによる「ゆるるるぶ」。

当ブログで同人誌紹介を読まれてきた方には、もはや説明不要かも知れませんが、改めてご紹介しますと、コミック・アニメの作品「ゆるゆり」をテーマに、その劇中舞台となっている富山県を中心とした「聖地巡礼本」として、これまで号数を数えてきました。






また、作者のもりっつさんが、2022年5月に沖縄県の南大東島へ旅行された際、とあるハプニングをきっかけに簡単に帰られなくなってしまった際の旅行記として作成された旅行記「南大東島に閉じ込められた!」をも、「ゆるゆり」のキャラクターを使いながら作成されました。


そんなもりっつさんの新刊を、是非今回も手にしようと、開場一番に訪問した次第です。





今回入手したのは、「富山おすすめ観光地ガイド」「富山県の修学旅行事情」です。

まず「観光地ガイド」は、富山県内の観光地について、「ゆるゆり」聖地であるか否かを問わず、もりっつさんが自らの視点で選んだ観光地52箇所を、「ゆるゆり」キャラクターとともに、分かりやすく紹介されている本です。

富山県のエリア毎に章立てされており、またセレクトされた観光地も、ジャンルフリーに取り上げられており、「富山県でどこか訪問したい」際には役に立つ本だと感じました。


もう一冊の「修学旅行事情」ですが、富山県の小学校には、どうやら修学旅行が無いらしいのですが、その事情を過去の歴史から紐解いて解説されています。

私自身、小学校の修学旅行は、確か伊勢神宮と鳥羽水族館という、大阪府内では定番の行先だったと記憶していますが、富山県の小学校ではそもそも修学旅行が無い、というのも今回の本で初めて知りました。
では、その代わりとなる宿泊行事があったりするのか、その内容は、そして、そもそもなぜ修学旅行が無いのか、といった事情が、分かりやすく解説されており、「ぷち」と他の「ゆるるるぶ」に比べるとページ数は少ないとはいえ、その内容は充実しているものと感じました。




今月1日に発生した「令和6年能登半島地震」では、富山県ではお亡くなりになった方は幸いにも無かったものの、重軽傷を負われた方や住家の損傷など、決して少なくない被害が発生しています。
(参考)
富山県/令和6年能登半島地震に係る県内被害状況(人的被害・住家被害等)

上述「観光地ガイド」でも、地震の影響で休業等の対応を行っている可能性もありますので、実際に訪問の際には施設等に確認することが必要です。

一方で、地震の影響で観光客が減っていることは、地域の経済にとって痛手になります。
復旧の状況を見極めた上で、是非多くの方に富山県を訪問していただきたいと思います。
その際には、その際今回ご紹介した「ゆるるるぶ」シリーズを参考にしていただくと、より有意義な旅行を楽しむことができるのではないか、と感じましたので、是非下記のネット販売リンク先から入手いただければと思います。



【ネット販売リンク先】





↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

「鉄道ジャーナル」「鉄道ピクトリアル」2024年2月号を読む。特集は「関西の流儀供廖崔四軅・連絡線」

こちらこちらの記事に引き続き、年末年始の休みを利用して読了した鉄道関係書籍・雑誌のご紹介をします。

今回の記事でご紹介するのは「鉄道ジャーナル」と「鉄道ピクトリアル」の、いずれも2024年2月号(2023年12月発売)です。

20240108_144701


今回は、これら両誌を「特集買い」(鉄道ジャーナル)、「表紙買い」(鉄道ピクトリアル)と、勢いで購入しました。



まず鉄道ジャーナルの特集は「関西の流儀供
「供廚箸いΔ海箸蓮◆岫機廚あるということでして、その第1弾はこちらの記事でご紹介しています。


この時は、2020年10月のJR西日本「新快速」運行開始50周年の節目の特集ということもあり、特集記事も「新快速50周年」から始まり、新駅工事などが進んでいたうめきたエリアの様子などを紹介していました。


今回の「流儀供廚任蓮◆崔羈慇犬虜△ら30歳を超えるまで」(本書P10)沿線に住まれていたという、土屋武之さんによる阪急千里線のレポート、そしてその阪急千里線と京都線が接続する「淡路駅」の高架化工事の様子などを、これまた関西を拠点に活動されている伊原薫さんがレポートされていました。

加えて、2017年8月に運行開始し、その後提供列車を増やし、今後も車両増結の計画もある京阪電鉄「プレミアムカー」の乗車レポートに加え、併走他社の有料着席サービス分析や、昨年9月に運行開始した南海電鉄6000系「無塗装ステンレス復刻編成」をはじめとした、関西私鉄の古参車両の紹介など、関西地区のファンにとっては、今回の特集も面白いものと感じました。」

特に阪急千里線については、流石長年沿線に住まれていた視点からの分析と感じた箇所もありましたので、是非本書を手に取って読んでみてはいかがでしょうか。



一方の「鉄道ピクトリアル」の特集は「短絡線・連絡線」
その表紙を飾っているのは、天王寺駅から眺めた関西本線〜阪和線の短絡線(阪和短絡線)を行き交う281系・271系「はるか」上下両列車であります。

短絡線・連絡線というテーマそのものも個人的には興味がありますが、それに加えてこの天王寺駅の阪和短絡線を表紙写真に選んだ編集部の視点に感謝して、敢えて「表紙買い」させていただきました。

勿論特集の内容も、様々な経緯や用途で設置されている(いた)短絡線について明確に分類するほか、過去や現在の短絡線やその跡の探訪など、非常に興味ある内容となっていました。

加えて、「短絡線」を走った特急列車として、かつて名古屋〜奈良〜(阪和貨物線)〜和歌山を運行していた特急「あすか」(1965年3月〜1967年10月)についても、わずか2年半という短命であった列車にも関わらず、決して少なくないページを割いて紹介していたのも、個人的には嬉しかった点でした。

特急「くろしお」(天王寺〜新宮〜名古屋)の間合い運用として、名古屋夜発、和歌山朝発という、必ずしも多くの利用者のニーズに合致したダイヤではなかったことなども災いし、低い乗車率に終始していたこの「あすか」ですが、「短絡線」というテーマから、これほど丁寧に取り上げられるとは、思ってもみませんでした。

かつて「あすか」がたどったルートのうち、阪和貨物線は2009年3月末に廃止され、当時のルートを再現することは不可能ですが、一方で名古屋〜奈良間については、2006年まで急行「かすが」が運行されていましたが、その後両駅間を直通する列車は設定されていませんでした。

しかし昨年11月に、「関西本線活性化利用促進三重県会議」で、名古屋〜奈良間を直通する列車の実証運行を目指すことが明らかとなり、俄然注目を集めました。
(参考)
関西本線の急行「かすが」が復活する? 今週一週間の鉄道ニュース - 鉄道コム
【かすが復活?】関西本線奈良〜名古屋間で直通列車を運行へ - 鉄道プレス
関西線 直通列車実証実験へ【名古屋-奈良】 : 旅するマネージャーのブログ

果たしてこの実証運行が実現するのか、そしてその結果がその後どのように利用促進策に反映されるのかが楽しみなのですが、本書の「あすか」の記事を読んでいると、そんなニュースを思い出した次第でもありました。



この冬休みは、あまり出かける予定も無かったので、その分鉄道関係書籍などをじっくり読むことができました。
当ブログでのご紹介は非常に粗いものとなっていますので、興味のある方は是非実物を手にして読んでいただければと思います。






鉄道ジャーナル 2024年2月号【雑誌】【1000円以上送料無料】
鉄道ジャーナル 2024年2月号【雑誌】【1000円以上送料無料】




鉄道ピクトリアル 2024年 2月号 [雑誌]
鉄道ピクトリアル 2024年 2月号 [雑誌]




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム
当ブログのTwitterアカウント
ブログ「阪和線の沿線から」のツイッターアカウントです。更新情報の通知やコメントの受付などはこちらのアカウントをフォローして下さい。
記事検索
「鉄道コム」登録ブログはこちらをクリック
鉄道コム
Archives
Categories
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ