阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ: その他の話題

このブログでも近年、鉄道事業者とアニメ作品とのコラボ企画を数多くご紹介してきました。

人口減少の趨勢の中、少しでも多くの利用者を確保するためには、様々な手段で定期外の利用者を確保すること、また運輸収入が頭打ちとなっている状況の中で、少しでも鉄道事業の経営を安定化するためには、関連収入を確保することが、持続的な鉄道路線の維持にとって求められている経営戦略の一つである、と思っています。

定期外利用者と運輸外収入の確保の観点では、観光列車や外国人旅行者の対応、といった施策が思い浮かびますが、そんな中、「アニメ作品とのコラボ」という切り口は、これまであまりターゲットとされてこなかった「アニメファン」という利用者層を取り込むことができること、関連グッズへの購買意欲が高く関連収入が見込める、そして続編の展開が続くことによるリピーターが確保できる、といった点からも、有望な施策であるといるでしょう。

一方のアニメ事業者から見ても、これまでアニメと無縁だった鉄道ファンを取り込むことができることができ、メリットが大きいともいえます。
ただ、鉄道ファンにとってみれば、アニメ作品中における鉄道関連の描写にも一定のこだわりを持っている人も多く、実際の車両を見慣れている鉄道ファンにとってみれば、実車との違和感をアニメ作品中で感じてしまうと、それだけで離れてしまう、という割とシビアなところもあるようなので、やはり作品の質というのもが左右するところは大きいようです。

そんな中、これまで多くの作品で鉄道事業者とのコラボ企画が実施されたアニメ作品を作成している会社として、「京都アニメーション」という会社があります。
その名の通り、京都府の南部、宇治市に本社を有するアニメ製作会社でありますが、これまでも、京阪電鉄や叡山電鉄、北近畿タンゴ鉄道や近畿日本鉄道等の鉄道事業者が実施したコラボ企画の元となるアニメ作品を作成している会社であります。
その京都アニメーションの作中に出てくる鉄道車両については、どれも実車を忠実に再現してきたものであることは、下記の本ブログエントリーでもご紹介してきたとおりであります。
参考:
映画「中二病でも恋がしたい!-Take On Me-」を見にいく。キービジュアルに描かれていた「あの列車」を中心とした感想です【部分的ネタバレ注意】 : 阪和線の沿線から
劇場版「響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」を鑑賞しました(2019.4.19、ネタバレあり) #anime_eupho : 阪和線の沿線から
「劇場版 響け!ユーフォニアム」感想【ネタバレあり】 #anime_eupho : 阪和線の沿線から
【京阪電鉄】アニメ「響け!ユーフォニアム」とのコラボ企画を実施。企画きっぷの発売や大津線ラッピング電車の運転、パネル展示等を実施 : 阪和線の沿線から


特に、地元・宇治を走る京阪宇治線の描写は、他に比類するものがないほど忠実で、同社作品の完成度の高さは「京アニクオリティ」と称されるほどでありますが、こと鉄道描写に関しても同様で、これが同社の作品が、アニメファンはもとより、多くの鉄道ファンに支持されるようになった、一つの理由でもないのか、と個人的には思うところであります。




その「京都アニメーション」で、本日午前爆発火災があり、現在(7月18日22時現在)で33名の死者を含む69名(下記消防庁発表資料による)の死傷者が発生するという、事件が発生しました。
京都府京都市伏見区で発生した爆発火災(第5報)|消防庁災害対策室


出火原因は調査中とのことですが、現場付近の路上にガソリンが検出され、20リットル携行缶が2缶あり、ガソリンをまいて火を付けたとの情報があるとのことであり、また各種報道等によると、ガソリンのような液体をまいて火を付けた男性が、同社の建物に放火をした容疑で身柄を確保したとのことであります。

事件の概要は今後の警察の捜査を待つしかないわけですが、それにして(現時点で)33人ものの方がお亡くなりになっている、しかもその多くが同じアニメ製作会社であったということからして、非常に衝撃的で、筆舌に尽くしがたい事件であったとしか、言い様がありません。
そもそも33名もお亡くなりになる放火事件自体、それを起こして、一瞬のうちに生命を奪った犯人には怒りが収まらないわけですが、それが、冒頭で述べたとおり、日本、否世界でも有数の質を誇るアニメ作品を世に送り出してきた企業の人々であったことを考えると、あまりにものショックを感じた方は、私だけでは決してないはずです。

お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。



さて、こういうことを今敢えて考えるのか、というお叱りを承知で書くわけですが、この京都アニメーション自体、社員数は200名程度とのことらしいのですが、その2割弱の社員を一度に失ったとすれば、今後の事業継続に相当な影響が生じることは否めません。

実際に主要な事業所の一つを放火で失ったわけですし、しかもその高い品質の作品を送り出してきたスタッフが多く失ったとなれば、これまで通りに作品を世に送り出すことは、しばらくは難しくなるかも知れません。

ただ、「しばらく」と書いたのは、勿論社内外の人々が団結して京アニの復活に協力していけば、完全とは無理であっても、いつかはきっと、元の姿に戻せるかも知れません。
そんな日がいつ来るのか分かりませんが、当座必要なものは「資金」かも知れません。
何せメインの生産拠点を一つ失ったわけで、もはや事業継続の瀬戸際に立たされることとなったわけで、そこで支えていくためには、ファンによる資金的な支援が必要であるかも知れません。

例えば動画配信サービスで有料配信されている京アニ作成の作品を課金して視聴するとか、京アニショップでダウンロードして閲覧できる媒体を購入するとか、出来ることは探せばあるかも知れませんので、私も少しでも貢献して、これまでのような、再現度の高い鉄道描写の作品を再び見ることができることを願いたいと思います。



最後になりましたが、当ブログでもご紹介してきた、京アニ関連の作品のラッピング車両をご紹介します。

●響け!ユーフォニアム:
DSC03448-2_R
▲2018.4.14 京阪電鉄大津線 錦織車庫

DSC01493_R
▲2015.9.21 京阪電鉄大津線 三井寺〜浜大津(現・びわ湖浜大津)

●中二病でも恋がしたい!:
DSC00163_R
▲2015.4.7 京阪電鉄大津線 三井寺〜浜大津(現:びわ湖浜大津)

●けいおん:
DSC05075_R
▲2014.12.24京阪電鉄大津線 三井寺〜浜大津(現:びわ湖浜大津)


こういった作品が、今後も京アニから生み出すことができるようになることを、願いたいですし、そのために出来ることなら、少しずつでも実行したいと思います。
繰り返しですが、今回の事件でお亡くなりになった方々のご冥福お祈りするとともに、被害に遭われた方々のお見舞いを申し上げます。
アニメ製作会社であれなんであれ、こんな卑劣な事件はもう二度と起こって欲しくない、それが管理人の偽りざる気持ちであります。

このブログでも幾度も取り上げてきた「響け!ユーフォニアム」。
高校の吹奏楽部を舞台とした青春物語をテーマとした原作小説、そしてそれを元にしたテレビ・劇場版アニメ、またそこから派生した京阪電鉄によるコラボ企画と、その広がりは当ブログでも幾度にも渡って取り上げてきたところです。

その原作本について、この4月に「決意の最終楽章」というタイトルで、主人公・黄前久美子(おうまえ くみこ)らの最終学年で、コンクール全国大会に向けて練習に励んでいくストーリーとなっていました。
参考:「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部 決意の最終楽章 前編」を読む(2019.4.21)【ネタバレ注意】 : 阪和線の沿線から

その「前編」の発売から2ヶ月経ったいま、「後編」が発売され、いよいよ久美子らの最終学年がどのように幕を閉じるのかが、明らかとなります。
DSC_2024







私自身も早速購入し、休日を半日使って読み終わりましたので、その内容や感想を、これまたこれまでの例にならって、適当に・ざっくばらんにご紹介したいと思います。

※注意
以降は原作本の内容が記されている、すなわち「ネタバレ」となる内容です。
本書をまだ読んでいない方など、当作品についてのネタバレを望まない方は、他のページに移っていただきますようお願いいたします。





続きを読む

今日と明日、一泊二日で白浜に旅行に来ています。
そのため昨日までの連休の旅行記等はお休みとなりますが、本日訪問した観光地等をご紹介したいと思います。


●三段壁

DSC_1793
三段壁の洞窟に入ってきました。

DSC_1795
洞窟を見学の後、三段壁洞窟への入り江を眺めます。

●千畳敷

DSC_1802

●白浜駅

所用で白浜駅に向かいました。
白浜駅といえば、勿論こちら。
DSC_1807
鉄道むすめ「黒潮しらら」の等身大パネルが、今日もたくさんの観光客を出迎えていました。

DSC_1809
白浜駅前のバス乗り場には、明光バスの車両が特急「くろしお」の到着を待っていました。

●京都大学 白浜水族館

DSC_1812
円月島の近くにある京大白浜水族館。
「撮り魚」にチャレンジしてみましたが、ほとんどの写真はデジカメで記録したため、現在の環境でアップできるスマホ撮影の画像はこちら。

DSC_1815
DSC_1817

宿に到着して、ゆっくりすることとします。

●鉄道むすめの「黒潮しらら」グッズ

DSC_1819
鉄道むすめ「黒潮しらら」のスタンプ、そしてカード1箱購入しました。
白浜駅で購入したので、「黒潮しらら」オリジナルカードもゲットできました。
箱の開封は、明日の帰宅後にでも行いたいと思います。

わずかではありますが、鉄道むすめの更なる支援に貢献できたのではないのでしょうか。

明日は白浜町内で少し滞在したあと、早めに帰宅することとします。

本日、2019年5月1日より、昨日までの元号「平成」に代わり、「令和」(れいわ)となります。
既に当ブログでも改元関連の様々な記念商品をご紹介してきましたが、このようにお祝いムードのなか、新たな元号を迎えることができたことを、嬉しく思います。


新しい「令和」の時代にも引き続き、鉄道・バス・航空・船舶等の公共交通機関に関する様々な話題を、気の向くままご紹介していきたいと思いますので、引き続きご愛顧いただければ幸いです。


iruca_reiwa
▲「新元号記念IruCa」デザイン
(ことでんWebサイト(http://www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/new/2019/reiwa_ticket2/index.html)より引用)

今日からスタートする「令和」の時代における交通機関が、この「ことちゃん」等の表情のように、明るい時代になることを期待して、「令和」最初のエントリーとさせていただきます。


阪和線の沿線から 管理人 hanwa0274




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

本日・2019年4月30日は、いよいよ「平成」最後の日となります。
思えば1989年1月8日から始まった「平成」という時代も、本日で幕を閉じるとなると、何やら感慨深いものがあります。

その「平成」の終わりの日に、折角の機会ですので、自身の「乗りつぶし」記録から振り返ってみようと思います。

私自身、乗りつぶしの記録を取り始めたのは昭和63年の8月からだったので、丁度平成の時代がほぼそのまま、自身の乗りつぶしの進捗とイコールとなっているわけです。

まず、平成の初日、平成元年1月8日における、乗車済みの区間は、以下の通りでありました。

<平成元年1月8日現在の既乗線区
●JR:
・大阪環状線(全線)
・鹿児島本線(博多〜鳥栖)
・長崎本線(鳥栖〜諫早)
・阪和線(天王寺〜日根野)
・関西本線(木津〜湊町)
・奈良線(京都〜木津)
・東海道本線(京都〜神戸)
・山陽本線(神戸〜姫路)
・片町線(全線)
・湖西線(山科〜近江舞子)
・桜島線(全線)
・福知山線(尼崎〜宝塚)

●民鉄:
・泉北高速鉄道(泉ケ丘〜中百舌鳥)
・南海電鉄(難波〜和歌山市、難波〜中百舌鳥)
・大阪市交通局(御堂筋線・梅田〜中百舌鳥)



記録をつけ始めた初日に、長崎から大阪までの帰省Uターンで乗車した区間を除くと、ものの見事に、関西地区のみで完結しています。
当時は中学1年生でありましたので、何より財力的な面で遠出することができず、大阪近郊区間を大回りして初乗車区間を稼ぐ、ということしか手が出せない状況でありました。
そのため、民鉄についても、地元の泉北高速・南海電鉄以外には手が出せていない状況でありました。


それから31年と4ヶ月経った、平成最後の日現在の乗りつぶし記録。
中学生から高校生、大学生、そして社会人と成長していくにつれ、乗りつぶしもかなり進んできました。
本日現在の乗車済み線区を挙げるとかなりの分量となるので、上記とは逆に「未乗の線区」を挙げてみます。

<平成31年4月30日現在の未乗線区
●JR:
・上越線(越後湯沢〜ガーラ湯沢)
・越美北線(越前花堂〜九頭竜湖)
・九州新幹線(博多〜鹿児島中央)

●民鉄(ケーブルカー以外):
・三陸鉄道(宮古〜釜石)
・箱根登山鉄道(彫刻の森〜強羅)
・伊豆急行(伊東〜伊豆急下田)
・大井川鐵道(金谷〜千頭〜井川)
・遠州鉄道(新浜松〜西鹿島)
・明知鉄道(恵那〜明智)
・土佐くろしお鉄道(後免〜奈半利)
・伊予鉄道(松山市〜横河原)
・北九州高速鉄道(小倉〜平和通)

●民鉄(ケーブルカー):
・青函トンネル記念館
・筑波観光鉄道(筑波山ケーブルカー)
・箱根登山鉄道(箱根登山ケーブルカー)
・伊豆箱根鉄道(十国峠ケーブルカー)
・鞍馬寺(鞍馬寺ケーブルカー)
・神戸すまいまちづくり公社(摩耶ケーブル)
・四国ケーブル(八栗ケーブル)
・皿倉山登山鉄道(皿倉山ケーブルカー)
・岡本製作所(ラクテンチケーブル)


あれから31年経ちましたが、相変わらず未乗の線区が残っているのがわかります。
ケーブルカーが比較的多いのは、近年になって完乗線区の対象とした、という事情がありますが、ともあれ、令和の時代に何とかこれだけの線区を乗りつくしたい、そしてこのブログ上で全線完乗の報告をしたい、という新たな目標を掲げながら、今後とも趣味活動を行っていきたいと思います。



このブログはは2004年(平成16年)の9月に開始しました。
改めて振り返ると、平成時代の半分弱を占めるほどに続いてきたこのブログでありますが、まさか元号が変わるまでこのブログを続けているとは、開始した当初は想像だにできませんでした。


しかし今、こうして多くの方々にご覧いただきながら、一つの時代の終わりを過ごすことができることを、ブログ管理人としては、嬉しくもあり、誇りにも思い、そして何より、ご覧頂いている皆様に感謝の気持ちでいっぱいであります。


平成の元号は終わり、令和の元号が始まりますが、この「阪和線の沿線から」は引き続きこれまでのペースで更新し続けていきたい所存であります。
これまで、「平成」の間の多数のご訪問に感謝申し上げるとともに、「令和」となる明日以降も引き続き、ご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げて、平成最後のエントリーとさせていただきます。


ブログ「阪和線の沿線から」 管理人 hanwa0724



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

下記エントリーで、一昨日より公開が開始された、映画「響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜」の鑑賞記をアップしました。
劇場版「響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」を鑑賞しました(2019.4.19、ネタバレあり) #anime_eupho : 阪和線の沿線から

上記記事でもご紹介しましたが、この劇場版公開とほぼ同じタイミングで、原作の最新刊である「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部 決意の最終楽章 前編」が発売されています。

DSC_1480



映画鑑賞後に、早速本書を読み終えましたので、その内容や感想を例の如くざっくばらんにご紹介したいと思います。



※注意
以降は原作本の内容が記されている、すなわち「ネタバレ」となる内容です。
本書をまだ読んでいない方など、当作品についてのネタバレを望まない方は、他のページに移っていただきますようお願いいたします。

続きを読む

このブログでも、幾度も取り上げてきている「響け!ユーフォニアム」。
高校の吹奏楽部を舞台とした青春アニメでありますが、作中の宇治市内や京阪電鉄、京阪バスといった描写のリアルさが故に、当ブログでも注目の作品として追いかけてきました。

本日(4月19日)から、その最新作となる「劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜」の公開が始まりましたので、早速鑑賞してきましたので、感想を記したいと思います。
『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』公式サイト


※注意
以下では、作中の内容をご紹介している、いわゆる「ネタバレ」の内容となっています。
そのため、これからこの作品を鑑賞される方は、以下の内容にネタバレの内容が含まれていることをご承知いただくとともに、ネタバレが嫌な方は即刻他のページに移って下さいますようお願いします。

続きを読む

ヤフーが運営するブログサービス「Yahoo!ブログ」は、来る2019年12月15日をもってサービスを終了することを発表しました。

Yahoo!ブログ サービス終了のお知らせ

終了スケジュールは以下の通りです。

●2019年5月9日:
他社ブログへの移行ツール提供開始
このタイミングでYahoo!ブログ新規開設は不可能に。

●2019年8月31日:
記事・コメント・トラックバックの投稿及び編集機能終了
以降は、記事・コメント・トラックバックの投稿及び編集が不可能に。

●2019年12月15日:
移行ツール及びサービス終了
以降はブログの移行、閲覧とも不可能に。

yahoo_blog_close_information
▲Yahoo!ブログサービス終了告知
(上記Webサイト(https://promo-blog.yahoo.co.jp/close/index.html)より引用、2019年2月28日)




Yahoo!に関しては、つい先頃「Yahoo!ジオシティーズ」の終了がアナウンスされ、この3月末をもって終了となることが、既に発表され、現在は他サービスへの移行が進められているところです。
参考:サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ

これに続いて、というのですが、今度はYahoo!ブログがこの12月15日で完全にサービス終了されることとなりました。

確かに現在では、個人の情報発信の観点では、各種SNSが普及してきたことから、ブログに頼らずとも可能となり、今後大きく伸びる分野ではないのかな、とも思われます。

一方で、企業や団体等、各種SNSでは扱える情報量に限りがあるユーザーにとっては、未だブログは有益な情報発信ツールであり、著名人が各種コメントを未だブログで続けているのも、ある程度のテキストの分量に加えて画像等のコンテンツを一覧で扱えるネット上のツールが、現在のところブログ以外にあまり普及していない現状を表しているのかも知れません。

ということで、今後ブログは、多数の個人よりも、特定のヘビーユーザーが使うサービス、という見方もできるようですし、そのためには各種カスタマイズの柔軟性等、より高度な対応が求められるのかも知れません。


Yahoo!ブログに関して言えば、レイアウト等の自由度が低いように見受けられ、その点が、法人等向けに移行できず、あくまで個人の情報発信ツールから脱却への道筋を描ききれなかったことも、サービス終了の一因なのかな、とも感じたりしました。



ところでこのYahoo!ブログ、専ら個人向けなところもあってか、こと鉄道趣味においても、多くのファンがYahoo!ブログのサービスを利用して様々な情報を発信してきました。

当ブログ「阪和線の沿線から」もリンクを貼っている、鉄道情報のポータルサイト「鉄道コム」には、インターネット上の鉄道の話題を集めたブログのリンク集が設けられており、その更新情報は、予め登録した利用者から送信される更新情報(ping)により、常にアップデートされている仕組みとなっています。

また同サイトでは、「鉄道コム」サイトへの入り込み数に応じた「ランキング」コーナーも設けられており、上位ランキングのブログサイトには、多くのアクセスが集まる傾向があります。
参考:鉄道ブログランキング - 鉄道コム

この「鉄道ブログランキング」のトップに表示される20件のブログの内、Yahoo!ブログのサービスを使用しているブログを数えたところ、20件中12件半数以上を占めている状況となっています。
(2019年2月28日、22時頃管理人の目視により確認できた数)


個人的に、「鉄道コムのブログにはYahoo!ブログが多いなあ」と薄々感じてはいましたが、実際カウントすると、やはり想像の通りでしたが、逆に言うと、これだけのアクセスを集めていたブログが、何もしないままだと今年の12月16日以降は閲覧もできずに消えていくこととなるため、できれば他ブログサイトへの移行を進めて頂きたいな、とも感じています。

このあたりは、各ブログ管理人の判断によるところでしょうから、これを機にブログをやめる、という方もおられるかも知れません。
否、決して少なくない方がその選択肢を取られるのではないかも知れませんが、そうなると、撮影地や旅行記など、様々な個人が作ってきた情報の蓄積が失われていくのも、大きな損失かもなあ、とも思ったりする次第です。




かくいうこの「阪和線の沿線から」ブログが使用しているサービス・ライブドアブログでは、現在のところサービス終了のお知らせはありません。
ひとまずはこのままブログ運営を続けていくわけですが、ライブドアブログとて、いつこのようにサービスの終了が発表されることがないとは言えません。

それに備えて、少しずつではありますが、ライブドアブログ以外に永続的にブログを運営していく手段を勉強してく必要があるのかな、ともふと思った次第です。

何せ15年、7000件以上も書き続けたこの「阪和線の沿線から」。
これだけ書き続けた、ある意味資産を、どんな場合でも継承していけるようにしないといけないな、と他のブログサービス終了のニュースを聞いて、管理人として改めて感じた次第であります。



●関連ブログ:
「感謝!」Yahoo!ブログサービス終了 - 運転停車〜ご乗車のままお待ちください〜 - Yahoo!ブログ
Yahoo!ブログ〜終了ですか! ( 鉄道、列車 ) - A.V.C '64 - Yahoo!ブログ
[お知らせ] ブログを乗り換えました ( 鉄道、列車 ) - 紅の軌跡 〜Red Diary〜 - Yahoo!ブログ
【悲報】鉄道ファンユーザーが多いYahoo!ブログ、2019年12月で終了へ。移行先はどうなる? | いまどきの鉄道サイトの作り方



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

2泊3日の旅行日も最終日。
あいにくの天気ということもあり、ホテルでゆっくりしてから帰宅します。

その間に、白浜駅に寄り道です。

●白浜駅
DSC_0819


白浜駅、といえば鉄道むすめ「黒潮しらら」。
ということで、今回も黒潮しららのパネルにご挨拶であります。
DSC_0824


隣に立てられていた幟には、SDキャラ版も追加されていました。
DSC_0820


「黒潮しらら」グッズも引き続き販売中です。
DSC_0821


その中で、今回はSDキャラ版のクリアファイルを購入しました。
DSC_0834


自販機にも「黒潮しらら」のステッカーが貼り付けられています。
DSC_0831


丁度、105系が停車中でしたので、その様子も撮影してみます。
DSC_0826



この後、昼過ぎに自宅に帰宅しました。


この三連休はあまり鉄道等と関係のない投稿が続きました。
いつもとは違う投稿で、少し戸惑った方もいらっしゃるかどうかは知る由もありませんが、とりあえず生存報告的な何か、ということで、ご理解頂ければと存じます。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

引き続き、旅行の二日目です。
今日は紀伊勝浦→太地→白浜と移動です。

●太地町立くじらの博物館
DSC_0780
▲太地町立くじらの博物館の外観

DSC_0800
▲イルカショーの様子です。


DSC_0806
▲くじらの博物館近くには、かつて使用されていた捕鯨船が展示されていました。

●太地駅

DSC_0817
▲太地駅駅舎

太地町立くじらの博物館の帰りに、太地駅に寄ってみました。

DSC_0813
▲太地駅駅名標


「どうせ列車も来ないでしょう」と思って、駅名標とかを記録してさっさと帰ろうと思ったら、差にあらず、新大阪行きの特急「くろしお」24号が到着しました。

今後の先行きが注目される283系でしたので、これはと思わず撮影であります。
DSC_0814
▲太地駅に停車中の283系


思わぬところで283系を撮影できたという収穫を得て、本日のお宿に向かいます。


DSC_0818
かつての「ホテル古賀乃井」、現在は「湯快リゾート」となっています。

ここに泊まるのは、果たして何度目か、といったところですが、本日はここでのんびりします。



↑このページのトップヘ