阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:乗車記録 > 乗車記録(初乗車区間)

DSC_0119
DSC_0121
DSC_0127
DSC_0131


★鶴見(0643)-海芝浦 普通 モハ205-35(初乗車区間:全区間)
海芝浦(0657)-浅野 普通 モハ205-35
★浅野(0709)-大川 普通 クハ205-1102(初乗車区間:全区間)
大川(0718)-安善 普通 クモハ204-1102
★安善(0734)-扇町 普通 モハ205-41(初乗車区間:武蔵白石〜扇町)
扇町(0746)-浜川崎 普通 モハ205-41
★浜川崎(0754)-尻手 普通 クモハ204-1002(初乗車区間:全区間)
尻手-川崎 普通 モハE232-8019
川崎(0812)-浜松町 普通 モハE232-1270


今日は東京都内で用事ですが、少し早起きして、JR鶴見線に乗車してみます。

JR鶴見線は、埋め立て地への通勤輸送が主な利用者となっており、鶴見方はともかく海芝浦・大川の各支線、そして本線も終点の扇町になると、ほとんど全てが沿線の工場への通勤客となっており、ダイヤも通勤輸送に特化した、ある意味極端なものとなっています。

具体的には、大川支線は完全に朝夕のみの運転、そして海芝浦支線や、本線の浜川崎以遠は朝夕は頻発していますが、昼間は最長2時間程度も運転間隔が空く時間帯もあります。

駅周辺も鶴見線独特なものでして、改札すぐ外が東芝の私有地であり外に出られなく、ホームが海に面している海芝浦を筆頭に、周囲を工場に囲まれた大川、扇町であったりと、これまた他の路線では味わえない、独特な雰囲気を楽しむにはもってこいの路線であるといえます。


これらの鶴見線、そして南武線の南部支線は、20年ほど前に乗車したことがあったのですが、その時の記憶はあっても記録がなかったので、今回は駅メモの新駅開拓がてら、乗車してみました。


通勤輸送に特化しているだけに、容易に訪問しにくい鶴見線でありますが、特に海芝浦駅は、再度訪問したい雰囲気が満載なので、機会があればじっくり訪問できればと思った、早朝の鶴見線探訪でありました。

DSC_0106
DSC_0095
HORIZON_0001_BURST20190827162335519_COVER


★東園-西園 東京都交通局上野懸垂線 40-2(初乗車区間:全区間)

秋葉原(1733)-鶴見 京浜東北線モハE232-1416

上野動物園に向かったのは、この11月で運行運行休止となる上野動物園のモノレールに乗るためであります。

わざわざモノレール乗るために上野動物園の入園料を払って入場したわけですが、長年乗り残していた区間にようやく乗ることができ、これで東京都内の鉄道は完乗です。

上野動物園から秋葉原あたりを少し歩き、本日の宿泊地の鶴見に向かいます。

DSC_0062

DSC_0063

DSC_0072

HORIZON_0001_BURST20190827115227955_COVER

羽田空港第2ビル(0750)-浜松町 東京モノレール 普通 10064
浜松町(0825)-秋葉原 山手線 サハE235-501
御茶ノ水(0843)-新宿 中央線 モハE233-53
★新宿(0925)-伊豆急下田 スーパービュー踊り子3号 クロ250-4(初乗車記録:熱海〜伊東〜伊豆急下田)

今回前日入りしたのは、来春のダイヤ改正にも置き換えが予想される「スーパービュー踊り子」251系に乗車するためであります。

折角なので、発売日10時に確保した1号車グリーン車の先頭座席を確保し、新宿から伊豆急下田まで前面展望をしっかり楽しむこととします。

スーパービュー踊り子251系の乗車記は、改めてのエントリーで御紹介したいと思います。

和泉鳥取(0516)-和泉砂川 普通 サハ223-106 Wi-Fi○
和泉砂川(0529)-天王寺 くろしお2号 クモハ287-22
天王寺(0607)-京橋 普通 クモハ322-19
京橋(0629)-出町柳 急行 2452
出町柳(0730)-鞍馬 叡山電鉄 852
★多宝塔(0845)-山門 鞍馬寺 牛若号検塀蘊莠峩茣屐Я感茣屐
鞍馬(0903)-出町柳 叡山電鉄 903
出町柳(0947)-丹波橋 特急 8104
丹波橋(1017)-大和八木 特急 22202


今日は早起きして、一路京都の鞍馬に向かいます。
わざわざ早朝から鞍馬に向かうのは、乗り残していたケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)に乗車するためであります。

DSC_2396
DSC_2391

鞍馬山には来たことがあるはずなのですが、このケーブルカーに乗車した記憶がありません。
いくら寺院の敷地内にあるとはいえ、鉄道事業法に基づくケーブルカーでありますので、お寺のなかの輸送設備であっても、乗りつぶしの対象であります。

後の都合があるので、早朝から鞍馬山にでむいたわけで、ケーブルの下り始発に乗車することができましたが、当然乗客は私だけ。
起点・終点が見える範囲でありますが、れっきとした「鉄道」でありますので、しっかり乗車することとしました。

DSC_2404

帰りは叡電の「きらら」に乗車しましたが、期間限定の「青もみじきらら」ではないのは、少々残念ではありました。

丹波橋から近鉄特急に乗車して、大和八木に向かい本日の乗車は終了。

昨日と今日で、近畿圏のケーブルカーは完乗であります。
まだ全国に未乗のケーブルカーが数路線残っているので、早いうちに訪問したいと思っています。

DSC_2334

DSC_2337

DSC_2352

六甲ケーブル山上駅(1230)-摩耶ロープウェー山上駅 阪急バス
★虹の駅(1320)-摩耶ケーブル 摩耶ケーブル 2(初乗車区間:全区間)
摩耶ケーブル下(1338)-三宮 神戸市バス18系統
神戸三宮(1421)-夙川 特急 9588
★夙川(1437)-甲陽園 普通 6010(初乗車区間:全区間)
甲陽園(1456)-夙川 普通 6120
夙川(1510)-塚口 普通 1658
★塚口(1526)-伊丹 普通 7155(初乗車区間:全区間)
伊丹(1545)-塚口 普通 6008

続いて、摩耶ケーブルに乗車するべく、六甲ケーブル山上駅から阪急バスに乗って向かいます。
摩耶ケーブルは、大学通学時には震災の影響で長期間運休していたこともあって、今回が初めての乗車でありました。

摩耶ケーブル下から、丁度神戸市バス18系統の接続があったので乗車して、楽々神戸三宮駅まで向かいます。

再び阪急電車に乗り、これまた「記憶はあるけど記録がない」甲陽線・伊丹線に再び乗車して、塚口まで戻ります。

塚口には、次のイベントが始まるのです…

DSC_2309
DSC_2313


和泉鳥取(0755)-和泉砂川 普通 モハ224-5013 Wi-Fi×
和泉砂川(0808)-大阪 紀州路快速 サハ223-108 Wi-Fi○
梅田(0930)-西宮北口 特急 8108
西宮北口(0944)-御影 普通 8781
御影(1106)-六甲 普通 8552
阪急六甲(1115)-六甲ケーブル下 神戸市バス16系統
★六甲ケーブル下(1140)-六甲山上 六甲ケーブル 3(初乗車区間:全区間)

今日は一日フリーとなったので、未乗のケーブルカーに乗りに行こうと思い立ち、阪急梅田から阪急神戸線に乗っていくことにしました。

途中、御影駅でおりて小一時間ほど阪急電鉄を撮影した後、阪急六甲駅から神戸市バスで六甲ケーブル下へ。

六甲ケーブルには、かつて乗ったこと釜あるはずなのですが、記録がないので再度の乗車であります。

DSC_2255
DSC_2261
DSC_2280


高松築港(1248)-瓦町 高松琴平電鉄琴平線 1216
瓦町(1306)-八栗口 高松琴平電鉄志度線 628
★八栗ケーブル(1345)-八栗ケーブル山上 八栗ケーブル 2(初乗車区間:全区間)
八栗ケーブル山上(1415)-八栗ケーブル下 八栗ケーブル 1
八栗口(1445)-琴電志度 628
高速志度(1602、約7分遅れ)-JRなんば(湊町バスターミナル) 高松エクスプレス大阪号 西日本JRバス 641-15935


続いて、高松築港から高松琴平電鉄(ことでん)に乗車し、未乗の四国ケーブル(八栗ケーブル)に乗車します。
ケーブルカーも完乗対象となってからというもの、こういう感じで乗りつぶし目的でケーブルカーに乗ることが増えているのですが、これも完乗というタイトルのためには、喜んで乗っていきたいものであります。

八栗口から引き続きことでんに乗車し、終点の志度まで乗り通します。

志度からは、一転して大阪まで高速バスで帰るわけですが、高松〜大阪で運行している「高松エクスプレス大阪号」等の高速バスが、志度駅から30分ほど歩く「高速志度」バス停から乗車できるので、実践してみました。


結果、道がわかれば30分もかからなさそうですが、こんな暑い日には、素直にJR志度駅前に停車しているタクシーに乗車していくのが良さそうです。

高速志度から西日本JRバスの運行便である「高松エクスプレス大阪号」に乗車して、往路とは一転、ダイレクトに大阪まで向かいます。

DSC_1620

DSC_1623

DSC_1643

DSC_1644

★掛川(0714)-西鹿島(0811) 天竜浜名湖鉄道 109 TH2113(初乗車区間:全区間)
★西鹿島(0812)-新浜松(0845) 遠州鉄道 26 2005(初乗車区間:全区間)
新浜松(0900)-上島 遠州鉄道 1501
上島(0934)-西鹿島 遠州鉄道 2106
西鹿島(1012)-天竜二俣 天竜浜名湖鉄道 TH2104
★天竜二俣(1146)-新所原(1303) 天竜浜名湖鉄道 125(初乗車区間:西鹿島-新所原) TH3501


昨日に引き続き、令和最初の旅行の二日目であります。
掛川から天竜浜名湖鉄道に乗車します。

この天竜浜名湖鉄道も、かつて乗車したことがあるにはあるのですが、乗車時の記録が散逸していることから、改めての乗車であります。

西鹿島から、今度は全くの未乗である遠州鉄道で往復して、一旦掛川方面に少し戻り、天竜二俣駅に向かいます。
ここで降りたった目的は、天竜二俣駅構内に現存している転車台と扇形車庫の見学ツアーに参加してみることにしました。

ツアーの内容は、30分程度の見学時間ではありましたが非常に充実したものでありました。
こちらも改めてのエントリーでご紹介できればと思います。


天竜二俣駅から、再び天竜浜名湖鉄道に乗車し、終点の新所原まで乗り通して、この天竜浜名湖鉄道も完乗となりました。

DSC_1606
DSC_1609
DSC_1612
DSC_1615



明智(1354)-恵那 明智鉄道 アケチ10
恵那(1501)-高蔵寺 快速 クモハ211-5043
★高蔵寺(1559)-岡崎(1709) 愛知環状鉄道 1188H 2206(初乗車区間:全区間)
岡崎(1717)-豊橋 新快速 クモハ313-5013
豊橋(1744)-浜松 普通 モハ313-1111
浜松(2006)-掛川 普通 クモハ313-1111

明智駅に到着し、30分ほどの折り返しで恵那行きに乗車します。
今度は1両編成の、明智光秀のラッピングが施されている編成でありました。

休日ということもあり、1両の列車は立ち客も多数発生していました。

終点の恵那まで前面展望を楽しみ、恵那から高蔵寺まで出て、今度は愛知環状鉄道に乗り換えです。

こちらの愛知環状鉄道も、先ほどの太多線と同じく、完乗した際の記録が逸失していることから、改めての乗車であります。


およそ一時間の乗車で愛知環状鉄道も完乗し、そのまま、本日の宿泊地である掛川まで向かいますが、途中の浜松で餃子でも食べてみようと、待ち時間覚悟で待ってみることにします。

流石に連休中の夕食時とあって、およそ50分ほど待って、ようやく席にありつくことができました。


浜松の餃子は、味噌のホルモンと一緒に食べるとのことで、それらを頼んでみたりして、地元の料理を食べることができただけに、長い間待った甲斐があったのかな、とも感じました。


浜松から、先ほど乗車したのと同じ編成に乗車して、掛川まで向かい、令和元年初日となる本日の行程は終了。

お疲れさまでした。

DSC_1569

DSC_1584

DSC_1587

DSC_1590

★美濃太田(1035)-多治見(1105) 普通 3622C(初乗車区間:全区間) キハ25-101
多治見(1128)-恵那 快速 クモハ211-5020
★恵那(1225)-明智(1319) 明知鉄道 急行 7009D 大正ロマン1号 アケチ13 (初乗車区間:全区間)

新大阪から美濃太田までワイドビューひだを乗り通し、太多線に乗り換えます。
この太多線、乗車したことはあるにはありますが、例の如く記録がないため、改めての乗車であります。


太多線に正式に完乗した後、中央本線で恵那まで向かい、今度は明知鉄道に乗車します。
この明知鉄道は、純粋に初めての乗車ですが、しかも丁度タイミング良く、食堂車も連結している急行「大正ロマン号」に乗車することができました。


明知鉄道と「大正ロマン号」の様子は、改めてのエントリーでご紹介できればと思います。

これで明知鉄道も完乗。
令和初日にして、早くも全線乗りつぶしに向けて、幸先よい一歩を踏み出すことができました。

↑このページのトップヘ