阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:旅行記・撮影記録 > 鉄道撮影記録

下記記事でご紹介したように、南海電鉄高師浜線は、今年で全線開業100周年を記念したイベントを実施しています。


今回、こちらの乗車記録で「まんがタイムきらら展in大阪」を見に行った後、南海線で羽衣まで行き、高師浜線に乗車しました。

DSC00230_R

高師浜駅で撮影した高師浜線100周年記念ヘッドマーク掲出「走る工場夜景」ラッピング2200系。

ヘッドマーク部分をアップしてみます。
DSC00231_R


夜景ラッピングを夜に撮影しようと、下記のラッピング運行開始の時から密かに思っていましたが、ようやく実現できました。
DSC00234_R


DSC_0451
折り返しの間にもう一枚。

高師浜駅の駅前には、だんじりの時期ということもあり、提灯が掲げられていて、駅舎のステンドグラスとともに駅前を明るく照らしていました。
DSC00227-2_R


そして、駅改札口で、「記念乗車証」をもらいます。
駅係員に記念乗車証を欲しい旨伝えると、すんなりいただけました。
img315_R
▲記念乗車証(表面)

img316_R
▲記念乗車証(裏面)

以上が、高師浜線全線開業100周年記念イベントのヘッドマーク掲出・記念乗車証の記録でありました。
わずか1.5kmの短い支線ではありますが、100年の歴史が詰まっている高師浜線。
今だけの特別なイベントを体験に、皆さまも高師浜線を訪問してみてはいかがでしょうか。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

このブログでも恒例的にご紹介しています、南海電鉄への新車の甲種車両輸送ですが、今年に入って恐らく3回目くらいの甲種輸送が、昨日から本日にかけて実施されました。
本日、少し早起きして、到着したばかりの8300系の様子を見てきました。

DSC00163_R

本日は8両(4両編成×2本)の輸送でありました。
難波方先頭車は8414号車でした。

続きを読む

続いてご紹介する叡山電鉄の車両は、来る10月12日(土)から大阪文化館・天保山で開催される「まんがタイムきらら展in大阪」とのコラボラッピング車両です。

参考記事:



実はこのラッピング車両、「ひえい」「700系722号リニューアル車」の撮影を済ませて、出町柳駅に戻ろうとしていたすれ違いざまに遭遇したので、これは危うく忘れるところだったということで、急いで引き返し、適当に一乗寺駅で下車し、「まんがタイムきらら展」ラッピング車両を待ちます。

DSC00072_R
▲一乗寺駅に入線する「まんがタイムきらら展」ラッピング車両

これまでの「まんがタイムきらら」コラボ企画同様、車外のラッピングは控えめなものとなっていますが、勿論ヘッドマークも掲出されています。

一乗寺駅からこの車両に乗車し、出町柳駅まで向かいますが、この時間帯は出町柳〜二軒茶屋の折り返し運用に充当されていたので、乗客もそれほど多くなかったので、ポイントとなる車内装飾を一通り記録することができました。

注目はドアまわりです。
DSC00085_R
このように、ドア下半分には大判ポスター、そして窓の部分にはドア注意のステッカーが、「まんがタイムきらら」関連のキャラクターで描かれています。
以下、それぞれについてご紹介していきます。
続きを読む

こちらの乗車記録でご紹介したように、京阪線の「深草」「八幡市」の各駅を訪問してみました。

これらの駅は、10月から、以下の通りそれぞれ「龍谷大前深草」「石清水八幡宮」に変更となりますので、現在の駅名が見られるのもあとわずか、ということから、京阪線方面に出かけたこの機会に、立ち寄ってみることにしました。
参考:
【京阪電鉄】八幡市・深草駅の駅名変更を発表。「石清水八幡宮」「龍谷大前深草」へ変更(2019.10.1〜) : 阪和線の沿線から
【京阪電鉄】鋼索線(ケーブル)の車両デザインを一新。通称・駅名も変更へ : 阪和線の沿線から

●深草駅(→龍谷大前深草駅)
DSC_0315

駅名票は、既に「龍谷大前深草」のものがセットされ、上から「深草」とシールで覆われていました。
この様子も、駅名切り替え直前のわずかな期間にのみ記録できることから、貴重な記録であります。

駅前に出てみます。
DSC_0317

何か「深草」の駅名がわかるようなもの、と探した結果がこちらです。
これも、既に「龍谷大前深草」の対応が済んではいるのですが、注目は「龍谷大」の部分だけをシールで覆っているところでしょうか。
そのため、「京阪電車    深草駅」と妙なスペースが空いているのも、駅名切り替え直前の姿、といえるでしょうか。


●八幡市(→石清水八幡宮駅)
DSC_0319

DSC_0320

DSC_0321


駅構内・外ともに「石清水八幡宮」の上からシールで覆われていました。

隣接する、ケーブル八幡市駅に向かいます。
DIAGONAL_0001_BURST20190927165027168_COVER
こちらは既に、ケーブル八幡宮口駅の準備ができていて、全体をシートで被されていました。

丁度所持していたきっぷがケーブル線も利用できるので、改札内に入ってみます。
DSC_0327
▲ケーブル八幡市駅も、9月30日で見納めです。

DSC_0326
▲リニューアル車両「こがね」と「八幡市」の組み合わせも、あとわずかです。

DSC_0330
▲八幡市駅構内の「男山ケーブル」案内。
ケーブル線の通称も「男山ケーブル」から「参道ケーブル」に変更となります。

●入場券:
今回変更となる「深草」「八幡市」両駅の入場券を購入してみました。
img312


いずれも券売機で購入した、オーソドックスなものであります。
しかしこの駅名は、この9月末までのもので、10月に入ると、新たな駅名に切り替わります。
そういう意味では貴重な記録といえるでしょう。




今回ご紹介した京阪電鉄以外にも、関西圏では阪急電鉄・阪神電鉄・大阪モノレールの、合計10駅で駅名変更が行われます。
参考:【阪神電鉄】「梅田」「鳴尾」の駅名を「大阪梅田」「鳴尾・武庫川女子大前」に変更(2019.10.1) : 阪和線の沿線から
(後半に、2019年10月1日(火)に変更される関西県内民鉄の各駅名をまとめています。)

これら全駅の変更前の様子を、記録するのは流石に難しいとは思っていましたが、とはいえどこかの駅だけでも変更前の様子を記録しておきたいな、と考えていたところ、丁度今回の団体臨時列車のツアーに乗車する機会があったので、その帰りに寄ることができました。

10月以降も「石清水八幡宮」「龍谷大前深草」の両駅には、特急は停車しないことから、京阪電鉄を利用する際に車内放送で聞く機会はあまり無いのかも知れませんが、機会があれば、駅名変更後の姿も記録して、各駅のビフォーアフターを記録することができればいいな、と感じた次第でありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

(※)2019.9.29更新
浜大津駅5番線入線の動画をアップしました。


こちらの乗車記録のとおり、本日京阪電鉄大津線(京津線)の800系原色3編成の撮影会と団体臨時列車に参加してきました。

京阪電鉄の大津線(京津線・石山坂本線)の車両では、現在、京阪線と同様のカラーリングへの変更が実施されています。
参考:【京阪電鉄】大津線車両のカラーデザインを変更。現在の京阪線一般車両と同一のものに統一(H29.6〜) : 阪和線の沿線から

今回ご紹介する800系についても、当然そのカラー変更の対象となっており、1997年の登場時から続いてきた水色を基調とした原色のカラーリングをまとう車両も、あと3編成を残すのみになりました。

今回は、その残る原色の3編成を四宮の車庫に並べた撮影会を実施するということになりました。
主催者の方の言葉を借りれば、「最初で最後の原色並び」の撮影会でした。

以下、撮影会で掲出されたヘッドマークの一部をご紹介していきます。

DSC09805-2_R


DSC09808-2_R
続きを読む

本日、鉄道友の会の阪神支部の開催による南海電鉄9000系「マイトレイン」の撮影会に参加してきました。

鉄道友の会の撮影会は、前回105系・227系撮影会に参加して以来、今回が2回目となります。
参考:鉄道友の会による227系・105系撮影会に参加する(2019.6.22) : 阪和線の沿線から

前日の予報では雨や曇りのマークが並んでいましたが、いざ当日となると、雨の予報はどこへやら、むしろ途中で晴れ間も垣間見えるほどに、天候に恵まれました。

今回の撮影会では、南海電鉄の9000系「マイトレイン」に加えて、更新前の9000系も留置していただき、何と両方の編成を撮影することができるというメニューとなっています。
何かと忙しい中、車両のやりくり等にご配慮いただきました、南海電鉄の方々には深く感謝いたします。

早速撮影会に入ります。
まずは、更新前の9000系6両編成です。
DSC09621_R
▲南海電鉄9000系・9513F

DSC09624-2_R
▲端正な顔つきの前面も撮影します。


続きを読む

三連休の最終日。
少し早起きして、お手軽に撮影している尾崎〜鳥取ノ荘間の踏切で撮影してみました。

DSC09522_R
▲7100系・10000系特急サザン(尾崎6:20着)
本日の主な目的は、「朝焼けの7100系サザン」でありましたが、この列車の通過まで、太陽が雲に隠れたままでした。
そのため、このように日の差し込まない撮影となりました。
通過後、すぐに日が差してきたのは、何かの因果でありましょうか…

DSC09539-2_R
▲1000系区間急行(尾崎6:34着)
上記の「サザン」通過後に日が差してきたので、この区間急行1000系は、朝の日差しを浴びて走る姿を記録することができました。

DSC09547-2_R
▲8000系区間急行(尾崎6:48着)

DSC09560-2_R
▲8000系+12000系特急サザン(尾崎6:50着)


逆方向の下り列車は、縦アングルで撮影してみました。
DSC09530-2_R
▲2000系普通(尾崎6:23発)

DSC09533-2_R
▲1000系急行


本日は「朝焼け」の感じが撮影できればな、と思いましたが、なかなかうまくいかないものですね…
この撮影地で前面が陰にならずに記録ができるシーズンも、もうすぐ終わりな感じです。
機会があれば、また早起きして出向きたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

今日は一日休みを使って、南海高野線の狭山駅に行ってきました。
11時台に設定のある回送列車のダイヤの存在をふとした契機で知ることとなったため、今日は何か走ってくるのかな、と思ってあまり期待せずに行ってみました。

すると、本日やってきたのは、50000系「ラピート」でありました。
DSC09402_R
▲50000系「ラピート」(2019.9.13、狭山駅)
ご覧の通り、「万博誘致ラッピング」編成です。
当初の予定では万博誘致決定後の昨年11月までの運行予定でしたが、まだ運行が続いていた模様です。

日頃は見られない、高野線の車両との同一路線上下線でのすれ違いシーンも撮影できました。
DSC09405-2_R
▲50000系「ラピート」と6200系区間急行とのすれ違い。

この組み合わせ自体は、難波〜岸里玉出の間でもあり得ますが、複線区間での並びは、なかなかレアなものといえます。


空振りも十分覚悟の上でしたので、「ラピート」が撮影できただけでも、今日は十分満足でありました。


それに加えて、この50000系が来るまでに、立て続けに6000系がやってきて、こちらも効率よく記録が取れました。

DSC09375-2_R
▲区間急行 林間田園都市行き

DSC09382-2_R
▲急行 橋本行き

DSC09389-2_R
▲各停 三日市町行き

このように、日中ダイヤで狭山駅で見られる、快速急行を除く全ての種別において、6000系充当列車を記録することができました。
この記録はひとえに、「6000系が今なお主力で運用されている」ことの証であります。

先日も、車両メーカーから8300系の新車が輸送されてきましたが、これから入る編成は、どうやら高野線に充当される編成でもある模様です。
すなわち、6000系がこのように活躍するシーンを、しかもお気軽に撮影できるのもまさに今のうちであります。

この狭山駅は、比較的撮影しやすい場所ではありますが、ここも6000系引退直前には多くのファンが集中しそうでしょうから、そんなことになる前に、早め早めの行動を取りたいものですね。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

阪和線・きのくに線の特急「くろしお」には、283系・287系・289系という3種類の車両で運行されていますが、いずれの列車も基本的に6両編成で、多客時には3両増結され、9両編成で運行されます。

9両編成の場合、現在は白浜で分割・増結作業を実施することとなっており、ダイヤ上も増結作業の実施を考慮したものとなっています。

一方、今年度に入ってから、新大阪発新宮行きの「くろしお21号」が、白浜駅ではなく和歌山駅で付属の3両編成を切り離す作業を行う姿が見られるようになった模様です。
和歌山駅での分割作業は、後述の理由により時刻表上で反映されているわけではなく、指定席の販売状況や、「鉄道ダイヤ情報」でしか確認ができないことから、私自身もそのシーンを見てみようと思いつつ、なかなか遭遇することができませんでした。


本日(9月1日)、休日出勤の帰りに和歌山駅を通る際、ちょうど「くろしお21号」が到着する時刻で、また付属編成の分割作業が実施されるという情報を目にしたことから、それを一度見てみようと、和歌山駅4番線に向かってみました。

DSC_0149

案内表示上は、特に変わりがありません。

18時20分頃、283系の「くろしお21号」が入線してきました。
6両編成の放送でしたが、やってきたのは9両編成です。
間違いなく和歌山駅で分割作業を行います。


HORIZON_0002_BURST20190901182051707

到着すると、早速「作業中」の標識が掲げられました。
これが、分割作業を行うまたとない記録であります。

続きを読む

本日(8月10日)には、未乗の摩耶ケーブルなどに乗りに行ったわけですが、その途中で少々行程に余裕があったので、阪急御影駅で下車して、割と有名な撮影地で小一時間、阪急神戸線の車両を撮影してみました。

場所はこちら。


既に3名ほどの方がおられましたので、じゃまにならないように撮影します。
DSC09055-2_R
▲9000系・普通梅田行き

DSC09064-2_R
▲8000系・普通梅田行き

続きを読む

↑このページのトップヘ