阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:旅行記・撮影記録 > 鉄道撮影記録

今日はお天気もよく、また午後から暇ができたので、下記のエントリーで先週行ったところ、まだほとんど桜が咲いていなかった貴志川線の大池遊園へ、再び訪問することとしました。
参考:大池遊園での桜の撮影記録(2019.3.31、和歌山電鐵貴志川線・山東〜大池遊園) : 阪和線の沿線から


先週の訪問時とは打って変わり、満開の桜のもと、本日運用に入っていた「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」の撮影に勤しみました。

2-DSC07287_R
▲「いちご電車」

DSC07287_R
▲大池遊園には桜の時期限定で、貸しボートがあります。
昨年はこのボートを使って撮影しましたが、今年は逆に、ボートに乗った客が写り込むこととなりました。
とはいえ、この時期を象徴する1枚だと言うことで、価値あるカットだと感じました。


DSC07261_R
▲おもちゃ電車

2-DSC07248_R
▲たま電車

DSC07313-2_R
▲同じく「たま電車」が、桜から出てくる様子を撮影してみました。



この週末が桜の見頃でしたので、今シーズンの桜の撮影もこれで終了となります。
来シーズンも、写真の出来映えはイマイチのままではありますが、山中渓と大池遊園を中心に、その他の場所でも桜と列車を絡めて撮影できる場所を開拓したいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎年この時期に線路沿いに植えられた桜並木が満開となる、阪和線・山中渓駅。
今年は若干遅めの満開を迎えたので、時間を見つけて撮影してきました。

DSC07213-2_R
▲287系特急「くろしお15号」

この一本前は283系でしたが、この時間帯は287系が続きます。
ただこの日は、「パンダくろしお」の運行はありませんでした。


DSC07185-2_R
▲223系0番代紀州路快速

DSC07221-2_R
DSC07239_R
▲223系2500番代紀州路快速

DSC07174_R
▲逆方向の上り列車でありますが、223系0番代リニューアル車。
リニューアルした223系0番代と桜の組み合わせは、初のシーズンになるかと思われます。


今日の撮影中、下り列車はいずれも223系ばかりでした。
不思議にも225系が一本も遭遇しませんでしたが、明日以降、機会があれば他の特急車両とともに、撮影できればと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

こちらのエントリーで南海加太線「めでたいでんしゃ」(こども)に乗った後、和歌山電鉄貴志川線の大池遊園(おいけゆうえん)に向かいました。
下記参考記事でもご紹介したように、この大池遊園は桜の名所として和歌山でも有名なスポットですが、その桜と鉄橋を渡る貴志川線の組み合わせが有名な撮影地であります。

昨年も4月1日に現地を訪問し、満開の桜の中撮影したので、今年もやや遅いとはいえ撮影できると思って向かいました。
参考:大池遊園の桜と貴志川線の撮影記録(2018.4.1・わかやま電鉄貴志川線、山東〜大池遊園) : 阪和線の沿線から

しかし、下記の画像でも分かるように、満開どころか五分咲きにも至っていない開花状況で、正直あと一週間ほど待つ必要があったのかな、という結果でありました。

とはいえ、数は少なくとも咲いている桜の花を何とかフレームに入れて、この日運用されていた「おもちゃ電車」「うめ星電車」「チャギントン電車」を撮影しました。

DSC07048_R
▲おもちゃ電車

DSC07076_R
▲チャギントン電車

DSC07092_R
▲うめ星電車

やはり見頃は来週末あたりなのかな、とも思いつつ、機会があればもう一度訪問できればいいな、と感じた撮影でありました。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

こちらのエントリーで「パンダくろしお」の撮影記録をご紹介しましたが、撮影データを整理していたら、先月紀南に旅行したときの写真をデジカメから保存していなかったので、整理がてらこちらもご紹介したいと思います。

DSC06429-2_R
▲太地駅に到着する283系「くろしお24号」

たまたま訪問した太地駅に、これまた運良く283系「くろしお」が到着したので、撮影してみました。
速度制限の「283系」表記との組み合わせにも注目していただければと思います。


DSC06460-2_R
▲白浜駅に到着する289系「くろしお5号」

こちらは289系の「くろしお」であります。
投入当初はここ白浜まででしたが、現在は新宮まで運用されています。
繁忙期は、この白浜駅での増解結も見られるようです。


特急「くろしお」の記録、他の場所でも撮影できれば、随時ご紹介していきたいと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

久々に「パンダくろしお」の撮影記録であります。

DSC06487-2_R
▲「くろしお7号」(和泉砂川〜和泉鳥取)

この区間では近年、豪雨により盛土が流されることによる運休が発生していることから、盛土をコンクリートブロックで補強する工事が進められています。
より安定な輸送のため、このような工事を行っていることも、パンダくろしおと一緒に記録しておきたいなと思い、敢えてこのような構図で撮影してみました。


パンダくろしおの運転期間もあと半年近くになりました。
いつか紀南の方で撮影できればと思っていますが、ひとまずは、今月末から来月初めにかけて、山中渓駅での桜並木を走る「パンダくろしお」の撮影でしょうか。

昨年は下記エントリーのように、桜並木を通過する「パンダくろしお」を撮影できました。
今年は、側面に影の入らない午後の列車でこういう記録ができれば言うことがないのですが、果たしてそれは実現できるのでありましょうか…
参考:「パンダくろしお」桜満開の山中渓駅で撮影(2018.3.30) : 阪和線の沿線から



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

こちらのエントリーで先月31日に仙台近辺の車両の記録をご紹介しましたが、今度は先月30日に札幌近辺で撮影した列車をご紹介したいと思います。


●789系「ライラック」:
DSC06049-2_R
▲789系「ライラック」11号(岩見沢駅)

かつて津軽海峡線等の特急「スーパー白鳥」として運用されていた789系0代。
北海道新幹線開業後、2年間のブランクを経て2017年3月のダイヤ改正から、札幌〜旭川間の特急「ライラック」として転用されました。
参考:【JR北海道】平成29年3月ダイヤ改正を発表。札幌〜旭川・稚内・網走間の特急運行体系を変更。 : 阪和線の沿線から

そのダイヤ改正からおよそ2年になろうとしており、道南から道央に活躍の場を移した789系0代の姿も、もはや日常の一コマになってきたのではないのでしょうか。

かくいう私としては、789系「ライラック」運用開始後初の渡道でもあり、この値を黄緑の789系が走ることに新鮮味を感じたことは事実であります。

先頭車側面には、北海道各地のイラストが貼り付けられていました。
DSC06054_R
▲この車両には、上川地方の風景が貼り付けられていました。

今回は「ライラック」に乗車することはありませんでしたが、今後乗車することもあるのかな、とも思います。
かつて「スーパー白鳥」の時代に普通車には乗車したことがあるので、今度はグリーン車に乗れればいいな、とも思ったりしました。


●721系「快速エアポート」:
DSC06069-2_R
▲721系快速「エアポート134号」(手稲駅)

721系の快速「エアポート」です。
新千歳空港アクセスに加えて需要の速達需要も担う列車であることから、混雑も激しく、今後721系による快速「エアポート」も数が減ってくる可能性もあります。
そうすると、このような風景も徐々に過去のものになってくるのかな、という気もします。


ここからは、どちらかと言えばレアな車両の記録です。

続きを読む

先月31日に仙台近辺に行ってきた際に、遭遇した車両たちをアップしておきたいと思います。

●DD200:
DSC06245-2_R
▲前谷地駅に入線するDD200形ディーゼル機関車を先頭とする貨物列車

女川から小牛田まで石巻線に乗車していた際、気仙沼線との分岐駅である前谷地(まえやち)駅で数分間の停車がありました。
どんな列車が来るのかと前方に目をやると、キハ110系とは異なる明るいヘッドライトが見えてきました。
一体何の列車かいな、と思って見たところ、DD200形の牽引する貨物列車がやってきた次第でした。


石巻線を貨物列車が走行するのは、知識として持ってはいました。
しかし、その貨物列車に対向列車として遭遇する、そしてそれが、現在1両のみのDD200である、という非常にラッキーな一瞬でした。

●DE10:
石巻線を小牛田まで乗り通し、乗り換えの間に、隣の留置線に停車していたDE10牽引の貨物列車も撮影します。
DSC06250_R
▲小牛田駅構内で停車中のDE10形ディーゼル機関車牽引の貨物列車

このDE10形もそう遠くないうちに置き換えられるものと思われますので、撮れるときに記録にとっておきたいところですね。


●キヤE193(East i-D):
小牛田駅構内には、このような車両も停車していました。
DSC06249_R

「East i-D」という検測車です。
コンテナ車の向こう側で、やや遠いところに停車していましたが、これも日頃見ることが滅多とない車両なので、記録だけはしておこうと思います。


●仙石線205系:
東北本線の松島駅から仙石線の高城町駅まで歩いてみました。
徒歩10分ほどで到着しました。

しばらくすると、あおば通方より205系が入線してきました。
道路をオーバークロスし、降りてきたところに駅がありましたので、その降りてくるところを真正面から撮影してみます。
DSC06259-2_R

正面が暗くなりましたが、あくまで記録ということで…


以上、仙台近辺で撮影した列車の記録でありました。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

その1その2とご紹介した、「京阪電鉄10000系団体臨時列車・3並び撮影会「ですが、一連のエントリーの最後では今回頒布されたグッズをご紹介したいと思います。

まず、主催者さん作成のグッズです。
・バインダー
DSC05655_R
早速明日からの仕事に使えそうです。

・記念スタフ
DSC05657_R

今回運行された団体臨時列車のスタフのレプリカです。
記念品としては勿論ですが、ことこのブログ管理人とすれば、運行時刻の確認等に役立つアイテムなので、今回も購入してみました。

次に、京阪電鉄さんからご提供のあったグッズです。
・京阪特急プレミアムカー クリアファイル
DSC05658_R


・京阪車両ステッカー
DSC05660_R

旧塗装、1900系が現役、等々、かなり以前のものだと思われます。


以上で、今回の団体臨時列車及び撮影会のエントリーは終わりとなります。


私自身、この有志グループによる撮影会参加は、下記エントリーの大津線錦織車庫での撮影会以来でした。
参考:京阪大津線団体臨時列車の参加記録(その1:京津線800系乗車編)(2016.1.10) : 阪和線の沿線から
京阪大津線団体臨時列車の参加記録(その2:蛍光表示管・ピット内見学編)(2016.1.10) : 阪和線の沿線から
京阪大津線団体臨時列車の参加記録(その3:大津線車両撮影会編)(2016.1.10) : 阪和線の沿線から

その後も、団体臨時列車・撮影会のイベントは実施されてはいたものの、日程の都合上参加できず、今回久々の参加となりました。
行程も途中でドア扱いができないことから、ちょっと暇な時間があるかな、と思いきや、寝屋川信号所や中書島駅での転線があったりと、乗車そのものがあっという間に過ぎました。

また、撮影会は、多数のヘッドマークが持ち込まれ、まさにとりどりみどり、という言葉で言い尽くせないくらいの、参加者のコレクションの多さに、圧倒される次第でした。
ほんと皆さん、どこでどんな風にしてこれだけのヘッドマークを集めてこられてきたのか…ただただ驚くばかりでした。


このように、非常に満足した今回の団体臨時列車・撮影会の企画ですが、企画して下さった有志グループのみなさまに加え、様々な調整を経て今回の企画を実現していただいた京阪電鉄及びJTB京阪トラベルといった関係者の皆様には、厚く御礼を申し上げたいと思います。


またこのような、楽しい団体臨時列車の企画が実施されれば、可能な限り参加することにしたいな、と思い、一連のエントリーの終わりとさせていただきます。

今回も本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
また次回の機会があれば、是非ともよろしくお願いいたします。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

その1に続き、12月9日に開催された有志による京阪電鉄10000系団体臨時列車・3並び撮影会の2本目のエントリーです。

ここでは、淀車庫での撮影会の様子をご紹介したいと思います。

京阪電鉄の数ある車両の中でも、端正な顔つき、いわゆる「イケメン」なフロントフェイスを持つ10000系・9000系・7200系。
これら3形式を並べて、様々なヘッドマークも掲出して撮影を楽しもう、というのが今回の撮影会企画ともいえるでしょうか。

この編成に、様々なヘッドマークが掲出されるわけですが、何せ沢山のヘッドマークが参加者から持ち込まれていたことから、次から次へと過去に掲出されたヘッドマークが装着されは撮影に入り、着脱しては、次のマークが登場する、という目まぐるしい展開が繰り広げられました。
主催者さんによると、少なくとも98枚くらいはあった模様です…


そのため、このブログでその全てをご紹介するのは物理的に難しいことから、管理人が気になったヘッドマークを中心にご紹介したいと思います。
選択基準は、「適当」です。
(正直に白状すると、1枚ごとに吟味する時間がないわけで…機会があれば、全てご紹介できればいいのですが…)



DSC05494-2_R

DSC05495-2_R
まずは、副標掲出前の姿をご紹介します。
さて、どんな副標が出てくるでしょうか…

続きを読む

こちらの乗車記録でご紹介したように、12月9日に有志の方々により実施されました、10000系貸切列車・淀車庫撮影会に参加してきました。


今回の団体臨時列車・撮影会は、以前下記の各エントリーでもご紹介したイベントを実施した有志の方々が主催されていたのですが、今回も声をかけていただき、参加させていただくことになりました。
仕事の忙しい時期ではありましたが、そんなことは関係ありません。
仕事より、こっちが優先です。

それはさておき、今回の団体臨時列車・撮影会の概要です。
まず団体臨時列車の運行ルートは、以下とおりです。
中之島→寝屋川信号所→中書島→宇治→中書島→淀車庫(撮影会)→淀

淀車庫では、10000系の他、9000系、7200系の3編成が並んだ状態での撮影会となります。

以上が今回の企画の概要です。では、当日の様子を順にご紹介したいと思います。


まず、1本目のエントリーでは、10000系団体臨時列車の乗車についてご紹介します。



今回のスタートは中之島線の中之島駅。
普段はあまり使わない切り欠けホームの3番線から乗車です。

10時17分、10000系4両編成の団体臨時列車が入線します。
本線4両編成が走る、しかも中之島駅に入線するのは珍しいのではないのでしょうか。
DSC05343_R

中之島で乗車すると、二度目の中書島までドア開放がない行程となっているので、発車駅の中之島駅で、じっくり撮影することとします。

続きを読む

↑このページのトップヘ