阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:旅行記・撮影記録 > 鉄道撮影記録

今朝早起きして、「くろしお6号」で撮影した「パンダくろしお」と「山中渓のアジサイ」ですが、夕方になって曇りがちになってきたことと、本日は部分日食もあることから、過去二回の様に影が生じることも無いのではないか、と考え、三度目のトライをしてみることにしました。

DSC01622-2_R
▲「パンダくろしお」編成「くろしお26号」と山中渓駅のアジサイ(2020.6.21)

今回はこのように、曇り空だったことが奏功し、「パンダくろしお」と「アジサイ」の色がどちらもきっちり現れてくれました。
また一つ、「パンダくろしお」関係でのミッションコンプリートであります。

「パンダくろしお」の直前の225系紀州路快速と、アジサイとの組み合わせも撮影してみました。
DSC01616_R


アジサイの見頃もピークを過ぎてきましたので、今シーズンの撮影はこれが最後となるでしょうか。
来シーズンは、雨上がりの様子などにもトライしてみたいなと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

昨日の夕方に山中渓駅近くのアジサイとパンダくろしおを撮影してみました。


今朝も早起きして、山中渓駅近くまで向かい、「パンダくろしお」とアジサイを撮影してみました。
DSC01600_R


昨日とは異なり、今度はアジサイに日が当たる写真となりましたが、これはこれでよしとしましょうか。

本日は、「くろしお14号」も「パンダくろしお」が充当されていますが、他の用事があるので、今シーズンのアジサイとの撮影はこれでひとまず終了、といったところでしょうか。

梅雨空のアジサイ、らしい「パンダくろしお」との写真は、来シーズンに期待ですね。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

昨年の6月、こちらの記事でご紹介したように、山中渓駅近くに咲いているアジサイと、阪和線の列車を撮影してみても面白そうだな、と思ってトライしたことがありました。


当時は「パンダくろしお」の運転延長がアナウンスされていなかったことから、アジサイと「パンダくろしお」との組み合わせは無理かな、と思っていましたが、幸いにも運転期間が延長されることとなりました。

というわけで、今年のアジサイの季節に、是非「パンダくろしお」との組み合わせを記録してみよう、と思い、本日夕方山中渓駅近くのアジサイが咲いている場所で、「パンダくろしお」との組み合わせを撮影してみました。

DSC01574-2_R

DSC01578-2_R
▲山中渓駅近くのアジサイと「パンダくろしお」(くろしお26号)

流石に「くろしお26号」の通過時は、夕方となり、山影がかなり差し込み、アジサイが完全に影になってしまいました。
この列車には確実に「パンダくろしお」が充当されるのですが、逆に時間帯が夕方となるため、今度は別の時間帯で「パンダくろしお」に充当されている列車を狙いたいところであります。

上記の「くろしお26号」通過後、ほどなくして289系の「くろしお19号」が通過しましたので、こちらもアジサイと合わせて撮影してみます。
DSC01584_R
DSC01588_R


「パンダくろしお」×「あじさい」というミッションは一応達成しましたが、よりアジサイが引き立つ写真になればいいな、と思い、アジサイが咲いている間に再度チャレンジしてみたいと思います。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

夏至も近づいてきて、日の出の時刻も日々早くなってきています。
この時期だからこそ、早起きを励行して、着々と撮影記録を増やしていきたいところです。



さて本日は、今月から府県間をまたぐ不要不急の移動自粛が解除となったことを踏まえて、自粛解除後、初の府外での撮影記録をご紹介することとします。

場所は、阪和線・山中渓〜紀伊間の、府県境付近の踏切であります。
ここは、夏至に近い時間帯の朝だけ、正面から明るい写真が撮れるようでして、以前からこの時期にここで撮影してみたいな、と思っていた次第です。

府県境から1kmもない場所ですが、境界をまたいでの移動が自粛されていたことから、解除のタイミングまで待っていた次第です。

DSC01315_R
▲特急「くろしお6号」
287系「パンダくろしお」充当列車です。
パンダくろしおの「くろしお6号」は、下記記事で長滝〜新家間でも撮影しましたが、今回はこの場所で、真正面に影の当たらない、良い感じで記録できました。

DSC01324-2_R
▲225系5100番台普通列車

DSC01326_R
▲223系2500番台紀州路快速

ちなみに撮影地はこちらです。


来週も、早起きできれば、近所で撮影できればいいなと思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

夜明けも随分早くなり、早朝の撮影がシーズンを迎えています。
最近習慣としているウォーキングがてら、南海本線の特急「サザン」を撮影してきました。

DSC01239-2_R
▲尾崎6:20着特急「サザン」。
朝の太陽を受けて走る姿を撮影できました。

DSC01277_R
▲尾崎6:50着特急「サザン」。
9000系「マイトレイン」編成と12000系「サザンプレミアム」による編成でした。
ただ残念ながら、太陽がうろこ雲に隠れて、「朝日を浴びて」という写真にはなりませんでした。

ところでこの「マイトレイン」編成ですが、昨年4月の運行開始時には、約一年間の期間限定でオレンジ色の装飾を施すことが発表されていました。


既に一年一ヶ月が過ぎましたが、はたしていつこの特別装飾が解除されるのでありましょうか。
そういう意味でも、朝の日差しは無かったものの、撮れるときに「サザン」運用を撮っておいてよかった、といえるではないのでしょうか。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言から大阪府が除外されました。
これまでのような不要不急の外出自粛から、感染拡大防止に気をつけながら外出するという、いわゆる「新しい生活様式」を守りつつ、鉄道趣味活動も元に戻していきたいところです。

なお、引き続き府県間をまたいだ移動は自粛するよう要請が続いていますので、こちらも守りつつ、可能な趣味活動を再開していければと思っています。



というわけで、久々の撮影記録は、やはり「パンダくろしお」からであります。
これまで車両運用の都合で毎日充当列車が変わっていた「パンダくろしお」ですが、今年3月のダイヤ改正から、毎日「パンダくろしお」運行となる列車が設定されることとなりました。
【参考】


この日は、海南発新大阪行きの「くろしお6号」を、長滝〜新家間で撮影してみました。

DSC01228-02_R
▲「くろしお6号」
287系「パンダくろしお」が毎日充当される列車であります。

「パンダくろしお」も2編成となり、遭遇できるチャンスも増えました。
府県間の移動自粛が解除された折には、紀南方面での撮影にもチャレンジしていきたいと思います。


その他の撮影記録です。
DSC01202-ed_R
▲「くろしお4号」
283系「オーシャンアロー」充当の列車です。
この車両も、今後の動向が気になるところですので、機会を見つけて色々な場所で記録しておきたいところです。

DSC01193-ed_R
▲225系5100番台6両編成
223系・225系の先頭車両には、基本的に「転落防止ホロ」が設置されていますが、この225系5100番台の6両編成は、他の編成と連結して営業運転する機会が基本的にないためか、そのホロが設置されていません。
そのため、画像のようにすっきりしたスタイルとなっているのが特徴です。

とかく、「103系や113系が居なくなって面白くなくなった」とい意見もありますが、223系・225系に加え、同じ225系の中でも様々なバージョンが存在している今の様子も、103系や113系が運行されていた当時と比べても遜色ないバリエーションと感じるのは私だけでしょうか。


今後も、徐々に近隣の箇所をはじめとして、撮影記録も増やしていくことができればと思っています。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

毎年、このブログでもご紹介している、阪和線・山中渓駅での桜の写真。
例年なら暇があるごとに撮影していき、桜の咲き始めから満開、そして散り始めまで日を追ってご紹介していますが、今年に関しては個人的に多忙を極めていたため、なかなか撮影しに行くことができませんでした。

しかし、毎年撮影し続けている山中渓の桜の風景の記録を、今年だけ途切れさせるわけにもいかない、ということもあるので、本日の早朝、早起きしして山中渓駅に出向いてきました。

撮影したのは、特急「くろしお」6号。
今年3月のダイヤ改正より、毎日「パンダくろしお」が充当されるようになった列車であります。

DSC01167_R

DSC01173-2_R


この時間は、早朝と言うこともあり、撮影条件としては悪いのでありますが、昨今の新型コロナウイルス感染防止のため、なるべく人のいない時間帯に撮影してみました。
ともあれ、「桜とパンダくろしお」が今年も撮影できてよかった、の一言です。

DSC01160_R
▲225系5100番台の普通列車天王寺行き(1536H)

明るいLED表示の225系5100番台の姿も、すっかり日常のものとなりました。


新型コロナウイルス感染拡大の観点から、外出の自粛が求められています。
感染拡大のリスクの大きい、人の多い時間帯の撮影は、今シーズンは控えるほかないのかな、と思いますが、来年以降も「パンダくろしお」は走り続ける予定なので、明るい時間帯の桜の写真は、来年のお楽しみにしたいな、と思った次第です。




↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

昨日(2020年3月14日(土))から運行を開始した、近鉄の新型名阪特急「ひのとり」。
これまでの近鉄特急を更に進化させた列車としての前評判は高く、運行初日の一番列車の特急券は即刻売り切れた模様です。
沿線や「ひのとり」停車駅には、多くの鉄道ファンが「ひのとり」の姿を一目見ようと集まった模様であります。

本日(3月15日(日))、所用で大和八木駅近辺に来ていたので、「ひのとり」を撮影できないかな、とふと思い立ったところ、15時半前後に「ひのとり」上下列車が相次いで通過することが分かりましたので、運行開始二日目でありましたが、早速撮影することができましたので、ご覧下さい。

まず、大阪難波15時発の近鉄名古屋行きです。
DSC01070-02_R


通過時刻は15時28分頃でした。


続いて、近鉄名古屋14時発の大阪難波行きです。
DSC01095-02_R


DSC01101-02_R


通過時刻は15時36分頃でした。


大和八木駅の大阪上本町方のホームで撮影しましたが、5名ほどでのんびり撮影することができました。
とはいえ、雲がかかって日差しが抑えられるのでは、という淡い期待は「ひのとり」通過直前に日差しが増してきたことで、吹き飛んでしまいました。
上下の列車ともに、側面が影になってしまったので、またの機会に側面まで綺麗に映った写真を撮影できればいいな、と思いました。



おまけです。
DSC_1440_1
この日は大和八木駅まで車で来ていたので、入場券を購入してホームに上がりましたが、折角なので硬券入場券を買ってみることにしました。

窓口で購入後、改札で提示すると、普通にスタンプを押印されました。
また、持ち帰る際もそのままどうぞ、ということで手元に残りました。

この硬券入場券、このように実使用している例、というのはどれほどあるのでありましょうか…



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

昨年12月より運行されている南海電鉄の「HYDEサザン」ですが、休みの合間を利用して、本日も撮影してきました。
撮影した場所は、箱作〜淡輪間です。

DSC00907-02_R
▲南海電鉄「HYDEサザン」(箱作〜淡輪間)
サザン31号(難波14:50発)に充当されていました。
側面の色がもう少し分かればよかったのですが…

15時半頃で、犬を散歩させている地元の方が多く、撮影の合間に話したりしました。
このように撮影していると、皆さん決まって「何か珍しい列車が来るのか?」と聞かれるのですが、そういう訳ではなく、日常の姿を記録している旨、お答えしました。

合間に、普通列車も撮影しました。
DSC00897_R
▲7100系の普通車
7100系の置き換えスケジュールは特に発表されていませんが、高野線の6000系の置き換えが終了すると、次に対象となるのはこちらになるかも知れません。
まったり撮影できるのも今のうちかも知れません。

DSC00892_R
▲9000系の普通車
9000系自体はまだまだ活躍すると思いますが、LED等の更新前の姿は、徐々に見納めになっていくかも知れません。
そういう意味でも、今のうちに記録しておくことに、越したことはないですよね。


今回撮影した場所は、下記の記事で撮影した場所と同じであります。


機会があれば、また別の場所でも「HYDEサザン」を撮影できればと思います。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

明日実施されるJR西日本のダイヤ改正で、きのくに線・御坊〜紀伊田辺間で運用されている113系ワンマン列車が、227系に置き換えられることとなっています。
▼参考:


そして、その置き換えによる去就が注目されていた、早朝・深夜に運行されている日根野〜和歌山〜紀伊田辺の普通列車について、和歌山駅で分割されることが、時刻表上で明らかとなりました。
▼参考:


これらのことから、阪和線の各駅から紀伊田辺まで直通する列車は、今改正で見納めとなるとともに、2両編成による列車も見納めになる可能性が高くなりました。

その改正前の姿を一目見ようと、昨日、早朝の和泉鳥取駅で見てきました。

DSC_1364

DSC_1363
下り改札口横に設置されている発車標。

CENTER_0002_BURST20200312052307571

DSC_1365
ホーム上に設置されている発車標。

いずれも「和歌山方面 紀伊田辺」は確実に見納め、「△1〜2」の乗車位置案内も見納めの可能性が高くなりました。
見られなくなる前に記録できて、一安心であります。

5時26分、113系による普通紀伊田辺行きが到着しました。
DSC00862-02_R


到着・発車のシーンを動画で撮影しました。
「和歌山方面紀伊田辺行き」の案内放送を記録しようと思っての動画撮影でしたが、視覚障害者向けの案内音(盲動鈴)が絶え間なく入っていたので、綺麗に案内放送が撮れているわけではありませんが、あくまで「和泉鳥取駅を発着する113系」の記録、ということでご容赦の程を。



これまで、和泉鳥取発和歌山方面の初発、そして和歌山発和泉鳥取方面の最終列車として長らく充当されてきた113系。
一日1往復だけのこのレアな編成に乗ると、ちょっとした特別感を抱くことができました。
早朝から出かけたり、飲み会や残業の帰りに遭遇し、その度毎にこのブログにも乗車記録としてアップしてきましたが、その姿も今改正で見納めとなりました。

明日からは、他の阪和線の列車と同様、223系や225系になる可能性は高いと思いますが、その様子も明日早朝に見に行くことができれば、と思っています。



↓↓鉄道系ブログ・ニュースポータルサイト「鉄道コム」はこちらをクリック↓↓
鉄道コム

↑このページのトップヘ