阪和線の沿線から

阪和線沿線在住の筆者が記している日記です。
鉄道を中心に、バス・航空・フェリーといった交通全般に関する話題や、
管理人の乗車記録や旅行記、撮影記録などを気の向くままにお送りしています。
当ブロクの更新情報やコメントについては、以下のツイッター
アカウントをご利用下さい。

カテゴリ:旅行記・撮影記録 > 鉄道旅行記

3月16日のダイヤ改正で和歌山線・桜井線に導入された227系1000番台。
両路線の電化開業時より運用されてきた105系を置き換えるべく導入された新型車両であります。
これらの路線に純粋に新車が入るのは恐らく初めて(105系は改造車)というだけに、導入発表から今日まで様々なPRが行われ、また運行開始当日には出発式が行われるなど、電化開業時以来の盛り上がりを見せたのではないかと思われます。
参考:【JR西日本】和歌山線・桜井線への新型車両導入、車載型IC改札機によるICOCAエリア拡大を発表。227系が導入(2020年春に全て置き換え) : 阪和線の沿線から
【JR西日本】新型車両「227系」展示会を王寺駅・橋本駅で開催(2019.2.23) : 阪和線の沿線から
【JR西日本】新型車両227系出発式開催を発表(2019.3.16・和歌山駅) : 阪和線の沿線から


私自身、和歌山市内に通勤する鉄道ファンの一人としても、この227系1000番台には早速乗ってみたい、ということで、週明けの18日月曜日に早速、粉河駅から和歌山駅まで乗ってみることにしました。

DSC_1233

乗車したのは、粉河20時6分発の和歌山行きです。
この列車は、改正前117系で運用されていましたが、今回の改正により、227系の4両に変更されました。
地元の高校生も「新車や!!」と高いテンションで出迎えていました。

車内に入り、色々と観察してみます。
DSC_1240
DSC06933_R

座席はロングシート。
この和歌山線は、ラッシュ時には和歌山方面等への通勤客も多く利用するため、2扉である117系では乗り降りがしにくいこともありました。
そんな実態もあることから、ロングシートが採用されているわけですが、これにより乗り降りがスムーズになったか、確かめるには、朝の列車に乗った方が良いのかも知れませんね。

続きを読む

この3月1日に、高野山ケーブルの新型車両が運行開始しましたが、その新型ケーブルカーの巻き上げ機を見学するツアーの募集があったことを、このブログでもご紹介しました。
参考:【南海電鉄】新型高野山ケーブルカー運行開始記念キャンペーンを実施(2019.3.2〜)記念乗車券の発売等 : 阪和線の沿線から

この日はおおさか東線の全線開業日でもあったので、その初乗車とセットで参加できれば、と思い、申し込んでみることにしました。

久宝寺から新今宮で乗り換えて、集合場所の橋本駅へ向かい、橋本駅で受付を済ませ、10時40分発の「天空」に乗車します。
DSC_1157

「天空」の指定席車2両のうち1両が今回のツアー参加者貸し切りとなっています。

DSC_1153

難波方の自由席車両も記録しておきます。
この「天空」ですが、指定席車2両と自由席車2両の4両編成で運行されていますが、自由席車には運賃の他料金無しで乗車することができますので、機会があればこちらにも乗ってみたいと思っています。


10時40分に橋本を発車します。
「天空」自体は恐らく三度目くらいの乗車になるのですが、沿線の風景を楽しんでいると、車窓が徐々に白くなってきました。
朝方、私の地元では雹が降っていましたが、ここ高野山界隈では、どうやら雪が降っていたらしく、極楽橋に近づくにつれて、三月とは少し思えないような雪景色が展開されるようになってきました。

極楽橋駅に到着しました。
DSC06811_R

うっすら降雪のあった駅の様子を記録して、ここからいよいよ新型ケーブルカーに乗ります。

DSC06815_R

かつてのコ11・21とは違って、西欧風のスタイリッシュな外観ですが、それもそのはず、車体はスイス製であります。
後の社員さんの説明にもありましたが、もはや国内にはケーブルカーの車体を製造できるメーカーが無いとのことで、今回スイスのCWA社製の車体を採用したとのことでした。

「天空」乗り継ぎ客で満載のケーブルカーで、更に山を登って行きますが、登るにつれて、いよいよ本格的な雪景色となっていきました。


続きを読む

DSC06736-2_R
▲おおさか東線・南吹田駅を通過する321系(2019.3.16)

本日3月16日のダイヤ改正で、おおさか東線の新大阪〜放出間が開業しました。
これでおおさか東線は全線開通しましたが、その様子を早速見てきました。


新大阪駅まで特急「くろしお」で向かいます。
DSC06712_R

下車すると、隣のホームがおおさか東線の発車ホームとなっていました。
DSC06714_R


これまで隣ホームは北陸方面の特急等がメインに停車していただけに、今日から雰囲気が大きく変わった印象でした。

乗換時間が8分なので、手早く記録していきます。
DSC06715_R
この後、開業記念式典が開催されるとのことで、その準備が行われていました。
私はこの後の予定があるので、準備の様子だけ記録しておきました。

7時58分発の放出行きに乗車します。
DSC06719_R


降りるのは、次の南吹田。
DSC06722_R


この駅は、今回営業開始区間のなかで、唯一新規に建設された区間に設けられた駅であります。
おおさか東線は、既存の貨物線(城東貨物線)を旅客化した区間ですが、新大阪〜JR淡路(正確には神崎川信号所)は、今回の旅客化に伴い、新たに建設された区間です。

その新規建設区間に設けられた唯一の駅が南吹田ですが、ここで降りたのは、こういう写真を撮ってみようと思ったからでもあります。
DSC06736-2_R
▲321系
直通快速の折り返しの回送列車と思われます。

DSC06749-2_R
▲201系
基本的に201系が運用されています。

続きを読む

下記のエントリーでご紹介したように、明日の3月16日ダイヤ改正により、JR東日本・中央本線の特急列車が大きく変更となり、これまで運行されていた「中央ライナー」「青梅ライナー」がそれぞれ特急「はちおうじ」「おうめ」とそれぞれ特急列車に変更されることとなりました。
参考:【JR東日本】2019年3月ダイヤ改正を発表。中央線特急列車E353系統一、「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ」新設 : 阪和線の沿線から

「中央ライナー」「青梅ライナー」利用者にとっては、これまでライナー券を購入しての利用だったものが、今後は特急券を購入して利用することとなり、利用者やファンにとっても大きな改正といえるのではないのでしょうか。


かくいう私も、ブログでこの改正はご紹介しつつも、実際乗りに行く機会はないだろうな、と考えていたのですが、奇遇にも3月11日に羽村市内で宿泊する予定となり、それなら時間が合えば都内から「青梅ライナー」に乗れることもなったことから、運行最終日を週末に控えた月曜日に、実際乗りに行くこととしました。


17時30分頃、東京駅の1・2番線に向かいます。
「青梅ライナー」の乗車整理券は、こちらの自動券売機で購入します。
DSC_1042


運行最終日を直前に控えてか、発売前からファンが行列をなして待機していました。
朝の時間帯はともかく、夕方の時間帯は発売開始を待つ性格の列車でもないのですが、このときは話は別、といったところでしょうか。

並ぶこと約10分、ようやく乗車整理券を購入。
グリーン席は発売直後に売り切れたため、普通席の利用となりますが、この普通席も発車15分前には売り切れとなりました。
DSC_1045
▲グリーン席・普通席ともに売り切れとなった「青梅ライナー1号」

駅の発車案内も見納めになるので、記録しておきます。
DSC06578-2_R

DSC06580-2_R
▲日本語表記

DSC06581-2_R
DSC06582-2_R
▲英語表記

17時55分頃、新宿方より「青梅ライナー1号」E257系が入線してきます。
DSC06587-2_R

このE257系も、今改正で中央本線系統からは見納めとなります。

続きを読む

今回の旅行では、二日目(1月30日)は北海道内を主体に動きました。
日中は夕張支線から函館本線・山線と乗ってきましたが、長万部からは一転、特急「スーパー北斗」と北海道新幹線「はやて」の、どちらもグリーン車を乗り比べてみるという、一クラス上の乗継を楽しむことにしました。

今回グリーン車乗継をしてみたのは、長万部〜新函館北斗の営業キロが100kmを切ることから、100km未満のグリーン料金で小一時間楽しめることが発端です。

それに加えて、維持困難線区を多く抱え、その経営が苦しいJR北海道が、今後もできる限り多くの路線を維持していくことができるように、特に日常的な利用ができない、私のような道外からの観光客が、JR北海道の収益に少しでも貢献できる手段として、何があるのかな…と考えた結果、今回の旅行では以下の二点を実行してみることにしました。
・できる限り新幹線・特急列車のグリーン車を利用する
・できる限り入場券を購入する


実は、「JR北海道を支援しよう」と触発されたのは、こちらの写真家さんのツイートから。



「これ以上北の大地から鉄路が消えないよう・・・」にするためには。
私の出した結論は、「JR北海道にお金を落とすこと」であります。
ただ、道外に住んでいる私としては、日頃の通勤や週末の観光にJR北海道を頻繁に使える機会は限られる。
ということで、今回その限られた機会ににグリーン車に乗って上乗せの料金を支払い、記念グッズとして入場券を買うことのできる駅で買っていくことにしました。

入場券については、別エントリーでご紹介するとして、まずは「スーパー北斗」・北海道新幹線「はやて」のグリーン車乗り比べからご紹介したいと思います。



・特急「スーパー北斗20号」 キロ261-1111:
DSC_0564
▲長万部駅に到着した特急「スーパー北斗20号」

続きを読む

DSC06203_R
▲女川駅・駅舎(2019.1.31)

先日からの旅行記の続きです。
順不同でご紹介していきますが、次は3日目に訪問した石巻線の終点・女川(おながわ)駅です。

この女川駅ですが、2011年3月に発生した東日本大震災の津波により街全体が流されたわけですが、その際に駅や留置車両共々流された映像や写真をご覧になり、衝撃を受けた方は多いかと思われます。

その後、女川駅は震災から4年後の2015年3月に復旧しましたが、その際震災前の場所から移設し、新しい場所には温泉を併設した駅舎が建設され、また駅周辺は商業施設も建設され、新たな中心地の拠点として機能することが目指されています。
参考:【JR東日本】石巻線の全線運転再開日を2015年3月21日と発表 : 阪和線の沿線から


その震災発生からまもなく8年、そして女川駅の営業再開から4年。
今回石巻線の乗りつぶしと併せて、女川駅を訪問し、震災から8年のいまの様子も見てみたく、今回訪問してみることにしました。

続きを読む

DSC06124_R
▲蘭越駅に停車中のキハ150形。


こちらのエントリーで石勝線・夕張支線に乗車した後、函館本線経由で南下することにします。

一般的なルートならば、札幌から特急「スーパー北斗」に乗るところでしょうが、今回は少し趣向を変えて、小樽から倶知安を経由し、長万部に至る、通称「山線」区間を乗り継いでいくことにしました。

この区間に乗車するのは、大学2回生の頃に乗車して以来で、20年以上ぶりとなります。
しかも前回乗車した時は夏真っ盛りの7月に対し、今回は真冬の1月。
時代も違えば季節も違う、久しぶりの函館本線・山線の様子をご紹介したいと思います。
続きを読む

もう一ヶ月前の話になってしまいまそうですが、こちらの乗車記録で記したように、群馬県から栃木県に至る第三セクター鉄道「わたらせ渓谷鐵道」に乗車してきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

DSC04293_R
▲桐生駅で発車を待つ11時27分発間藤行き

車内は各ボックスに数人乗っている程度の乗車率でした。
昼前の列車ということで、高校生もおらず、割と空いていた車内でした。

11時27分に桐生駅を出発し、しばらくは関東平野の北端に沿って走ります。
東武桐生線との乗り換え駅・相老(あいおい)で若干乗車の後、車両基地のある大間々(おおまま)で大方の乗客が下車し、車内は空いてきました。
しかし、それと反比例して、「渓谷鐵道」の名の如く、渡良瀬川に沿って走り、上流に進むにつれて、渓谷の風景を楽しむことができます。

DSC04295_R
▲本宿〜水沼間

DSC04298_R
▲水沼〜花輪間

桐生を出発しておよそ50分。神戸(こうど)駅に到着します。
DSC04307_R
▲神戸駅に停車中のWKT-511

続きを読む

こちらの乗車記録でご紹介したように、先日の旅行の一環で、会津若松から鬼怒川温泉まで、会津鉄道「AIZUマウントエクスプレス」に乗車しましたが、その時の様子をご紹介したいと思います。

DSC04244_R
▲会津若松駅で発車待ちの会津鉄道AT-751「AIZUマウントエクスプレス」
DSC04245_R
▲鬼怒川温泉方に連結されていたのは、AT-650形


乗車したのは、会津若松6時57分発の「AIZUマウントエクスプレス2号」です。
編成は、AT-750形とAT-650形の2両編成となっています。

乗客が数人乗車した状態で、会津若松を発車。
JR只見線と会津鉄道との分岐駅である西若松から、まとまった乗車がありました。
ここまでが会津若松の市街地ということと、ここからだとJR線分の運賃が不要なことから、敢えてこの駅から乗車する人が多いのかも知れません。

続きを読む

↑このページのトップヘ